お年玉年賀はがき 期限。 年賀状のお年玉くじが当たったとき年賀状は持っていくの?期限・交換場所は?

お年玉切手シート!どうやって交換するの期限はあるの?

お年玉年賀はがき 期限

Sponsored Link お年玉年賀はがきの交換はいつまで?引き換え期限は? 最近は携帯電話の普及によって、年賀状を送らない人も増えているようですが、やはり年に一回ぐらい、年賀はがきを送るのは大事なことではないでしょうか。 そんな年賀状のもう一つの楽しみが、 お年玉年賀はがきの抽選です。 私もなかなか当たらないですし、当たったとしても切手シートぐらいの人も多いと思います。 しかし、切手シートでも当たらないよりは、当たったほうが嬉しいですよね。 そんなお年玉年賀はがきの交換は、いつまでにするものなのか、お年玉年賀はがきの引き換え期限について紹介をしていきます。 お年玉年賀はがき、 抽選はだいたい1月の真ん中ぐらいと思っておけば間違いはありません。 2017年は1月15日が抽選日で、ちなみに1等は現金10万円でした。 やはり、どうせ当たるなら1等がいいことは言うまでもないですね。 では、1月中旬に抽選が行われたお年玉年賀はがきの引き換え期限はいつまでなのでしょうか。 実はこれも、抽選日によって異なるのですが、だいたい7月の中旬と考えておけば間違いありません。 なぜか理由はわかりませんが、 抽選日から6か月と2日が引き換え期限となっています。 お年玉年賀はがきの交換はいつまでか、お年玉年賀はがきの引き換え期限はいつまでか、これでもう大丈夫ですね。 もし当たっている人は、忘れず早く行くようにしましょう。 当選したお年玉年賀はがきをどこに持って行けばいいか、それはもちろん郵便局です。 当たった際には、すぐに最寄の郵便局を訪ねましょう。 Sponsored Link お年玉年賀はがきが期限切れの時はどうしたらいいのか? お年玉年賀はがき、どうせ当たらないと思って、確認もせずに放置していたなんてことはないでしょうか。 そして、何かの折に確認してみたら、実は当選していたなんてこともあると思います。 では、当選したお年玉年賀はがきが期限切れの時はどうしたらいいのかを、紹介していきます。 まず、お年玉年賀はがきの抽選は、毎年1月の真ん中ごろに行われます。 引き換えの期限は、抽選から6か月と2日後に毎年設定されています。 つまり、 抽選日から6か月と3日目以降から、期限切れということになります。 お年玉年賀はがきに当選はしたものの、期限切れであった場合、結論から言うと「 諦めるしかない」です。 当選していたとしても、たとえ引き換え期限を一日でも過ぎてしまっていたら、交換は不可能になってしまいます。 お年玉年賀はがきの当選商品は、切手シートから現金まで色々ありますが、当選した場合は、その年賀状をもって最寄の郵便局出向き、商品や現金と交換をします。 その際、切手シートのように窓口ですぐに受け取ることができるものもあれば、ふるさと小包のように、後日の引き渡しになるものもあります。 そして、非常に残念なことですが、引き換え期限の当日を過ぎてしまうと、郵便局にある商品や現金はすべて回収されてしまい、郵便局に在庫はなくなってしまうのです。 とある調査の結果では、 お年玉年賀はがきに当選した人が、商品と交換する確率は40%程度だと言われています。 切手シートであれば交換しないという人もいますし、抽選日から6か月と2日という短い期限なので、忘れていたという人も案外多いみたいです。 お年玉年賀はがき、期限切れの場合は諦めるしかないので、忘れずに交換するようにしてください。 まとめ お年玉年賀はがきの交換はいつまでか、引き換え期限はいつまでか、それは抽選のあった日から6か月と2日目までです。 1月中旬に抽選が行われるので、7月の中旬が期限だと思って間違いないです。 そして、万が一期限切れになってしまった場合、することは一つ、「諦めるしかない」のです。 抽選から6か月あまりと短い期限に設定されており、期限切れ後は交換不可能になってしまいます。 そのため、早めにお年玉年賀はがきは確認し、当選した場合は忘れずに引き換えるようにしてくださいね。

次の

書き損じ年賀状2019 交換期限はいつまで?手数料は幾ら?

お年玉年賀はがき 期限

年賀はがきのお年玉くじ!そもそも当選する確率ってどれぐらい? まず、気になる交換期間ですが、 年賀はがきのお年玉くじは、 抽選日から 6 ヶ月と 2 日後までが期限。 来年の 2019年なら、 抽選日は 1 月 20 日 日 なので、 引き換え期間は 1 月 21 日 月 ~ 7 月 22 月 までです。 引き換え期間はおよそ半年と かなり長期ですが、ここまで長いと、 たとえ当選していたとしても、 交換を忘れてしまいそうなんですよね…。 ちなみにもし 1 日でも 期限切れになってしまうと、 当選商品とは引き換え不可になるので 十分に注意しましょう。 ところで、年賀はがきのお年玉くじって、 どのくらいの確率で当たるのか 気になりますよね。 一等のギフト券または現金数 10 万円だと、 当選確率は 「 100 万枚に 1 枚」という かなりの低さ…。 確かに、年末ジャンボ宝くじよりは 当たる確率が高いですが、 それでも当選する気がしません。 でも、お年玉くじに当たってしまうと、 その年の運を全て使い切ってしまったようで 気の持ちようとしては逆に、一等は 外れたほうが良いのかもしれないですね 笑 二等はふるさと小包などが当選商品で、 確率は 「1万枚に1枚」、 三等はお年玉切手シートで、 「 100 枚に 3 枚」 当たります。 狙い目は三等ですね。 くれぐれも交換期限を 忘れないようにしましょう。 お年玉くじ付きの年賀はがきの 詳細に関しては、を チェックしておくと良いですよ。 当選はがきと一緒に古い年賀はがきの交換もやっちゃおう! 年賀はがきのお年玉くじが当選していたら、 忘れないうちに郵便局へ行って、 商品や賞金と交換してもらいましょう。 先ほども説明しましたが、 1 日でも交換期限を過ぎてしまうと、 たとえ当選していたとしても 交換できないのでご注意を。 そして、当選はがきを交換する際は、 未使用の年賀はがきがあったら、 一緒に郵便局に持って行きましょう。 余った年賀はがきや何年か前の 古い年賀はがきは、 未使用であれば 郵便局の窓口で 手数料を支払って、 新しい切手や郵便はがき、 レターパック封筒 などと 交換できるんですよ! 意外と知らない人も多いので、 これを機に、 1度も投函されていない 未使用の年賀はがきを、 郵便局に持って行きましょう! 交換の際に必要になる手数料に関しては、 を参考にしてみてください。 まとめ 年賀はがきのお年玉くじは、 抽選日の翌日から約半年間が 当選商品との交換期限でしたね。 これを 1日でも過ぎると、 当選していても交換できなくなるので 気を付けましょう。 ちなみに一等は 「 100 万枚に 1 枚」 という低確率なので、 当たったらものすごくラッキーですね!.

次の

2020年お年玉年賀はがきの交換期限はいつからいつまで?当選番号チェッカーはある?

お年玉年賀はがき 期限

スポンサーリンク 余ってしまった年賀はがきに期限はある? 年賀状を送るのは、1月7日までで、それ以降は寒中見舞いになるという暗黙のルール(?)がなんとなくあるようですが、年賀はがきに使用期限はありません。 料金さえ足りていれば、年賀状を出す期間を過ぎていたとしても、年賀はがきを使用することはできますよ。 ただ、年賀状として出すわけではないので、年賀の部分は二重線で消しておくなどした方がよいかと思われます。 余った年賀状は普通のはがきとして使ってしまいましょう! 使わなかった年賀はがきは交換してもらえる? 余った年賀はがきを普通の郵便はがきとして使うのもいいですが、そんなにはがきを使用する機会が無い!という方は、郵便局に持って行ってください。 なんと、年賀状を他のアイテムと交換してもらうことができるのです! 具体的に何に交換してもらえるのかと言いうと、 ・通常切手 ・郵便はがき ・郵便書簡 ・特殊封筒(レターパック封筒やスマートレター封筒) です!ただし交換してもえるのは、もちろん未投函のものだけ。 使用済みのはダメですよ!そして、年賀はがき1枚につき5円の手数料が必要になりますので、小銭の用意をお忘れなきよう! 手数料はかかってしまいますが、年賀はがきを使わないまま眠らせておいたり、捨ててしまったりするよりも、交換してもらう方が気分もスッキリしますよね。 交換期限も特に無いようですので、ご自宅にいつかの年賀はがきをお持ちの方は、小銭と一緒に郵便局窓口へ持ち込んでみてくださいね! また、悲しい事ですが、近親者のご不幸による服喪のために、年賀はがきが不要になった場合は、その年度の販売期間中であれば、無料で交換してもらうことができます。 交換できるアイテムは先ほどと同じです。 そして、年賀はがきの種類ってたくさんありますよね。 無地はもちろん、絵入りや寄附金付きやインクジェット紙など。 間違った年賀はがきを購入してしまった場合にも、その年度の販売期間中なら、無料で他の種類の年賀はがきに交換してもらうことができます。 ただし、広告入りなど、特殊な年賀はがきを除きますが…。 なので、年賀はがきが余ったり、書き損じたり、急に不要になったり、間違えて買ってしまったりしても慌てないでください!手数料を払えば、場合によっては無料で、新しいはがきその他に交換してもらうことが可能ですよ! スポンサーリンク 余った年賀はがきの有効活用法はまだあります! 郵便局に行くのが面倒くさい、忙しくて行けないという方は、余った年賀はがきで懸賞に応募してはいかがでしょう?ダメでもともと、当たればラッキーくらいの気持ちでぜひ! また、当たると言えば、年賀はがきにはお年玉くじが付いていますよね?交換してもらうにしろ、年賀状として以外で投函するにしろ、お年玉くじが当たっているか確認してからでも遅くないですよ!もしかしたら、とんでもないものが当たっているかも…? そして、どうせならお金にした~い!という方は、金券ショップに持ち込むという手もあります。 ただし、年賀はがきそのものを持って行っても安く買い叩かれるので、一度郵便局ではがきや切手に交換してもらい、それを金券ショップに持って行きます。 はがきの値段よりは安くなりますが、それでもはがき購入代の何割かを取り戻すことができますよ! さらに、書き損じはがきや未使用のはがきを寄付金にする活動をしている団体もあります。 集めたはがきを郵便局で切手にし、金券ショップで換金し、それを国際協力活動への寄付金にするのだそうです。 郵便局にも金券ショップにも行くヒマが無いけど、余った年賀はがきをなんとか活用したい!という方、寄付はいかがでしょう?こういう活動をしている団体に送るだけで、同じ地球に住むどこかの誰かを助けることができるかもしれません。 最後に 余った年賀はがきには、使用期限はとくにありません。 郵便局に持って行けば、1枚5円の手数料で、普通のはがきや切手に交換してもらうことができます。 交換してもらう前に、お年玉くじのチェックを忘れずに!また、懸賞に応募するときに使ったり、寄付活動をしている団体に送ったりして活用する手もありますよ!.

次の