風邪 エキナセア 効果 効能。 エキナセアの効能|薬用効果 注意点 使い方など

エキナセア(エキナケア)の効果効能、副作用 風邪や免疫力アップに

風邪 エキナセア 効果 効能

もくじ• 傷の手当や咳止めなどにも使われていました。 毒ヘビび噛まれた時の対処にもエキナセアが使われていたんです!そしてエキナセアが広く知られる様になったのは19世紀末のこと。 ネイティブアメリカンからエキナセアの有用性を学び、アメリカ医学会に広まっていきました。 同じ頃、ヨーロッパではドイツの学者が自国に持ち帰り栽培が始まってから広く知られる様になりました。 ドイツでは今でも自然療法が盛んで風邪や尿路の感染症などにエキナセアの処方がされるほどです。 エキナセアに関する研究はほとんどがドイツで行われています。 日本に伝わったのは昭和初期とされています 特徴 太く長い茎に紫色の大きな花をつけます。 (開花期は7~10月頃)中心部がウニのようにトゲトゲしていて、見た目がウニに見えることからギリシャ語でウニを意味するechinos(エキノス)からきています。 エキナセアの作用・適応 作用 ・抗ウイルス作用 ・抗菌作用 ・免疫賦活作用 ・創傷治癒作用 ・消炎作用 ・抗アレルギー 適応 ・風邪 ・インフルエンザ ・尿道炎 ・膀胱炎傷 ・ヘルペス ・ニキビ エキナセアの代表的な効果は風邪の予防です。 このハーブには 免疫力を高める効能がありウイルスや細菌の侵入を妨げてくれます。 また体内の毒素を外に排出することにより感染症予防にも役立ちます。 ドイツなどではかなり研究が進んでいてビタミンCと一緒に摂取すると風邪の発症率が下がるのも解っています。 抗ガン作用もありNK細胞を増やすとの研究発表もあります。 抗アレルギー作用があるので 花粉症やアレルギー性鼻炎の緩和に効果的と言われていて、日本の研究発表だとアトピー性皮膚炎の緩和にも効果が見られる事が発表されています。 僕個人的に感じた事は、美容師で手荒れが酷いんですがエキナセアを飲んでいる期間は症状が緩和していた気がします。 もしかしたら美容師特有の薬品の手荒れにも効果があるのかもしれませんね(あくまで個人的感想です) エキナセアの代表的な有効成分 ・エキナコシド ・シナリン ・多糖類 ・イソブチルアミド エキナセアの注意点 ・キク科アレルギーの人は使用を避けてください。 ・長期間にわたる常用も避けましょう。 (8週間以上) 期間を空けてまた飲むほうが効果的です。 季節の変わり目前に飲むなどするといいかもです(あくまで目安です) ・免疫賦活作用が強いので免疫を抑える薬を飲まれてる方は注意してください。 とは言え、ほとんどの方が安心して飲めるハーブですので楽しくハーバルライフを過ごしましょう 安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ) 相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ) まとめ エキナセアの 最も有効な成分は多糖類だと考えられていて、これらが好中球やマクロファージなどの食細胞を活性化し、抗菌や抗ウイルス作用を示してくれます。 風邪の時はビタミンCが豊富な ローズヒップや、発汗・利尿効果のある エルダーフラワーなどをブレンドして飲んで頂くと効果的です。 一回に多く飲むのではなくこまめに飲むのがいいですよ! ローズヒップ に関してはこちらをご覧ください!.

次の

エキナセアの効能効果!花粉症、風邪やインフルエンザに効く理由や妊娠中や副作用について

風邪 エキナセア 効果 効能

エキナセア(エキナケア)(紫) エキナセア(エキナケア)。 別名はムラサキバレンギク、パープルコーンフラワー、プルブレアなどとも呼びます。 きく科(ムラサキバレンギク属)。 ハーブティーなどに用いられます。 のど飴やトローチに配合されていることもあります。 エキナセア(エキナケア)は北米先住民族が主として外傷の手当てに使用してきたハーブであり、ヒンズー教アーユルヴェーダもこれを取り入れています。 今日ではエキナセア(エキナケア)は 西欧では循環器系、リンパ系、呼吸器系の効果的な解毒薬のひとつとみなされており、適切に摂取すれば安全であり感染症に対する抵抗カを上げる効果は科学的にも立証されてきています。 エキナセア製剤は1種類ではなく、異なる植物、異なる部位から、異なる抽出法にて製造された200種類以上の異なる製剤があります。 エキナセア(エキナケア)は観賞植物としても用いられ、デイジーに似て、紫、濃い桃色、ときに白、黄色、赤色の花をつけ、突起した中心球果をもち花弁は舌状花で下を向きます。 使用部分は根 エキナセア根 、根茎。 必要時に根を掘り上げ、水洗い後、ひげ根を除いて日干しにします。 アメリカのミネソタ州からテキサス各州、カナダのサスカチュワン州に分布します。 多年草で高さ60cm〜1m、根は円筒状に肥厚し、わずかにらせん状、花期は6〜10です。 「消化、片頭痛、免疫力、抗菌、感染症、アレルギー、リウマチ、前立腺炎、尿路感染、利尿、皮膚疾患、ヘルペス、ニキビ、乾癬、外傷、痔、刺し傷、咬み傷、関節炎、風邪、真菌感染、敗血症、ウイルス、扁桃炎、鼻腔カタル、咳、歯肉炎、腫瘍」 エキナセア(エキナケア)は消化不良に効果があるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)は片頭痛、痛みに効果があるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)は免疫機構を刺激し、治癒を促進する、免疫賦活薬として摂取される、白血球や、脾臓の細胞を増やし、顆粒球の貪食能を活性化し、体温をあげるという作用機作で抵抗カを上げる、エキナセアの種と部位を問わず、免疫刺激成分が存在することが示された、組織培養物から分離された酸性アラビノガラクタンはマクロファージを刺激し、インターロイキン1とインターフェロン(インターロイキン6 を産生し、T細胞の増殖を微増し、さらに腫瘍細胞などへの細胞毒性を活性化する、アレルギーに効果があるとの報告もある、リウマチに効果がある等の報告があります。 エキナセア(エキナケア)は生殖器の感染症に効果があるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)は尿路の慢性的感染に摂取する、慢性あるいは実験的腎炎での尿タンパクの減少、利尿効果がある、前立腺炎に用いられる等の報告があります。 エキナセア(エキナケア)は皮膚疾患に摂取する、外傷、腫れ物、(慢性)膿瘍などに有効である、おでき、膿瘍、外傷、皮樹潰瘍、湿疼、乾癬、ハチの刺し傷、痔、単純へルペス、やけどに外用薬で用いられる、外用で奪麻疹のかゆみを和らげ、刺し傷、咬み傷にもよい治療薬となる、伝統的にへビや他の有毒動物に咬まれた時や虫刺されに用いられてきた、また、壊疽、古い潰瘍にも用いられた、多発関節炎(リウマチ性関節炎など)に効果がある等の報告があります。 エキナセア(エキナケア)は試験管内試験で軟骨組織伸張促進効果があるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)は扁桃炎や咳の初期症状、鼻腔カタルに摂取する、鼻粘膜の乾燥に効果がある、風邪や呼吸器の感染に摂取する等の報告があります。 エキナセア(エキナケア)の抗菌効果は証明されており、感染症を抑える働きの白血球の産生を促し、さらに成分中の多糖が抗ウイルス活性を示すことが報告されている、分離された成分または植物体抽出物は、ある種の菌に対して細菌発育阻止活性を示すと報告されている、抽出物は、脳心筋炎、小水疱性口内炎、インフルエンザ、ヘルぺスポリオウイルスに対し、インターフェロン様の間接的な抗ウイルス活性を示した、風邪、真菌感染、敗血症など感染症に対する抵抗カを上げる、腺熱(伝染性単核(球)症)やウイルス感染後症候群(筋痛性脳脊髄炎 といった疾患への治療効果が期待されている、抗菌性があり、風邪やインフルエンザなど感染症の予防と治療気管支炎、尿路感染症に対する効果が認知されている、尿路感染症を含む各種感染において、免疫活性化剤として用いられる、カンジダ感染症に用いられる等の報告があります。 エキナセア(エキナケア)の風邪などの上気道感染の治療に対する有効性、効果を示唆するヒト試験が蓄積されています。 上気道感染症に対する有益性は、治療、予防ともに不明です。 エキナセア(エキナケア)は腫瘍細胞にも有効といわれるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)は歯・口腔内・歯肉の炎症に効果があるとの報告があります。 エキナセア(エキナケア)から分離されたいくつかのポリフェノールは酸素ラジカルによるコラーゲン分解を減少させます。 このことから、エキナセア抽出物は紫外線照射による皮膚の光損傷を防ぐのに有効であろうといわれています。 エキナセア(エキナケア)の副作用・毒性 エキナセア(エキナケア)の副作用・毒性などの危険性は以下の通りです。 エキナセア(エキナケア)は適切に使用した場合、安全に摂取することができる。 適切に短期間使用する場合、経口でほぼ安全です。 ただし、副作用が全くないわけではありません。 エキナセア(エキナケア)の副作用としては、アレルギー症状(奪麻疹、結節性紅斑、急性喘息、呼吸困難、アナフィラキシー、血管浮腫)や発熱、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、喉の痛み、めまいが起こることがあります。 アレルギー症状はまれですが、アトピーの人はエキナセアに対し、より感受性が高いと考えられます。 また、キク科の植物にアレルギーの人はエキナセアにも過敏である可能性があります。 経口摂取では、味のまずさが最も共通した有害事象ですが、皮膚アレルギー反応もみられます。 コミッションE(ドイツのハーブ承認委員会)においては、エキナセア(エキナケア)の使用限度期間を8週間としています。 これはすべての使用部位に適応されます。 妊娠中は短期間ならばおそらく安全ですが、授乳中の安全性についてはデータが十分でないので使用を避けることとされています。 コミッションEにおいては、すべてのエキナセア種に関して、エイズ、HIV感染症および他の自己免疫疾患の全身性疾患に用いるべきではないとしています。 エキナセア(エキナケア)の過剰摂取は咽喉の炎症の副作用を起こすことがあります。 エキナセア(エキナケア)を経口で使用する場合、進行性の全身性疾患、例えば結核や白血病、膠原病、多発性硬化症などには禁忌です。 アレルギー傾向があったり、妊娠している場合は、エキナセア(エキナケア)の経口摂取は避けるべきです。 治療試験、予防試験以外でエキナセアによるアナフィラキシーが報告されています。 エキナセア(エキナケア)はチトクロームP450の効果を阻害することが示唆されています。 ヒトではまだ報告がないですが、この酵素によって代謝される薬物との併用は避けるか注意することとされています。 16件のベ3,396名を対象としたランダム化比較試験の結果、大部分はエキナセアの風邪に対する有効性、効果が認められました。 しかし特定のエキナセア製剤が風邪の予防や治療に有効であると結論するには根拠は不十分であったといいます。

次の

エキナセアの効能は?効果なし?副作用や効果の詳細も!

風邪 エキナセア 効果 効能

エキナセアの効果効能 目次• キーワード&データ キーワード:感染症予防に 名前 エキナセア、echinacea 和名 ムラサキバレンギク(紫馬簾菊) ・読み方• Echinacea angustifolia [エキナケア・アングスティフォリア]• Echinacea pallida [エキナケア・パリダ]• Echinacea purpurea [エキナケア・プルプレア] キク科 地上部、根、種子 その他のエキナセアの記事をチェック: 特徴 アメリカの先住民が大切に使っていたハーブです。 傷の手当てや咳止め、喉に使用されていました。 免疫力を高めるハーブとしても古くから使われてきました。 風邪の予防にハーブティーとして飲んだり、抗菌作用を含んだクリームを作ることもできます。 スピリチュアルなストーリー アメリカ先住民はエキナセアをおまじないや呪いの効果をさらに高めるために使用していました。 精霊への捧げものとして使っていたそうです。 エキナセアの効果効能 免疫力を高める働きに優れていて、花粉症にもいいと言われています。 それに加え抗ウイルス作用や抗感染作用があるため、風邪やインフルエンザの予防、ヘルペスやカンジダ症などのあらゆる感染症予防に効果的です。 下痢の症状や傷にもいいと言われています。 治りにくい傷には外用として使用できます。 抗ウイルス作用• 抗菌作用• 免疫賦活作用• 消炎作用• 創傷治癒作用 適応• ニキビ、湿疹• ヘルペス• インフルエンザ• 尿道炎• 膀胱炎• カンジダ症 有効成分 カフェ酸誘導体(エキナコシド、シナリン)、多糖類(ヘテログリカン類)、アルキルアミド(イソブチルアミド)、精油、ピロリジジンアルカロイドなど 注意事項・禁忌 通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。 授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。 まれにアレルギーを引き起こす場合があります。 安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ) 相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ) 『メディカルハーブ安全性ブック第2版』 妊娠中・授乳中は、専門医のアドバイスのもと使用すべき キク科アレルギーの人は注意 8週間以上の連続使用は禁止 進行性疾患(結核、白血病、膠原病、多発性硬化症、エイズ、HIV感染、自己免疫疾患など)には禁忌 『ESCOP Monographs』 エキナセアの使い方 ティーの飲み方 小さじ1を5分煮出し、5分蒸らす。 症状別ハーブの使い方 インフルエンザ• エキナセアのを作る• 少量の水にチンキ剤を10滴(小児は5滴)を垂らし、1日数回服用する。 『フィトセラピー植物療法事典』 風邪の予防 エキナセア、、、 おすすめの使い方 ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス アーユルヴェーダからみた使い方 名前:エキナセア アーユルヴェーダの観点では、エキナセアは強力な血液とリンパのデトックス作用があるハーブです。 天然の抗生物質として働き、体内の解毒をします。 白血球の働きを促進させ、膿や身体の腐敗を阻止します。 血液と肺にも働きかけるので、風邪やインフルエンザにも効果的です。 虫刺されや傷には湿布にして使用すると効果的です。 日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。 事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。 持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。

次の