ソニー サラウンドヘッドホン。 【2020最新】SONY(ソニー)のおすすめヘッドホン11選|ハイレゾ&Bluetoothモデル集

サラウンドヘッドホンのおすすめ10選!PS4や映画鑑賞にも

ソニー サラウンドヘッドホン

映画やゲームをまるでその空間にいるような感覚で楽しむことができるサラウンドヘッドホン。 臨場感あふれる音は、映画やゲームの時間をより充実したものにしてくれます。 たくさんのメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 今回は購入前にチェックしておくべき選び方のポイントと、具体的なおすすめ商品をご紹介します。 サラウンドヘッドホンの選び方ポイント!自分に合った1台をみつけよう! 数々のメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 はじめて購入する人はどれを選んだら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。 ここではサラウンドヘッドホンの選び方のポイントをご紹介します。 チャンネル数をチェック!求める音質によって違う! サラウンドヘッドホンを購入する際に、まずチェックしておくべき項目に「チャンネル数」があります。 チャンネル数とは、「5. 1ch」「7. 1ch」「9. 1ch」の3種類があり、求める音質によって選び分ける必要があります。 数値が大きいほど音源間の距離が大きくなり、ヘッドホンを通して聴く音に厚みが生まれます。 音の立体感や迫力に違いが出てくるので、サラウンドヘッドホンをどのようなシーンで使うのかによって選んでみましょう。 映画DVDをみたり、PS3、PS4のゲームを楽しんだりしたいなら、5. 1chのサラウンドヘッドホンで十分に楽しむことができます。 ブルーレイディスクや3D映像には7. 1ch、映画館のようなリアリティ溢れる音質を楽しみたいなら9. 1chがおすすめです。 このようにサラウンドヘッドホンを購入する目的と照らし合わせながらチャンネル数を選んでみてください。 有線かワイヤレスか?使いやすさは人それぞれ! サラウンドヘッドホンには有線タイプとワイヤレスタイプがあります。 使いやすさや使い心地は人それぞれなので、どのようなシーンで使いたいかをイメージしながら選んでみましょう。 有線タイプは一般的に有線タイプの方が音切れがなく、音質が良いと言われています。 とにかく音質にこだわりたい人は有線タイプのサラウンドヘッドホンがおすすめです。 コードの長さは様々ですが限度があるため、サラウンドヘッドホンを利用する環境をイメージしておきましょう。 ワイヤレスヘッドホンは、コードがないため気軽に使えるメリットがあります。 家族や知人と同時に複数台のヘッドホンを接続して使いたい人、複数人で同じ映画を楽しみたい人などにおすすめです。 使い心地を左右するイヤータイプを選ぼう イヤータイプはサラウンドヘッドホンの使い心地を左右するポイントとなります。 オープン型とクローズド型があり、それぞれに特徴がありますので自分に合ったイヤータイプを選んでみましょう。 オープン型は耳への負担が少なく、長時間にわたり使用していても比較的疲れにくいというメリットがあります。 締め付け感が少ないため、耳をヘッドホンで圧迫されるのが苦手な人に特におすすめです。 オープン型という名の通り、音が外部に漏れてしまう可能性があるため、室内での使用がメインの人はオープン型のヘッドホンを選んでみましょう。 クローズド型は外部への音漏れがないため、深夜や移動中も臨場感溢れる音を大音量で楽しみたい人におすすめです。 耳への負担を軽減!耳に触れる部分の素材をチェック! サラウンドヘッドホンを装着して映画やゲームを長時間楽しんでいると、耳が疲れてしまったり圧迫感を感じたりしてしまう人もいます。 耳への負担が気になる人は、耳に触れる部分の素材をチェックしてみてください。 イヤーパッド部分に低反発性のクッションが使用されているタイプのヘッドホンは、耳を包み込むような装着感が特徴です。 また、耳全体を覆うようなイヤーカップが採用されているサラウンドヘッドホンもあります。 それらのヘッドホンは長時間にわたり使用していても、比較的耳の疲労感を軽減してくれます。 加えて、耳だけでなく頭部への負担が気になる人は、柔らかい素材のヘッドバンドが使用されたタイプを選んでみてください。 おすすめのサラウンドヘッドホン10選!お気に入りを見つけよう ここからは具体的におすすめのサラウンドヘッドホンをご紹介します。 前述した選び方のポイントと合わせてチェックして、自分に合ったアイテムを見つけてみてください。 映画におすすめ!「ソニー 9. 1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS」.

次の

【2020最新】SONY(ソニー)のおすすめヘッドホン11選|ハイレゾ&Bluetoothモデル集

ソニー サラウンドヘッドホン

映画を観るなら大きな音で楽しみたい! 映画を観るなら映画館のような迫力のある音で楽しみたい!しかし、自宅で観賞する場合、時間帯によっては音量を制限しないといけなかったり、テレビ内臓のスピーカーだとあまり迫力を感じられないなど、満足のいく環境で楽しめない方も多いかと思います。 今回は、 「迫力のある音でアクション映画を見たい!」「周囲を気にせず映画鑑賞を楽しみたい!」という方におすすめのヘッドホンをご紹介します。 臨場感のある音をヘッドホンで体感! ヘッドホンには、低音に迫力がある機種や、高解像度でクリアな音質の機種、サラウンド機能を搭載し音に立体感を持たせた機種など、様々なタイプがあります。 その中でも特に映画鑑賞と相性の良いヘッドホンをタイプ別に解説していきたいと思います。 最近では安価なモデルや多機能なモデルまで幅広く展開されています。 また、ワイヤレスなのでケーブルによる制限が無く利便性に優れ、ケーブル断線リスクが無いことも特徴です。 さらに、「ノイズキャンセリング機能」搭載の機種では、通常のヘッドホンと比べてさらに遮音性を高める事ができるので、より映画の世界に没頭できます。 しかし、Bluetooth機能がないテレビで使用する場合、 別途レシーバーを接続していただく必要があります。 また、apt-X LLなど低遅延コーデックに対応していない機種同士で接続すると、映像と音に遅延(ズレ)が発生してしまうのでこちらも注意が必要です。 デメリット 選択肢が少ない 価格が比較的お高め 映画との相性は良いですが、サラウンドヘッドホンは製品が少なく、選べる機種が限られてきます。 また価格も比較的高価なため、予算を高めに設定する必要があります。 サラウンドヘッドホンとは、音が左右から聴こえる一般的なヘッドホンとは異なり、 映画館の様に複数の方向から音を出し、音に立体感や臨場感をより感じられるようにしたヘッドホンの事です。 サラウンド機能を搭載したヘッドホンの種類として、バーチャルサラウンド5. 1ch・7. 1ch・9. 1chなどがあり、この数字が多いほど音に立体感や臨場感が生まれます。 おすすめポイント ・細かな効果音も逃さない解像度の高さ。 ・所有欲を満たすシンプルで高級感のあるデザイン ・耳が痛くなりにくい クッション性の高いイヤーパッド 世界的音楽アーティストZEDDとのコラボモデルで、ヘッドホン本体のデザインはシンプルですが高級感があり、装着した際の重量バランスも計算されているため、程よいフィット感が実現されています。 音質もこだわり抜かれており、「ダンスフロアにいるかのようなパワフルな重低音が体感できると同時に、繊細なディテールまで忠実に再現するクリーンでクリアな高品質サウンド」となっているため、映画鑑賞では、細かな音の表現やアクションシーンでの重低音の響き方などがより、リアルに聴こえます。 ケーブル長が1. 2mと短めのため、テレビにつなぐ場合は延長ケーブルを使うことをおすすめします。 audio-technica ATH-M20x おすすめポイント ・原音に忠実で映画のジャンルを選ばない ・遮音性が高く、映画に没頭できる ・軽量で身軽な装着感 こちらはモニターヘッドホンのエントリーモデルで、フラットな音質を持ち、広帯域再生が得意なヘッドホンです。 モニターヘッドホンはスタジオレコーディングなどの環境でも使用されることを前提としているため、遮音性が高く、長時間の使用でも快適さを保つイヤーパッドが採用されています。 原音に忠実なので、映画ジャンルを問わず世界観に没頭できるヘッドホンです。 ケーブルは3mと長めですが、足りない場合、必要に応じて延長ケーブルを買い足すことをおすすめします。 おすすめポイント ・耳全体を包み込むような優しい装着感 ・演者の息遣いまで感じられる再生能力 ・映像だけでなく、BGMまで高音質に体感できる イヤーパッドは耳全体をすっぽりと包み込む大きさで、長時間の装着でも疲れづらいです。 また、開放型ヘッドホンなので音がこもらず、程よい抜け感があるため、より映画などの臨場感を感じることができます。 さらにこの機種は、音の輪郭もしっかりしているので、人物のセリフや細かな音まで逃さず楽しめます。 激しめの映画よりは、ゆったりとした内容の映画との相性が良いヘッドホンです。 また、映像だけでなく、映画音楽としても楽しみたい方にもおすすめした機種になります。 ケーブル長は1. 2mと3mの2種類付属しており、視聴する環境に合わせてケーブルを付け替えることができます。 おすすめポイント ・耳全体を包み込むような優しい装着感 ・そこにいるかのようなリアルな演者の声 ・映画音楽が好きになってしまうほどの音の再現力の高さ 楕円形のイヤーカップは耳にフィットする形状で快適です。 また、厚みのあるヘッドバンドとイヤークッションは、自宅でリラックスして映画鑑賞をするのにピッタリです。 HD599よりフラットな音質になっているため、少し低音の迫力は薄れてしまいますが、音の広がり方や細かい音のニュアンスはしっかりと把握でき、細かな音も聴き逃すことなく楽しめるので、音質にこだわりたい方はこちらの機種をおすすめします。 ケーブル長は3mありますが、音質にこだわる方は、延長ケーブルで音が劣化する可能性がありますので、延長ケーブルなしで使用することをおすすめします。 ワイヤレスだと気になるのが「遅延」ですが、HD350BTはapt-X LLコーデック対応で、映画やゲームなどが低遅延で楽しめます。 () さらに、Bluetooth5. 0&Class1()が採用されているので安定した接続性能を持っているので、途切れづらいです。 5時間の充電で30時間の連続使用も可能なので、豊かな低音域と解像度の高さが特徴のゼンハイザーサウンドをバッテリーを気にせず、手軽に楽しめます。 おすすめポイント ・ヘッドホン本体が震えて、大迫力のシーンを振動と共に体感 ・サラウンドヘッドホンを超える臨場感の高さ ・ノイズキャンセリングも搭載し、映画の世界に没頭できる サブウーファー搭載のノイズキャンセリングヘッドホンSkullcandy CRUSHER ANCは、低音に合わせて筐体が振動する機能が搭載されています。 ヘッドホン本体に低域振動量を調節できるスライダーが搭載されており、最大まで上げると、大迫力のシーンをリアルな振動と共に体感することができ、まるでその映画の世界にいるかのような錯覚を起こします。 ノイズキャンセリング機能も搭載しており、周囲の細かな音も遮断してくれるので映画鑑賞にピッタリです。 おすすめポイント ・業界トップクラスのノイズキャンセリング機能で外音が気にならない ・非常に柔らかく、モチモチとした装着感で快適 ・映画、音楽ともにジャンルを選ばない高解像度でバランスの良いサウンド ソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載しており、さまざまな環境においてもノイズを気にせず、こだわりの高音質に存分に浸ることができます。 専用アプリを使用すれば、シーンに合わせてサウンドエフェクトを選択できるので、映画ジャンルによって変更してみるのも良いと思います。 また、タッチセンサーコントロールを使用すれば、スマホやタブレットの音量調節などが手軽に操作できます。 こちらの機種も、ノイズキャンセリング機能を使用すれば、どんな環境でもより静寂な環境にすることが可能です。 スッキリとした低音とクリアな音質は、耳が疲れづらく、長時間使用にもおすすめできるヘッドホンです。 おすすめポイント ・7. 4chの臨場感のあるサウンド ・アップミックス機能で2chや5. 1chを7. 4chに変換可能 ・選べる4つのサウンドモードを搭載 ・快適な装着感 8月8日(土)発売予定 7. 4chというご自宅で組むのがなかなか難しいセットが、ヘッドホンとプロセッサーのみで楽しめるというシステム。 スマホアプリで簡単に個人特性を測定、分析し、最適な音場や定位を楽しめます。 なんと2chコンテンツもアップミックスしてくれる機能も搭載しています。 柔らかいヘッドパットが心地よく、装着感が良いので長時間リスニングも問題なさそうです。 4chコンテンツ 映画 で体験してみましたが、頭の中を音が駆け抜けるような臨場感と立体感に感動します。 まるで映画館で見ているような没入感がご家庭で楽しめる優れものです。 音楽ははもちろんのこと、ライブ音源などもかなり相性が良いと思います。 音楽、映画が好きでもっと臨場感を!とご所望の方、ご自宅にスピーカーを置くのはちょっと・・・とお悩みの方などなど。 一聴の価値ありです! おすすめポイント ・9. 1ch対応 まるで映画館のようなダイナミックサウンド ・サラウンドヘッドホンでトップクラス!包み込むような装着感 ・高い遮音性と音漏れの少なさ 9. 1ch対応のサラウンドヘッドホンで、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術が搭載されています。 エフェクトも数種類搭載されており、多くの用途に対応できる万能型のヘッドホンで、映画以外にもゲームなどでもその効果は存分に発揮されます。 ヘッドホン本体は、厚みのあるレザーパッドが使用されており、1日中映画に没頭しても付け疲れしない快適な装着感です。 遮音性も高く、音漏れもしないため、家族が寝ていても気楽に映画の世界に入り込むことができます。 自宅での映画鑑賞やテレビゲームなどの体験を1段階上に押し上げてくれる満足度の高い機種です。 おすすめポイント ・スマホやゲーム機も、気軽にサラウンド化 ・手持ちのイヤホン・ヘッドホンを立体的な音に ・スピーカーを立体的な音にするモードも搭載 手軽にスマホ・PC・ゲーム機などの音を映画館の様な立体音響に擬似的に変換してくれるのがこちらのアンプで、タブレットやPCなどでも迫力のサラウンドで映画鑑賞をしたい方におすすめで、USB接続にも対応しています。 機能としては2種類のモードがあり、2ch以上のスピーカーやサウンドバーに最適な「スピーカーモード」とイヤホン・ヘッドホンに最適な「ヘッドホンモード」があります。 臨場感のあふれるダイナミックな音で、音楽・映画・ゲームを楽しめる頼もしいアイテムです。 おすすめポイント ・手に届きやすい価格帯で、家のテレビをホームシアター化 ・映画も音楽もスポーツ観戦も、ボタンひとつで最適な音に ・スリムなボディで場所を取らない こちらのJBL Bar Studioは、テレビとHDMIケーブルで簡単に接続が可能。 スタンダード・ミュージック・ムービー・ボイス・スポーツモードの5種類のサウンドモードを搭載しており、映像に合わせて音質の変更ができます。 また、リモコン操作で低音域の調整が可能で、JBLサラウンド・サウンドモード機能を使用すれば、臨場感のある音で映画を楽しめます。 お求めになりやすい価格のため、初めての一台としてもおすすめの初心者向けサウンドバーです。 おすすめポイント ・映画館のような大迫力サウンド ・細かな音も逃さず描写し、そこにいるかのような臨場感 ・Bluetoothにも対応し、音楽も高音質で楽しめる テレビとの接続はケーブル1本に簡単に接続でき、テレビのスピーカーでは再現が難しい繊細な音をクリアに再生してくれます。 付属のリモコン使用すれば低音の調整が可能なので、映画のジャンルに合わせて低音をプラスしてみるのも良いと思います。 Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットなども接続可能なので、「映画はよく見るけど、PCやスマホなどしか持っていない…」なんて方にもおすすめです。 自宅でも映画館のような音で映画を楽しめるので、サウンドバーの導入を検討している方におすすめです。 音に妥協したくない方はぜひ。 まとめ タイプ別におすすめヘッドホンをご紹介させていただきましたが、最適な商品は見つかりましたでしょうか。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 東京・名古屋・大阪にある実店舗では、さまざまなポータブルオーディオ製品の試聴もできますので、気軽にお立ち寄りくださいませ。 最新情報はからご確認ください。

次の

ソニーのヘッドホンおすすめ16選。人気モデルを定番から最新まで網羅

ソニー サラウンドヘッドホン

もくじ• MDR-HW700DSの商品内容 ソニーから発売された「MDR-HW700DS」の内容は、以下のとおりです。 世界初のサラウンドシステム? 世界初(*)9. MDR-HW700DSの装着感、使用感 「MDR-HW700DS」は、まるで 低反発枕のような柔らかさという意見が多かったのです。 まるで 高級な寝具のような心地の良い素材で作られていて、優しく包まれるような柔らかさと温かさがあり、締め付けのない安定の装着感でメガネをかけている感じで安心感も感じられるんだそうです。 ただ、あまりにふわふわで安定に装着出来る反面、 クッションが傷みやすいという欠点もあるようです。 平均的にみると、1年ほどで傷み始めて、 2~3年ほどで新しいものに変えている人が多いですね。 クッションのみの販売もあるようです。 中には、数か月で壊れてしまったという人もいるようで、 あまり雑な使い方をすると柔らかい素材ですので壊れやすいのでしょう。 電源は半自動となっていて、ヘッドホンを広げたり傾けたりすると センサーが反応して電源が付く仕組みとなっているため、移動するときに毎回電源が入ってしまう可能性があります。 もちろん ボタンで電源を付けることも出来ます。 MDR-HW700DSの音質のレビュー 音質についても、 高音と低音のどちらも質が高い性能となっていて、とくに 低音が本商品の最大の特徴ともいえるほど凄いと言います! アクション映画やアクションゲームなどでよくある、爆発だったりヘリコプターや車などの機械音は 音とともに振動も伝わってきて、耳が震えて臨場感たっぷりです! そのことから本商品は、 映画やブルーレイをみる人やゲームをよくやる人にオススメの商品であるようですね。 ヘッドホンをしているときに周りの音が気になる方がいると思いますが、「MDR-HW700DS」なら ほとんど周りの音が気になることはありません。 さらに、音漏れもほとんどなく、出ていたとしても多少なので、周りの迷惑になることはほとんどないでしょう。 よくあるコード付きのヘッドホンとは違って、 ワイヤレスとなっているので付けたままでもある程度自由に動いまわることが出来ます。 「MDR-HW700DS」のメリット 続いては、「 」を調べていたうえでみつけたものや、メリットをお伝えしていきます。 この商品のメリットは、• 耳当てがとても柔らかくて、締め付け感がない• 高音も低音も質が高く、特に低音の臨場感が凄い• ワイヤレスで着けたまま歩き回れる• 周りの音やノイズ、音の遅延がほとんどない• 小型で置き場所に困らないし、場所もとらない• HDMI接続なので、映画・ゲーム・ブルーレイなどに対応 などなどが挙げられます! 映画やゲームが大好きで、ヘッドホンの締め付け感が嫌な方には、オススメできます! もちろん、映画やゲームが好きではない方でも、心地よい装着感があるを購入することで、ヘッドホンの良さを体感できるでしょう。 「MDR-HW700DS」のデメリット 対する、「MDR-HW700DS」のデメリットは、• 耳あての素材が柔らかすぎるために、壊れやすい• 値段が約33,000円と、少し高め• Wi-Fi電波などの影響で、たまに音が切れることがある• Bluetooth接続が出来ない• 映画やゲーム向け などですね。 基本的には、高性能な商品ですが、高性能がゆえに値段も高めに設定してあります。 経済てきに余裕のある人で、映画やゲームが大好きな人なら買って損はない商品です。 また、耳当てが壊れてしまった場合には、16,000円ほどで変えのヘッドホンを購入する必要がありますので、 購入した方は取扱いに気を付けたほうが良さそうです。

次の