洗面 タオル掛け。 洗面所にタオル掛けがないときの対処法!便利グッズで簡単タオル掛け

住まい・暮らし情報のLIMIA(リミア)|100均DIY事例や節約収納術が満載

洗面 タオル掛け

記事の目次はコチラ• 濡れたタオルをそのままにしておくと… まず、濡れたタオルを他の洗濯物と一緒にカゴに入れておくと、 臭いやカビが発生する可能性があります。 タオルを清潔に使用するためにも、濡れたタオルは、洗濯までに時間が空くようだったら、一度乾燥させると良いでしょう。 他に使用したタオルも同様に、 一度濡れたら乾かす、ということを徹底すると臭いも気にならなくなります。 タオルを乾かす場所が洗面所にない… 一人暮らしで、コンパクトな洗面所や脱衣所を使用していると、 タオルを引っ掛ける場所があまり見つからない、なんてこともあるかも知れません。 そんなときは、 グッズやDIYで簡単にタオルを乾かす場所を設置してみましょう。 突っ張り棒を取り付ける カーテンポールにしたり、新しい収納スペースを作り出したりするのにお役立ちな 突っ張り棒は、タオルを乾かす場所の設置にもやはりピッタリです。 洗面所や脱衣所の壁と壁の間に突っ張り棒を取り付けて、そこにタオルを引っ掛けましょう。 棒を設置するだけなのでとても簡単なうえに、 100均でも購入できるので安価で済みますよね。 また、通常の突っ張り棒でなく、下の写真のような パーテーションを取り付けることによってタオル以外のものをかけるスペースとすることもできますよ。 (出典:) 扉にタオル掛けバー 洗面所の扉に タオル掛けバーを設置しましょう。 スペースを取ることなくタオルを干すことができます。 扉にいくつかバーを設置することが出来れば、洗面用のタオルとバスタオルなど何個かのタオルをひとつの扉に同時にかけておくこともでき便利ですよね。 S字フックを取り付ける 平らなS字フックを取り付けることによってタオルをかけるスペースを確保します。 (出典:) 洗面台自体に取り付けてもいいですし、扉に設置してみても良いでしょう。 S字フックはいくつかかけておけば、他のタオルもかけることが出来ます。 取り外しも簡単にできるので、とりあえずのタオル掛けとしてしばらく利用してみるのも良いかもしれないですね。 スタンドを利用する 玄関やリビングなどに、コートや帽子をかけておくための スタンドを利用している方も多いのではないでしょうか?コートと一緒にタオルもそこにかけておけば乾かすことができます。 洗面所にスペースが残っているという方は、スタンドをもう一つ設置してみても良いですし、これを機に 玄関などに一つスタンドを置いてみても良いかもしれません。 スポンサードリンク ペーパーホルダーをタオルにも利用 キッチンペーパーなどをかけておくための、 ペーパーホルダーも、タオルをかけるのに使用することができます。 (出典:) このように、洗面台に棚がある方は 棚にホルダーを設置してみてはいかがでしょうか?。 ペーパー用のホルダーとなっているため、重いタオルなどをかけるときには、棚の上に重しを置いてしっかりとホルダーを固定させるようにしましょう。 丸形タオルホルダー フックやポールを取り付ける場所も惜しいという方は、こちらの 丸形のタオル掛けを利用してみてはいかがでしょうか? (出典:) タイルなどに吸盤で貼り付けることができるので、 お風呂場に一時的にタオルを干すのに向いています。 お風呂場は常に換気扇を回しているといった方や、窓を開けているという方は、お風呂場に干した方が乾きやすいかもしれないですね。 タオルをかけても乾かない…乾きやすいタオルで解消! タオルをかける場所をせっかく設置しても、地域や季節によっては、タオルが乾きにくいという場面にも遭遇するでしょう。 そんなときは、 乾きやすいタオルを使用することで、速くタオルを乾かすことができます。 乾くためにかかる時間が短くなれば、カビの発生を防いだり、臭いがつきにくくなります。 特に、 水泳をしている人が使用しているタオルは、速乾性があり吸収性もあるタオルのため、使用した後もすぐに乾かすことができますよ。 (出典:) 使用後タオルは乾かして清潔に保とう! 濡れたタオルを乾かす、 タオル掛けの確保の方法をご紹介しました。 ・突っ張り棒を使用する ・扉にタオル掛けバーをつける ・S字フックを取り付ける ・スタンドを利用する ・ペーパーホルダーを利用する ・丸形ホルダーを利用する 以上のいくつかを試してみてはいかがでしょうか? それでもタオルが乾きにくいという方は、 速乾性のあるタオルや水泳用のタオルを使用することですぐに乾くようになります。 ぜひ使用してみてください。

次の

洗面所にタオル掛けがないときの対処法!便利グッズで簡単タオル掛け

洗面 タオル掛け

タグ 100均 30代 4人家族 DIY UV アイデア アイテム アイメイク アイロン アイロンシール アクリル アプリ アメリカ あるある アルカリ電池 アレンジ アロマ イランイラン インク インコ ウーパールーパー うさぎ うずら エアコン オカメインコ おしゃれ オス おすすめ オリンピック オレンジ お守り お礼 お祝い お茶 お見舞い お金 お風呂 カーペット かじり木 カタカナ カッター カビ カメラ ガラス キーホルダー ギター キッチン キャベツ キャラクター キャリケース キャンセル待ち きれい グッズ グッピー クリーニング グルーガン ケーキ ケージ ゴーグル コーデ コインランドリー コスプレ コスメポーチ コツ コミケ コンビニ サイズ サイン サッカー サビ サラダ シール ジェルネイル しつけ シャンプー シルバー シンク スカート スケジュール ステッカー ステンレス ストレート ストレス スニーカー スポンジラック スマホ スマホケース スライム スランプ ゼラチン セラミック ゼリー タイミング タオル タグ タッパー ダニ タレ ダンサー ダンス チケット ツーブロック ディスポーザー デザイン テトラ デニム デメリット テレビ トイプードル トイレ トップコート トラ ドライフラワー トラブル トリミング ネイル ノート バーベキュー バイク バイト ハゲ ハスキー ハムスター バラ バランス バレエ ハンドメイド ハンバーグ ヒーター ピアノ フィルター フェイクグリーン フェルト ブックカバー フッ素加工 フライパン プラスチック プラバン ブレーキ プレゼント ベース ヘアゴム ベッド ペットボトル ペン ペンケース ボールペン ポイント ホウ砂 ボタン ホットプレート ポニーテール ボブ マスク マット マナー まな板 マニキュア マンガン電池 ミシン ミニトマト ミルク メイク メガネ メス メダカ メリット やかん やる気 ライオン ラケット ラッピング リュック ルール レイアウト レシート レシピ レジン 一人暮らし 七五三 三角巾 上手 不安 不思議 世界 中古 中身 主婦 乾燥 予防 交換 人生 人間 仕送り 付録 代用 仲直り 会話 似顔絵 住民票 体重 作り方 使い方 価格 便利 保存 保育園 保護 修理 傘 先生 先輩 入院 再利用 写真 冷凍 冷凍庫 冷蔵 処分 凶暴 出産 出産祝い 切り花 初心者 判断 利き手 刺繍 剥がし方 力士 劣化 効果 勉強 動物 包丁 卒業式 卒業旅行 卓球 印象 危険 卵 原因 去勢 友達 収穫 収納 受験 可愛い 台風 右利き 合格発表 合皮 名付け 名前 商品 圧縮袋 地震 基準 場所 塗り方 塗装 変化 変更 変色 夏コミ 夏休み 大切 大学 大学生 夫婦 失敗 失敗しない 女子高生 女性 好き 嫌がる 子供 季節 学校 実家 室内犬 家 家具 寂しい 対処 対策 小さい 小学校 小物 小説 尿石 屋外 岩塩 川エビ 工作 左利き 布団 干支 年収 幼稚園 床材 弁当 引き戸 引退 影 後悔 後輩 心理 怖い 性格 悩み 意味 成長 手作り 手入れ 手続き 手芸 手術 承認欲求 抱っこ 指 指輪 挨拶 掃除 授業 排水口 接着剤 換気扇 換羽 支援 故障 教科書 散歩 文房具 文鳥 斑点 料理 断り方 新品 新幹線 方法 日持ち 日本 昔 時間 時間差 曇る 書き方 服 服装 朝 期限 本 本籍 机 材料 条件 柔軟剤 栗 梅雨 毛 毛玉 水垢 水彩 水槽 水泳 水筒 水通し 水道 氷 注意 洗剤 洗濯 洗濯機 洗車 洗面所 海外 温度 湿気 準備 漂白剤 濁り 灯油 無職 焦げ 焼き肉 爪 爪とぎ 片付け 片思い 特徴 犬 猫 玄関 現金 理由 環境 生地 生活費 田舎 男 男性 男装 異音 病気 癒し 発表会 盛り付け 目 目安 着物 石鹸 砂場 研ぎ方 砥石 社交ダンス 稚魚 種類 窓 筋肉 管理 節約 簡単 紙粘土 素材 紫 紹介 給料 統一感 絵 絵の具 絶縁 編み物 練習 置物 美味しい 習い事 職場 職業 育て方 脂肪 腕が太い 腹筋 自分 自動音声 自己顕示欲 自由研究 自転車 臭い 色 苦手克服 英語 茶渋 落とし方 葉 虫 蜂 衣装 裏技 親 言葉 記憶 詐欺 調味料 貯金 費用 資格 賞味期限 購入 赤ちゃん 身長 車 転出届 転勤 迷惑 退職 通帳 連絡 運気 違い 適切 適正 選び方 選手 選手コース 部屋 部活 酔っぱらい 里親 重曹 野良犬 鉄 鉛筆 鍋 長い 防寒 防音 隔離 雑誌 雰囲気 電子レンジ 電気 電池 電波時計 電話 電車 面積 革靴 靴 靴下 韓国 音 音楽 顔 風呂 風水 食べ方 食事 食器用洗剤 食洗機 食費 飼育 飾り方 餃子 香典 高校 高校生 高齢者 髪 髪型 魚 鳥 鳴き声 麦茶 黒ずみ 目次• 洗面所のタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由 洗面所は外から帰ってきた時や、手が汚れたときなど頻繁に使用する場所です。 そして家族が多いと、その回数も多くなりタオル掛けのタオルも乾く暇がありません。 まさしくこれがタオル掛けの裏にカビが生えやすい理由の一つです。 湿ったタオルが一日中、そして年中かかっているのですから、その裏の壁にカビが生えてもおかしくありませんよね。 また乾いたタオルに交換したとしても使う度に変えないのなら、やはりタオルが湿った状態になっている時間は多く、カビが生えてしまいます。 タオル掛がある壁面が、漆喰などの吸湿性のあるもでない限り、どのご家庭でもカビが生えやすい環境が整っているのです。 しかし、全てのお家がタオル掛けのある場所にカビが生えているわけではありません。 対策をしっかりと行うことで、他の壁面と同じようにきれいに保つことも可能です。 洗面所のタオル掛けにカビが!簡単にできる防カビ対策とは お家を建てるときに洗面所の壁をタイル張りにしたり、先述したように漆喰で吸湿性のある壁にすることでカビを防ぐことが出来ます。 しかし、そのお値段は安くありません。 自分で行う洗面所の防カビ対策 そもそも壁面が壁紙になっていることで、水分が抜けにくく湿度が溜まりやすい場所になります。 それならば、壁面にタオルが触れないようにしてしまえば、湿気が直接壁につかずに防カビ対策となります。 ではどうすればよいのかというと、クリアファイルを利用してタオルと壁の間挟み込むだけでOKです。 クリアファイルをタオルよりも大きめにカットして、切り口で怪我をしないように周りをマスキングテープで覆います。 後は紐を付けてタオル掛け部分に吊るすだけです。 カビを防ぐことが出来、お手入れもしやすい、もしカビが発生してしまった場合もクリアファイルなら捨てることも手軽に出来ますね。 洗面所のタオル掛けにある黒カビを除去するには 洗面所のタオル掛け部分の壁に、すでに黒カビがついてしまったときの除去方法についてもご紹介いたします。 カビ取り専用の洗剤をホームセンターなどで購入することも出来ますが、小さなお子さんやペットがお家にいると、使用している間は注意が必要ですし、その後も壁部分に残る成分が気になる方もいらっしゃるでしょう。 洗面所のカビに、安心安全なクエン酸と重曹を使用する これらは天然素材ですので、間違って体についてしまっても問題ありません。 安心して使用することが出来ますよ。 と言ってもカビの除去ですから、換気をしながら掃除を行いましょう。 まずはクエン酸水を作ります。 200ミリリットルのお湯にクエン酸を小さじ1溶かしてください。 そしてその液体に雑巾を浸して固く絞り、カビ部分を拭き取っていきます。 この時壁紙の場合はこすってしまうとカビが他の場所にもついてしまうので注意をしましょう。 クエン酸を使用しても黒カビが残るようなら、重曹に少々の水を混ぜてペースト状にしたものを壁面に塗り、ブラシなどで少しずつ落としていってください。 あまり力を入れすぎるとクロスが剥げてしまうので、こちらにも注意をしてくださいね。 カビの黒ずみが取れない洗面所のタオル掛け裏の壁はリメイクシートでDIY DIYは女性にも人気で、多くの方がプチリメイクを行っています。 洗面所のタオル掛け部分の黒ずみもどうしても、落とすことが出来ない場合はリメイクシートを使用してDIYを試してみてはいかがでしょうか。 壁紙を貼るなんて無理!とDIYを経験したことがない方は、敬遠するかもしれませんがリメイクシートを使用することで手軽に行えるので、初心者の方でも心配はいりません。 注意点として賃貸の場合は、退去時には元通りに直せるように下準備を行うことです。 またしっかりと掃除を行って乾燥させた後に行うことも重要!小さなゴミやホコリもシートを貼るとデコボコとして目立ってしまうので、気をつけたい点です。 その他にも剥がした後に黒ずみが悪化しないように、できるだけ汚れを落として乾燥をさせてから行いましょう。 リメイクシートは100均でも購入することが出来ますので、予算に合わせて自分の気に入ったものを選んでくださいね。 洗面所だけじゃない!キッチンのタオル掛けにも注意 洗面所の他にもキッチンにもタオル掛けを使用しているご家庭は多いのではないでしょうか。 キッチンでも、まさに同じ環境が揃っているので、タオルが湿った状態に長時間なっている場合はカビが生える可能性があります。 特にタオルをかけている場所が壁だったり、キッチン下の木の扉だったりする場合には注意をしましょう。 またカビ予防として、壁についているタオル掛けを使用せずに、違うものを使用して壁などに触れないようにして使う方法もあります。 我が家は取り外しが出来るリング状のタオル掛けを利用して、壁面がない場所で使用しています。 また磁石がついたタオル掛けを、キッチンでは冷蔵庫の横に付けて使用しているので、こちらもカビることはありません。 カビが気になる方は、カビが付きにくい環境で使用する方法を考えることも、大きなカビ対策となりますよ。

次の

洗面所にタオル掛けがないときの対処法!便利グッズで簡単タオル掛け

洗面 タオル掛け

洗面脱衣室の使用目的 それではまず、洗面脱衣室の使用目的について改めて考えてみましょう。 大きく分けると洗面脱衣室は、 A:手洗い、洗顔、化粧、洗濯など「水」や「鏡」を使用する場 B:お風呂に入る際の衣服の着脱の場、水回りに必要な備品の「収納」の場 以上のように2つの目的に分かれます。 このため、洗面脱衣室の住宅設備機器として、洗面化粧台や洗濯機を設置するケースがほとんどです。 家によっては、洗濯用の洗面ボウルがもう一つ設置されることもあります。 また、洗面脱衣室に洗濯物をちょっとかけておく物干しスペースを造る家などもよく見かけます。 実はこのA、Bの役割や使い方をよく考えておくことが快適な家づくりに役立つんですね。 まずはA(手洗い、洗顔、化粧、洗濯など「水」や「鏡」を使用する場)の観点で「手や顔、髪の毛を洗う」「髪の毛を乾かす」「歯磨きする」「濡れた手や顔を拭く」「化粧する」「身体を観る」という目的から必要な設備を考えていきます。 よく皆さんが悩まれる所ですが、洗面台としては、メーカー品(既製品)にするか、または造作仕様といって、お気に入りの洗面ボウルや水栓蛇口、オリジナルのカウンターやタイルなどを取り入れたものの2通りがあります。 見栄えの観点から、既製品ではなく造作仕様にされる方もいますし、または、使い勝手の良さ、水周りの掃除のしやすさから既製品を選ぶ方もいらっしゃいます。 最近では、メーカーの既製品でも限りなく造作仕様のような作りのものもあります。 水回りは特に汚れが目立つ場所です。 この場合、誰がどのように使うのか、週に何度お掃除できるか、掃除道具はどこに収納どの位するのか、今からシミュレーションしてみると良いですね。 次にB(お風呂に入る際の衣服の着脱の場、水回りに必要な備品の「収納」の場)は脱衣室という場所柄、「お風呂に入る」という動作、その後の動作の観点から必要な設備を考えることが大事です。 大抵の日本人は衣服を脱いでからお風呂に入りますので、洗面脱衣室は、ヒートショックとよばれる急激な温度変化がもたらす身体への悪影響(失神、心筋梗塞、脳梗塞)をできる限り抑え、身体に負担をかけない温度差の少ない環境であることが重要なんですね。 昔の家ですと、お風呂からのちょっとしたすきま風が身体にこたえたり、誰かが使用した後のお風呂場の床タイルが濡れて冷たい・・ということがありました。 今は家の構造上、高気密・高断熱の住宅の研究がすすめられ、また高断熱をうたう高性能なユニットバスも沢山あります。 ただ、洗面脱衣室の床がひんやり冷たい事でヒートショックの危険性は依然として高いのが現実です。 洗面脱衣室の床材はできるだけサンプルを取り寄せ、実際に裸足でさわって感触や冷たさを確認しておきたいですね。 特に床にタイルを使う場合は、サーモスタッドタイルという熱を通しにくい(冬場もひんやりしにくい)タイルにできるだけしておく事をおすすめします。 また、床材の冷たさが気になる場合、水濡れが気になる場合は、床にマットを敷く事のも良いですね。 コンセントの検討 洗面脱衣室の役割や使い方を確認したら、次に、A(手洗い、洗顔、化粧、洗濯など「水」や「鏡」を使用する場)とB(お風呂に入る際の衣服の着脱の場、水回りに必要な備品の「収納」の場)の目的を満たすコンセントの位置と個数に注目してしましょう。 なぜここでコンセントの話をするかというと、洗面脱衣室というのは、ドライヤー・電動歯ブラシ・洗濯機・ヒーター・扇風機など、意外に家電が多い場所だからです。 また、限られた空間の中で電源コードが床を張いまわっていたり、洗面ボウルの上を電源コードがわたっていたりすると、使い勝手も悪く事故も多くなります。 欲しい箇所に欲しいコンセント個数を揃えておくのが洗面脱衣室をすっきり快適に使いこなすコツになります。 水回りや湿気の多いエリアのコンセントは、水に接触して感電することが無いようアース付きコンセントにするのが一般的です。 ojaru. html また、前述のように、この洗面脱衣室では何の家電をどこで使うかを決めておくことも大事なポイントです。 代表的な洗面脱衣室の家電チェックポイントは以下のようになります。 洗面台でドライヤーや電動歯ブラシ、電気シェーバーを使うのか?• お風呂を使う時に扇風機やヒーターを使うのか?• 掃除用の電源はどこに設置する? 現在お持ちの家電を書き出し、ご家族がそれらを使う状況を実際に思い浮かべてみるとよいですね。 タオル掛けの検討 タオル掛けも水を使う洗面脱衣室では大事な設備です。 洗面脱衣室でのタオル掛けは大きく2つの使い方があります。 1つめは洗面台で手や顔を洗った時に使うタオルを掛けておくもの、2つめはお風呂で使用するバスタオルを掛けておくものです。 洗面台用で使用するタオルは、ハンドタオルかフェイスタオルが主流です。 これらをかけておくタオル掛けには、タオルを1度折りにして掛ける棒状タイプか、折って細長く折って掛けるリングタイプ等があります。 あなたは通常、タオルをどのように使っていますか? 以前、綺麗好きなお客様で、タオルは使ったら都度新しい物に取り替えたいという方がいました。 その方は小さなハンドタオルを大量に用意し、トイレや洗面で使う場合、ハンドタオルを1枚ずつ取り替える為にハンドタオル用の収納スペースと使用済みタオルの保管スペースをトイレ・洗面台近くに設けました。 タオル掛けは、壁に取り付けるのか、それとも造作カウンタの全面の幕板につけるのか、天板の下側に取り付けるのか、具体的に考えておく事が大事です。 まずは、取り付けたいタオル掛けの形状やサイズ、それをどこにどう取り付けるのか、担当者としっかり相談してくださいね。 また、バスタオルを掛けておく位置も決める必要があります。 家族分のバスタオルをかけるのであれば、それなりのスペースが必要です。 このため、使用しない時は折り畳んでおけるようなバスタオル掛けを使うのか、または上下の棒状のバーを使って複数のバスタオルを縦に設置するように掛けるのか検討が必要です。 タオル掛けにしろ、バスタオル掛けにしろ、壁に取り付ける場合は、いずれも取り付けたい壁の位置に下地をいれてもらうように事前にお願いしておきましょう。 最近は、ヨーロッパで流行しているようなタオルウォーマーを取り入れる家もあります。 タオルウォーマーとは、電気でバー自体を温めて輻射熱でタオルと室内を温める暖房器具です。 タオルウォーマーはちょっとお値段が張りますがおしゃれな空間にもなりおすすめですよ。 もちろん、タオルウォーマーを取り入れる場合は、電源の確保も忘れずに。 照明の検討 最後のチェックポイントは照明です。 雑誌にもよく写真が出ていますが、レトロな電球型のペンダントコード照明やアンティークなカサ型の照明などをつけると雰囲気よくすてきな空間になりますよね。 ここで注意してほしいのは、洗面脱衣室は、演出したい場であると同時に機能性が必要な空間でもあるということです。 洗面脱衣室の照明で注意してほしい、配灯位置と電球の色についてみていきましょう。 洗面所の配灯計画 普通のお部屋ですと、大抵は室内のど真ん中に1灯、天井に照明器具が付いていますが、洗面脱衣室は他の部屋と違い、洗面台の鏡の前でひげを剃ったり化粧をしたりと細かい作業が伴います。 鏡の前が暗いと洗面台はとても使いにくくなります。 鏡に映る顔も薄暗く、顔色が悪いように見えてしまいます。 もし洗面脱衣室の天井に1灯しか照明器具がない場合、自分自身が光を背にして鏡の前に立つ事になるので、洗面台の鏡の上か真横に照明器具をいれ、鏡が明るく良く見えるように配灯しましょう。 この場合、天井用と鏡用の照明器具のスイッチは別々にしておくのがオススメ。 既製品の洗面台の場合は鏡の上または両脇に照明器具がついている場合が多いです。 造作洗面の場合は、鏡の上か両脇に60W相当以上の照明器具をつけると良いですね。 また、もし収納付きの鏡を設置する場合、照明器具の奥行きがが鏡の奥行きよりも同じか大きいものにしましょう。 照明器具が鏡より出っ張る形にならないと、うまく鏡を照らしてくれないので注意が必要です。 洗面所の電球の色 最後に次に電球の色について。 既製品の洗面台に照明器具が付いている場合、照明の色がどんな色か確認しておきましょう。 きっと大抵は、青みがかった白い色(昼白色または温白色)の光かと思います。 なぜかというと、洗面台の前では、洗顔、ひげ剃り、化粧など細かい作業が多く、より明るくはっきり見えるようにしておくと便利だからです。 室内の照明の色はオレンジ色の電球色を使う方も多いですが、実は、青みがかった白い色の方が「色温度」という色の明るさを示す数値は高いのです。 ただ、洗面脱衣室というのは、お客様も使用する頻度の高い「見せエリア」です。 そこに部屋のイメージを損なうような光の色をもってきてもちぐはぐ感が漂います。 ですので、おすすめは、天井用と鏡用の照明を分けておき、どちらかを「作業用」の青みがかった白い色の照明、もう一方を室内のオレンジ色の照明にしてそれぞれのスイッチを分けて配線しておくのがベストです。 お客様が使う時には雰囲気のよい照明で、日常の「作業」の時にはよく見える照明で使う。 快適で使い勝手のよい洗面空間に、すてき度が加わりますよ。 まとめ それでは本日のまとめです。 洗面脱衣室の役割や使い方をしっかり把握することで必要な設備が見えてくる 2. 欲しい箇所に欲しいコンセント個数を揃えておく 3. 洗面台のタオル掛けとバスタオル掛けは使い方を想定しながら位置や形を決めよう 4. 洗面脱衣室の照明は、演出性と機能性が大事!配灯位置と灯りの色がポイント ちょっとしたコツを気をつけるだけで、快適性とおしゃれ度があがるのが洗面脱衣室です。 毎日使う場所をきれいで快適な空間につくっていきましょうね。 洗面についてはこちらも参考にしてください。 家づくりの参考にどうぞ。

次の