消費税 何パーセント。 日本は何位?世界で消費税の高い国・安い国ランキング

消費税が10%になると電気料金はどうなる?

消費税 何パーセント

1.日本における消費税の発祥 1989年(平成元年)4月1日、日本ではじめて消費税が導入されました。 導入されてから約30年、平成の歴史とともに歩み続けた消費税は、今の10代・20代の若い方々にとっては物心ついた頃から存在していた税金であり、無い時代が想像できないくらい身近なものとなっています。 今やあたり前のように存在している消費税ですが、30年前の導入当時、世間は大変な騒ぎとなっていたことをご存知でしょうか。 消費税は、一般市民にとても身近な「消費」という行動に課せられる新たな税であり、毎日の暮らしを直撃するであろうその税金に対する拒否反応は凄まじく、各地で反対運動なども起こりました。 テレビや新聞のニュースでも毎日のように消費税のことが取り上げられるなど、消費税に対する当時の国民の関心は相当なものでした。 その後、国民の反発を受けながらも、1997年に5%、2014年に8%と段階的に引き上げられ、2019年10月には10% 飲食料品や新聞は軽減税率適用で8%のまま まで引き上げられました。 では、このような大反発を受けながらも国が消費税の導入を推進した背景にはどのような理由があるのでしょうか。 2.税制全体の公平性の確保 時代は戦後に遡ります。 当時の日本の税制は、昭和25年のシャウプ勧告に基づいた 所得税中心の税体系となっていました。 しかし、戦後の復興期から高度成長期にかけて、日本の経済・社会は著しく変化し、税制についても様々なゆがみが目立ちはじめました。 とりわけ給与所得に税負担が偏ってきたことにより、主な納税者である現役世代の重税感・不公平感が高まっていました。 また、わたしたちの国のように豊かで安全な暮らしを誰もが享受している社会においては、それを支えるための基本的な税負担は、 「国民ができる限り幅広く公平に分かち合うことが望ましい」との考えも広まりはじめました。 3.個別間接税の問題点の解決 消費税は税を納める人と税を負担する人が異なる「間接税」と呼ばれる税です。 課税される物品• 毛皮製品• ゴルフ用具• サーフボード、水上スキー• 普通の家具(けやき製等)• コーヒー、ウーロン茶 課税されない物品• 高級織物(毛織物、絹織物)• テニス用具• スキー• 桐製の家具、漆塗りの家具• 紅茶、緑茶、玉露 しかし、所得水準の上昇や国民の価値観の多様化が進むにつれ、贅沢品として課税すべき物品やサービスを客観的基準で判断することが事実上困難となりました。 また、お金を使う対象が物品(いわゆるモノ)からサービス(いわゆるコト)へと比重が変化する中で、物品とサービスとの間の負担の不均衡(物品ばかりが課税されている)という問題が生じていました。 間接税の代表格である消費税 先に述べたように消費税は、消費者が商品などを買う際に負担した税金を、消費税を受け取ったお店などの事業者が消費者の代わりに納める税金です。 ではなぜ消費税は間接税の方式なのでしょうか。 それは、もし直接税の方式にしてしまうと、消費者は購入したすべての商品やサービスなどを記録しておいて、それに消費税率を掛けた金額を毎年納めるようにしなければなりません。 国民に課せられる事務負担や脱税行為抑止の観点などから考えても消費税が間接税であることは理にかなっていると言えます。 消費税の創設が叫ばれたもうひとつの大きな理由として、高齢化社会への対応という問題がありました。 日本は、世界の主要国においても例をみない早さで人口の高齢化が進んでおり、年金、医療、福祉のための財源確保が喫緊の課題となっていました。 従来のような現役世代(給与所得等)に頼った税制では、今後、働き手の税負担も限界に達するほか、納税者の重税感や不公平感が高まり、事業意欲や勤労意欲をも阻害することにもなりかねないことが懸念されました。 こうした社会問題に対する懸念も追い風となり、1988年(昭和63年)12月30日に消費税法が施行され、1989年(平成元年)4月1日から適用されることになったのです(消費税導入に伴い物品税は廃止)。 5.平成元年に導入され3度引上げ 消費税率は3%からスタートし、これまで3度引き上げられました。

次の

〔消費税〕どんなものが8%で10%? 軽減税率の対象品目まとめ

消費税 何パーセント

消費税の今後は? 現時点では10パーセントに引き上げ後の 消費税増税については語られていません。 臆測で「15~25パーセント程度まで上がる」という ような予測は出ていますが それらは公式発表ではなく、 あくまでも専門家だとか、そういう人たちによる 予測でしかありません。 現段階では「具体的な予定なし」というのが 答えになります。 7月には「今後10年は必要ない」だとか 「現政権では上げるつもりはない」だとか そういう趣旨の発言もあったようです。 今後もしも動きがあれば追記しますが 現時点では「当分これ以上の消費増税はない」と 考えておいて良いでしょう。 いつかはさらに上がる ただ、永遠にこれ以上の増税がないのか?と 言われれば答えはNoであると思います。 どんなに反対しても、 いつかはさらに消費税が増税される、 ということは 恐らくは避けることのできない 事実になるかと思います。 人々の生活はますます苦しくなり、 消費もさらに落ち込んでいくことになりますね。 スポンサーリンク 発言はアテにならない 「今後10年は必要ない」という発言に スポットを当てて考えてみても、 こういう発言は全くアテになりません。 会社の上層部もそうですし、政治家もそうですが そういった人達の発言は 基本、鵜呑みにしないことです。 「今後増税しない」と発言している人が いたとしても、そのうち手のひらを返す可能性は 高いですし「当分しない」という発言も いつなかったことにされるか分からない… それが、この世の現実です。 そのため「これ以上の増税はない」というような 発言があっても、それをそっくりそのまま 受け止めない方が良いですし 「当分の間しない」と言われても それは信憑性の薄い言葉です。 現にどんどん消費税は 上がっているわけですからね。 最終的にどこまで上がるの? これについては何とも言えません。 〇〇パーセントまで上げても良い、 と言うのは法律で決まっているわけでもないですし、 最終的にどこまで消費税が上がるのかどうか、 ということは分かりません。 財政を破綻するためには20パーセント以上に… などというお話もありますが、 そこで止まるとも限りません。 収入が増えれば無駄遣いも増えるのが人間ですから 仮に20パーセントになったとしても その時には、まだ「足りない!足りない!」と 騒いでいることでしょうし、 さらに上がる可能性も十分にあると言えます。 無駄遣いするな!という声も爆発すると 思いますが、それでもスルーされる 可能性も十分にあります。 実際に海外では消費税が 25パーセントを越えるような日本から してみれば非常に恐ろしい国も存在しています。 仮にそのような税率にしたところで この国の流れから考えると 無駄遣いや不明な支出が増えるだけであって、 社会保障が今よりも充実する、ということは あまり考えられにくいのではないかと思います。 結局、消費税10パーセントへの増税に関しても 「なぜするの?」 「どのように使うの?」という点が 曖昧なのも事実ですからね。 この流れはザンネンながら今後も 続いていくのではないか、とそう思います。 今後の傾向は? 消費税増税に関して 今後については現時点では 明確なことは言われていません。 8パーセントに上がった時のように 次の増税予定が決まっているわけでもありません。 なので、今すぐに増税、ということは さすがにないでしょう。 ただし、長い目で見れば 残念なことにやはり増税されていくと思います。 じわり、じわりと少しずつ 増税されていき、何十年かすれば 本当に消費税20パーセントを越えている可能性も 充分に考えられるでしょう。 そもそも、最初は消費税なんてものは 存在しなかったわけですし、 それがここまで(10パーセント)まで 増税されてきたわけですから 10パーセントで満足されるとは とても思えませんし 財政的にもまだまだ足りていない上に 無駄遣いの削減もするつもりはない、というのが 現実であると思います 悲しい話ではありますが 増税反対の声や生活が苦しい層の声は無視され、 今後もじわじわと消費税が長い年月をかけて 増税されていく、というのが 現実なのではないかと思います。 まとめ 消費税がどこまで上がるのか。 これに上限はありません。 本当に、何十年もすれば 20パーセントを越えている可能性だって 充分にあり得る話です。 少なくとも、今後もじわじわと少しずつ 何らかの理由をつけて上げられていく、 ということは間違いないと思いますし、 生活をさらに圧迫することも 間違いないでしょう。 もちろん、消費はさらに落ち込むことになり、 節約志向のご家庭や人がさらに増えることにも なると思います。 この悪循環を止めることは、 もうできなのかもしれません。 大げさな話、仮に消費税30パーセントにしても 無駄遣いが増えて、その時にも 「足りない!足りない!」と騒いでいることでしょう。 人間なんて、そんなものです。

次の

送料に消費税はかかる? 軽減税率の対象? 料金設定や売上時の仕訳方法を一気に解説

消費税 何パーセント

離乳食(市販品)• 粉ミルク• おもちゃ付きお菓子 前述の通り、 食品類です。 食品類には、軽減税率が対応されますので、例えば赤ちゃん用の離乳食などは、軽減税率の適用範囲内になります。 そのため、タイトルにもあった粉ミルクは、消費税率8%で購入することができます。 また、おもちゃ付きのお菓子のようなもので、お菓子の部分がメインになっているような 「一体資産」は、軽減税率の対象となります。 こちらは、商品価額の3分の2を占めるものであれば、軽減税率の対象内です。 (一体資産は解釈が微妙なので、あまり考えなくとも良いでしょう。 ) では、ベビー用品で軽減税率が適用されないものには、何があるでしょうか。 子供と外食に行った場合 ファミレスにお子さんとご飯を食べに行く場合、例えばキッズメニューなどを注文します。 こちらは、食品類でも 「外食」のくくりになり、消費税10%となります。 ファミレスなどでは、離乳食などを提供する店舗も増えていますが、 全て10%での提供となります。 ただし、コンビニやスーパーの イートインスペースで、お子さんと食事をするのはどうでしょうか。 こちらは多くの場合で、 食品であれば8%で購入可能。 例えば、マクドナルドでお子さんと食事をする場合、以下のようになります。 テイクアウトは8%、外食は10%です。 覚えておきましょう。 保育園等のサービスと軽減税率 では、保育園のサービスなどを考えてみましょう。 軽減税率に伴い、 保育園や幼稚園のサービスは値上がりする可能性があるでしょうか。 基本的に、保育園や幼稚園などのサービスは、消費税の軽減税率の影響を受けにくいものとなります。 なぜなら、保育園の給食やおやつ代などは、 「社会福祉サービス」に該当するからです。 社会福祉サービスは、消費税の課税対象ではありませんので、今回の増税の影響は受けにくいでしょう。 もちろん、増税には批判が多い 今回は、粉ミルクや紙おむつなどのベビー用品の軽減税率をまとめました。 粉ミルクや離乳食などの「食品」は8%。 紙おむつやベビー服などの「食品外」は10%です。 消費増税により、生活に影響が出ることは明らかでしょう。 今、出生率がかなり低下し、政府は対策に追われているところです。 しかし、消費増税の家計の圧迫は深刻になりそう。 軽減税率の対象も「時代に逆行している」と問題視されています。 ) 以上のような意見を持つ方は、少なくはないでしょう。 軽減税率の対象に関しては、「日用品」が入るとされていました。 しかし、蓋を開けてみれば、 線引が微妙なものとなっています。 日本の場合、ベビー用品だったり、子育てに関わる 「特例」での軽減税率は 発表されていません。 新聞が8%で、どうして紙おむつが10%なの!?という声も多くなっています。 こういった声は、軽減税率の範囲を超えて、考えていくべきでしょう。 ベビー用品に軽減税率がかからない分、 「なにか他のサービス」は充実するのでしょうか?• プレミアム付き商品券 2歳以下の子供がいる世帯で、25000円の商品券を20000円で購入可能になる。 すまい給付金 住宅購入で現金給付。 (年収775万円以下の方が購入で、50万円)• マイナンバーカード活用ポイント制度 マイナンバーカードにポイントが加算。 ベビー用品をメインに取り扱った観点から、子育て世代への還元を考えます。 政府では、「プレミアム付き商品券」を子育て世代への還元方法として考えているようです。 2歳以下のお子さんがいる家庭、もしくは住民税が非課税の家庭で、商品券を 5000円お得に購入できます。 5万円分購入すれば、単純に1万円の還元となりますので、うまく活用すればお得でしょう。 しかし、 「2歳以下」という範囲は、もう少し広げるべきだと考えます。 2歳以下だと、サービスを受けられる範囲も狭いです。 6歳以下までであれば、還元される家庭も増えるのではないでしょうか。 現状、2歳以下のお子さんがいる方は、プレミアム付き商品券を上手に活用したいですね。 まとめ 今回は、ベビー用品の軽減税率の対象品をまとめました。 紙おむつなど消費税10%になりますので、批判の声が挙がっています。 子育て世代では、家計も厳しくなると思われます、 今後、軽減税率の対象の見直しなども、可能性はありますが、現行ではこのまま。 福祉サービスなどを上手に活用し、家計を少しでも楽にしていきましょう。

次の