埼玉 県 選挙 速報。 【結果確定】美里町長選挙 開票速報2020 情勢予想や出口調査・立候補者の公約・投票率まとめ|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

埼玉県議会議員選挙 南第2区 川口市選挙区の結果速報、立候補者一覧(2019年4月7日、埼玉県)

埼玉 県 選挙 速報

スポンサーリンク 市区町村長選挙 <7月8日施行、東松山市長選挙> 結果:無所属で現職の森田光一氏が再選 詳細: <7月1日施行、鴻巣市長選挙> 結果:無所属で現職の原口和久氏が再選 詳細: <5月27日施行、小川町長選挙> 結果:無所属で現職の松本恒夫氏が再選 詳細: <5月20日施行、蓮田市長選挙> 結果:無所属で現職の中野和信氏が再選 詳細: <5月20日施行、羽生市長選挙> 結果:無所属で現職の河田晃明氏が再選(無投票当選) 詳細: <4月22日施行、久喜市長選挙> 結果:無所属で新人の梅田修一氏の初当選 詳細: <4月22日施行、上里町長選挙> 結果:無所属で新人の山下博一氏が初当選 詳細: <4月15日施行、加須市長選挙> 結果:無所属で現職の大橋良一氏が再選 詳細: <4月15日施行、皆野町長選挙> 結果:無所属で現職の石木戸道也氏が再選(無投票当選) 詳細: <3月25日施行、戸田市長選挙> 結果:新人で無所属の菅原文仁氏が初当選 詳細: <2月18日施行、ときがわ町長選挙> 結果:無所属で新人の渡辺一美氏が初当選 詳細: <2月4日施行、川口市長選挙> 結果:無所属で現職の奥ノ木信夫氏が再選 詳細: <1月28日施行、神川町長選挙> 結果:無所属で新人の山崎正弘氏が初当選 詳細: <1月28日施行、深谷市長選挙> 結果:無所属で現職の小島進氏が再選 詳細: <1月28日施行、本庄市長選挙> 結果:無所属で現職の吉田信解氏が再選(無投票当選) 詳細: 市区町村議会議員選挙 <7月8日施行、東松山市議会議員補欠選挙> 結果:3人が立候補し1人の当選が確定 詳細: <4月22日施行、秩父市議会議員選挙> 結果:24人が立候補し22人が当選 詳細: <4月22日施行、久喜市議会議員選挙> 結果:31人が立候補し27人が当選 詳細: <4月22日施行、上里町議会議員選挙> 結果:17人が立候補し14人が当選 詳細: <4月15日施行、春日部市議会議員選挙> 結果:41人が立候補し32人が当選 詳細: <2月18日施行、鳩山町議会議員補欠選挙> 結果:4人が立候補し3人が当選 詳細: <2月18日施行、ときがわ町議会議員選挙> 結果:12人が立候補し12人が当選(定数12人で無投票当選) 詳細: <1月28日施行、本庄市議会議員選挙> 結果:28人が立候補し21人の当選が確定 詳細: <1月28日施行、神川町議会議員補欠選挙> 結果:1人が立候補し1人が当選(定数1人で無投票当選) 詳細: <1月28日施行、深谷市議会議員補欠選挙> 結果:1人が立候補し1人が当選(定数1人で無投票当選) 詳細: 埼玉県の選挙予定など(2018年)• 本庄市長選挙:1月28日予定• 本庄市議会議員選挙 1月28日予定• 神川町長選挙 1月28日予定• 川口市長選挙 2月4日予定• 深谷市長選挙 1月28日予定• ときがわ町長選挙 2月18日予定• ときがわ町議会議員選挙 2月18日予定• 戸田市長選挙 3月25日予定• 皆野町長選挙 4月15日予定• 加須市長選挙 4月15日予定• 久喜市長選挙 4月22日予定• 久喜市議会議員選挙 4月22日予定• 秩父市議会議員選挙 4月22日予定• 春日部市議会議員選挙 4月15日予定• 以下のリンク先から確認してください。

次の

【結果確定】坂戸市議会議員選挙 開票速報2020 立候補者と当選者・投票率・情勢出口調査|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

埼玉 県 選挙 速報

埼玉県参議院補欠選挙で立花孝志の当選の予想は? N国の立花孝志さんが議員を辞職! 埼玉県の参議院補欠選挙へ立候補が決まりました。 対するは上田清司、元埼玉県知事です。 ボクの予想は「かなり難しい」です。 立花孝志さんは負けそうです。 しかし落選しても宣伝になるので N国は全く損することは無いようです。 埼玉県参議院補欠選挙はとても面白いので注目です。 見どころをわかりやすく 解説していきたいと思います。 埼玉県参議院補欠選挙はなぜ? 参議院に欠員が出た場合、補欠選挙が行われます。 参議院議員だった大野元裕さんが辞職して 埼玉県知事に当選したことが 埼玉補欠選挙の理由です。 この大野元裕さんを応援したのが 上田清司、元埼玉県知事です。 二人は無所属なんですが 支援する団体は主に立憲民主党と 国民民主党、社会民主党の埼玉県連。 現在の統一野党ですね。 これに対して自民党は候補者を出しません。 上田清司さんの根回しで 県知事と国会議員のポジションを入れ替えただけ そこでチャンスと目をつけた N国の立花孝志さんが自ら立候補! 埼玉補欠選挙では一騎打ちになりそう。 埼玉県参議院補欠選挙の候補者は? 候補者の公示日は 令和元年の10月10日(木)です 上田清司 71歳 無所属 立花孝志 52歳 N国 現在、候補者の予定はこの2名 随時、更新いたします。 埼玉県参議院補欠選挙の日程に台風が影響? 埼玉県参議院補欠選挙の投票日は 令和元年の10月27日(日)です。 選挙活動中に台風19号が接近 3日くらいはリアルな選挙戦ができないかもです。 Youtubeが有利に働くのでしようか 選挙戦は17日間。 この期間に逆転があるのか? 立花孝志さんの腕のみせどころです。 埼玉県参議院補欠選挙の過去のデータは? 補欠選挙でデータは少ないので 埼玉県知事選挙の過去のデータが参考になります。 埼玉県知事選 年 候補者 所属 得票数 2003年 上田清司 無所属 808,092票 2007年 上田清司 無所属 1,093,480票 2011年 上田清司 無所属 1,191,071票 2015年 上田清司 無所属 891,822票 2019年 大野元裕 無所属 923,482票 青島健太 無所属 866,021票 浜田聡 N国 64,182票 武田信弘 無所属 40,631票 櫻井志津江 無所属 34,768票 自民党が支援すると100万票を超える埼玉県知事選ですが 600万人の人口なので投票率は低いのです。 既得権益をぶっ壊す• ベーシックインカムの導入 新しい戦略で埼玉補欠選挙を戦うようです。 ゲリラ的な選挙戦術で自民党の組織票が N国に流れるとは考えづらいので 埼玉県参議院補欠選挙は実績がある 上田清司さんがまだ有利です。 選挙に行かない埼玉県民をどれだけ巻き込めるか? ここがポイントになりそう。 立花孝志さんは選挙が全国的な宣伝になり 注目を集めることも目的でしょう。 N国は次の衆議院選挙が本丸ですが 埼玉県参議院補欠選挙は かなり面白い選挙戦になりそう。 埼玉県参議院補欠選挙の結果は? 結果が分かり次第、追記いたします。 まとめ 今回は2019年の埼玉県の参議院補欠選挙で立候補する N国の党首、立花孝志さんの当選の予想や 日程と結果について調査しました。 対するのは元埼玉県知事の上田清司さん。 過去のデータもわかりやすくまとめました。 面白い選挙戦になりそうです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

埼玉県知事選挙2019開票結果速報|当選者の経歴や公約を紹介!

埼玉 県 選挙 速報

埼玉県知事選挙2019開票結果 それでは早速、埼玉県知事選挙の開票結果を発表していきます。 大野元裕(おおの・もとひろ) 生年月日:1963年(昭和38年)11月12日 出身地:埼玉県川口市 学歴:慶應義塾大学法学部政治学科卒業・国際大学国際関係学研究科修士課程修了 1989年4月外務省に入省。 在イラク日本大使館専門調査員や在アラブ首長国連邦日本大使館専門調査員などを務め、その後も外務省国際情報局分析二課専門分析員、在カタール日本大使館専門調査員、ヨルダン、シリアの日本大使館で書記官を務めました。 政治家としては、2010年の参議院議員選挙に民主党(当時)公認で埼玉選挙区から立候補し初当選を果たしました。 (当時の埼玉選挙区の定数は3議席で、大野候補は得票数3位で当選) 2012年10月に発足した野田第3次改造内閣では、内閣府大臣政務官と防衛大臣政務官を務めました。 2016年の参議院議員選挙では民進党(当時)公認で立候補し2回目の当選を果たしましたが、今回の埼玉県知事選挙への立候補のため、任期途中でしたが参議院議員を辞職し知事選に臨み、見事初当選を果たしました。 今回は無所属で出馬した大野候補でしたが、元々は民主党や民進党に所属しており、2018年5月に結党した国民民主党に参加していました。 (国民民主党は、埼玉県知事選に立候補を表明した今年6月に離党しています) 国民民主党では、党の財務局長を務めていました。 当選候補者の公約は? 大野候補は、「 日本一暮らしやすい埼玉へ」というスローガンを掲げています。 それでは、日本一暮らしやすい埼玉を目指す大野候補はどのような公約や政策を掲げているのでしょうか? 少子高齢化・人口減少への対応 大野候補が最も重視している課題と挙げているのが、埼玉県の少子高齢化や人口減少への対応です! 埼玉県の少子高齢化が猛スピードで加速していくことが見込まれているため、大野候補はその対策として「 スポーツ行動率を高め健康寿命を延ばすことで医療費を抑えることが必要」 と訴えています。 あと数マイルプロジェクト 埼玉県境まで来ている公共交通(埼玉高速鉄道(SR)の延伸と、舎人ライナー、都営大江戸線、多摩都市モノレール)を延伸し、ラッシュ時の電車の渋滞緩和・沿線の道路渋滞緩和を図り、同時に交流人口・滞留人口を増やすことで、埼玉県内に人とモノ、お金を運んでくれる仕組みを構築し、さらに、新上尾道路や東埼玉道路など、埼玉県内の幹線道路整備を促進することを掲げています。 共生社会プロジェクト、子育て支援・教育の充実 子供の貧困対策計画を策定し、各種NPOなどとも連携しながら、PDCAサイクルの中で進抄を図り、女性のキャリア支援や待機児童対策を進む社会全体で子育てを応援する地域づくりと消費性向の高い子育て層の可処分所得を増加させ、地域経済を循環させ、また、子供達がAIでは対応出来ない想像力を育める教育、社会性を養う教育を推進していくと掲げており、外国人住民やLGBTQ、多様なライフスタイルを認め、自分らしく活躍出来る埼玉を作っていくと訴えています。 埼玉県知事選挙2019の総評 今回の選挙戦は任期満了に伴うものでしたが、これまで4期16年務めた上田清司知事が不出馬を表明したことにより、16年ぶりに新人同士の戦いとなりました。 候補者は全部で5人いましたが、野党4党が支持する前参議院議員の大野元裕候補と、自民党と公明党が推薦する、元プロ野球選手でスポーツライターの青島健太候補の事実上の一騎打ちとなることが予想され、その通りの結果となりました。 今回の投票率は32. 31ポイントで、2015年に行われた前回の埼玉県知事選挙より5ポイント余り高くなり、16年ぶりに投票率30%台となりました。 青島健太候補は、幼少期や学生時代を草加市や春日部市で過ごしており、それらの選挙区では大野候補に大差をつけて勝利しました。 しかし、大野候補は出身地の川口市をはじめ、数多くの選挙区で勝利を収め、大票田であるさいたま市で青島候補に勝利したことや、長らく埼玉県政を担ってきた上田知事の政策を継承していくことを宣言しており、上田知事からも全面的な支援を受けたことが、当選の要因となったのではないでしょうか。 まとめ 16年ぶりの新人同士の選挙戦となった今回の埼玉県知事選挙は、前参議院議員で、野田政権では内閣府大臣政務官や防衛大臣政務官を務めた大野元裕候補が当選を果たしました。 大野候補は、2019年8月31日から埼玉県知事に就任する予定です。 最後まで記事をご覧になっていただきありがとうございました!.

次の