グアム 無 差別 殺人。 グアムの無差別殺傷事件について。日本でも似たような事例は過去に...

日本人3人死亡のグアム無差別殺傷事件、被告に有罪評決 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

グアム 無 差別 殺人

(04:12当たりに容疑者が出てきます) 2011年のグアム国際映画祭に出品した自作映画「I Heart Gu」がマリアナ諸島製作部門で優秀賞を受賞していました。 犯人の動機は? デソト容疑者の犯行の動機については、裁判でも明らかにならず、 現在もわかっていません。 交際していた女性と別れたり、写真スタジオをクビになったり、自暴自棄になっていたとか、 それが原因かはわかりませんが、覚醒剤をキメていたという話もあります。 又、現地のコミュニティでは日系と韓国系が対立しているらしく、 容疑者が所属する劇団の中の韓国系が、他の劇団員に日系の悪口を吹き込んでいたという話があり、 犯行は日本への逆恨みか?という説がある一方で、 デソト容疑者の祖父母が親日国パラオの出身で、家族ぐるみで親日家だったという話もあります。 結局のところ動機の真相は定かではありませんが、 現地住民も1人巻き込まれているし、 犯行直後、取り押さえられた容疑者は「(殺された人たちが) そうするように言った」と支離滅裂な発言をしていたそうなので 精神的な問題があったのではないかと思います。 まとめ 今回は「グアム無差別殺傷事件」についてまとめてみました。 グアムで最も重い仮釈放なしの終身刑に処されたデソト容疑者ですが 殺された人はもう戻ってきませんし、 傷つけられた側の傷はなかなか癒えるものではないと思います。 亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 最後までお読みいただきありがとうございました。 この事件に巻き込まれた被害者で、美しく前向きに活動する方をこちらでまとめています。

次の

グアム無差別殺傷事件 レジでの被害者への一言を店員悔やむ

グアム 無 差別 殺人

(04:12当たりに容疑者が出てきます) 2011年のグアム国際映画祭に出品した自作映画「I Heart Gu」がマリアナ諸島製作部門で優秀賞を受賞していました。 犯人の動機は? デソト容疑者の犯行の動機については、裁判でも明らかにならず、 現在もわかっていません。 交際していた女性と別れたり、写真スタジオをクビになったり、自暴自棄になっていたとか、 それが原因かはわかりませんが、覚醒剤をキメていたという話もあります。 又、現地のコミュニティでは日系と韓国系が対立しているらしく、 容疑者が所属する劇団の中の韓国系が、他の劇団員に日系の悪口を吹き込んでいたという話があり、 犯行は日本への逆恨みか?という説がある一方で、 デソト容疑者の祖父母が親日国パラオの出身で、家族ぐるみで親日家だったという話もあります。 結局のところ動機の真相は定かではありませんが、 現地住民も1人巻き込まれているし、 犯行直後、取り押さえられた容疑者は「(殺された人たちが) そうするように言った」と支離滅裂な発言をしていたそうなので 精神的な問題があったのではないかと思います。 まとめ 今回は「グアム無差別殺傷事件」についてまとめてみました。 グアムで最も重い仮釈放なしの終身刑に処されたデソト容疑者ですが 殺された人はもう戻ってきませんし、 傷つけられた側の傷はなかなか癒えるものではないと思います。 亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。 最後までお読みいただきありがとうございました。 この事件に巻き込まれた被害者で、美しく前向きに活動する方をこちらでまとめています。

次の

グアム無差別殺傷事件:時事ドットコム

グアム 無 差別 殺人

このまえグアム島で無差別殺人事件があった。 日本人が13人も死傷した。 無差別殺人は、最も悲惨でやりきれない犯罪である。 このような無差別殺人もすべて心の失望落胆が原因となっている。 人間は、誰であろうと心の失望落胆が大きくなれば、自殺か無差別殺人に向かうしかない。 無差別殺人は、一種の自殺であるから。 犯罪とは無縁に生きている普通一般の方々は、無差別殺人と自分は何の関係もないと考えている。 しかし、そうした考えは、大間違いだ。 無差別殺人者とは、心の失望落胆のどん底で破滅した者である。 だから、心に失望落胆を隠して生きている大部分の人間も立派な無差別殺人予備軍なのである。 ただ、失望落胆がそれほど大きくないから、普通の顔して生きているだけなのだ。 失望落胆が大きくなれば、誰であろうと破滅するしかない。 心の中の失望落胆の恐ろしさを理解すべきである。 心の失望落胆は、人生を破壊する力がある。 心の中の失望落胆を超克して、輝くような薔薇色の人生を生きるべきであろう。 誰でも悟りと信念、理想で生きれば、幸福に生きれるのだから、そうすべきである。 本来、心の失望落胆を取り除くのは、宗教の役目だった。 ところが我々現代人の心の失望落胆を取り除くことのできる本物の宗教は、ほとんど存在していない。 キリスト教も駄目。 仏教も駄目。 世界の大宗教は、2000年前、3000年も前の宗教で、カビが生えていて、さっぱり役に立たない。 キリスト教よりはまだ仏教のほうがマシなのだが、煩雑で本質が見えてこない。 宗教の専門家である私でもそうなのだから、日本の若者が世界宗教を真に理解するのは、至難の事であろう。 もっとも世界宗教なんぞ何の役にも立たないから、理解する必要もない。 役に立つのは、中村天風先生の天風哲学だけであろう。 心の失望落胆に苦しむ人は、天風哲学を学ぶべきである。 図書館に行けば、タダで読めるんだから、そうすべきである。 心に希望と喜びを満たして、子供のように笑って生きていこう!!! ありがとう。

次の