デイブ ムステイン。 マーティ・フリードマンの身長は日本人の平均に近い。メガデス時代から日本語を勉強していた

マーティ・フリードマンの身長は日本人の平均に近い。メガデス時代から日本語を勉強していた

デイブ ムステイン

以前、マーティ・フリードマンの記事を書いたのですが、誤って削除してしまっていたようですので、改めて彼の身長のことを中心に書きたいと思います。 現在、日本を拠点にして音楽活動をしているマーティ・フリードマン。 古くは鈴木亜美、高見沢俊彦、相川七瀬などとも仕事をしたり、また、ももいろクローバーや声優などとも共演したりしてきました。 石川さゆりの「天城越え」をメタル風にアレンジしたりするなど、J-POPにも大きく貢献しています。 なお、彼はアメリカ人ですが、現在は日本に住み、日本の芸能界で大活躍しているので、日本の「芸能人」としてこのブログで取り扱いたいと思います。 日本人成人男性の平均身長は171センチですので、それと比べると3センチほど低いことになります。 身長が高く見えるのでちょっと意外でしたが、日本人男性の平均とさほど代わりなく、このあたりも日本人が彼に親しみを持てる要因かもしれませんね。 ちなみに、アメリカ人の成人男性の平均はどれくらいなのでしょうか? 調べてみたところ、 アメリカ人の20歳以上の男性の平均身長は 175. 7センチです。 白人 20〜39歳)の男性に限定すると平均身長は178. 2センチです。 アメリカ人と比較すると7〜10センチほど低いということになります。 なお、上のアメリカ人の身長に関する数字は、ウィキペディアの「 List of average human height worldwide」に掲載されていた数字です。 マーティ・フリードマンの体重は? それでは彼の体重はどれくらいあるのでしょう? こちらは残念ながら公開されていません。 痩せ型に見える彼ですが、意外と腕の筋肉は立派ですね。 マーティ・フリードマンのプロフィール 本名:Marty Friedman 生年月日: 1962年12月8日 出身地:ワシントンD. C (アメリカ) 活動:1982年ー 現在、日本の芸能界で活躍中の彼。 テレビで見ることも多くなりました。 そして何より日本語が本当に流暢ですね。 どうやって彼は日本語を勉強してきたのでしょう。 また、日本に来る前はどんなことをしていたのでしょうか。 マーティ・フリードマンはメガデスの出身 ご存知の方も多いと思いますが、マーティ・フリードマンは、日本に来る前は、アメリカの ヘヴィメタルバンド 「メガデス」のギタリストとして在籍をしていました。 「メガデス」といえば、「 スラッシュメタル」のバンドとして有名です。 「スラッシュメタル」とは、ヘヴィメタルにハードコアの要素である「過激さ」を加えた音楽形態です。 この「メガデス」と、 「メタリカ」 「スレイヤー」 「アンスラックス」の4バンドは、 「スラッシュメタル 四天王」として、1990年代から2000年代始めにかけて、広く認識されていました。 彼はこのバンドに 1990年に加入し、2000年初頭に脱退しています。 原因は色々言われていますが、「メガデス」のリーダーだった デイヴ・ムステインとの確執が大きな原因と見られています。 確執の原因は音楽の方向性の違いだったようです。 マーティは、 「ポップスならポップスのアルバム、ヘヴィメタルなら信じられないくらいヘヴィなアルバムを作りたい。 中途半端なのは一番嫌だ」 と主張したそうです。 ところがアルバムに採用されたのは。 デイブ・ムステイン お互い行き違っていたのかもしれませんが、このほかにも、マーティの、「 Breadline」のギター・ソロを勝手に差し替えられてしまったという事件もあり、そのこともマーティ・フリードマンに、「メガデス」から脱退を決意させる要因の一つとなったようです。 この頃彼は既に「日本」と「日本の音楽」で頭がいっぱいになっていたようで、アメリカにいても日本の音楽しか聞かなくなっていたと言います。 マーティ・フリードマンはメガデスにいる頃から日本語を勉強していた 「メガデス」加入後、 彼は世界ツアーの移動時間を利用して、通信教育で日本語の勉強を始めるようになりました。 音楽(バンド)と勉強(日本語)の両立って大変そうですが、スラッシュメタルのバンドマンがツァー移動中に一生懸命勉強している姿って、想像するとなかなか、かわいいですよね(笑) マーティ・フリードマンの日本語 実は彼は「メガデス」に参加する前に、 「カコフォニー」というバンドに在籍していたことがあります。 この 「カコフォニー」時代に彼は日本にツァーで来日したことがあります。 その時の来日で彼は更に日本に興味をもったといいます。 しかしこの前から既に彼には「日本」や「日本語」への興味の素地ができていました。 マーティ・フリードマンはハワイで日本の演歌を聞いていた この「カコフォニー」からさかのぼり、彼の幼少時代。 マーティ・フリードマンの父は「国家安全保障局」に勤務しており(おかたい仕事なんですね!)、 9歳から11歳まではドイツの米軍基地内で暮らしていました。 そして 18歳からは、また父の仕事でハワイに住むようになります。 このハワイで彼は初めて日本の 「演歌」を聴くことになります。 そうです。 日系人用の日本語のラジオ局から流れてきたのが演歌だったんです。 ボーカルの歌い方がすごく興味深かった。 何を歌っているかわからないけど、音だけで情熱的な感情が伝わってきたんです。 演歌は「こぶし」が重要ですよね。 これと同じことがギターでできたら、他のミュージシャンと異なる個性になると思いました。 ハワイにいた時は時間がたくさんありましたから、演歌を分析してギターをかなり弾きこんでいましたね。 つまり、18歳の頃から、「日本語」という言葉に触れていたということですね。 マーティ・フリードマンが日本語を勉強しようと思ったきっかけは? その後ハワイからサンフランシスコに戻った彼は新しいバンドを結成しました。 そのバンドはインディーズバンドだったのですが、日本でライブをすることになりました。 日本に降り立ったら、 無名のミュージシャンなのにスターのように扱ってくれた。 日本のスタッフは非常に優しかったですし、予定表も用意されていましたし、 何もかもが時間通りで、ちゃんとしていた。 そんなの見たことがなかったから感激しました。 そんな扱いはアメリカではされたことがありませんでした。 僕たちのような無名のバンドにも、敬意を払ってくれて、大切に扱ってくれて、音楽もちゃんと聴いてくれた。 「この曲のBメロは素晴らしいです!」って、そこまで聴いてくれたの?と感動しました。 とにかく、 その感謝の気持ちを伝えたくて、日本語で挨拶ぐらいはできるようになりたいと思ったんです。 それと、周りの人たちは日本語で話しているから、僕たちはさっぱりわからなかった。 それは僕にとって興味がある重要な内容かもしれないって思ったら、少しはわかるようになりたいと思ったんです。 日本で受けた新鮮な驚きや感動が、彼を「日本語」というものに興味を引きつけるようになったということですね。 「メタリカ」のツァーの移動途中でも一生懸命勉強したおかげで、彼は アリゾナ州立大学の「日本語弁論大会」で優秀するほどになりました。 その弁論大会で話をした テーマは「国際結婚」。 彼はマンガ・アニメやクールジャパン文化には興味がなく、せっかく大学で話すのだから、もっと深いテーマにしようと思い、この「国際結婚」をテーマに選んだとインタビューに答えています。 またこの頃受けた日本語の雑誌のインタビューでは、通訳無しで答えることもできるほどになっていたそうです。 マーティ・フリードマンの天城越え 2004年に来日した彼。 特に日本にコネもなくノープラン。 いくら世界的に有名だった「メガデス」に在籍していたとはいえ、日本の芸能界では無名にも等しい存在。 それでも、J-POPが大好きだった彼は2005年には本格的に日本に移住。 友人の紹介で 相川七瀬と知り合い、彼女のバックバンドのギタリストとして参加するチャンスに恵まれます。 その後はテレビの出演も増え、活動の場をどんどん増やしていくようになります。 うり 演歌の石川さゆりの名曲「天城越え」をアレンジし、日本古来の楽器の琵琶(びわ)とメタル・ギターのコラボした演奏は鳥肌ものです。 2011年の東日本大震災では、被災者のために、メガデス時代のギターをすべてチャリティーとしてオークションに出品。 2016年には文化庁から「日本遺産大使」に任命されます。 前世が日本人だったのではないか?と思うほど、日本に馴染んでいる彼。 2012年にはチェロ奏者の奥田日和さんと再婚したマーティ・フリードマンですので、これからもずっと日本に住み続けていくことでしょう。

次の

マーティ・フリードマンの身長は日本人の平均に近い。メガデス時代から日本語を勉強していた

デイブ ムステイン

突然ですが、ヘヴィメタルが好きです。 J-POP最盛期育ちなのでメタルなんぞ聴いていると「何それ・・・」と眉をひそめられたものですが、そんな中でもメタリカという名前くらいは聞いたことあるよ!という人は大勢いました。 「世の中はメタラーと非メタラーの二種類の人間に分けられる」とはよく言ったもので、好き嫌いがはっきり分かれるジャンルではあるのですがそんな中でメジャー音楽の世界に食い込んでいるメタリカさん、さすがです。 世界一有名なメタルバンドと言って良いメタリカ、「ローリング・ストーン誌の読者が選ぶ『最高のメタル・バンド』ベスト10」においては1位を獲得しているメタリカ、あまりの素行の悪さに思わず 「やべえよ、ロックすぎるよ、こんなの表に出しちゃダメだろ」と笑ってしまうほどめちゃくちゃなエピソードだらけなのに世界中で1億1000万枚売れているメタリカ。 ということで今回はメタリカのロック具合やメンバー達の数々の伝説などをご紹介しながら、皆様にヘヴィメタルを推していこうと思う次第であります。 メタリカメンバー紹介 ジェイムズ・ヘットフィールド ヴォーカル、リズムギター担当。 オペラ歌手の母を持ち、幼少期からピアノを習うなど割とお坊ちゃん育ちだが、クリスチャン・サイエンス信者の両親が信心深過ぎてガンになっても治療を拒否したためジェイムズが16歳の時に母親が死去。 「神とかクソ食らえ」とわかりやすくグレて悪事に手を染めたり悪魔的メタルに走る。 ラーズ・ウルリッヒ ドラム担当。 デンマーク生まれ。 祖父も父もプロテニス選手で本人も有望な選手だったが、音楽にのめりこみすぎてテニスがおろそかに。 プロになることを目的としたアメリカへの移住でジェイムズと出会ってしまいテニスへの道は絶たれる。 ちなみに二人の出会いはラーズが 新聞広告欄に「一緒にバンドやろうぜ!」とメンバー募集投稿をし、それを見たジェイムズが応募してきたという時代を感じさせるものである。 カーク・ハメット ギター担当。 初代ギターのデイヴが解雇された後、オーディションにて加入。 エイプリルフールに合格の連絡が来たため、最初はジョークだと思い落ち込んでいた。 ライヴでのミスが目立つ本番に弱いタイプでしょっちゅう「ヘタクソ」と酷評されるが メタリカの良心と呼ばれるほどの人柄の良さから大変愛されている。 最近は禿げ上がってきたため黒い粉を振って禿隠しをしている。 ロバート・トゥルージロ ベース担当。 2003年に加入したメンバーであり、 「あの新しいスケーターゴリラ」的イメージが根強い。 メタリカの他メンバーのようにヘヴィでメタルな恰好をするわけでもなく、Tシャツにジーパンやハーフパンツなんかを履いているため当初ファンは衝撃を受けた。 見た目に反して器用で正確なテクニックを持つ。 旧メンバーもヤバイ奴揃い ロン・マクガヴニー 旧ベーシスト。 酒癖の悪いデイヴから苛めを受け続け、 デイヴが彼のベースにビールを流し込んでロンが感電するという事件をきっかけに我慢の限界で脱退。 その後トラウマからか音楽に関わるのも嫌だと機材の大半を売却。 クリフ入れたさで苛められたんじゃないかとも言われている。 可哀想。 デイヴ・ムステイン 旧ギタリスト。 犬を愛する問題児。 メタリカと並行して ドラッグの売人をやっていた。 とにかく酒癖が悪く数々の暴力沙汰を起こし、あまりの素行の悪さに命の危険を感じた他メンバーによって解雇される。 クリフ・バートン ロン脱退後に加入した旧ベーシスト。 イケメン。 ジェイムズがそのカリスマティックな才能に惚れ込み、メンバー全員で拠点をクリフの近所に移転までして勧誘。 メタリカ人気が絶頂だった1986年、ツアーでの移動中にメンバーやクルーを乗せたバスが路面凍結でスリップし、横転。 窓から投げ出されたクリフはバスの下敷きとなり、即死した。 その日はたまたまカークがクリフとベッドの位置をかけてカードをやり、クリフが勝ってベッドを交換していたのだとか・・・。 ジェイソン・ニューステッド クリフ亡き後加入した旧ベーシスト。 メタリカの一員になれることを喜びすぎたことでクリフの死の悲しみを拭えないメンバーから反感を買い、加入直後に制作されたアルバムに自身の演奏するベース・ギターパートを収録されない、作曲者としてクレジットされないなど 陰湿なイジメにあい脱退。 可哀想。 (後にメンバーも謝罪した。 ) 怨念が生んだ名バンド「メガデス」 とにかく昔のメタリカはライヴの後酒とドラッグと追っかけの女の子たちの入り乱れたドンチャン騒ぎにメンバー同士の殴り合いの喧嘩、レコーディング中にデイヴの犬が暴れてまた大喧嘩、喧嘩ばかりしているが内容が「これはロックじゃない」「いやそんなことはない」みたいなくだらないことばかりでもう手が付けられない悪ガキのよう。 そんなめちゃくちゃなメタリカのメンバー全員に 「こいつはヤバイ」と解雇されるほどのデイヴは相当ヤバかったのだと思われます。 そんなデイヴはメタリカを解雇された恨みから「ぜってーお前ら見返してやるかんな!!」と メガデスを結成し大成功。 2011年にはやっと和解して同じステージに立っています。 ジェイムズを襲う数々の危機 1992年にはライヴステージでの4メートルの炎の演出で事故が起こり、ジェイムズは腕と顔に大火傷を負いました。 2000年にはアルバム収録中に深刻なアルコール依存症となり、リハビリ施設に入所。 このペンダントは幼子イエスを背負って河を渡る聖クリストファーの伝説からサーファーや旅人の間でお守りとして使われており、 「無事に帰ってこいよ」という気持ちで贈ったことがわかります。 カークいい奴かよ・・・。 メタリカ入門 ここまで読んでくださった方はきっとメタリカに興味を抱いたことでしょう!間違いない! それではどこからメタリカを聴き始めるか考えていくとしましょう! 80~90年代前半のメタリカはジェイムズの高音シャウトがギャグのように聞こえたり、当時の機材ではヘヴィメタルの重厚さがうまく伝わらないことから初心者にはオススメしていません。 楽曲はスラッシュメタル期・グルーヴメタル期の別なく選ばれているのできっとお気に入りの一曲が見つかるハズ! オーケストラをヘヴィメタルのフォーマットのなかで活かすアレンジがなされているので、クラシック好きの方にも新しい目線で楽しんでいただけるアルバムだと思います。 アメリカやべぇ 今回は英語とあまり関係のない話題になってはしまいましたが、今までの記事でご紹介してきたアメリカの保守的な宗教観や人生観とは正反対の「アメリカやべーな、メチャクチャだな」という一面を垣間見ていただけたのではないかと思います。 敬虔さの対極にあるのが「ロック」であり、 宗教というシンボルの対極にあるのが「メタル」なんですね。 やはり宗教色が強い国ほど、それに疑問を抱いたり反抗心が芽生えたりしてメタルに共感をおぼえる若者が多いように感じますし、だからこそ保守的な人たちからすると「悪魔的」ジャンルになっていくという背景があって 「世の中はメタラーと非メタラーの二種類の人間に分けられる」という状況が生まれるわけです。 八百万の神という概念を持つ日本人こそ、広い心でヘヴィメタルを受け容れていけるはず!!と思うのですが、いかがでしょうか(笑) その他おすすめヘヴィメタル シャウトなイメージしかないヘヴィなメタルも、叫んでるだけじゃないんです。 意外とメロディアスなんですよ!興味が出てきたら、是非とも他のバンドも聴いてみていただきたいと思います。 有名どころを少しだけご紹介。 今回ご紹介した怨念の Megadeath「メガデス」 イギリスのメタルといえば Iron Maiden「アイアンメイデン」 メタルの優等生、断トツのテクニック DREAM THEATER「ドリームシアター」 ポップス最盛期にも意外と人気だった Slipknot「スリップノット」 カワイイは正義!アイドルとメタルの融合 BABYMETAL「ベビーメタル」.

次の

メガデスのデイヴ・ムステイン、メタリカのラーズ・ウルリッヒについての不満を語る

デイブ ムステイン

1999年にリリースされたメガデスの通算8作目となる『リスク』は、バンドのヘヴィー・メタルのルーツから商業的なポップやロックへと舵を切ったことで、批評家から賛否両論が寄せられているほか、一部のコアなファンからも厳しい声が寄せられている。 リリース週に全米16位を獲得した同作は、最終的にアメリカで50万枚を売り上げてゴールド・ディスクに認定されている。 今回、デイヴ・ムステインは衛星ラジオ局「シリウスXM」の番組「トランク・ネイション」に出演して、30年を超えるキャリアの中で犯した過ちについて語り、バンドが最も不安定だった時期として1990年代の後半から2000年代初頭にかけてを振り返っている。 「『リスク』には素晴らしいプレイヤーたちが参加していたんだ」と彼は語っている。 「ギターではマーティ・フリードマンが参加していたしね。 もっとオルタナティヴなバンドになりたいっていうマーティの意見に俺が個人的に降伏してしまったんだ。 それで、俺たちは段々と失速していくことになったんだよ」 「もしもあのアルバムを、メガデスでなくザ・デイヴ・ムステイン・プロジェクトとかいう名前で出していたら成功していたんじゃないかって思うけどね。 人々が欲していたのはメガデスのアルバムだった。 マーティ・フリードマンを満足させておくために努力するデイヴなんて見たくなかったんだ。 マーティは俺たちに、ディッシュワラみたいなアルバムを作らせようとしていたんだよ」 デイヴ・ムステインは『リスク』を作ったことを後悔はしていないとして次のように続けている。 「これまでにリリースしたものについては、一切後悔を感じていないよ。 さっきも言ったように、あのアルバムは単に、バンドを繋ぎ止めようと必死になっていた時にリリースされたっていうだけに過ぎないと思うんだ。 マーティもニック(・メンザ、ドラマー)もそうだし……みんなが常にいがみあっていたよ。 誰も幸せじゃなかった」 彼は次のように続けている。 「少し考えてみよう。 まったく後悔はしていないにせよ、あれはいつもの俺たちの音楽ではなかったからね。 あの曲はむしろ……いい言葉が出てこないな……俺にとっては、エレクトロニックの曲みたいな感じでね。 そういう曲を作りたかったんだ。 ただ、そういう曲の作り方をキーボードの奴が知らなかったんだよ」 「俺たちにとってあの時期は……俺はただ、マーティに満足して欲しかったんだよ。 バンドに留まっていて欲しかった。 ニックにも満足してて欲しかったし、ドラムを叩いていて欲しかった……俺が何かしようとする度に、間違った方向へ行ってしまうんだ。 しばらくすると、『俺にはこんなもの必要ない』って思ってしまうようになってね。 マーティが抜けて、ニックも去ったんだ。 それで、解散した感じになってしまったんだよ」 一方、マーティ・フリードマンは2012年に行ったスウェーデンの「メタルシュライン」とのインタヴューの中で、メガデスを脱退した理由の一つとしてバンドがアグレッシヴでなかったことを挙げている。 「その通りなんだ」とマーティ・フリードマンは語っている。 「実際、その通りなんだよ。 正式に脱退したのは2000年の初めだったけど、メンバーたちには脱退することを1999年の半ばくらいから話していたんだ。 まあ、それはまた別の話なんだけどさ。 2000年に脱退した当時は、他のあらゆるバンドが自分たちよりも1000倍アグレッシヴにやっているように感じていたんだ」 「『メガデス』なんて名前が付いているのに、他のバンドがやっているビッグで沈むようなヘヴィーなサウンドのほうが、『メガデス』と呼ばれている自分たちのサウンドよりも恐ろしくて、ハードに聴こえるっていうさ」とマーティ・フリードマンは続けている。 「そう思ってからは、やる気が出なくなってしまってね。 僕としては、『どっちかにしようぜ。 どっちかに集中しよう』っていう感じでね。 『ヘヴィーなのか、商業的なのかどっちかだ。 今のままだと僕たちはアンダーグラウンドなバンドだし、僕たちはそうあるべきじゃない。 4人の素晴らしいポテンシャルを秘めたメンバーがいるのに、昔ながらのアンダーグラウンドなメタル・バンドでいるべきじゃないんだ』ってね」.

次の