アメリカ と 中国 戦争。 アメリカが想定している「対中戦争」全シナリオ(渡部 悦和)

米中間における軍事的衝突の潜在的可能性

アメリカ と 中国 戦争

香港には、憲法に当たる「香港基本法」があるが、その例外規定に盛り込むという強硬手段により、今後、中国が香港の治安維持を管理し、香港で直接、取り締まりに着手することができるようになった。 トランプ米大統領は同29日、中国を激しく非難し、香港に認めてきた優遇措置を廃止すると発表。 カナダ、英国、オーストラリアも共同声明を発して、「深く懸念している」と表明したが、中国は「内政干渉だ」と反発した。 中国は、自ら約束した「一国二制度」をほごにしたことになるが、その真の狙いはどこにあるのか。 実は、中国が見据える先には、さらに大きな野望が広がっている。 65 ID:IXv8NF3T0 信じられないだろうけど、10年くらい前は中国軍と自衛隊どっちが強いかってスレわりと見たよね。 72 ID:i2SqqWVK0 朝鮮戦争では、中朝国境から米軍が38度線まで押し戻されて講和したのだから、 中国軍のほうが強いよ。 実際中国人はアメリカに苦手意識ない。 ジャップの方がいやだろう。 国土を蹂躙されてるからな。 14 ID:80k9Blh2r 核ミサイル撃ったら占領しても無意味になるからなぁ。 47 ID:tqDbnNyzd 現時点、核兵器抜きなら余裕で米国が勝つ ただし10年後なら負けるかもしれんな それくらい中国が進化はしてる事は認める 航空機、船舶、ミサイルははっきり言って米国が迷走しすぎ 中国の戦闘機はJ20までなら余裕負け。 50 ID:80k9Blh2r マジでドンパチやるなら北朝鮮の取り合いしか浮かばない。 そしてロシアの影がちらつく所だろ?米中どっちもやりたい場所じゃねーだろ。 03 ID:QxD4iUKU0 中国が打ち出しうる思想っていったら・・・ 反欧米史観ぐらいか 自分たちのどの辺が優れてるかは言えないし言ってみても誰もついてこないから とにかく欧米の悪を論ってそれへの対抗を唱える.

次の

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

アメリカ と 中国 戦争

ごきげんよう! 私、人民委員Binkovがお送りする「中国vsアメリカ。 」 このシナリオではアメリカが南沙諸島問題に介入したところ、急に中国との戦争が勃発!核兵器や同盟国は本シナリオでは制限されます。 日本は在日米軍基地からの作戦を許可するであろう。 数日のうちに事態がエスカレートした場合、アメリカの最大の敵は地理的な距離になるだろう。 アメリカには戦力を持ち込み、再編する時間が必要である。 基本的にアメリカはいくつかの戦闘機部隊を日本に駐留させている。 在日米軍は二週間は中国に対して自身で立ち向かわなくてはならない。 在日米軍は何百もの追加の戦闘機や地対空ミサイルを待ち、一か月以内には日本の国土で戦闘態勢を整える。 米海軍は距離のために時間がかかるうえ、派遣準備できていない船舶を準備するにも時間がかかる。 中国はアメリカ空軍が多数支援する前に主導権を獲得できる。 中国にとって日本本土の攻撃目標は遠く、攻撃的ペナルティも大きい。 そして、日本にとっては防御も容易だ。 よって中国はより効果的な目標に注力する。 最も緊張の脅威となるのは沖縄の基地である。 ミサイルの雨が降り注ぐであろう。 中国は大量の弾道ミサイルを保有しているが、大半は沖縄を射程に含まない。 巡航ミサイルは沖縄に到達するうが、数は多くない。 米軍は中国に対抗するために大量の航空機を沖縄の基地に詰め込む必要があり、これは攻撃を受けた際の損害も大きいことを意味する。 中国は沖縄へのミサイル攻撃に続いて、航空攻撃も行う。 中国の数的有利及び損害の小ささは好調なものになるだろう。 アメリカは中国の接近拒否を実行可能な限り使用不能な基地から去るしかない。 アメリカ自身も大量の巡航ミサイルを保有しているが、それ単体では致命的打撃を与えるには十分でない。 中国との戦争では多くの重要なターゲットを撃破する必要がありご覧のミサイルの数では足りない。 大半のターゲットは戦争遂行においては復旧可能である。 空軍基地の施設や滑走路は数日以内に復旧できるだろう。 アメリカによる巡航ミサイル攻撃に続いて、航空攻撃が必要であるが開戦当初は米軍はこれらの航空機が不足している。 中国は滞空視察能力についてアメリカに遅れをとり、これら 動画参照 は多数の特殊偵察任務機である。 衛星についてはいくつかの点で水準に近いが、結局のところアメリカに及んでいない。 日本の基地面積の問題から、アメリカはいまだにその 大半の航空機を一度に使用することができない。 絶え間ないミサイル攻撃を受けてもなお、在日米軍基地の大半は基本的に健全だろう。 在日米軍基地は無給油の中国航空機には遠すぎる。 中国の空中給油機部隊は極めて小さく、持続的な戦力発揮が達成できない。 これらの航空攻撃は一時的かつ小さなダメージしか与えられず損害が大きいので、中国は選択しないだろう。 アメリカはグアムを保有しているものの、どの航空機にとっても遠すぎる。 空中給油作戦にようる航続距離の延長が、出撃率においても効果をあげるだろう。 グアムはアメリカのより重要な爆撃機拠点となり、同時に南シナ海と東シナ海の哨戒拠点であることも意味する。 グアム周辺の民間空港も軍用として使用されることになる。 米軍の空中給油機部隊は極めて巨大で、その一部しか使用可能空港を見つけられないだろう。 軍事的な米軍の空中給油機は12機の戦闘機の航空距離を二倍にできる。 グアム基地は大量のミサイル攻撃からも守られ、航空機と潜水艦発射巡航ミサイルによる一時的な機能停止があっても稼働し続けるだろう。 米軍の小規模な現地部隊 在日米軍 への攻撃と基本的な基地 グアム 機能の一時停止により中国は艦艇をグアムへ前進させることが可能になるだろう。 しかしそれはグアムを一週間も完全に封鎖できず、アメリカは増強された空母打擦群により中国艦隊に十分に対応できる。 中国海軍の数は膨大だが、技術的には、アメリカに遅れ、大半の艦船は沿岸防衛により適したものだ。 中国海軍は鍵となる航空戦力の投射能力に欠ける。 大海原の回線により、中国艦隊はその大半を失うだろう。 その結果では手始めにはなりそうもない。 中国本土のターゲット攻撃には、中国空軍とやりあわなくてはならない。 中国空軍は技術面でも数でも米軍に遅れをとっているにもかかわらず、当初の一か月は中国空軍が有利である。 訓練時間においても米軍に劣る。 出撃率においては中国軍が有利となる。 米軍のパイロットは長距離のミッションにより低出撃率となる。 防衛 中国 側は短距離で迎撃でき、すぐに準備できる。 しかし中国側は多様途戦闘機の数で劣る。 つまり戦闘機と攻撃機の数の面で苦しむことになる。 中国は優秀な戦闘機を失い、アメリカが主導権を確認する。 結局はその点においても損害率は匹敵するものになる。 数か月後、米海軍は全力の体制となる。 しかし一度にすべての船を動かせる海軍など存在しない。 太平洋を横断し短時間で派兵され、それは海軍の先頭派兵のなかでも早いものになるだろう。 ここにおいてもその数と能力の差は圧倒的だ。 中国は、選択しなければならない。 沖縄周辺に艦隊を張り付けて米軍の航空攻撃を緩和するか、艦隊を安全なエリアまで後退させるか、米海軍は防空戦力は、長距離攻撃を抑止するために沖縄に配備される・中国はミサイルが尽き、海軍の損害と共に後退する。 機雷掃海の後、東シナ海の大半は米海軍の支配下となる。 空母打撃群が近接し、中国本土を空爆する。 中国の沿岸防衛はまだ危険性が高い。 空中から、または潜水艦や小規模艦隊が襲撃を仕掛ける。 アメリカが沖縄の基地戦力を再構築した後、中国への真の反攻作戦が開始される。 日本本土の在日米軍基地が中国北東部への攻撃を支援する。 しかし、北京は遠く、攻撃は限定的なものになる。 中国沿岸への攻撃は激化する。 中国は協力な防空システムにより、防御を維持する。 中国の防空システムは新旧ごちゃ混ぜである。 中国はアメリカよりも多くの野戦防空部隊を持つが、技術面でアメリカには劣る。 在日米軍基地の位置が意味するところは、中国軍は防空部隊を広範囲に散らばらせる必要が無く沿岸部に集中して運用することも可能ということだ。 アメリカは長い時間をかけて中国のばうぎょを打ち崩し、ゆっくりと、そしてとてつもない作戦になる。 双方が何百もの航空機を失い、中国が休止機を失う頃に損害率は米軍を上回る。 米軍の航空攻撃は沿岸部への限られたものであり、中国内陸部への通常空爆にはあまりに危険すぎる。 時々は兵器工場への空爆は行われるだろうが、爆撃機の部隊はあっというまに損耗してしまうだろう。 沿岸部への攻撃は防御がうすくなることでより簡単になるだろう。 アメリカはいまだに大量の航空機を基地に持っている。 しかし大規模の火力にはまだ足りない。 過去の空爆作戦は、より好条件で抵抗も少なかった。 中国は攻撃を妨害し続ける。 それは十分な縦深があり防御が維持され、可動する兵器工場にはまだ余力がある。 しかし中国により深刻な打撃をあたえるには、アメリカは中国内部へ入る必要があり、それは地上兵力による侵攻が不可欠である。 それには上陸部隊を攻撃する敵に対抗するためにも、前例のない着上作戦となる。 大規模な対中連合と地上ルートが担保されない限り、それは不可能だろう。 よって地上戦はアメリカの意識上にはない。 中国海軍は崩壊し、空軍と防空部隊は一掃され、沿岸部のインフラも破壊された。 それと引き換えに何十もの米海軍の艦船が沈み、1000機以上の軍用機が失われた。 高くつく勝利となった。 忘れないで欲しいんだけど、もっと政治的に現実的なシナリオとしては、日本の完全なサポートが得られるだろうし、他の同盟国の支援も得られるかもしれない。。 その場合は中国の防御の崩壊はもっと早く行われるだろうし、同盟の損害は減り、中国に与える打撃も増えるだろうね。

次の

アメリカが中国に「貿易戦争」を仕掛ける本当の理由

アメリカ と 中国 戦争

選挙期間中から「トランプ・リスク」がささやかれ、当選後も、その一挙手一投足が注目されたトランプ氏だが、いよいよトランプ政権がスタートした。 アメリカで政権交代が行われ、 中国では秋に共産党全国代表大会が開かれるなか、フランスで大統領選挙、ドイツやオランダで総選挙が行われるヨーロッパでは、イギリスが3月末までにヨーロッパ連合(EU)離脱を通告する予定だ。 今後、世界はどう動くのか。 1月26日発売の『』(徳間書店)の著者で経済評論家の渡邉哲也氏に聞いた。 渡邉哲也氏(以下、渡邉) 一言でいえば、「トランプ大統領が中国を叩き潰す」ということになりそうです。 私は、今年はアメリカと中国の「経済戦争」の元年だと思っています。 トランプ政権の中国に対する姿勢は、閣僚人事を見れば明らかです。 新設された国家通商会議のトップには、ピーター・ナバロ氏が起用されましたが、ナバロ氏は過去に「中国製品を買うべきではなく、購入すれば国家安全保障上の脅威となる」と発言している人物です。 また、通商代表部の代表に起用されたロバート・ライトハイザー氏も、中国製鉄鋼のダンピング(不当廉売)輸出を批判するなど、対中強硬派として知られています。 今後、トランプ政権の通商戦略は、このナバロ氏とライトハイザー氏が司令塔となって進められます。 また、台湾を中国の一部とみなす「ひとつの中国」の原則を見直すことを表明するなど、トランプ大統領は各方面から中国を揺さぶっています。 オバマ政権とは打って変わって、トランプ政権の対中政策はかなり厳しいものになることは間違いないでしょう。 渡邉 これは、中国の経済基盤と産業構造を否定するものです。 しかし、それは同時に先進国で大量の失業者を生むことにつながり、世界各国で紛争の原因にもなりつつあります。 資源や食糧は有限のため、人口の多い新興国が発展すれば、資源や食糧の枯渇、やがては奪い合いにつながります。 中国が急成長することで、地球が発展の限界を迎えていると言い換えてもいいでしょう。 トランプ大統領は、そうした流れにも「待った」をかけているわけです。 本書で詳しく述べていますが、この対立構造においてはアメリカのほうが圧倒的に有利です。 中国側は有効なカードを持っていないに等しいのですが、習近平国家主席は求心力を失いたくないために引くに引けないのも事実。 しかし、中国は、国家運営の根幹となる穀物もアメリカからの輸入に頼る構造になっており、環境問題の悪化によって食糧問題が悪化することがあっても、改善する可能性は低い。 だからこそ、南シナ海の領土拡張など海外侵略を狙っているわけですが、これもアメリカとの大きな対立要因になっています。

次の