細かく教えてくれてありがとう 英語。 [mixi]☆勉強法☆

[mixi]☆勉強法☆

細かく教えてくれてありがとう 英語

こんにちは、イギリス生まれ、東京在住英語教師と作家のです。 日本語で英語を説明する趣味です。 日本語では、「教えてくれてありがとう」という表現がよく使われましたが、英語にすると、なんと言えばよいのでしょうか。 英語のネイティブはよく「thank you for telling me about」というフレーズを使います。 たとえば、自分の外国人の友達はとても美味しいレストランを教えてくれたら、英語で「Thank you very much for telling me about that great restaurant. 」と言えます。 「教えてくれてありがとう」を英語にしたい場合、沢山の選択肢があるので、いくつかを下にリスト・アップしてみます。 Thank you very much for your advice. アドバイスを教えてくれてありがとう。 I really appreciate your useful advice. 役に立っているアドバイスを教えてくれてありがとうございます。 Thank you so much for letting me know about that great restaurant. その素晴らしいレストランについて教えてくれて本当にありがとうございます。 こんにちは、筆者のLuke Tunnicliffeです。 母はアメリカ人、父はイギリス人。 イギリスのコーンウォール州生まれ、13歳のとき、アメリカのノースカロライナ州へ。 大学卒業した後はワシントンD. で雑誌編集者・記者の仕事を経験。 その後、新潟県の中学校で英語教師を2年間。 現在、東京に在住。 著書に『イギリスのスラング、アメリカのスラング』 研究者 、『この英語、どう違う?』(KADOKAWA 、『「とりあえず」は英語でなんと言う?』 大和書房)、『「さすが!」は英語でなんと言う?』、「カジュアル系」英語のトリセツ」(アルク)があります。 NHK基礎英語1の「4コマでニュアンスを学ぶ基本英単語」、婦人公論の「ティーテイムEnglish」 の連載もあります。 イギリス、アメリカ、日本で経験した様々なことをこのサイトに生かし、皆さんにお届けしたいと思っています。 皆さん、これからもよろしくお願いします。 新着記事を読みたい方は、ぜひ英語 with Lukeをフォローして下さいね。

次の

英語で・・・

細かく教えてくれてありがとう 英語

敬語とは自分が相手を敬っていることを伝えるための言葉です。 使う相手やシーンにおいて、どういった種類の敬語を使うべきかを知っておくのが重要です。 使い方を誤ると相手を敬っているのも関わらず、実は失礼な言い回しになっていたり相手を不快な気持ちにさせてしまうこともあるので、それぞれの意味や使い分けをしっかり理解しておきましょう。 敬語と一言で言っても「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」があります。 またそれらの敬語から派生した「美化語」や「丁重語」などもあります。 尊敬語 相手に敬意を表した言葉で「相手を立てる・相手を高める」ときに使います。 主語が「相手」や、話の主体が「相手」の場合は尊敬語を用います。 「教えてくれて」の「くれる」を尊敬語で表すと「くださる」になるので、「教えてくれて」は「教えてくださり」となります。 謙譲語 相手に対して自分がへりくだる表現で「自分がへりくだる事で相手を立てる」ときに使います。 主語が「自分」や、話の主体が「自分」の場合は謙譲語を用います。 それを踏まえて考えると「教えてくれて」の「くれる」には謙譲語はありません。 「くれる」の主語は自分に当てはまらないからです。 謙譲語は自分がへりくだる言い回しなので主語に自分がこない「くれる」には謙譲語がありません。 「教えてくれて」の謙譲語は存在しない? では「教えてくれて」を謙譲語で表すことはできないのでしょうか。 実は「教えてくれて」を「教えてもらって」に言い換えると謙譲語が成り立ちます。 「私(自分)が教えてもらう」と、主語を自分に設定できるからです。 「もらう」の謙譲語は「いただく」になるので「教えてもらって」は「教えていただき」と表します。 実際には尊敬語の「教えてくださり」よりも「教えていただき」の方がより敬意を表していると感じる方が多く、一般的にも「教えてくれて」を敬語で表すときは「教えていただき」と使う人が多いです。 丁寧語 「~です。 」「~ます。 」など、丁寧な言い回しのことで主に語尾が変わります。 丁寧語は使う相手や立てたい相手を問わず幅広く使用することができます。 例えば見ず知らずの相手や、自分と相手の距離感が近くない相手などに丁寧語を使う場合が多いです。 「教えてくれて」は後に何かしらの文章が続くので「教えてくれる・教えてくれた」で考えると「教えてくれます・教えてくれました」が丁寧語になります。 美化語 単語や用語の前に「お」や「ご」を付けることで、言葉自体を上品に美しく表します。 丁寧語と同じで使う相手や立てたい相手は問わず幅広く使います。 美化語をそれぞれの敬語と組み合わせて使うことによって、より相手を敬った言い回しです。 「教えてくれて」は「お教えくださり」「お教えいただき」になります。 美化語と尊敬語、美化語と謙譲語のように美化語単体ではなく他と合わせて使うことで、さらに敬語の効果が高まります。 「教えてくれて」の敬語での使い方 メールでの使い方 「教えてくれて」を敬語で直接伝えるのではなく、メールを使用する場合はあとあと文面として残るので正しく使うことが重要です。 いくら敬意を相手に払っていても、敬語が上手く使えていなかったり丁寧に伝えようとするあまりに過剰に敬語を取り入れてしまったりすると、メールを読んだ相手から不快に思われてしまう可能性もあります。 特にメールは読んでいる相手の状況や表情が分からないので間違った使い方をしないように気を付けましょう。 口語でも使う「お教えくださり」や「教えてくださり」でも問題ありませんが、メールなどの文面で表す場合は「ご指導くださり」や「ご指導いただき」が加えて一般的に使います。 ビジネスでの使い方 職場の上司や先輩、取引先やお客様などに対して正しい敬語を使うのは社会人として当然になります。 特に「教えてくれて」と使う相手は後輩より自分より立場の上の方に使うことが多いです。 「ご教授くださり」 特定の専門的な分野や長期間に渡って教えてくれた場合に用います。 ビジネスシーンで目にしますが教授や先生などに学問や芸術などを教わった場合に使うのが正しいです。 「ご教示くださり」 自分が知らない情報や手段を教え示す意味を表します。 実際のビジネスシーンで適しているのがこちらの方です。 またこれらは口語よりもビジネスメールでよく使われます。 「教えてくれて」を敬語で使うときの例文 教えてくれてありがとう 丁寧語「教えてくれてありがとうございます。 」 尊敬語「教えてくださりありがとうございます。 」 謙譲語「教えていただきありがとうございます。 」 美化語+尊敬語「お教えくださりありがとうございます。 」 美化語+謙譲語「お教えいただきありがとうございます。 」 敬語の種類を使い分けることによって、下にいく程より丁寧に相手に敬意を払った言い回しになっています。 また「ありがとう」を他の言い回しで表すことで、その場面により適した言い回しにすることができます。 「お教えくださり感謝しております。 」 「お教えいただき心よりお礼申し上げます。 」 「ご指導いただきありがたく存じます。 」 口語ではあまり使いませんが、改まった席でのあいさつ、お手紙やメールなど文面で表す場合に用いられることが多いです。 「教えてくれて」を別の敬語で表してみよう.

次の

[mixi]☆勉強法☆

細かく教えてくれてありがとう 英語

色々な表現方法がありますが、基本的に thank you の後に何に対して感謝を示しているのか?というのが英語では必要になってくる事があります。 なぜならthank you と言われても相手側は thank you for what? と切り返してくる事があります。 これは善意でやっているため、「何のためのありがとう?」というニュアンスで特別に何かをしてあげたという感覚がないからです。 ですので、 1番目のように for your kind instruction で「親切な教え方をしてくれて」という意味で分かりやすかったと表現します。 2番目は先に「ありがとう」と言っておいて、「あなたの思いやりに本当に感謝しています」とい労った事を示しているので「理解しよう」「理解してもらおう」の相互関係があれば伝わります。 3番目も同様に、先に「ありがとう」と言っておいて、「とても簡単に理解する事ができました」というニュアンスになります。 It は「あなたの教え方」を代名してます。 私は分かりやすく教えれましたでしょうか?(笑) Did I explain you clearly? Naturally, every teacher is not for every student. Chemistry is important - the fact that people make a decision about another person very quickly also may affect the atmosphere of the lessons. You may have a brilliant teacher, but if you don't get on with the teacher as a human being, it is unlikely you will enjoy the lessons. "Thank you for the simple and understandable manner in which you are teaching me. " - In this sentence you are thanking your teacher for using simple methods of teaching you. A simple way of explanation means that your teacher uses basic words to get a point across for you for readily understand. "Thank you for the manner in which I'm being taught. I am able to understand easily. "I am able to grasp the thought easily, thank you so much. " - saying you are "able to grasp the thought easily" is another way of saying you get the information that is being taught. "Thank you for the simple and understandable manner in which you are teaching me. " -「わかりやすい教え方をしてくれてありがとう」と先生に伝えています。 「わかりやすい教え方」とは、つまり、理解しやすいように基本的な単語を使って説明することです。 "Thank you for the manner in which I'm being taught. I am able to understand easily. " -「先生の教え方はわかりやすい」と感謝の気持ちを伝えています。 "I am able to grasp the thought easily, thank you so much. " - "able to grasp the thought easily" は「教えられたことを理解する」という意味です。 When you want to thank your teacher for teaching certain things in a way that makes it easy for you to understand, then you can say it in the following ways: -Thank you for explaining things to me in a way I can understand. -I appreciate that you explained things to me in a way that makes them easier to understand.

次の