楽天 esim sms。 iPhoneで楽天モバイルのSMSは受け取れない??

楽天モバイル: 050データSIM(SMSあり)

楽天 esim sms

楽天アンリミットのSIMをiPhone7に入れると・・・ 圏外になります。 ただし、圏外になってしまうiPhoneでもパソコンで少し設定してあげると、楽天アンリミットで電波を掴んで使えるようになります。 設定の仕方は下記に掲載しています。 ちゃんと設定したら、格安SIMの管理人のiPhone7でも楽天アンリミットがフルバーで使えるようになりました。 もちろんテザリングも出来ます。 さすがにこのくらい古いとを買うことをおすすめします。 SIMフリーのiPhone6なら使えたと報告があります 簡単に使えるiPhone iPhoneXR以降のiPhoneなら使える iPhone XR以降のiPhoneならRakuten UN-LIMITのSIMカードが使えます。 テザリングも使えて、eSIMも使えます。 その後、アップルストアで購入したiPhone SE 第2世代でも楽天アンリミットが使えました。 iOSのバージョンが古いと電話の発信ができない場合があるようなので、基本的には最新のiOSにアップデートすることをオススメします。 ただし、最新のiOSだとRakuten UN-LIMITが使えなくなる恐れが少しあるので、1週間ほど様子を見てから最新版にアプデートするのが無難です。 jp これだけです。 これでネットが使えるようになります。 構成プロファイルのインストールなどは不要です。 Rakuten UN-LIMITを入れたiPhoneでテザイングを使うための設定 Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneでテザリングを使うには、APNの設定に加えて、インターネット共有の設定も必要です。 jp これで楽天アンリミットを入れたiPhoneでテザリングができるようになります。 通話やデータ通信ができない場合は、VoLTEをオンにする Rakuten UNLIMITを入れたiPhoneで通話やデータ通信ができない場合は、VoLTEの設定を確認してください。 VoLTEがオフになっていると電話が出来ないです。 ついでにデータ通信もできない場合があります。 iPhone XSで有効化。 テザリングは可だけど通話が途切れる。 元々使ってたのはXperia XZ(SO-01J)なのですが、もう使わないと思ってRakuten Linkをログアウトせずにアンインストールしたんですよね。 再度インストールして認証したらiPhoneでも問題なく通話できました。 Rakuten Linkをアンインストールするときは、ログアウトしてからアンインストールした方が良さそうです。 1のiPhone11ですが無事開通しました。 テザリングも可能でした 他にも動作報告はたくさんあります。 Rakuten UN-LIMITのeSIM版でもiPhoneが使えて、DSDSでSIM2枚が使えるので便利 eSIM対応のiPhoneなら、eSIMにRakuten UN-LIMITを設定して、物理SIMには格安SIMや大手キャリアSIMを入れて使えます。 ケース1:今使っているスマホ会社から楽天アンリミットのeSIMに乗り換える。 必要に応じて物理SIMには緊急用として他社のデータSIMを入れておく。 ケース2:今使っているスマホ会社のままで、楽天アンリミットのeSIMを新規電話番号で契約する。 データ通信はギガ使い放題で1年間無料で使える楽天アンリミット経由にして、今使っているスマホ会社はギガを使わなくなるので一番安いプランにする。 こんな感じでeSIMならリスクを少なくして、楽天アンリミットを安く便利に使えます。 iPhoneXR以降のiPhoneを持っているなら、そのiPhoneで楽天アンリミットのアクティベーションができて、普通にネットや電話ができます。 iPhone6s、7、8、Xなどもパソコンの設定が必要ですが、楽天回線対応製品なしに、楽天モバイルUNLIMITが使えます。 どういった場合に楽天回線対応製品が必要になるかというと、主にSIMカードの初期不良の場合です。 SIMカード自体に不良がある場合、動作保証対象外のiPhoneだけだと、その不良がSIMカードに起因するものか、それともiPhoneの設定がうまくいっていないだけかを判断できません。 iPhoneでどうしてもうまくいかない場合は、下記を参考に楽天回線対応製品のみを購入することをおすすめします。 iPhoneは楽天リンクの無料通話や無料のSMSの送受信ができる 2020年7月8日にiPhoneでもが使えるようになりました。 楽天リンクに完全対応しているiPhone ・iPhone 11 ・iPhone 11 Pro ・iPhone 11 Pro Max ・iPhone XS ・iPhone XS Max ・iPhone XR 上記のiPhoneなら楽天リンクをインストールすれば無料通話や無料でSMSの送受信が問題なくできます。 ただ、iPhone SE 第2世代だけ「パートナー回線エリアでもSMSをご利用いただけます」の記載が、楽天モバイルの公式サイトの動作確認ページに載っっていません。 格安SIMの管理人のiPhone SE 第2世代でも試しましたが、楽天回線エリアなら楽天リンクで無料通話やSMSの送受信は問題なくできました。 裏技を適用したiPhone6S〜Xの場合は、iPhone7で楽天リンクを試しましたが、楽天回線エリアで無料通話やSMSの送受信は問題ありませんでした。 パートナー回線エリアでは動作確認をしていませんが、iPhone SE 第2世代だけSMSの受信に問題がある可能性が少しあるかもです。 分かり次第追記します。 楽天回線エリアでパートナー回線を掴む原因と対策 iPhoneは接続回線の自動切り替えに対応していないので、パートナー回線を優先する傾向がある 楽天モバイルUNLIMITをiPhoneで使うと、楽天回線エリアでもパートナー回線のau電波を掴む割合が増える可能性があります。 防災速報」をインストールしてください。 赤枠で囲った「接続回線の自動切替」に対応していないとau電波を掴む割合が増える可能性が高くなります。 楽天回線対応製品だと、自動切替で楽天電波を掴むことを優先しています。 楽天回線対応製品以外のスマホで自動切替に対応していない場合は、単純に電波の強さや安定性を優先している感じです。 auの電波が安定していて強い傾向が多いので、楽天回線対応製品以外だとau電波を掴む割合が増える可能性があります。 楽天回線エリアでも、パートナー回線を掴んでいる場合は月5GB&低速1Mbpsが適用されてしまいます。 楽天回線 自社回線 を掴む方法 iPhoneの機内モードをオンオフしたり、再起動すると楽天回線を再び掴む場合があります。 他には、iPhoneのネットワーク選択でも楽天回線を掴むことができる場合があります。 楽天回線のバンド3を無理やり掴めれば、ギガ使い放題の楽天回線になります。 どのバンドを掴んでいるか確認する方法は、楽天モバイルUNLIMITを入れたiPhoneから、標準の電話アプリで「*3001#12345#*」を入力して発信ボタンをタップする。 しばらくすると電波の強弱で再びパートナー回線を掴んでいたりもします。 加えて、楽天回線の電波が弱すぎたり、パートナーエリアだと無理やり楽天回線を掴むこともできません。 楽天アンリミットのeSIMの申込みの注意点、普通に申し込むと物理SIMがやってくるので注意 iPhone用に楽天アンリミットのeSIMを申し込む場合、普通に申し込むと物理SIMがやってきてしまうので注意してください。 物理SIMがやってきても、eSIMへの変更手続きができますが、この場合は余計に3000円の手数料がかかります。 楽天UNLIMITを申し込む時に、申し込み途中でかなり目立たない場所に、eSIMへの変更ボタンがあります。 簡単に説明するのは難しい場所なので、にまとめているので参考にしてみてください。 その他の注意点:iOSのアップデートと半額電話の利用 iOSをアップデートするとiPhoneが使えなくなる可能性が少しある iOSをアップデートすると、Rakuten UN-LIMITが使えたiPhoneが使えなくなる可能性が少しあります。 そんな大きな可能性ではありませんが、iOSはすぐに最新版にアップデートせずに、1週間くらい様子を見てアップデートすることを強くオススメします。 一部の半額電話や10分かけ放題は使えない Rakuten UN-LIMIT経由では楽天でんわなどの半額電話が使えないので注意してください。 使えるプレフィックス 0037/009120/009121/0031/0032/0078/0035/001/0051/0053/0055/0057/0077 例えば、月1000円で10分かけ放題のOCNでんわキャリアフリーのプレフィックスは0035なので、Rakuten UN-LIMITでも使えます。 楽天でんわのプレフィックスは0037なので、使えるプレフィックスには入っていないので、Rakuten UN-LIMITでは使えません。 コメントからの情報提供によると、Gcallとブラステルも使えるそうです。 いつも有益な情報をありがとうございます。 SMS認証と、街中で安定してネットさえできれば、ぜひ移行したいのですが…。 ご意見いただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

次の

【最強じゃね?】楽天モバイルUN

楽天 esim sms

【eSIMプラン(ベータ版)】 今使っている電話はそのままに eSIMでモバイル回線を二重化• 音声回線は、現在ご利用中もしくはお好きな携帯電話会社の回線を。 データ通信のみ「eSIMプラン」を利用できます。 また、それぞれ別のキャリア回線を選択することで、もしもの時も安心してご利用いただけます。 音声回線は、大手携帯電話会社のまま、データ通信のみ、「eSIMプラン」を利用することで、月額料金を大幅に節約できます。 「 docomo. jp」のようなキャリアメールアドレス、SNSなどのアプリもそのまま利用できます。 お申し込みから設定まで、すべての手続きをオンライン上で完了させることが出来ます。 今すぐに利用したいという方にオススメです。 eSIMプラン(ベータ版)のお申し込みはコチラ! 1以降• 0以降• 事前に以下からファームウェアバージョン「EM06JLAR02A12M4G」に更新をお願いします。 IIJmioサプライサービスで販売された ASUS TransBook Mini につきましてはファームウェア更新を済ませておりますので、問題なくご利用いただけます。 クーポンスイッチのオンオフはできますか? 会員専用ページのからオンオフすることが可能です。 また、IIJmioクーポンスイッチからのオンオフにも対応しています。 データ量を使い終わりました。 データ量を追加することはできますか? はい。 会員専用ページ、または、を利用することでデータ量の追加が可能です。 課金開始日はいつからになりますか? アクティベーションコードが発行されたタイミングからになります。 eSIMのプロファイルを削除してしまいました。 契約はどうなりますか? eSIMのプロファイルを削除しても、契約は継続します。 誤って削除した場合、有料でアクティベーションコードを再発行いたします。 なお、再発行しますと電話番号は変更になります。 eSIMから物理SIMにSIM交換できますか? できません。 ミニマムスタートプランやライトスタートプラン、ファミリーシェアプランで物理SIM用のプランをご契約いただき、ご契約中であるeSIM用のプランのご解約をお願いします。 海外などで、別のeSIMプロファイルを設定した場合、今まで利用していたeSIMプランの設定はどうなりますか? eSIMのプロファイルは、複数情報を保持できるため、今まで利用していたeSIMプロファイルはそのまま残ります。 ご利用のタイミングで、プロファイルを切り替えることで、好きな回線を利用できます。 但し、プロファイルを削除すると再発行(有償)が必要となりますので、ご注意ください。

次の

楽天モバイル(アンリミット)でiPhone SE(第2世代)を使う手順を解説|SIMっちゃお

楽天 esim sms

iPhone SEなどのeSIM対応iPhoneで楽天モバイルのeSIMを使ったDual SIM運用 eSIMに対応するiPhone XS世代以降の機種で楽天モバイルのSIM(物理SIM、eSIMとも)がある程度使えることは、すでに各所で報告されています。 当サイトでも確認済みです。 そこで、実際にiPhone SEを使って、楽天モバイルのeSIMとUQモバイルの物理SIM(nanoSIM)の組み合わせを試してみたいと思います。 なお、私は楽天モバイルを物理SIMで開通済みのため、これをeSIMに切り替える作業も合わせて行います。 リンク: リンク: 楽天モバイルの物理SIMをeSIMに変更する手順 では、早速楽天モバイルの物理SIMをeSIMに切り替えてみましょう。 切り替えは楽天モバイルの会員ページである「my 楽天モバイル」から行います。 楽天モバイルのトップページの右上にあるメニューを開き。 「my 楽天モバイル」をクリックします。 楽天アカウントでログインします。 「契約プランを表示」 「各種手続き」から「SIMカード交換」 理由は「その他」。 「SIMタイプ」が「nanoSIM」となっているので「変更する」を選びます。 (そうしないとnanoSIMが再発行されてしまいます) 「eSIM」を選び「再発行する」 内容を確認して「次へ進む」で申し込み完了です。 SIM再発行手数料(税込3,300円)は楽天モバイルの支払い手段に後日請求されます。 直後にメールが2通届きますが、手続きには直接必要ないのでここでは割愛します。 画面が遷移すると、先ほど申し込んだ再発行の申し込み番号が表示されているので、「>」をクリックします。 遷移した画面で「楽天回線の開通手続きを行う」をクリック。 左上に「準備中」と表示されていますが、気にせず進みます。 するとQRコードが表示されます。 これでeSIMを利用できる状態になりました。 なお、この段階ですでに楽天モバイルの物理SIMは使えなくなっていますので、なるべく早くiPhone側でeSIMを利用する操作をしましょう。 iPhoneに楽天モバイルのeSIMを設定する 続いてiPhone側の操作です。 設定アプリの「モバイル通信」を開いて「モバイル通信プランを追加」します。 QRコードリーダーが立ち上がるので、先ほどのQRコードをスキャン。 「モバイル通信プランを追加」します。 モバイル通信プランの名称を設定できます。 上の「楽天モバイル」というのは変更前の物理SIMで使っている名前です。 「副回線」のところをタップして任意の名前に変更できます。 (ただし、既存のものと同じ名前は使えません) 私は「楽天モバイル eSIM」としました。 「続ける」で先へ進みます。 あとで設定・変更できるので、可能なものは後回しで良いでしょう。 ここまででiPhoneにeSIMを追加できましたが、このままでは楽天回線で通信・通話ができませんので、続けて設定を行います。 (楽天の物理SIMで設定済みの場合も、eSIMは別回線扱いになるので再度設定が必要です) iOSの設定アプリで「モバイル通信」-「楽天モバイル eSIM」-「音声通話とデータ」で「LTE, VoLTEオン」を選択して「OK」します。 (「楽天モバイル eSIM」の部分はさきほど設定した名称に応じて変わります) 次に設定アプリで同じ「楽天モバイル eSIM」の下にある「モバイルデータ通信ネットワーク」でAPNを「rakuten. jp」に変更します。 (図で隠れている下の方にもあるので注意です) 最後にデータ通信と音声通話でそれぞれ利用する回線を選択します。 設定アプリの「モバイル」通信で「モバイルデータ通信」を「楽天モバイル eSIM」に、「デフォルトの音声回線」を「UQmobile Japan 」にしました。 (「UQmobile Japan 」はUQモバイルの回線に私が付けた名前なので、ご自分の回線名に読み替えてください) 楽天モバイルのeSIMの設定ができているので、左上のアンテナピクトがちゃんと表示されるようになりましたね。 これで設定は終了です。 この状態で楽天モバイル(楽天エリア内)での通信とWindows 10からのテザリング、楽天モバイル番号への受信(通話)、UQモバイル番号での発信(通話)と受信(通話とSMS)ができることまで確認済みです。 ついにほぼ理想のDual SIM環境が整ったかも iPhone SEに楽天モバイルのeSIMとUQモバイルの物理SIMをセットして、通信は楽天、通話はUQという環境を構築できました。 この環境の維持費は、楽天モバイルが1年間無料、UQモバイルは「ぴったりプランS」で当初およそ1年間は1,980円。 つまり、合計で月額1,980円となります。 「STAY HOME」状態のため現時点では外出先での楽天モバイルの実力を試しきれていませんが、自宅周辺ではかなり快適かつ全く問題なく利用できているので、完全乗り換えが可能になることを期待しています。 楽天モバイルのMNOサービスは始まったばかりで、しっかり使えるかどうかを見極めるにはまだ時間が必要です。 完全に乗り換える前に、既存の実績ある回線(私の場合はUQモバイル)を維持しつつ、楽天の通信し放題も利用できる、理想的なDual SIM環境をiPhoneで構築できたと思います。 リンク: リンク: リンク: リンク: リンク: リンク:.

次の