コロナ渦中とは。 コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い?正しい漢字や意味は?

アフターコロナの働き方を考えよう!アフターコロナとは?考えられる変化とは?

コロナ渦中とは

宇都宮市は、新型コロナウイルスが収束していない状況下で災害が発生した場合を想定した避難所の開設・運営訓練を行った。 市では昨秋の台風19号被害を踏まえ、今年3月に避難所開設・運営についてのガイドラインを策定したが、新型コロナウイルス対策を踏まえて改定するため、今回の訓練を通して施設内の区分けや避難者の受け入れなどの課題を洗い出した。 今月中にも新たなガイドラインをまとめる。 今月、富屋地区市民センター(同市徳次郎町)で行われた訓練には同センターや市危機管理課などの職員41人が参加。 台風19号と同規模の災害を想定して進められた。 避難所開設にあたっては、「一般避難者」と高齢者などの「要配慮者」、発熱・体調不良がある「要観察者」をそれぞれ受け入れる3つのエリアに施設内を区分け。 各エリアは3密(密閉、密集、密接)を避けるように設営した。 要観察者エリアでは、収容者1人分のスペースを2メートル四方確保し、高さ約2メートルのパーテーションで区切った。 トイレも一般エリアと分けた。 運営訓練では、単身者や家族など5世帯が避難し、1家族に体調不良者がいる設定で実施。 受け付けの床に立ち位置を示すシートを設置し、1人ずつ検温して体調などを確認。 手指の消毒をしてから避難ルートを分けて誘導した。 市危機管理課の大沢悟課長は「新型コロナが収束していない中、自然災害はいつ起きるかわからない。 まずは訓練ができてよかった。 消耗品や人員の確保などの整備や職員や避難所の感染防止策など課題は多い。 早急に考えたい」と話した。

次の

ジョンソン&ジョンソン、コロナ渦中で好決算【20年1Q決算】

コロナ渦中とは

「コロナ感染症対策に全力を尽くすべきさなかに、火事場泥棒的に押し通そうなど断じて許されない」。 16日の衆院本会議で共産党の塩川鉄也氏が審議入りを批判した。 しかし、与党側は新型コロナに関する補正予算案とともに月内に衆院通過させる構えだ。 検察官の定年が政治問題化した発端は1月31日の閣議決定だった。 63歳の定年退職間近だった東京高検の黒川弘務検事長(63)の定年を半年間、延長する異例の決定。 黒川氏は政権に近いとされ、検察トップの検事総長に就任する可能性が出てきたため、野党は「首相を逮捕するかもしれない機関に、首相官邸が介入するとは、法治国家としての破壊行為だ」(立憲民主党の枝野幸男代表)と激しく批判した。 政治介入の問題に加え、野党は法的根拠も追及してきた。 現行の検察庁法に63歳の検察官の定年を延長する規定はないため、政府は当初、「検察官も一般職の国家公務員」(森雅子法相)として、国家公務員法の延長規定を当てはめたと説明した。 政府の説明がほころんだのが2月10日。 衆院予算委員会で立憲民主党(その後、離党)の山尾志桜里氏が、国家公務員法の延長規定について「検察官には適用されない」とする1981年の政府答弁の存在を指摘。 すると、安倍晋三首相が2月13日の衆院本会議で、81年の政府答弁で説明した法解釈を変えたと答弁した。 16日の審議でも野党統一会派の後藤祐一氏が「黒川検事長の定年延長は、恣意(しい)的に法律が運用された。 政治的な圧力だ」と指摘。 森法相は「検察権行使に圧力を加えるものではない」と否定した。 一方、政府側は、81年の政府….

次の

韓国 新型コロナウイルス第2波の渦中と発表

コロナ渦中とは

宇都宮市は、新型コロナウイルスが収束していない状況下で災害が発生した場合を想定した避難所の開設・運営訓練を行った。 市では昨秋の台風19号被害を踏まえ、今年3月に避難所開設・運営についてのガイドラインを策定したが、新型コロナウイルス対策を踏まえて改定するため、今回の訓練を通して施設内の区分けや避難者の受け入れなどの課題を洗い出した。 今月中にも新たなガイドラインをまとめる。 今月、富屋地区市民センター(同市徳次郎町)で行われた訓練には同センターや市危機管理課などの職員41人が参加。 台風19号と同規模の災害を想定して進められた。 避難所開設にあたっては、「一般避難者」と高齢者などの「要配慮者」、発熱・体調不良がある「要観察者」をそれぞれ受け入れる3つのエリアに施設内を区分け。 各エリアは3密(密閉、密集、密接)を避けるように設営した。 要観察者エリアでは、収容者1人分のスペースを2メートル四方確保し、高さ約2メートルのパーテーションで区切った。 トイレも一般エリアと分けた。 運営訓練では、単身者や家族など5世帯が避難し、1家族に体調不良者がいる設定で実施。 受け付けの床に立ち位置を示すシートを設置し、1人ずつ検温して体調などを確認。 手指の消毒をしてから避難ルートを分けて誘導した。 市危機管理課の大沢悟課長は「新型コロナが収束していない中、自然災害はいつ起きるかわからない。 まずは訓練ができてよかった。 消耗品や人員の確保などの整備や職員や避難所の感染防止策など課題は多い。 早急に考えたい」と話した。

次の