現在地 から 自宅 に 帰る。 グーグルマップで表示する経路(ルート)を自由自在にカスタマイズ

高速料金・ルート検索

現在地 から 自宅 に 帰る

まず、グーグルのアカウントを使ってログインする。 iPhone(アイフォーン)ユーザーなどで、グーグルアカウントを持っていない人は、別途、アカウントを作ろう。 さて、ログイン後は、上の図に従って、自宅と職場の住所を登録する。 位置情報をオンにしておくと、現在地から自宅や会社までの経路を簡単に検索できる。 なじみのない場所から帰宅する際などに便利だ。 自分の現在地知らせる スマートフォンのアンドロイド端末で「Googleマップ」を使い、友人らと待ち合わせをする際、自分の現在地を相手のスマホに表示させる方法を紹介しよう。 遅れる場合も、相手に何度も電話やメールをしなくて済む。 グーグルのアカウントでログインし、位置情報やロケーション履歴をオンにすることが必要。 〈1〉アプリを起動する〈2〉画面上の3本線の「メニュー」を押す〈3〉「設定」を押す〈4〉「Googleの位置情報設定」を押す〈5〉位置情報をオンにした上で、「Googleロケーション履歴」を押す〈6〉「ロケーション履歴を使用」をオンにする。 準備が整えば、図に従って操作すると、自分の現在地が即時に相手に分かる。 グーグル広報部の坂井真理さんは「設定した時間がたてば、自動で解除されます」と話す。 行動履歴を自動で記録 「Googleマップ」は、位置情報を基に、日々の訪問先や滞在時間など、大まかな行動履歴を自動的に記録してくれる。 備忘録代わりになって便利だ。 アンドロイド端末での使い方を紹介する。 グーグルのアカウントでログインし、位置情報やロケーション履歴などをオンにしておくと、その期間は記録される。 手順は以下。 アプリを起動し、画面上の3本線の「メニュー」「設定」「Googleの位置情報設定」の順に押す。 位置情報をオンにした上で、「Googleロケーション履歴」を押し、「ロケーション履歴を使用」と「この端末」をオンにする。 その上で、図のように操作すると、確認したい日の履歴が表示される。 消去する場合は、その日の画面を表示した上で、点が縦に三つ並んだ「メニュー」「1日分をすべて削除」「削除」の順に押す。 音声に従い徒歩で移動 「Googleマップ」のナビゲーション機能を使い、目的地まで徒歩で行く場合、目的地の入力は音声入力が便利だ。 アンドロイド端末での使い方を紹介する。 位置情報をオンにしておく。 目的地の音声入力は、「神田駅」など場所の名前でも、住所でもできる。 目的地が表示されると、画面の下の方に、周辺の景色を写真で確認できる「ストリートビュー」も表示される。 押すと写真が拡大され、初めての場所では参考になる。 さらに「経路」を押すと、目的地までのルートが示され、「開始」を押すと、後はカーナビと同じように音声付きでナビゲーションしてくれる。 ただし、「歩きスマホ」にならないように、操作や画面の確認は人の通行の妨げにならない場所に立ち止まって行おう。

次の

便利なGoogle マップ「現在地」活用術 : ビジネスとIT活用に役立つ情報

現在地 から 自宅 に 帰る

ども、むったんです! なぜか今年は推したちが精力的にライヴを開催してくれるから、通帳を見るのが辛いです😂 でもね、そのライヴは1回きりしかないの。 ツアーの他の公演に行ってもその日のライヴはそれ1回きりなの。 映像媒体で見ることができたとしても、その空間の雰囲気や空気はその時だけのものなの!(My推しは映像化しなかったりするし…) 次回行けばいいか…なーんて言ってて次回がない時の絶望なんて計り知れない!!! だったら私は、「 行かない後悔」より「 行った後悔」を選ぶ!!…ということで、通t 以下省略 …語りすぎた。 笑 ということで、そんなライヴや仕事から帰る際に家族に「今から帰るよ」とLINEで送る方もいると思います。 その「帰るよLINE」を文字を打たず、なるべく操作をせず送れるようにiOS13のショートカットから設定してみたいと思います。 少ない操作で「今から帰るよ」LINE送る 今回必要なモノ• iOS13がインストールされているiPhone• ショートカットアプリ• LINEアプリ• (車のカーナビ) iOS13からショートカットは標準アプリになったんですね! でも使い方わからない、敷居が高い…って方は、ギャラリーから興味のあるショートカットを選択して使ってみる…から初めてみるのもアリです!(あとは改造して自分の使いやすいように工夫するだけです👍 ショートカット起動タイミング 帰るとき、なので退勤のタイミングがトリガーにできればOK! 例えば…• 結局最寄りのGSで反応するという珍事象が起こりまして、えぇ。 トリガーとするなら、車を運転する前に起動して欲しいのですよ。 (ながら運転厳罰化されてるし… …と考えてトリガーをBluetooth接続時にしています。 Bluetooth接続時なら、設定していれば否応無しに車のカーナビとスマホが接続されるしw そこまで時間のかかるものでもないから、超便利です! ショートカットを作る では、早速ショートカットを作っていきましょう😆 1. 今回は個人で使うので「個人用オートメーション」をタップします。 トリガーをBluetoothにする 今回はBluetoothをトリガーとしましたが、NFCでも出発でも自分の動きに合うものを選択してください。 Bluetoothは一度登録しておけば、削除しない限り名前が残ってい…るはずです。 実行時に表示はOFFのままでOKです。 表示されてなかったら断りをとって、鬼LINEをしましょうww(自己責任でしゃす! 4. 完成! アクション追加画面の次へをタップして、内容確認画面になります。 問題がなければ完了をタップし、ショートカット作成完了です! こんな感じになった ショートカットが実行された時点での移動時間、現在地が表示される 送信をタップして完了! iOS12の時と同様、まだ自動送信してくれないので最低 3タップする必要はありますが…わざわざ「Hey! Siri!

次の

便利なGoogle マップ「現在地」活用術 : ビジネスとIT活用に役立つ情報

現在地 から 自宅 に 帰る

ども、むったんです! なぜか今年は推したちが精力的にライヴを開催してくれるから、通帳を見るのが辛いです😂 でもね、そのライヴは1回きりしかないの。 ツアーの他の公演に行ってもその日のライヴはそれ1回きりなの。 映像媒体で見ることができたとしても、その空間の雰囲気や空気はその時だけのものなの!(My推しは映像化しなかったりするし…) 次回行けばいいか…なーんて言ってて次回がない時の絶望なんて計り知れない!!! だったら私は、「 行かない後悔」より「 行った後悔」を選ぶ!!…ということで、通t 以下省略 …語りすぎた。 笑 ということで、そんなライヴや仕事から帰る際に家族に「今から帰るよ」とLINEで送る方もいると思います。 その「帰るよLINE」を文字を打たず、なるべく操作をせず送れるようにiOS13のショートカットから設定してみたいと思います。 少ない操作で「今から帰るよ」LINE送る 今回必要なモノ• iOS13がインストールされているiPhone• ショートカットアプリ• LINEアプリ• (車のカーナビ) iOS13からショートカットは標準アプリになったんですね! でも使い方わからない、敷居が高い…って方は、ギャラリーから興味のあるショートカットを選択して使ってみる…から初めてみるのもアリです!(あとは改造して自分の使いやすいように工夫するだけです👍 ショートカット起動タイミング 帰るとき、なので退勤のタイミングがトリガーにできればOK! 例えば…• 結局最寄りのGSで反応するという珍事象が起こりまして、えぇ。 トリガーとするなら、車を運転する前に起動して欲しいのですよ。 (ながら運転厳罰化されてるし… …と考えてトリガーをBluetooth接続時にしています。 Bluetooth接続時なら、設定していれば否応無しに車のカーナビとスマホが接続されるしw そこまで時間のかかるものでもないから、超便利です! ショートカットを作る では、早速ショートカットを作っていきましょう😆 1. 今回は個人で使うので「個人用オートメーション」をタップします。 トリガーをBluetoothにする 今回はBluetoothをトリガーとしましたが、NFCでも出発でも自分の動きに合うものを選択してください。 Bluetoothは一度登録しておけば、削除しない限り名前が残ってい…るはずです。 実行時に表示はOFFのままでOKです。 表示されてなかったら断りをとって、鬼LINEをしましょうww(自己責任でしゃす! 4. 完成! アクション追加画面の次へをタップして、内容確認画面になります。 問題がなければ完了をタップし、ショートカット作成完了です! こんな感じになった ショートカットが実行された時点での移動時間、現在地が表示される 送信をタップして完了! iOS12の時と同様、まだ自動送信してくれないので最低 3タップする必要はありますが…わざわざ「Hey! Siri!

次の