梨田 昌孝。 コロナを克服!梨田昌孝元監督「唯一のガッツポーズ秘話」

梨田昌孝は喫煙者で現在はたばこをやめた?持病や自宅住所もチェック!

梨田 昌孝

01年。 近鉄が4度目のリーグ優勝を果たした直後、大阪・通天閣で決めポーズ。 現役時代はバファローズの主力捕手として活躍した 3月31日に、新型コロナウイルス感染で入院してから約50日ーー。 一時は集中治療室入りしていた梨田昌孝氏(66、近鉄や日本ハムなどで監督)が、奇跡の復活を遂げた。 5月20日に大阪府内の病院を退院したのだ。 「言葉もありません。 ボクが若手選手の時に、 野球の技術的なことから社会人としての生き方まで厳しく指導して いただいた方ですから。 本当に良かった……」 こう語るのは梨田氏の後輩として近鉄で活躍した、 野球評論家の金村義明氏だ。 金村氏が続ける。 まだまだ礼儀も知らない、遊びたい盛りのガキですよ。 そんなボクを指導してくれたのが梨田さんです。 2年目のキャンプで部屋子(同部屋の先輩の世話をする人) として、 選手会長をしていた梨田さんと同じ部屋で寝泊まりすることになっ たんです。 温厚そうな外見と違って、厳しかったですね。 トイレのスリッパが乱れているだけで、怒られましたからね。 『 先輩が使ったスリッパを、 キレイに並べておくのが若手の仕事だろ!』と。 毎日、 緊張しまくりでした。 ただ、常識に欠けるヤンチャをボクが、 まがいなりにもプロ野球選手としてやっていけたのは梨田さんのお かげです」 当時の近鉄には、豪放な選手や指導者が揃っていた。 後に監督になる仰木彰氏は、朝まで大阪の繁華街・ 北新地で飲み明かし、そのままグラウンドへ。 近鉄の本拠地・ 藤井寺球場での試合前のランニングは、 汗をかいて酒を抜くためだったと言われている。 新幹線車内の酒を飲み干し床はビール缶だらけ また外野手の栗橋茂氏は、 キャンプ地の居酒屋で絡んできた地元の漁師をボコボコに。 翌日仕返しに現れた漁師仲間を、 返り討ちにしたという伝説がある。 さらに近鉄が東京に遠征する際は、 新幹線車内の酒が飲み尽くされ、床はビール缶だらけ。 新幹線の掃除スタッフは「 近鉄の選手が乗った電車だけは担当したくない」と、 不満を漏らしていたというのだ。 「梨田さんだけは違いましたね。 飲みに行っても乱れることがない。 近鉄で唯一のスマートな方でした」(金村氏) そんな梨田氏が、 一度だけ派手なガッツポーツを見せたことがあるという。 近鉄は連勝すれば優勝。 1試合でも負け、 もしくは引き分ければライバル西武のVが決まるという重要な試合 だった。 「普段は閑古鳥の泣く川崎球場が、試合開始前から満員でした。 異様な雰囲気でしたね。 当時ボクはケガで戦列を離れていましたが、 仰木監督の特別の配慮でベンチ横から試合の行方を見ていました。 近鉄の選手は緊張からか、 いつものような伸び伸びしたプレーができない。 1試合目の9回表2死の時点で3対3の同点。 2試合目が控えているので延長はありません。 正直『もうダメか』 と諦めかけていました。 打席に入ったのは、この年で引退を決めていた梨田さんです。 現役最後のバッターボックスですよ。 そこで梨田さんが、 センター前にヒットを打つんです。 2塁ランナーが生還して、 近鉄は4対3と勝ち越し! ファンも選手も大興奮で抱き合っています。 ふと塁上を見ると普段クールな梨田さんが、 2回3回と手を叩きガッツポーズをしている。 その姿を見て、 涙が止まらなくなりました。 普段スマートな梨田さんが、 大きな仕事を現役最後に成し遂げ喜びを全面に出している。 男の生き様を感じました」(金村氏) 結局、近鉄は2試合目を引き分け優勝を逃す。 だが梨田氏が見せた唯一のガッツポーズは、 金村氏に強烈な印象を残した。 当時、近鉄の二軍監督をしていた梨田さんのとこへ挨拶に行くと、 普段の厳しい態度が一変。 優しい言葉をかけていただきました。 『 ご苦労さん。 オレは高卒(島根県・浜田高) で17年現役を続けたけど、 オマエは同じ高卒で18年がんばった。 大したもんだ』と」 監督としても近鉄、日本ハムをリーグ優勝に導いた梨田氏。 写真:時事通信社.

次の

99%危険から生還コロナ闘病50日/梨田氏語る1

梨田 昌孝

梨田昌孝プロフィール 氏名:梨田昌孝(なしだ まさたか) 出身地:島根県浜田市 生年月日:1953年8月4日(66歳)20年4月時点 身長:178㎝ 体重:80kg 投球・打席:右投げ右打ち ポジション:投手 出身高校:島根県立浜田高校 愛称:ナッシー 経歴:近鉄バファローズ選手(ドラフト2位指名で入団)(1972~1988) 近鉄バファローズ監督・北海道日本ハムファイターズ監督・東北楽天ゴールデンイーグルス監督 NHK、日刊スポーツで野球評論家を務める。 梨田氏は1972年から近鉄でプレー、強肩強打の 正捕手として活躍し、引退後は監督を務め2001年に 近鉄、2009年は日本ハムをリーグ優勝に導いています。 梨田昌孝は喫煙者で持病持ち 今だに世界で猛威を振るうコロナウイルスの 影響で日本人感染者も収まらない中、ついに 球界からも梨田昌孝氏がコロナウイルスに感染 したことが発覚し世間を騒然とさせています。 梨田氏の感染発覚したのは、4月1日、新型 コロナウイルス陽性が正式に判明。 現在も大阪府内の病院に入院中ですが梨田氏の 病状は今だ集中治療室で余談を許さない状況だと 言われています。 近鉄OB引退後は、各球団の監督して活躍し、直近では 野球評論家として活動されていた梨田昌孝氏(66)。 入院から2週間を経た現在も、依然として集中 治療室で治療が続いており注目されています。 3月末に発熱し呼吸困難となり重度の肺炎と診断 されており、症状はかなり重度なのではと心配 されています。 症状が重いことから、梨田昌孝氏は喫煙者で持病もち なのではという噂があるようです。 喫煙は現在は、やめていますが以前は吸っていたといい、 呼吸器系の病気の経験があったという情報があり (エキサイトニュース)ます。 先日亡くなったお笑い芸人の志村けんさんの時と 酷似しているとされており、年齢も近い事から 病状が心配されているところです。 ちなみに志村さんは16年まで1日にタバコ3箱とか 6箱というヘビースモーカーであったそうです。 他の疾患としては、梨田氏には新型コロナ重症化の 原因とされる糖尿病や高血圧などの持病は幸いなく、 今は喫煙習慣もないとのことで今後の回復が期待されます。 ただ監督解任後は、ストレスから解放されたのか かなり太ってしまい合うズボンが無い、と本人が いう程肥満気味だったと言われています。 Sponsored Link コロナウイルスの喫煙者の死亡率 一般的に喫煙者は肺の機能を落とすスピードが 早まると言われており、コロナウイルスでは 死亡率も高くなっているようです。 世界保健機関(WHO)でも、喫煙はコロナウイルス 重症化リスクが大きく 「喫煙しないで。 」と 呼びかけています。 1,000人あまりの患者を分析した結果、喫煙者が 非喫煙者に比べて 3倍重症になりやすいとの中国 専門家の論文があるともいい、梨田氏についても 喫煙歴があることで重い症状となったのでしょう。 コロナ発症の中国武漢での入院患者78人からの調査 によると喫煙者は、非喫煙者に比べて 14倍の悪化 リスクがあったことも報告されています。 しかも、これプラス高齢者のリスクは更に 8.5倍! 梨田氏の66歳という年齢もあり、この2週間あまり 変化は見られないとの報告はされていますが、体力も 心配で動くこともできない状態に不安が募ります。 梨田昌孝の現在は重度肺炎の意識不明 梨田昌孝氏の現在は人工呼吸器を装着しての治療で、 苦痛を伴うため鎮痛剤が使用されていると言われています。 志村けんさんが装着していたことで話題になった 「ECMO(エクモ)」と呼ばれる直接血液に酸素を 送る人工心肺装置ではなく、通常のものが用いられて いるとのことですから、少しほっとしますね。 症状に大きな変化が無く、関係者は梨田氏との接触が 禁止されているため、変化があり次第病院から家族へ 連絡が入ることになっているようです。 (ヤフーニュース) 重度の肺炎で入院後は、ひどく重篤で、意識不明 なのではと言われたりしていますが、詳細は不明で 命にかかわる危険な状況ではないとされてはいます。 選手や周囲からの信頼も厚く、エールが数多く 寄せられており早く回復の兆しが出ることを 待ちたいと思います。 Sponsored Link おわりに 近鉄OBで指導力をかわれプロ野球監督を歴任した梨田昌孝氏は、重度の肺炎の診断を受けコロナウイルス治療で集中治療室に入っていますが、重症化リスクの高い喫煙者であったといわれており、呼吸器系の持病があったといいます。 現在人工呼吸器を装着しており、家族も会えない環境にありますが大きな変化はないようで、症状改善を願うのみです。 温厚な人柄で、チームを牽引する力に秀でまだまだ将来の活躍が期待される人材であり、何より復帰を待ち望むファンや同僚、選手たちのたくさんの熱い応援が続いています。 1日も早い回復を心から祈っています。

次の

梨田昌孝の超野球学―フィールドの指揮官

梨田 昌孝

感染による肺炎から回復した元近鉄、日本ハム、楽天監督で野球評論家の氏(66)が1日、総合の「ニュースウオッチ9」(月〜金曜後9・00)にリモート出演、闘病時の状況を語った。 梨田氏は50日間にも及ぶ入院生活を経て先月20日に退院したが、笑顔で「なんとか帰ってきました」と語り、コロナでの闘病について「まさかここまでとは…15キロやせました」と明かした。 梨田氏は3月25日にけん怠感を訴え、28日に発熱、31日に重度の肺炎と診断されて入院。 その後新型コロナウイルスの感染が分かった。 梨田氏は当時の様子を「ろれつが回らないとか、すごくせきこんだりとか手足が冷たくなったりとかでおかしい、ということで病院へ運んでもらった」と説明。 左の肺がほとんど真っ白だったレントゲン画像も見せ「片方は全く使えてない状態。 そのときのハッて言う感じじゃないですかね」と説明した。 意識がもうろうとする中、集中治療室で治療が行われたが「ほとんど意識がありませんし、会話をしたらしいですが、僕の中で会話をしたという意識は全くない」という状態が2週間続いたという。 とにかく看護師さんのお世話にならないともう何もできない状態」だったという。 だが、看護師が病室に来る度に防護服などを着脱するのを見て「ナースコールで呼ぶのは大変な作業なんだなというのは感じました」としみじみと語った。 PCR検査を8回行うなど、入院生活は50日に及んだ。 現在は、医師の指導の下、自宅でリハビリに励んでいるが手洗いなどは「周りの人たちの目もありますし、気を付けています。 そういう反応と言いますか、見た時にちょっと自分がつらいんで…。 選手たちも取材に行っても近寄らない、近寄りがたいとなると嫌だなと思います」と懸念を語った。 さらに、自身も感じる周囲の視線や不安から、同じく医療従事者たちが「病院で気遣って、外でまた気遣ってとなると非常にかわいそうだな、という。 それは本当に思いましたね」と言い「でも、僕は看護師さんたちの笑顔とか、頑張ってくださいと、という言葉とかそういうものに励まされて復帰できたと思う」と感謝。 最後に「本人が傷ついているときに追い打ちをかけるような感じで人を誹謗(ひぼう)中傷するようなことは避けてほしい。 逆にそういう人を支える、励ますことをやることによって、いつか自分にそういうことが跳ね返ってくるような気がする。 いつ、誰がなるかわからない病気ですからね。 助け合うとか励ましあうとか、そういうことの方が、自分自身も幸せだと思う」と続けた。 外部サイト.

次の