扁桃炎 うつる。 扁桃腺炎はうつるの?咳や鼻水が出るものなの?その時はうつるの?

扁桃腺炎は人にうつる!?その潜伏期間とは?

扁桃炎 うつる

扁桃腺炎とはどんな病気なんでしょうか? 扁桃腺とは、舌の付け根の両側にある、コブのようなもののことです。 口から体内に侵入してくる細菌やウイルスから体を守る役割をしてくれています。 しかしながら、細菌の巣になりやすく、感染源となってしまうこともあるんです。 その扁桃腺が炎症を起こした状態が扁桃腺炎です。 主にこどもが発症します。 扁桃腺炎の症状ってどんなもの? 扁桃腺炎の主な症状には次の様なものがあります。 ・38度~40度の高熱 ・倦怠感 ・頭痛 ・関節痛 ・のどの痛み ・中耳炎の併発 ・(飲食物を飲み込めないことによる)脱水症状 扁桃腺炎はうつるの?うつらないの? 扁桃腺炎はうつるのでしょうか? 結論をいうと、扁桃腺炎はうつりません。 ただし、扁桃腺炎の原因となっているウイルスや細菌が人から人へうつり、 結果として扁桃腺炎を発症してしまう可能性はあります。 扁桃腺炎の治療は? 原因がウイルスなのか細菌なのかで治療は変わってきます。 ウイルスが原因の場合、風邪をひたときと同じような治療になります。 これといった薬はないので、安静に過ごすことが一番です。 ウイルスが原因の場合の方が、治るまでに期間がかかります。 細菌が原因の場合、原因菌に対する抗生剤を服用しましょう。 のどが乾燥することにより、腫れや痛みがひどくなるので、 うがいをこまめにする、部屋を加湿する、マスクをする、水分補給をする といったことも大切です。 症状がひどく、脱水症状のようになってしまった場合は点滴することもあります。 扁桃腺炎が悪化したらどうなるの? 扁桃腺炎が悪化すると、扁桃腺の周りに膿がたまってしまう 『扁桃周囲膿瘍』を引き起こす可能性があります。 膿を排出するまではなかなか治らないため、 入院や手術が必要になってしまうかもしれません。 そうならないためにも、扁桃腺炎の疑いがある場合には 早めに医療機関を受診するようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか? 扁桃腺炎にならないようにするためには、日常生活で予防することが大切です。 ・日頃から手洗いうがいを習慣づける ・マスクを着用する ・栄養をしっかりと取って規則正しい生活をする 上記のような、風邪予防とほぼ同じですが、これが一番の予防になります。 のどの痛みがとてもつらい扁桃腺炎。 発症しないように、しっかり予防しましょう。

次の

キスでうつる「キス病」とは?原因、症状と飲んではいけない薬

扁桃炎 うつる

「キス病」と言われている病気があります。 「キス」というのは愛し合う人同士で口づけする、あのキスです。 正式な病名は伝染性単核症と言います。 全身のリンパが腫れて、扁桃炎となるので喉が痛いです。 時には体に発疹が出ることや、肝臓や脾臓が腫れることがあり、ごくまれに脾臓が破れてしまうこともある疾患です。 若いイケメンや可愛い女の子が、高熱があってお腹の痛みやのどの痛みを訴えて救急搬送されて、首のリンパが腫れている場合、伝染性単核症を真っ先に考えると言う医師が多いです。 伝染性単核症は、重篤な合併症が無い限り基本的には、安静と細菌をやっつける抗菌薬や痛み止めや炎症を抑える薬などの服用で、数週間もすれば治って元気になるでしょう。 肝臓が腫れて肝機能が低下している時や脾臓が破れてしまった場合は、入院をして治療することが多いです。 伝染性単核症は、EBウイルスに感染することで発症します。 このウイルスは、約80%の人が3歳までに初感染を受けますが、症状が特に出ることはなく不顕性感染で終わることが多いです。 気づかないうちに感染している、という状態です。 幼い頃にEBウイルスに感染しないで思春期になってから初感染を起こした場合に、伝染性単核症を発症するケースが多いことがわかっています。 思春期に初めてEBウイルスに感染した場合、約50%の人が伝染性単核症を発症するとされています。 EBウイルス以外にも、サイトメガロウイルスと言うウイルスでも、伝染性単核症と同様の症状や検査所見が現れることがあります。 しかしサイトメガロウイルスの場合は、EBウイルスと比べると一般的には軽症で済むことが多いです。 若いイケメンや若い可愛い女の子の場合は、この病気を疑うことが多い、と前述しましたが、これはいったいどういうことなのでしょうか。 ちょっと差別的な発言と思われるかもしれませんが、次のような理由です。 若い子の扁桃炎で疑われるのがキス病 伝染性単核症が別名キス病と言われているのは、キスでうつるからです。 もしも医師から「恋人とキスしたことはありますか」などという問診を受けたら、いったいどういうことなのだろう、セクハラ質問じゃないか、などと思うでしょう。 しかし、キスの経験があるかどうかも診断をつける上では大切なことなのです。 なぜなら、この病気はキスでうつるからです。 厳密にいうと、唾液を介してうつります。 唾液を人に飲ますなどと言うことはまずないので、唾液を介してうつるというのはキスでうつると思っていてOKです。 特に、ディープキスでリスクが上がります。 また、口の中に傷があったり口内炎などができているとその傷口からウイルスが入り込みやすくなります。 可愛いイケメンや若くてきれいなお嬢さんや美人の患者さんが、喉が痛いとか高熱があるなどの状態で運ばれてきたときは、やはり恋人がいてキスをしたことがあるのだろうなと思って、伝染性単核症を考えてしまうのです。 キス以外にも、口移しで食べるとうつる可能性もありますが、キスと比べるとリスクは低いです。 若い人が喉の痛みを訴えている時に、もう一つ気を付けなければいけないのが性病です。 最近は性器を口に入れるオーラルセックスが一般化しているため、性病の原因となる細菌やウイルスが喉で感染するケースが増えています。 性器クラミジアが咽頭で感染した場合は、扁桃炎のような症状が出ることがあります。 口と性器との接触で咽頭に感染するのです。 性器にクラミジアが見つかった場合1には10~20%の割合で、喉からもクラミジアが見つかると言われています。 性器クラミジアは、右肩上がりで近年急増している性病の1つです。 8割の女性が、無症状のまま経過してしまいます。 「喉が痛いなあ。 扁桃炎かな」と思う時が、性交の2~3週間後でおりものの増量がある場合は、咽頭のクラミジアに感染している可能性もあるかもしれません。 扁桃炎の裏側には、キスやオーラルセックスが原因となっていることもあるのです。

次の

夏風邪と間違えやすい「扁桃炎」その症状と治療

扁桃炎 うつる

風邪と似た症状が出る扁桃腺炎ですが、いつまで経っても咳が残るなどの理由で再診した結果、扁桃腺である事が判明するケースも少なくありません。 扁桃腺炎の症状としては以下のようなものがあげられています。 ・38度以上の高熱 ・咳 ・喉の痛み ・寒気がする ・関節が痛い ・頭痛 ・耳の痛み 以上の事から見ても、風邪の症状と変わらない事が分かります。 しかし、診察してもらって喉を検診したら扁桃腺炎である事が明らかに分かります。 特に、子供の扁桃腺は腫れやすく分かりやすいため、お母さんが見ても腫れが分かります。 また、ちょうど耳の下から顎にかけて触った時にしこりがあると、扁桃腺が腫れている可能性が高くあります。 この扁桃腺炎、ウィルスが感染するとすれば相手の抵抗力が下がっている時にはその相手にも発症してしまいます。 ですから、扁桃腺炎はうつらないとしても、相手の抵抗力次第で発症してしまう事を知っておきましょう。 症状としては、上記にあげたような症状が出ます。 では、もう少し咳の症状について見ていきましょう。 扁桃腺炎で見られる咳の症状は以下のようなものがあります。 この痛みは、咽頭が腫れて起こるため、食べ物はもちろん、つばを飲み込む事も出来ないほど喉が痛くなります。 これは、鼻水が喉を通る事が原因で咳が表れるため、小まめに鼻をかむ・吸引で鼻水を取る事が出来ます。 咳が続くと肺炎や他の病気の原因になりかねませんから、このような咳は放置せずに正しい治療をしましょう。 また、咳が原因で他の人に「扁桃腺炎」がうつる事はないとしても、風邪の菌をうつして抵抗力が低くなった時に相手が扁桃腺炎に繋がる危険性は大いにあります。 咳が出る際には、人込みを避ける・マスクをするなど他の人にうつさないように気を配りましょう。 扁桃腺炎には急性と慢性があります。 多くの場合、急性扁桃腺炎を一定期間患って慢性に繋がるケースが多くあります。 では、それぞれの症状と原因を見ていきましょう。 38度以上の高熱が出た場合、扁桃腺の周りにある常連菌が増殖して扁桃腺に腫れとなって症状が出るため、高熱が出たら先ずは扁桃腺や耳の下から顎にかけてしこりがないかどうかをチェックしましょう。 咳や鼻水が出るケースもありますが、風邪と軽く見ないように気を付けなければなりません。 また、抗生物質が効かないという症状も聞かれます。 慢性扁桃腺炎になると、長期に及ぶ薬物治療や、扁桃腺切除手術も必要になりますから出来るだけ早めに完治するようにしましょう。 原因としては疲れやストレス、空気の乾燥、喫煙・お酒の飲み過ぎなど免疫力を下げる原因が大きく関わっています。 疲れをためないように気を付けましょう。

次の