ネクスト ストーリーズ。 株式会社スポーツストーリーズ

戸建て住宅で排水管の高圧洗浄のチラシが入ったらまず見て欲しい記事

ネクスト ストーリーズ

2011年10月14日 株式会社博報堂DYホールディングス 博報堂DYグループ、「STORIES LLC」を設立 ~日本原作のコンテンツ、ストーリーをハリウッド他海外市場でプロデュース~株式会社博報堂DYホールディングス(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一 以下博報堂DYホールディングス)傘下の出資目的子会社、AD plus VENTURE 株式会社は、株式会社セガ(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:臼井 興胤 以下セガ)、他と共同で、「STORIES LLC (以下ストーリーズ)」を設立いたしました。 ストーリーズはコンテンツホルダーとのパートナーシップを元に、小説、コミック、ゲーム、映画、テレビ番組など日本のコンテンツ、ストーリーの映像化権を確保し、海外市場向けの映画・テレビ番組などのリメイク作品を企画・製作する事業を行います。 また製作体制においては、ハリウッドをはじめとする海外の脚本家、監督、俳優など、高いクオリティを持つクリエイターと協業し世界中の観客に楽しんでいただけるコンテンツを創出します。 海外市場において、日本発のコンテンツが持つ重要性は高まりつつあります。 言語の壁を越えたリメイク、コンテンツプロデュースを行うことによって、日本国内市場にとどまらないコンテンツビジネスを展開することが可能になり、原作者などコンテンツホルダーの価値を最大化することに貢献するとともに、日本の文化、コンテンツの素晴らしさを世界に向けて発信します。 ストーリーズは、北米で人気の高いゲーム作品を数多く保有しているセガのプロパティ(ゲーム設定やキャラクターなど)をベースにした映画化、テレビ番組化などの企画開発を進めていくと同時に、すでに国内 SF 作家の作品や、国内のテレビ局が製作したバラエティ番組フォーマットのリメイク権を所有しています。 今後も海外市場に通用する魅力的な創作活動を続ける原作者、コンテンツホルダーとの協働で、日本原作コンテンツの海外プロデュースを進めていきます。 stories-llc. マーケティング戦略立案・CM製作に携わる。 2005年より博報堂DYメディアパートナーズ・メディア環境研究所にて次世代メディアビジネス・コンテンツ企画開発を担当。 USC南カリフォルニア大学フィルムスクール大学院にて映画・テレビ番組プロデュース専攻・MFA取得。 経済産業省主催UNI JAPAN ハリウッド プロデューサー研修講座講師などを歴任。 プロデュースを担当した短編映画「TSUY AKO」(監督:宮崎光代)は、2012年米国アカデミー賞選考対象資格を獲得。 2009年11月に発表した「博報堂DYグループ中期経営計画」で掲げた〝次世代型の統合マーケティング・ソリューション〟の実践につながるグループの事業構造転換に向けた施策の一環として実施。 名称には、既存の広告領域(AD)に加え(+)、新たなビジネス領域(VENTURE)への冒険(=AD+VENTURE)に果敢にチャレンジする、の意味を込めている。

次の

【閉店】ネクストストーリー

ネクスト ストーリーズ

NTTの代理店、株式会社ネクストっていう会社から電話があったのですが、失礼な態度に怒ってます。 NTTにクレーム言っていいんですかね? 昨日、お昼過ぎ、「NTT代理店の株式会社ネクストという会社の者ですが・・・」から始まり、あれやこれやNTTに替えると「とってもお得!今ならモデムもタブレットもプレゼント」など、お得情報を一気に話し始めました。 今、家(マンション)はKDDIなのですが、「NTTのひかり回線」が通っているか、調べさせて」というので、住所を番地まで言ったら 一気に落胆して、「あ~ダメですね。 」と言って電話を切りました。 まあしょうがないんですけど、「手際の悪さ」にイライラしちゃいました。 ダンナに言った所、「最初に調べてから話せよ!ってことでしょ?営業マンなんて、自分の言いたいこと全部言うよう教育されてるんだからしょうがないんじゃない?」と言われました。 そうなんですか? と、ここまでは「そんなもんか~」と納得したのですが! その1時間後くらいに、また電話かかってきました。 しかもまた説明し始めようとしてるので、「さっき電話されましたよね?」と言ったら、「そうですか?」といって電話切られました。 誤りの言葉は一切なしです。 ちなみに同じ人です。 ダンナに「そうだよ!ってがちゃんって受話器置いてやったらよかったじゃん」と言われましたが、その前に向こうに切られました。 たぶんKDDIの回線を使ってる固定電話を片っ端からかけているんでしょうけど、これはないんじゃないかと思ってます。 補足「フレッツ光が可能か調べてから電話をかけて来い」ではなく、「自分の会社名を名乗って、フレッツ光が可能に替えるとお得なんですが、調べてみませんか?(又は調べさせてください)」って最初に言ってくれれば、長々と説明を聞かなくて済んだのにな。 ということです。 もちろん興味があったから聞いていたんです。 最終的に替えるか決断するのはダンナですけど。 私の言い方が悪くてすみません。 怪しがって、みんな電話切っちゃうんでしょうか。 手際の悪さもイライラしてますが、それよりも態度(ダメだと分かった時の電話の切り方とまた同じ人間がかけてくる。 しかも謝らない。 )所に一番怒っているんです。 もしこの会社が正規代理店じゃないなら、NTTに言ってあげるべきじゃないですか? ホームページ見たら、「この会社は正規代理店じゃないリスト」が載っていましたが、この会社は載ってなかったので。 最初に調べてからと言うなら、無理です。 NTTには代理店という契約は有りませんが、どちらにしても、契約情報の共有はされていません。 だから、調べた上で、電話したり、訪問というのは出来ません。 多分あなたは、代理店という言葉に惑わされていると思います。 特約店になりますが、これには、NTT東西と直接契約している所とその特約店と代理店契約している所とあります。 この人たちは、我々の申し込みを代行してNTTに申込書などを送ったりするのが仕事で、NTTの代わりをする物では無いということ。 従って、NTTの持っている個人情報などを見ることは出来ません。 携帯電話で言うところの携帯ショプと一緒です。 ですから、電話を掛けてきたり、訪問したりと言うのは、情報を持っててしてるわけでは無いということです。 別の手段で入手した、名簿、まあ、電話番号だけでしょうが、そこから、電話を掛けて来ているだけだし、訪問なんていうのは、行き当たりばったりで、訪問しているだけです。 出来ることは、我々と変わりません。 だから、調べるのに、情報が必要なのです。 その結果、既に引いてる家だったり、引けない家だったりするわけです。 この辺は、数打ちゃ当たるの精神でやってます。 あなたは代理店=NTTと言う感覚なので、そう言う感情が湧くのでしょう。 そうとは限らないと言うことを理解しましょう。 一般的に代理店と言うような物には、相手の代わりに契約業務を行うようなところと、我々の申し込みを取り次いでくれるだけのところたあるのです。 DOCOMOで言えば、ドコモショップは殆どが代理店の経営です。 ですが、窓口業務を委託されてるわけで、契約情報も見ることは出来ます。 でも、使えるという意味ではないです。 で、携帯ショプは申し込みは受けますが、携帯ショプが契約をするわけではありません。 申し込みの取り次ぎを行うだけです。 ドコモが契約を拒否しても、詳細な理由すら 教えて貰えないです。 その程度の関係なわけです。 どちらも、店からのダイレクトメールなどは、あくまで、自分の店の顧客情報を使います。 電話してきたり、訪問するような、NTT代理店と言うような会社は、ここで言う、携帯ショプ以下なのです。 補足 逆なのです。 NTTは正規特約店については、言えば対応してくれます。 しかし、それ以外の、まったくの嘘の代理店や特約店の代理店などについては、預かり知らんと言うことではっきり切り捨てています。 そう言うことはちゃんとサイトで書いてあり、正規特約店の会社名も公表しています。 だから、正規特約店以外の会社に関して、何か言っても取り合いません。 まがりなりにも、NTTの名前を使っているのだからではなく、公表しているとこ以外は責任持ちません。 まあ、言っちゃえば、NTTだと言われてもNTTだと名乗らせないのではなく、我々にNTTだと思うなと言うスタンスだと言うこと。 で、電話を掛けてくるようなところは、それこそ、少数のまともな研修も無いだろう、個人集団だと思いましょう。 マナーなど関係ありません。 わかってる人は、電話がかかってきた段階で、相手にしませんよ。 だから。 興味を持ってて話を聞こうとする時点で間違い。 逆に相手を黙らせるくらい知識を持っていて、利用してやるくらいの自信がなければ、話も聞かないことです。 美味しそうとか思ったらだめです。

次の

株式会社NEXT STORIES · ネクストストーリーズ · 〒650

ネクスト ストーリーズ

NTTの代理店、株式会社ネクストっていう会社から電話があったのですが、失礼な態度に怒ってます。 NTTにクレーム言っていいんですかね? 昨日、お昼過ぎ、「NTT代理店の株式会社ネクストという会社の者ですが・・・」から始まり、あれやこれやNTTに替えると「とってもお得!今ならモデムもタブレットもプレゼント」など、お得情報を一気に話し始めました。 今、家(マンション)はKDDIなのですが、「NTTのひかり回線」が通っているか、調べさせて」というので、住所を番地まで言ったら 一気に落胆して、「あ~ダメですね。 」と言って電話を切りました。 まあしょうがないんですけど、「手際の悪さ」にイライラしちゃいました。 ダンナに言った所、「最初に調べてから話せよ!ってことでしょ?営業マンなんて、自分の言いたいこと全部言うよう教育されてるんだからしょうがないんじゃない?」と言われました。 そうなんですか? と、ここまでは「そんなもんか~」と納得したのですが! その1時間後くらいに、また電話かかってきました。 しかもまた説明し始めようとしてるので、「さっき電話されましたよね?」と言ったら、「そうですか?」といって電話切られました。 誤りの言葉は一切なしです。 ちなみに同じ人です。 ダンナに「そうだよ!ってがちゃんって受話器置いてやったらよかったじゃん」と言われましたが、その前に向こうに切られました。 たぶんKDDIの回線を使ってる固定電話を片っ端からかけているんでしょうけど、これはないんじゃないかと思ってます。 補足「フレッツ光が可能か調べてから電話をかけて来い」ではなく、「自分の会社名を名乗って、フレッツ光が可能に替えるとお得なんですが、調べてみませんか?(又は調べさせてください)」って最初に言ってくれれば、長々と説明を聞かなくて済んだのにな。 ということです。 もちろん興味があったから聞いていたんです。 最終的に替えるか決断するのはダンナですけど。 私の言い方が悪くてすみません。 怪しがって、みんな電話切っちゃうんでしょうか。 手際の悪さもイライラしてますが、それよりも態度(ダメだと分かった時の電話の切り方とまた同じ人間がかけてくる。 しかも謝らない。 )所に一番怒っているんです。 もしこの会社が正規代理店じゃないなら、NTTに言ってあげるべきじゃないですか? ホームページ見たら、「この会社は正規代理店じゃないリスト」が載っていましたが、この会社は載ってなかったので。 最初に調べてからと言うなら、無理です。 NTTには代理店という契約は有りませんが、どちらにしても、契約情報の共有はされていません。 だから、調べた上で、電話したり、訪問というのは出来ません。 多分あなたは、代理店という言葉に惑わされていると思います。 特約店になりますが、これには、NTT東西と直接契約している所とその特約店と代理店契約している所とあります。 この人たちは、我々の申し込みを代行してNTTに申込書などを送ったりするのが仕事で、NTTの代わりをする物では無いということ。 従って、NTTの持っている個人情報などを見ることは出来ません。 携帯電話で言うところの携帯ショプと一緒です。 ですから、電話を掛けてきたり、訪問したりと言うのは、情報を持っててしてるわけでは無いということです。 別の手段で入手した、名簿、まあ、電話番号だけでしょうが、そこから、電話を掛けて来ているだけだし、訪問なんていうのは、行き当たりばったりで、訪問しているだけです。 出来ることは、我々と変わりません。 だから、調べるのに、情報が必要なのです。 その結果、既に引いてる家だったり、引けない家だったりするわけです。 この辺は、数打ちゃ当たるの精神でやってます。 あなたは代理店=NTTと言う感覚なので、そう言う感情が湧くのでしょう。 そうとは限らないと言うことを理解しましょう。 一般的に代理店と言うような物には、相手の代わりに契約業務を行うようなところと、我々の申し込みを取り次いでくれるだけのところたあるのです。 DOCOMOで言えば、ドコモショップは殆どが代理店の経営です。 ですが、窓口業務を委託されてるわけで、契約情報も見ることは出来ます。 でも、使えるという意味ではないです。 で、携帯ショプは申し込みは受けますが、携帯ショプが契約をするわけではありません。 申し込みの取り次ぎを行うだけです。 ドコモが契約を拒否しても、詳細な理由すら 教えて貰えないです。 その程度の関係なわけです。 どちらも、店からのダイレクトメールなどは、あくまで、自分の店の顧客情報を使います。 電話してきたり、訪問するような、NTT代理店と言うような会社は、ここで言う、携帯ショプ以下なのです。 補足 逆なのです。 NTTは正規特約店については、言えば対応してくれます。 しかし、それ以外の、まったくの嘘の代理店や特約店の代理店などについては、預かり知らんと言うことではっきり切り捨てています。 そう言うことはちゃんとサイトで書いてあり、正規特約店の会社名も公表しています。 だから、正規特約店以外の会社に関して、何か言っても取り合いません。 まがりなりにも、NTTの名前を使っているのだからではなく、公表しているとこ以外は責任持ちません。 まあ、言っちゃえば、NTTだと言われてもNTTだと名乗らせないのではなく、我々にNTTだと思うなと言うスタンスだと言うこと。 で、電話を掛けてくるようなところは、それこそ、少数のまともな研修も無いだろう、個人集団だと思いましょう。 マナーなど関係ありません。 わかってる人は、電話がかかってきた段階で、相手にしませんよ。 だから。 興味を持ってて話を聞こうとする時点で間違い。 逆に相手を黙らせるくらい知識を持っていて、利用してやるくらいの自信がなければ、話も聞かないことです。 美味しそうとか思ったらだめです。

次の