ロマサガrs 覚醒 失敗。 【ロマサガRS】技/術覚醒のやり方とおすすめ技を解説!【ロマサガ リユニバース】

【ロマサガRS】「技・術覚醒」の優先順位とオススメ。「オート周回用の覚醒の仕方」を解説。

ロマサガrs 覚醒 失敗

SSキャットは、4コストの空気投げを閃く。 しかし、上記の画像のように覚醒させて3コストにしてしまうと、毎ターンのBP回復によって 半永久的に空気投げを使うキャットが誕生してしまう。 サブミッションを使って欲しい場合は気をつけよう。 上画像のキャットの行動パターン サブミッション:7、空気投げ:3のキャット• サブミッション BP10• 空気投げ BP6• 取り返しのつかない要素なので、自分の使って欲しい技を覚醒させるということを覚えておこう。 コウメイの場合 高コスト失敗例 SSコウメイは、主にライトボール連打が強力だが覚醒のやり方次第で初ターンの動きが変わる。 陽属性の杖と相性が悪いファイアストームを覚醒させると初ターンに使うようになる。 こうなると ダメージが低いので、周回に不向きな性能になってしまう。 ファイアストーム覚醒のコウメイのパターン コウメイは練気高揚を持つため必ずしも以下のようになるわけではありません。 ファイアストーム BP10• 通常攻撃 BP3• ライトボール BP6• ライトボール BP5• ライトボール BP4• 以下2〜5繰り返し アビリティ回復を除く 覚醒の正解は何? コウメイの場合は、 「ライトボールのみ覚醒」か「覚醒しない」が使いやすくなる。 Sシゲンの様にコウメイ実装後に追加されることもある。 コーデリアの場合 練気高揚失敗例 コーデリアは、攻撃時にBPが回復するアビリティを持っている。 そのため「閃光突き」をBP4に覚醒させてしまうと、 アビリティが発動した時に閃光突きを使ってしまう。 アタッカーとして「十方」や「脳削り」を使わせたい。 閃光突き覚醒のコーデリアのパターン 光の腕を覚醒させたパターンで解説します。 光の腕 BP10• 閃光突き BP4 練気高揚が発動• 閃光突き BP4 練気高揚が発動• 以下、BP0になる時にアビリティが発動すると閃光突きを使う 覚醒の正解は何? コーデリアの覚醒は、 十方をBP6に覚醒、「脳削り」をBP7で継承が使いやすい。 練気高揚が発動すると脳削りをオートでも使えるので優秀な知力デバフが可能になる。 コーデリアに限らず練気高揚持ちのキャラの覚醒は注意しよう。 全力オート時に 毎ターンBP3技を使うようになってしまうため、高威力の技が出せなくなる。 マヒやスタン狙いで同じ技を使って欲しい時を除いては、覚醒しないようにしよう。 高コスト技の消費を10にする 消費BP10を超える高コスト技も、覚醒でBP10まで消費を下げることでバトル開始に即発動が狙える。 特に、全体攻撃や範囲攻撃技を覚醒させておくと周回に役立つ。 ロビンカップや裏道場など長期戦になるバトルで安定した耐久力を誇ることができる。 全体攻撃を初ターンに使える 強力な全体攻撃技は、BP10以上が多い。 そのままだと2ターン目以降にしか使えないので、覚醒で BPを10に減らすことで初ターンから使えるようになる。 アザミやエメラルドなどは、優先的に覚醒させよう。 オート時には注意 覚醒をしてコストを下げることで、オート時に使う技が変わってしまうことがある。 オート周回で強力な技を使ってほしい場合は、コスト3の技を作らずにBPが貯まるようにしよう。 覚醒素材の入手場所一覧 各宝石の入手場所 素材 入手場所 黒の石 1-1-1 VH 6-1-1 VH 11-1-1 VH 黄の石 1-1-2 VH 6-1-2 VH 11-1-2 VH 赤の石 2-1-1 VH 7-1-1 VH 12-1-1 VH 紫の石 2-1-2 VH 7-1-2 VH 12-1-2 VH 緑の石 3-1-1 VH 8-1-1 VH 1外伝1-1 VH 橙の石 3-1-2 VH 8-1-2 VH 外伝-1-2 VH 青の石 4-1-1 VH 4-1-2 VH 9-1-1 VH 9-1-2 VH 白の石 5-1-1 VH 5-1-2 VH 10-1-1 VH 10-1-2 VH 各砂の入手場所 素材 入手場所 黒の砂 1-1-1 H 6-1-1 H 11-1-1 H 11-1-4 VH 黄の砂 1-1-2 H 6-1-2 H 11-1-2 H 11-1-4 VH 赤の砂 2-1-1 H 7-1-1 H 12-1-1 H 12-1-3 VH 紫の砂 2-1-2 H 7-1-2 H 12-1-2 H 12-1-4 VH 緑の砂 3-1-1 H 8-1-1 H 橙の砂 3-1-2 H 8-1-2 H 12-1-2 H 外伝-1-4 VH 青の砂 4-1-1 H 4-1-2 H 9-1-1 H 9-1-2 H 外伝-1-1 H 外伝-1-3 VH 白の砂 5-1-1 H 5-1-2 H 10-1-1 H 10-1-2 H ロマサガリユニバースのその他記事 ロマサガRS最新ガチャ記事.

次の

【ロマサガRS】リズ・リン・ウッドの覚醒について考える

ロマサガrs 覚醒 失敗

リズ・リン・ウッド[アイスはトリプルよ]入手したんで覚醒悩みタイム。 覚醒すると不便になる場合がある点は開発側も問題視しており改善検討してるそうですが、現状本当に改善するのか実装がいつになるのかも不明なため期待し過ぎず慎重にやりたいところ。 本当いつになるやら……。 全力AUTO時の優先度 仮 1. HPが一定以上減っているキャラがいれば回復を使用 2. 使用可能な中から最も消費の大きい攻撃を使用 2. 消費BPが同じ攻撃が複数あった場合、継承技があれば継承技を使用 3. 消費BPが同じ且つどちらも使用スタイルの持つ技・術だった場合はステータス欄の上にある攻撃を使用 スタイル名 技・術 属性 威力 範囲 追加効果 未覚醒 覚醒1 覚醒2 覚醒3 SSリズ[アイスはトリプルよ] 生命の水 冷 D 味方単体 4 3 - - イド・ブレイク 突 C 17 単体 混乱 中 7 6 5 - 水龍の加護 冷 S 36 敵単体 ウォール 13 12 11 10 スタイル名 技・術 属性 威力 範囲 追加効果 未覚醒 覚醒1 覚醒2 覚醒3 Aリズ[魔に魅入られし少女] 二本射ち 突 D 12 単体 4 3 - - ウォーターガン 冷 A 30 単体 9 8 7 - サイクロンスクィーズ 冷 S 43 単体 スタン 中 13 12 11 10 生命の水 現状の仕様では他に合わせて回復術のBP調整する必要はないため覚醒安定。 イドブレ未覚醒 BP7 且つウォーターガン覚醒2 BP7 なら付け外して全力AUTO時の行動を選べます。 ただリズをオート水術士として使いたいかというと……うーん。 水龍の加護 S威力のダメージ与えつつ味方全体にダメージ軽減ウォールを張るリズの専用術。 でも威力Sの中では最低値なのであまり火力は期待できなかったり。 ウォールのダメージ軽減も控えめなので、優秀なんだけど物足りない感は否めないですね。 最大覚醒でBP10になるため開幕使用可能になります。 代わりにオート時水龍スタートになってしまいイドブレ or水銃 を撃つ頻度に影響。 イドブレも水龍もオンリーワンなんでどっちをメインにするかかなり悩みどころ。 リズ 技・術覚醒状況 生命の水:覚醒1 3 イド・ブレイク:覚醒1 BP6 水龍の加護:覚醒3 BP10 二本射ち:未覚醒 ウォーターガン:未覚醒 サイクロンスクィーズ:未覚醒 並べると絵柄が違い過ぎてやばい。 水龍の加護はBP10にしてしまいました。 BP11以上はランク上げがだるいからってのが一番の理由。 慎重に考えるならとりあえずBP11以上の方が良いかなぁ。 初手からイドブレ混乱連打する構成も貴重だと思います。 イドブレBP6止めは水龍スタートの場合BP5の恩恵があまりないため。 あとAにイドブレ持たせたときにBP5だと綺麗にイドブレループできなくなるってのもあります。 他スタイル来た時にも同様にループに影響する可能性あり。 ただBP5ならSSで初手からイドブレ連打する型だと3連発できるのは魅力。 ウォーターガンとサイクロンスクィーズは覚醒する事によるデメリットは無いかなー。 単純に使うつもりがないから未覚醒なだけ。 A運用考えた時はどっちか覚醒させちゃった方が行動は綺麗なんですけどね。 冷弱点で出番あるかもしれないし。 とりあえずこんな感じ。 いまだにやり直し効かない要素なんで覚醒は悩んで悩んでしてください。 覚醒失敗問題の改善はよ。 285• 676• 101• 216• 136•

次の

ロマサガRS 必見!!技覚醒の指南書 技覚醒を失敗しないために!

ロマサガrs 覚醒 失敗

技を使用するために消費するBPが軽減する技覚醒ですが、計画なしに技覚醒していくと取り返しのつかないことになるので、このゲームを始めたばかりの人は技覚醒をする前に必読してください。 現状では技覚醒させてしまうと元の消費BPには戻せません。 毎プレイ手動でやるのなら技消費BPは低いに越したことがないのですが、普通は全力AUTOで育成することになるでしょう。 何も考えずに覚醒すると失敗する例をいくつか紹介していきます。 技覚醒問題については ver. 0アップデートによって改善されました。 全力AUTOバトル時、覚醒済みの技・術のBPについて、覚醒前から覚醒後までの範囲内で任意の数値に設定できる機能を実装されましたので、この記事は過去のものとして参照ください。 使用できる技の中で消費BPのより多いものを優先的に選択する。 同じ消費BPの技が複数あった場合、上段のものを優先的に選択する。 しかし、継承技はその限りでない。 継承技の方を優先的に選択する。 例 キャットの場合 空気投げ 威力D BP4(技覚醒で消費BP3になる) キャットで一番危険なのは空気投げを覚醒させてしまうこと。 サブミッション 威力B BP8(2回の技覚醒で消費BP6になる) メインで自動的に使用してもらいたい威力Bのサブミッション。 これは2回覚醒で問題ない。 ふみつけ 威力SS BP12(3回の技覚醒で消費BP9になる) 2回技覚醒すると消費BPが10となり、戦闘開始時にいきなりふみつけを使用することが可能となる。 ふみつけを最大覚醒してしまうとBP4のターンができて空気投げを使用してしまう。 例 ヴァンパイアレディの場合 かすみ二段 威力D BP5(1回の覚醒で消費BP4になる) こいつを覚醒させてしまうとメインの天地二段を打ったあとにマズイことになる。 かすみ二段は覚醒させてはならない。 コイツをメインに使用する全力AUTOで運用させたい。 ブラッドスパルタン 威力SS BP14(3回の覚醒で消費BP11になる) この技は最大覚醒させても消費BP11なので最大覚醒させても問題なし。 例 レオニードの場合 コークスクリュー 威力D BP5(1回の覚醒で消費BP4になる) サブミッションを使用してもらいたいのでコークスクリューは覚醒してはならない。 覚醒させると2手目にコークスクリューを使用してしまう。 サブミッション 威力B BP8(2回の覚醒で消費BP6になる) この技をメインとして使用してもらいたい。 2回覚醒が正解。 ジェントルタッチ 威力A BP13(3回の覚醒で消費BP10になる) 3回覚醒してはならない。 初手HP最大の状態なのに消費BP10も使用して威力Aのジェントルタッチを使用することになる。 2回覚醒が正解。 覚醒させた技は元の消費BPに戻せない。 全力AUTOでは使用したい技、使用したくない技を想定して慎重に技覚醒を行う。 運営が全力AUTO時に優先させる技設定をアップデートで解決してくれたら、何も考えずに技覚醒できるのだが。 著作権 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved. Powered by Akatsuki Inc. ILLUSTRATION: TOMOMI KOBAYASHI 当該作品の転載・配布は禁止いたします。

次の