ゲーム向き ノートパソコン。 3Dグラフィックのゲームをやるためのパソコンの購入アドバイス ~初心者でも後悔しないために~

写真編集に最適なおすすめノートパソコン7選。撮影データのクオリティアップに

ゲーム向き ノートパソコン

動画編集に最適なノートパソコンの選び方 CPUの性能をチェック By: CPUは、OSや動画編集ソフトなどの各種アプリを動かす役割があり、性能が高くなるほど作業がより快適にできるようになります。 CPUの性能で重要なのは、クロック周波数・コア数・スレッド数の3点。 クロック周波数はGHzという単位で表記され、数値が高いほど高速な処理ができます。 特に動画編集においてはコア数とスレッド数がより重要です。 コア数が多くなるほど、動画のエンコード(ファイル変換・書き出し)などの高負荷を要求する処理が高速で進められます。 また、スレッド数が多くなるほど、マルチタスクが快適にこなせるのがポイントです。 スライドショー(フォトムービー)の作成程度であれば、Core i5のCPUを搭載したミドルクラスの機種でも十分。 メモリ容量をチェック By: メモリは、パソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を持っています。 GBという単位で表記され、数値が高くなるほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能です。 動画ファイルなどの大容量データを扱っても処理落ちしにくく、スムーズに作業を進められます。 動画編集用のノートパソコンとしては最低8GB、可能であれば16GB以上の大容量メモリを搭載したモデルがおすすめ。 大容量のデータを扱う本格的な動画編集の場合、16GBほどのモデルでないと快適な環境で作業を進めるのは難しくなる傾向にあります。 また、メモリを後から増設できるかどうかも重要。 MacBookシリーズなど最近の薄型ノートパソコンはメモリがマザーボード(基盤)に直付けされている場合が多く、購入後にメモリの増設ができないモノが多いため注意が必要です。 ノートパソコンを長く快適に使用したい場合は、あらかじめ増設に対応しているかを確認しておきましょう。 GPUの性能をチェック GPUはパソコンにおけるグラフィック処理を専門に担当している部品です。 通常のデータ処理では主にメモリを使用しますが、ディスプレイへの映像出力や、写真・動画のレタッチ編集、イラストの描画などの処理はGPUが受け持っています。 グラフィック周りの動作によってメモリにかかる負荷を軽減できるため、快適な作業環境を実現可能です。 GPUにはCPU内蔵型と、CPUの外部に搭載されている独立型の2種類があります。 独立型のGPUはCPU内蔵型よりも容量が大きいため、より安定した動作で高負荷なグラフィック処理もスムーズに進められるのがポイント。 そのため、動画編集向けのノートパソコンとしては、独立型のGPUを搭載した機種がおすすめです。 独立型GPUのブランドは、NVIDIA社の「GeForce」とAMD社による「Radeon」の2つが主流。 どちらのブランドも高性能なパーツが揃っていますが、多くの動画編集ソフトは動作確認や最適化をNVIDIAのGPUで行っている場合が多いので注意しましょう。 そのため、動画編集向けのノートパソコンとしては「GeForce」搭載機を選ぶのが無難です。 フルHD以下の動画編集ならばスタンダードである「GeForce GTX 1050 Ti」で十分ですが、4K動画の編集を行う場合はハイクラスである「GeForce GTX 1070」以上のGPUを搭載した機種を選びましょう。 ストレージ容量をチェック By: ストレージはデータを保管するための部品。 メモリがデータの一時的な取り置きに使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されるのがポイントです。 ストレージに使われる記録メディアの種類としては、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2つが主流。 HDDはSSDと比較して処理速度が遅く、衝撃にも弱いですが、容量あたりの単価が安く大容量でも入手しやすいので、コスパを重視する方におすすめです。 一方、SSDはHDDと比べて処理速度が速く、衝撃に強いうえ、静音性に優れているのが魅力。 しかし、容量当たりの単価がHDDのおよそ2倍以上するため、大容量にするとコストがかさんでしまうのが難点です。 最近は、ストレージにHDDとSDDを併用した機種もラインナップされています。 全体的な処理速度ではSSD単体のストレージには若干劣りますが、OSやアプリなど、頻繁に読み込むモノはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツはHDDへ大量に保存が可能。 読み込み速度と容量の大きさを両立させたい方におすすめです。 画面サイズと解像度をチェック By: 快適な作業環境で動画編集を進めるには、ディスプレイの画面サイズにも注目しましょう。 動画編集ソフト上で動画素材を画面に大きく表示させつつ、各編集項目を快適に操作するためには、最低でも15インチ以上の画面サイズが必要です。 外付けディスプレイを使用するのもおすすめですが、ノートパソコンの小型軽量や手軽さを生かしつつ動画編集がしたいのであれば、単体でも快適な作業ができる画面サイズを選びましょう。 また、ディスプレイの解像度も重要です。 ちなみに、MacBookの「Retinaディスプレイ」や4K対応ディスプレイなど高精細表示に対応したディスプレイでは、単に画質がきれいなだけではなく、画像・動画の輪郭や文字がくっきり表示されるのも特徴。 目にかかる負荷が少なく、長時間の編集作業でも疲れにくいのでおすすめです。 デルの高性能ノートパソコン「XPS」シリーズのフラッグシップモデルです。 6インチの4K有機ELディスプレイを採用しているのが特徴。 高解像度動画の編集作業も、細かな箇所までチェックしながら進めることが可能です。 独立したGPU「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載しているため、3Dグラフィックもスムーズに描画できます。 ストレージには512GBのSSDを採用。 編集作業中の動画ファイルを高速で読み書きできます。 「Thunderbolt 3」規格に対応したUSB Type-Cポートを搭載しているのも本モデルの特徴です。 最大40Gbpsでの高速データ転送が可能。 対応する外部ストレージを接続すれば、バックアップデータの作成もスムーズに行えます。 高価ですがプロの現場におすすめのモデルです。 Core i7プロセッサと16GBの大容量メモリを実装した、エイスースの高性能ノートパソコン。 ショートカットアイコンを配置したり、セカンドディスプレイとして使用したりできる「SCREENPAD」を搭載しているのが特徴。 各アプリの使用頻度が高い機能を登録しておけば、作業効率があげられるので重宝します。 フルHDタイプの15. 6インチパネルには狭額ベゼルを採用。 画面への没入感が得られやすいため作業に集中できます。 また、1TBの大容量SSDを搭載しているのも本モデルの特徴です。 一般的なHDD並の容量を備えているので、ストレージの容量不足に悩むことはありません。 データの転送速度も高速なため、OSやアプリの起動も快適です。 動画編集作業の効率化を検討している方もぜひチェックしてみてください。 キーボードの上部にセカンドディスプレイ「ScreenPad Plus」を搭載したユニークな製品です。 14インチのメインディスプレイとシームレスに連携できるのが特徴。 使用しているアプリのツールバーを表示したり、必要に応じて手書き入力ができたりと便利に使えます。 NVIDIAのGPU「GeForce MX250」を搭載しているため描画もスムーズ。 また、インテルのCore i7プロセッサに16GBのメモリを組み合わせているので、さまざまな処理を高速でこなせます。 そのほか、USB Type-A、Type-C、HDMI、SDカードリーダーなどインターフェースが充実しているのも魅力のひとつです。 多様な周辺機器を接続して利用できる、おすすめのノートパソコンです。 NVIDIAの「GeForce GTX 1650」グラフィックプロセッサを搭載した、エイスースの人気ゲーミングノートパソコンです。 グラフィック処理能力に優れているため、動画編集にもおすすめのモデル。 アメリカの軍用規格「MIL-STD-810H」に合格したタフなボディが特徴です。 落下や振動、温度などミリタリーグレードの耐久性を備えているので、頻繁に持ち運ぶ方にも適しています。 ゲーミングモデルには珍しく、Officeソフトが付属しているのも本モデルの特徴。 ゲームやクリエイティブな作業に加え、一般的なオフィス業務でも活躍します。 CPUにコスパのよさが魅力の「Ryzen 5」を採用しているのもポイントです。 手頃な価格で購入できて多目的に使える製品を探している方も、ぜひ検討してみてください。 6インチのフルHDディスプレイを搭載したゲーミングノートパソコン。 広視野角のノングレアIPSパネルを採用し、くっきりとした色鮮やかな画面表示を行えるのが魅力です。 GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1650」を採用。 滑らかな映像品質により、容量の大きな映像の編集などもスムーズに処理できます。 また、144Hzのリフレッシュレートに対応しているため、映像のカクつきやティアリングも軽減。 遅延の少ないなめらかな映像で、編集後の仕上がりを確認できます。 CPUには第9世代のCore i7を搭載し、マルチタスクでもパワフルに処理できるのがポイント。 16GBのメモリと128GBのSSDストレージ、1TBのHDDストレージも備えているため、編集した動画をたっぷり保存しておけます。 9mmの狭額ベゼルを採用したゲーミングノートパソコン。 6インチのフルHDディスプレイを搭載しており、ワイドな画面でしっかりと映像を確認しながら編集できるのが魅力です。 CPUには第10世代のCore i7を採用。 最大64GBまで拡張可能な16GBの目盛りと、最大4TBまで拡張可能な256GBのSSDストレージを搭載しているため、容量の大きな動画データもスムーズに処理できます。 GPUには「NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti」を搭載し、従来製品よりも高速なパフォーマンスが可能。 リフレッシュレートも144Hzと高いため、なめらかな映像で確認できます。

次の

ノートパソコンでゲームは厳しいといわれる5つの理由!【徹底解説】

ゲーム向き ノートパソコン

写真編集向けノートパソコンの選び方 ディスプレイをチェック By: 写真編集向けノートパソコンを選ぶにあたってディスプレイは非常に重要なポイントです。 ディスプレイの性能によって見やすさや使いやすさが大きく違ってくるので、必ず自分に合ったディスプレイを選びましょう。 ディスプレイの性能をチェックする方法はいくつかありますが、初心者の方は「画面サイズ」「表面加工処理」「解像度」の3点をしっかりと確認することをおすすめします。 画面サイズ By: 一口にノートパソコンと言っても、コンパクトな13インチから画面の大きな17インチ超まで、さまざまな画面サイズがあります。 使う用途やシチュエーションによって適切な画面サイズが異なるので、まずはどのくらいの画面サイズにするのか検討しましょう。 目安として、外出先には持ち運ばず決まった場所で使うなら「17インチ」、たまに持ち運んで使うなら「15インチ」、外出先メインで使うなら「13インチ」がおすすめ。 携帯性を重視するなら、さらに画面の小さな「11インチ」も選択肢としてありますが、画面が見にくく、本格的な写真編集の作業には向かないため注意が必要です。 表面加工処理 ノートパソコンのディスプレイには「グレア(光沢)」または「ノングレア(非光沢)」のどちらかの表面処理が施されています。 画質を重視するなら、色が鮮やかに映ってコントラストの高いグレアがおすすめですが、ディスプレイの表面の映り込みが激しいため、長時間の作業だと目が疲れるといったデメリットがあります。 一方でノングレアは、ディスプレイ表面に特殊な加工を施すことで外部からの映り込みを軽減し、グレアよりも目が疲れにくくなっています。 長時間作業をするならノングレアがおすすめですが、発色が地味でコントラストが低いため、画質を重視する方にはあまり向いていません。 解像度 解像度とは、画像を構成する細かい粒(ドット)が画面にどのくらい並んでいるかを示す数値です。 ドットの数が少ないと全体的に粗っぽい映像になり、ドットの数が多いと細部まで鮮明に表示できます。 ノートパソコンの画質を大きく左右する重要なポイントなのでしっかりとチェックしましょう。 スペックをチェック CPU 写真編集用のPCには、Intelなら「Core i7」または「Core i5」シリーズのCPUを搭載したモデルを選びましょう。 一般的な写真編集ならば「Core i5」がおすすめです。 コスパがよく、ミドルクラス以上のノートパソコンで採用されています。 また、写真を扱う作業で高いCPU性能を要求される場合は、Core i7」のモデルを選びましょう。 特に、RAWデータをJPEGやTIFF形式に変換するRAW現像を行う場合は要チェック。 情報量が多く、ファイルが大きくなるので、より高性能なCPUを選ぶと、快適に操作できます。 なお、AMDのCPU「Ryzen 7」はIntelの「Core i7」、「Ryzen 5」は「Core i5」とほぼ同等の性能。 用途によってはIntel製CPUよりも快適に操作できる場合があり、リーズナブルなモデルが多いのがメリットです。 メモリ RAM 写真編集用PCのストレージは、種類と容量をチェックしましょう。 HDDは安価で大容量ですが、アクセス速度が遅いのがデメリットです。 写真編集時には頻繁にデータをやりとりする機会があるため、基本的にはSSDがおすすめ。 アクセス速度に優れており、リサイズなどで大量の写真を一括処理しても、ストレスが少ないのがメリットです。 なお、ハイクラスパソコンのSSD容量は256GBが一般的。 ただし、外部ストレージに移すなど、こまめにデータ整理する方は値段の抑えられる128GBモデルもおすすめです。 また、ハイエンドモデルのなかには大容量512GBのSSDを内蔵したモデルもラインナップされています。 予算と用途に応じて選びましょう。 グラフィックボード GPU 高精細な4K画質15. 6インチディスプレイを搭載した、ヒューレットパッカードのハイスペックノートパソコン。 タッチ入力に対応しているとともに、付属のSpectreアクティブペン2を使ってペン入力も可能です。 CPUはベース周波数2. 2GHzの第8世代「Intel Core i7 8750H」。 ターボブースト時には最大4. 11Hzの高速動作が可能です。 メモリは16GBと写真編集に充分な容量。 さらに、ストレージは高速な「NVMe M. 2」タイプのSSDを512GB内蔵しており、大量の写真を保存できます。 GPUとして、ゲーミングパソコン用の「NVIDIA Geforce GTX 1050Ti」を搭載しているのも魅力のひとつ。 4K映像をコントラスト豊かなHDR(ハイダイナミックレンジ)で表示できます。 ノートパソコンながらも、デスクトップ並の高性能を求める方におすすめのモデルです。 削りだし加工のアルミニウムボディが美しい、ヒューレットパッカードのハイクラスノートブックです。 タッチ操作やペン入力が可能な15. 一般的なソーダガラスの8倍以上の耐久性を有し、ひっかきキズにも強い「Gorilla Glass NBT」を使用しています。 CPUには、メディア編集速度に優れた「AMD Ryzen 5 3500U」を採用。 GPUは「AMD RADEON VEGA」を搭載しており、高性能なグラフィックス性能を有しています。 駆動時間は最大約13時間。 外出先でも電池切れが起きにくく、1日利用可能です。 急速充電「HPファーストチャージ」機能を搭載しているため、45分充電すれば6時間使用できます。 急に外出する時などに便利な機能です。 本体重量868gと最軽量クラスの13. 3型モバイルノートパソコンです。 CPUはクアッドコアの「Intel Core i7-8565U」を使用しており、メインメモリは8GB内蔵しています。 大容量512GBのSSDを備えているため、多くの写真や画像をパソコン本体に保存可能。 頻繁にデータ整理する手間を省けます。 入出力端子としては、USB3. 0Type-Aに加え、給電可能なUSB3. 1Type-Cポートを各2基搭載。 加えて、HDMI出力ポートや有線LANポートをそれぞれ1基備えています。 写真編集・RAW現像を快適に行うために設計された、高性能ノートパソコン。 CPUはデスクトップ用の最新第9世代「Intel Core i5 9400」を採用しています。 NVIDIAのグラフィックボード「GeForceMX250」を内蔵しているので、描画性能も優秀です。 また、16GBのメモリを搭載しているため、大量の写真を一括処理しても快適。 ストレージも高速な「M. 2 SSD」の256GBを採用しており、充分な容量を有しています。 さらにBluetooth5. 0にも対応しており、デジタル一眼カメラやスマホなどとのデータ転送も簡単です。 ディスプレイには、目が疲れにくいノングレアの15. 6型フルHDを搭載しているのも魅力のひとつ。 高性能CPUとグラフィックボード、および大容量メモリとストレージを搭載したコスパ良好のおすすめモデルです。 ノートパソコンモードのほか、テントやスタンドモードなどさまざまなスタイルで利用できるため、カフェや電車、飛行機内で使いやすいのがメリットです。 CPUは第8世代「Intel Core i5-8365U」。 周波数1. 6GHzのクアッドコアプロセッサー。 メモリは8GB、そしてPCIe接続の「NVMe M. 2 SSD」を256GB内蔵しています。 従来のSATA接続SSDに比べて、大幅に高速なのがポイントです。 さらに「Dell Power Manager」で、4つのモードから適切なモードを選択することにより、パフォーマンスと駆動時間の最適なバランスを取れます。 外出先でパソコンを使用することが多い方におすすめのモデルです。 お手軽価格がメリットの、デル15インチノートパソコンです。 6GHzの「Intel Core i5 8265U」プロセッサーは最大3. 9Gzで動作可能です。 メモリは8GB、ストレージは500GBのHDDを内蔵しています。 入出力端子は、電源供給およびDisplayPort対応の「USB Type C3. 1 Gen1」「USB 3. 1 Gen1」「HDMI」などをはじめ、豊富に搭載しています。 高さ1. 8cmとスリムで、約2kgと軽量なこともメリット。 ファイル容量の小さなJPEG形式の写真など、比較的軽い写真編集を行う方におすすめのリーズナブルなノートパソコンです。 6型フルHDノートパソコンです。 デスクトップ用の高性能CPU「Intel Core i5 8300H」を採用。 メモリは標準8GB内蔵で、最大64GBまで搭載可能。 動画編集やエンコードなど高負荷作業をする場合も、メモリを増設することで柔軟に対応できます。 ストレージは容量256GBの「NVMeM. 2」タイプ高速SSDを採用。 また、DDR5メモリ4GBを内蔵したNVIDIAのミドルクラスグラフィックボード「GeForceGTX1050Ti」を搭載しており、鮮明な画像を高速で描画できます。。 インターフェースはUSB3. 0、USB3. 1Type-Cをそれぞれ2ポート、HDMIを1ポート備えており、拡張性も充実。 写真編集上級者におすすめのハイスペックノートパソコンです。

次の

クリエイター向けPC

ゲーム向き ノートパソコン

プログラムを動かすためには必要となるものが多い プログラムを書いて実行するという作業では、複数のソフトウェアやシステムを使った処理が必要となります。 具体的には以下のようなものがあります。 プログラムを効率的に書くのに必要な統合開発環境(IDE)• データベース• WEBアプリケーションを開発する場合には、ApacheやTomcatなどのWEBサーバー• VMなどの仮想環境• TeraTermやFTPソフトなどの通信ソフト 以下に簡単にですが、それぞれ解説していきます。 (1)プログラムの実行環境 プログラムを走らせるためには、各プログラミング言語を実行するための環境が必要となります。 JavaやPython、PHPなどの言語が該当します。 これがないとプログラムを書いても実行することができません。 (2)統合開発環境 プログラムを書くという作業は複雑になりがちです。 プログラムを効率的に書いたり保守・維持したりするためには、プログラムを管理するための専用のソフトウェア(IDE:統合開発環境)を使うのが一般的です。 IDEを使うことによって、プログラムを書くスピードがあがり、実行するのも簡単になります。 代表的なIDEとして、Eclipse、PyCharm、Visual Studioなどがあります。 (3)データベース データを保存しておくためのものです。 データの登録や検索、編集などを行います。 数十万件~数千万件などのデータを保存することもあります。 (4)WEBサーバー WEB上で動くようなアプリケーションを作る場合には、専用のWEBサーバーが必要になります。 このWEBサーバーにプログラムを置くことによって、はじめてブラウザからプログラムを実行することができるようになります。 良く使われるWEBサーバーとして、ApacheやTomcatがあります。 (5)仮想環境 プログラムを書いたり実行するにあたって、Windows以外のOSを利用しなければならない場合があります。 その場合に最も手軽なのは、VMwareやVirtualBoxと呼ばれる仮想環境を利用することで、Windowsのパソコンの中にLinuxを入れたりすることができるようになります。 (6)通信ソフト プログラムを実行するために自分のPC以外のコンピューターにアクセスする必要がある場合には、通信用のソフトを使います。 ファイルを別のコンピューターに送ったり、コマンドを実行したりできます。 このほかにも、わからないことを調べるのにブラウザを起動してネットで調べ物をしたりします。 つまり、プログラムを書いて実行するという作業は、複数のソフトウェアやシステムが必要になり、常にいくつものプロセスが起動している状態になるということです。 プログラムの実行時に大量のデータを読み込む場合がある プログラムを実行する場合には、データを読み込んで表示したり、解析や計算、描画を行うという場合がよくあります。 扱うデータ量が少ない場合にはあまり問題ないのですが、数百MB~数GBというような大きなデータを扱うことも珍しくありません。 データを読み込むとその分のメモリ量が必要となります。 大きなデータファイルを扱いたい場合、メモリ量が少なすぎるとファイルを読み込むことができなくなり、プログラムが実行できなくなります。 メモリの容量は最低でも8GBはほしい ここまでの話で、プログラムを実行するときには、以下のことが必要になることがお分かりいただけたと思います。 複数のアプリケーション・システムの動作• 大きなデータファイルを扱う この2つをクリアするために大事になるのは、まずメモリの容量です。 メモリ容量が少ないと、プログラムを実行するのが難しくなります。 たとえば、プログラムを書くための統合開発環境 IDE を起動するだけでいっぱいいっぱいになり、プログラムを実行するとなると遅くてストレスを感じるということが起こります。 経験的にメモリは4GBでは明らかに足りません。 プログラミングに必要なメモリの容量というのは最低でも8GBは欲しいところです。 ただ、この8GBでも少ないと感じるようになる場合があります。 特に仮想環境を利用したり、ウェブサーバーを使うような場合には厳しいと感じる機会が増えると思います。 メモリが増えると費用が掛かってしまうのが難点なのですが、もし余裕があれば、メモリは16GBはあると安心して使うことができると思います。 CPUはどんなものが良い? CPUの性能は、プログラミング作業の快適さや実行速度に効いてきます。 プログラムの実行が一瞬で終わるような軽いものであれば体感的には違いがないのですが、実行に時間がかかるものであったり、複数のソフトウェアを同時に起動して実行するような場合には、やはりCPUの性能が高いほうが処理時間は短くなります。 現在ノートパソコンに搭載されている主なCPUの性能を比較すると、下のようになります。 数値が大きいほどCPUの性能が高くなります。 実行するプログラムの内容にもよるのですが、現在のCPUの性能を考えると、プログラミングに使用するのに最適なのは、赤線よりも上にあるものになります。 一般ユーザー向けのノートパソコンには、Core i5-8265UなどのUシリーズやCore i7-1065G7などのGシリーズのCPUが搭載されることが多いです。 販売されているノートPCも多く手に入りやすいです。 現在のCPUは、第8世代のもの Core i7-8565U、Core i5-8265Uなどの8000番台のもの を搭載したモデル、または第10世代のもの(Core i7-10510UやCore i5-10210U、Core i7-1065G7など)が手に入りやすく、プログラミングを行うのになかなか快適な性能を持っています。 できれば、Ryzen 3 3300U以上のものを使うと、処理速度が非常に速くなりますので、プログラムが完了するまでの時間も短縮されます。 そして、最近はデスクトップ並みの性能を持つCPUが、ノートパソコンにも搭載されるようになってきました。 Core i7-9750HなどのHシリーズのCPUです。 これらは非常にハイスペックなCPUで、Core i7-8565UなどのUシリーズのCPUよりも高速な処理が可能です。 計算量が多かったり、大量のデータを処理したり、描画処理が多いというような場合には検討してみてください。 まず、Windowsパソコンはたくさんの人に使われていて、プログラミングを勉強する場合にも多くの書籍がWindowsをベースに書かれています。 パソコンの操作でわからないことがあっても、誰かに聞いたりネットで簡単に調べられるというのが大きなメリットです。 また、Windowsパソコンは多くの種類があるため購入しやすいというのも魅力的です。 特にこだわりがなければWindowsを選択しておけば大丈夫でしょう。 Windowsパソコンではあらゆる種類のプログラミングができるといって問題ないですが、1点だけ気をつけるポイントがあります。 それは、iPhoneやiPadなどのiOS向けのアプリを開発するのには適していないという点です。 Windowsのポイント・情報量が多く勉強がしやすい ・パソコンの選択肢が豊富 ・iOS向けアプリの開発には適さない もちろん簡単なアプリであれば、iOSとAndroid両方向けのものをWindowsでも作ることができるのですが、細かなところまで作りこむことが多いので、そうなるとMacでないと開発することができません。 MacであればiOS向けのアプリもAndroid向けのアプリも両方開発できますので、スマホアプリを作ることを考えている場合はMacが良いでしょう。 また、Macの場合には、パソコンを購入した状態でPHPやPython、Rubyなどのプログラミング言語が使える状態になっています。 また、WEBサーバーもインストールされていて、WEBアプリケーションを実行できる点もわかりやすいと思います。 プログラムを書いて、すぐに実行することができるという意味で、Macのパソコンはとても使いやすいです。 Macが良い点・iPhoneアプリやiPadアプリを作るのに適している ・PHPやPython、Rubyなどのプログラミング言語が最初から使える ただ、Macでプログラミングをする場合には、Windowsではあまり必要がないコマンド操作や権限(パーミッション)など、Linuxと呼ばれるOSの知識を勉強する必要が出てきます。 同様にファイルをコピーしたり、削除したりという場合にもそれぞれ対応するコマンドがあります。 もちろんいくつかのよく使われるものを覚えておけば、すぐに使えるようになるのですが、Windowsパソコンの操作に慣れていると最初は難しいと感じるかもしれません。 また、Windowsではファイルのアクセス権限を意識することは少ないのですが、Macでプログラムを実行する場合には、読み・書き・実行に対して権限を与える必要があります。 これらの知識がないと、ファイルが開けない、書き込めない、実行できないというトラブルに陥ります。 Macでのプログラミング・コマンド操作やファイル権限などについて覚える必要がある これを聞くと何となくMacは難しそうだなと思われるかもしれませんが、Macでプログラミングをしていけば、自然とLinuxというOSに対する知識も増えていきますので、とても良い勉強になります。 そして、Macがプログラミングをするのに非常によくできたシステムだなということが理解できると思います。 プログラムを書く上で、情報量が多いのはWindowsです。 本を読んで勉強するのもやりやすいでしょう。 そのため、もしiPhoneやiPad向けのアプリを開発しない場合や、特にこだわりがなければWindowsが安心できると思います。 もし、iPhoneやiPad向けのアプリを開発したり、コマンド操作やファイル権限についても勉強したい、もしくは詳しいということであればMacのパソコンを購入してみてください。 ストレージはSSDかハードディスクか? ストレージというのはデータを保存するための場所と思われがちですが、プログラムから見た場合には、データの読み書きを行う場所という位置づけになります。 ストレージに対するアクセス速度が速ければ速いほど、それだけプログラムの実行完了までの時間が短くなります。 そういう意味ではストレージはSSDの方が高速なのでおすすめです。 ただ、SSDは同じ容量のハードディスクと比べると値段が割高になります。 プログラムの実行はSSDで行い、データの保存はハードディスクで行うというようにすると、バランスよくプログラムを実行できると思います。 ストレージの選択について・SSDの方がプログラムを高速に実行できる プログラミングにはノートパソコンのサイズも大事 「プログラムを動かすためには必要となるものが多い」のところでも紹介したように、プログラムを書く場合にはIDE 統合開発環境 というものを用いることが多いです。 使用するIDEによって多少の違いはあるものの、その多くが下の写真のような構成になっています。 主に3つの窓を使います。 まず、作成したプログラムの一覧が左側に表示され、その横にプログラムエディターがあってプログラムを書いていきます。 そして、プログラムを実行すると、一番下の窓に実行結果が表示されます。 これを見てもらうとわかる通り、プログラムは全画面に表示されるわけではなく、いくつかの領域にわかれて表示されることがわかると思います。 普段はプログラムエディターの部分にプログラムを書いていくわけですが、この部分が狭いと、かなり見づらいですし窮屈に感じます。 画面が広いほうがストレスなく快適に作業ができますので、プログラムをたくさん書くというような場合にはある程度の画面サイズ(最低でも13インチ)があるノートパソコンを選択することをおすすめします。 GPUプログラミング・AIの研究やシミュレーションなどの計算量が多い処理をするとき GPUにはいくつか種類がありますが、NVIDIA製のGPUがおすすめです。 というのも、NVIDIA製のGPUにはCUDAと呼ばれる、GPUに汎用計算を行わせるための環境が整っていて、広く使われているからです。 さらにNVIDIA製のGPUには以下の3種類があります。 NVIDIA GeForce(ジーフォース)シリーズ• NVIDIA Quadro(クアドロ)シリーズ• NVIDIA Tesla(テスラ)シリーズ ノートパソコンでは、NVIDIA GeForceまたはNVIDIA Quadroシリーズが利用可能です。 Teslaシリーズはスーパーコンピューターなどに用いられ、非常に高い性能を発揮します。 市販されてはいますが、数十万円~数百万という価格となっていて、個人で使用するには非常に高価です。 また、現在のところ、Teslaをノートパソコンで利用できる機種はありません。 ノートパソコンでNVIDIA製のGPUを利用するにはGeForceかQuadroの2択になります。 両者には以下のような違いがあります。 種類 用途 価格 NVIDIA GeForce 3Dグラフィックスや動画編集向け 安い NVIDIA Quadro デザインや3D CG、CAD、医療用グラフィックス 高い GeForceはゲーム向けでQuadroはCADというようなイメージでとらえられることが多いですが、GPUを用いて計算させるという点ではどちらも高速に実行が可能です。 そして、大まかにいうとGeForceは一般向け、Quadroは業務用という切り分け方もできます。 GeForceが手の届く価格であるのに対して、Quadroは価格が高くなります。 もし、これからGPUを使ったプログラミングを始めようという方であれば、GeForceを搭載したノートパソコンを選択するのがおすすめです。 価格も手ごろですし、プログラミング技術が上がってより高いレベルを目指そうとしたときにQuadroを検討するというステップが良いでしょう。 特にGeForce GTX 1650などのGeForce GTXシリーズや、GeForce RTX2060などのGeForce RTXシリーズがおすすめです。 一方で、大学院生や研究員の方など、すでにプログラミングができて専門性を持っている場合には、価格は高くなりますが、最初からQuadroを搭載したものを選択してみるのも良いでしょう。 1kgを切る超軽量ノートパソコンです。 楽々持ち運ぶことができます。 プログラミングのためには、CPUはCore i5またはCore i7を選ぶのがおすすめです。 メモリは4GBから搭載することができますが、最低でも8GB、余裕があれば16GBのものを搭載しておくと安心です。 一般的な計算や解析、WEBアプリケーションやスマホアプリの開発などのプログラミング用途に使うことができます。 自宅だけでなく外出先にもノートパソコンを持っていくような方や、なるべく軽いものが良いという方におすすめのノートパソコンです。 3インチで重さが約1. 23kgと軽く、楽に持ち運ぶこともできるノートパソコンです。 抑えめの性能から高い性能のものまでラインナップされていますが、中でも Core i7-10710UというCPUはデスクトップPCに匹敵する高い性能を持っています。 軽くてコンパクトなので使い勝手が良いうえに、非常に高い性能のノートパソコンを選ぶことができます。 スタイリッシュなデザインで、とても洗練されたノートパソコンです。 DELL XPS 13は 割引価格で購入することができます。 以下のリンクにある、 割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。 GPUは一般的なものが搭載されていますので、GPUを使ったプログラミングはできません。 一般的なデータ解析や計算、WEBアプリケーションの開発、スマホアプリの開発などに使えます。 29kgの軽いノートパソコンなので持ち運びにも便利です。 カバンに入れて外に持っていくのも問題ありません。 また、美しいデザインが目をひき、タブレットにも変形する2 in 1 PCでもあります。 もちろんタッチペンにも対応しています。 セキュリティ機能も充実していて、 指紋認証機能や顔認証機能が搭載されています。 大事なデータを守る仕組みが備わっています。 下のリンクをクリックしてご利用ください。 購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます()。 しかも、本体は13インチノートPCと同程度の大きさの筐体に収まっていて、コンパクトにできています。 重さが約1. 09kgで軽いので、とても扱いやすいです。 CPUはCore i5またはCore i7、メモリは最大16GB搭載することができます。 一般的な計算や解析、WEBアプリケーションやスマホアプリの開発などのプログラミング用途に使うことができます。 爽やかなデザインも魅力的です。 Inspiron 14 7000は 割引価格で購入することができます。 以下のリンクにある、 割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。 6インチ 重さ:2. 3kg 保証期間:3年 (有償で5年まで延長可) 価格: 91,819円~( 下の特別クーポンでさらに割引) 富士通製の15. 6インチノートパソコンです。 CPUにCore i5またはCore i7を選ぶと良いでしょう。 Core i7には2種類あり、性能はCore i7-8565U < Core i7-9750Hとなります。 Core i7-9750HはデスクトップPC並みの高い性能を持っています。 メモリは最大32GBも搭載できます。 プログラミング用途には最低でも8GBは欲しいです。 16GBあると安心です。 ストレージはハードディスクにすると安く抑えられますが、SSDとハードディスクのダブルストレージにすると速さと容量の多さを兼ね備えることができます。 GPUは一般的なものが搭載されていますので、GPUを使ったプログラミングはできません。 一般的なデータ解析や計算、WEBアプリケーションの開発、スマホアプリの開発などに使えます。 ディスプレイの違いによって3つのモデルがラインナップされています。 各モデルの名称とディスプレイの対応は以下のようになります。 高精細な画像や画質を重視する方は4K有機EL液晶モデルも検討してみてください。 当サイト特別クーポンを利用すると 割引になります。 モデルによってクーポンコードが異なりますので、対象モデルのクーポンをご利用ください。 6インチ 重さ:約2. メモリを最大で32GBも搭載できます。 ハードディスクは最大2TB、SSDは最大1TBまで搭載可能です。 両者の組み合わせも可能なので、大容量、且つ高速なストレージを実現することができます。 お互いの長所を兼ね備えた選択をできるのがうれしいポイントです。 また、16GB Optaneメモリも選択できます。 安価にハードディスクを高速化できるので、予算を抑えて快適な環境を手に入れたい場合は検討してみてください。 NVIDIA GeForce等の専用のグラフィックス(GPU)は搭載していないので、GPUを使ったプログラミングはできません。 一般的なデータ解析や計算、WEBアプリケーションの開発、スマホアプリの開発などに使えます。 Lavie Direct Nextは 割引価格で購入することができます。 以下の 限定クーポン、または学割キャンペーンをご利用ください。 学割キャンペーンでは、無料会員登録すると学割クーポンが利用できるようになります。 負荷のかかる作業も高速に処理することができます。 一般的なデータ解析や計算、WEBアプリケーションの開発、スマホアプリの開発などを行うことが可能です。 GPUはNVIDIA GeForce MX 250を搭載していて一般的なノートパソコンのものよりも高性能ですが、AIなどのGPUを利用したプログラミングはできません。 非常に高性能なCPUを搭載しているにもかかわらず、10万円を切る価格から購入することができ、とてもリーズナブルです。 マウスコンピューターは日本のメーカーで、国内で開発・生産している点も安心感があります。 非常に高い性能を発揮します。 一般的なデータ解析や計算、WEBアプリケーションの開発、スマホアプリの開発はもちろんのこと、GPUを利用したプログラミングも行うことが可能です。 CPUとGPUが高性能なので、負荷のかかる処理や高度な計算なども高速にこなすことができ、作業が快適に進みます。 大きさが15. 6インチで重さが約2. 4kgなので持ち運びにはあまり適しません。 自宅などに据え置いて使うのが良いでしょう。 価格は10万円台からとなっていますが、 下の割引クーポンを使うと最安で8万円台から購入することができ、非常にお得感があります。 DELL G3 15は割引クーポンが利用できます。 以下のリンクよりクーポンをご利用ください。 ハイスペックなノートパソコンとして良心的な価格設定です。 JavaやPythonを用いた一般的なプログラミングに快適に使えるだけでなく、GPUを用いた高度な計算処理にも適用できます。 ゲーミングノートPCという位置づけですが、落ち着いたデザインで重さも2. 3kgになっていて、パッと見るとホームノートPCのような印象を受けます。 ゲーミングノートPCのデザインが苦手な人でも安心して使えます。 ディスプレイが4Kに対応したモデルもあり、グラフィック系のプログラミングを行うのにも良いでしょう。 下のリンクをクリックしてご利用ください。 購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます()。 また、WEBサーバーもインストールされているなど、プログラミングをする環境が最初から整っています。 ただ、これらを操作するためにはコマンドを入力して操作する必要があるため、ある程度操作に慣れた方がおすすめです。 もちろん初心者の方でも勉強して使いこなすことができるようになれば、Linuxと呼ばれるOSの操作もかなり習得することができ、理解も深まります。 iOS向けのアプリを開発するのであれば、WindowsではできないためMacBook Proがおすすめです。 13インチでも非常に性能が高いですが、16インチモデルは性能がそのさらに上を行きます。 16インチモデルに搭載されているCPUはデスクトップPC並みの性能を持つものばかりで、非常に高速な処理が可能です。 また、Radeon Proを搭載しているためグラフィックスの性能が高速化されています。 重いグラフィックス処理やゲームなどの場面で大いにその性能を発揮するでしょう。 学生や教職員の方は特別価格で購入できます。

次の