山田 耕筰 と 古関。 『エール』 VS 本当の話―10 再び山田耕筰|BLOG|古関裕而を歌い継ぐライブユニット「喜多三(KITASAN)」

鐘よ鳴り響け 古関裕而自伝 (集英社文庫)

山田 耕筰 と 古関

山田耕筰(やまだこうさく)さんは、歌謡曲や童謡、吹奏楽や校歌に至るまで、さまざまな作曲をされた偉大なる作曲家です。 朝ドラ「エール(えーる)」では志村けん(しむらけん)さんが演じています。 さて、山田耕筰さんと古関裕而さんは、どんな関係だったのでしょうか? 目次 山田耕筰がモデルの志村けん演じる小山田耕三とは?古関裕而が憧れた? 小山田耕三(おやまだ こうぞう):志村けん 裕一が小山田に「反逆の詩 うた 」の譜面を見せたシーン。 裕一のたぐいまれな作曲の才能に気づき、コロンブスレコードに専属作曲家として推薦するが、一方で、裕一の活躍が自分の地位を脅かすのではないかと恐れている。 引用元 小山田耕三の人物像、まだよくわからないですよね~。 返答に困る裕一に、小山田耕三はこう畳みかけます。 君は赤レーベルの作曲家だよね~? かなり緊張のシーンでした。 志村けんさんの威厳もものすごかったです。 でも、そもそもどうして裕一は赤レーベル専属になったのでしょうか?裕一が世界的作曲コンクールで、2位に入賞したのは西洋音楽。 もしかしたら小山田耕三が、裕一と赤レーベルで契約するように圧力をかけたのでしょうか?え!?考えすぎ? でも裕一がやりたいのは青レーベルの西洋音楽。 そのため曲が作れず苦悩しています。 そしてとうとう西洋音楽の曲を作り、小山田耕三に持って行きましたね~。 どうして小山田耕三は冷たく突き放したのでしょうか? 赤レーベル専属であることを忘れている裕一をあざ笑ったのか?それとも潰れそうになっていく裕一を見て、狙い通りだと思ったのか・・・。 まだ小山田耕三の真意はわかりません。 でも個人的には、やっぱり裕一を潰そうとしているのでは?と思っています。 さて、そんな小山田耕三を演じる志村けんさんの登場ですが、病に倒れる前に一度撮影が終わっていました。 これから登場するのかまだわかりませんが、原作ではまだたくさん小山田耕三が登場します。 そこはまだ撮影されていないので、代役をたてるのか脚本を変えるのか、まだ決まっていません。 というか、撮影そのものがコロナの影響で伸びてしまっているので、もしかしたら大幅な脚本の書き換えをする可能性もあります。 この動画で志村けんさんを偲びたいと思います。 スポンサーリンク 山田耕筰とはどんな人物? 山田耕筰さんは1886年に生まれました。 「からたちの花」「この道」「待ちぼうけ」「赤とんぼ」など多くの童謡などを生みだした作曲家です。 今回は、今も愛される童謡の名曲を数多く生んだ、詩人・北原白秋と作曲家・山田耕筰の足跡をたどり、日本人の心に残る原風景を探る。 — JapanDocs jdocs 古関裕而さんは1909年生まれなので、23歳年上になりますね。 今「エール」で裕一は21歳なので、小山田耕三は40代半ばくらいでしょうか。 父親は医師だったそうですが、山田耕筰さんが10歳のときに他界。 13歳のときに姉のところに身を置きます。 姉にはエドワードという夫がいて、山田耕筰さんはエドワードから西洋音楽を学びました。 16歳で初めて作曲。 その後東京音楽学校声楽科を卒業しています。 古関裕而さんが1歳のころ、ドイツに作曲を学ぶため留学。 4年後の1914年に帰国しています。 1926年。 山田耕筰さんが40歳のころ、オーケストラ楽団の失敗で借金を抱えてしまいます。 ですがこのころ多くの童謡が誕生しました。 やがて戦争となり、多くの軍歌も作曲されています。 終戦後は放送文化賞や文化勲章などを受賞、日本指揮者教会長にも就任されました。 1965年脳溢血により80歳でお亡くなりになっています。 このように山田耕筰さんは、日本に西洋音楽やオーケストラなどを広めた第一人者。 また童謡、歌謡曲、西洋音楽、吹奏楽曲、校歌などさまざまな曲を作曲されてきました。 そんな山田耕筰さんと古関裕而さん。 どんな関係があったのでしょうか? スポンサーリンク 山田耕筰と古関裕而の関係は? 山田耕筰さんは、古関裕而さんが学生のころからすでに大作曲家となっていました。 「エール」では裕一が小山田耕三の本で勉強した、とありますが、実際にもそうであったと思われます。 ()視聴メモ25話 【山田耕筰の推薦】 やはり今回は山田耕筰。 古関とは福島時代から手紙で交流しており、作曲についても色々と助言。 東京のレコード会社に推薦してくれたのも山田でした。 当時すでに大物だったのに、えらく親切。 ドラマでは不穏な雰囲気でしたが、どうなるやら? — 辻田 真佐憲@『古関裕而の昭和史』(文春新書)発売中 reichsneet まだ古関裕而さんが福島にいたときから、時々ふたりは手紙のやり取りをして、助言をもらっていたそうです。 古関裕而さんは山田耕筰さんの作曲に関する本などを読み漁り、独学で勉強しました。 また山田耕筰さんの楽譜は、全て頭の中に入っていたそうです。 裕一が小山田耕三に持って行った西洋音楽のタイトルは「反逆の詩」。 古関裕而さんは実際に「大地の反逆」という曲を作曲されています。 ですが、古関裕而さんの才能を恐れた山田耕筰さんが、古関裕而さんに歌謡曲を作らせた、という噂もあります。 これはドラマがどうなっていくのか、楽しみですね。 裕一を潰すためだったのか、それとも曲ができない裕一を助けるためだったのか・・・。 また古関裕而さんも、もともとは崇拝していた山田耕筰さんを、度重なる女性スキャンダルで失望。 憧れから超える存在に変わっていったともいわれています。 ドラマと同じように、ふたりの関係は微妙だったのかもしれません。 古山裕一(窪田正孝)の憧れの人物で、裕一をコロンブスレコードと契約するのに、推薦してくれた人物。 自分の立場を脅かしかねない裕一を陥れるのか、それとも自分を師と仰ぐ青年に助け船を出すのか・・・。 これは史実でも微妙ではありました。 これから「エール」で描かれることが真実なのかもしれません。 古関裕而さんが学生のころから、手紙のやり取りをしていたという山田耕筰さん。 ふたりの関係が、信頼のある師弟関係であればいいな~と思います。

次の

古関裕而と山田耕筰について(「エール」での描写を受けて)|石塚潤一|note

山田 耕筰 と 古関

17歳、関西学院時代 (現在の)の旧板倉藩士、の父の下に生まれる。 1896年、10歳の時に実父を亡くす。 実父の遺言で、巣鴨宮下(現在の)にあった(後の)に入館し、13歳まで施設で苦学する。 1899年、13歳のとき、姉のを頼りのに入学。 姉の夫のに西洋音楽の手ほどきを受ける。 14歳のとき、に転校。 在学中の16歳秋に初めての作品「MY TRUE HEART」を作曲。 同本科中退を経て1904年、東京音楽学校予科入学、1908年、(後の)声楽科を卒業。 (明治43年)から3年間、の総帥の援助を受けての作曲科に留学し、などに学ぶ。 ベルリン時代の(元年)には日本人初の交響曲『』を作曲した。 帰国後の(大正3年)に、岩崎が1910年に組織した東京フィルハーモニー会の管弦楽部首席指揮者を任されるが、自身の恋愛問題により岩崎が激怒し、資金源を断たれて翌年解散する羽目となる。 には渡米し、で自作を中心にした演奏会を開く。 (大正9年)12月にはにおいての「」の一部などを日本初演。 (大正13年)にはと共にのオーケストラ楽員と日本人楽員を交えたオーケストラの演奏会「日露交歓交響管弦楽演奏会」を主宰、これを母体に近衛と日本交響楽協会を設立。 これは現在のの前身であるが、不明朗経理を理由に内紛が勃発。 の父・ら4名を残し大部分の楽員は近衛と行動を共にしたため、山田派は崩壊した。 弟子には内田元らがいる。 、音楽科主任となる。 、40歳の頃、湘南の(現:神奈川県茅ケ崎市)に居を構える(同町に約6年間暮らす)。 オーケストラ楽団の失敗により多額の借金を抱えていたが、同地で再起。 「」などの童謡名曲が数々生まれる。 (昭和5年)、耕作から耕筰へと改名()。 (昭和11年)には受章。 (昭和12年)には相愛女子専門学校(現:)教授に就任。 戦時体制が色濃くなった(昭和15年)には演奏家協会を発足させ、自ら会長に就任する。 同年11月にオペラ「」(当初の題名は「夜明け」)を初演。 また皇紀2600年奉祝演奏会ではの新作「祝典序曲」を指揮する。 (昭和16年)、管轄下の「」発足、副会長に就任、また音楽挺身隊を結成してしばしば占領地での音楽指導にも携わる。 将官待遇となりしばしば軍服姿で行動したため、後の「戦犯論争」の槍玉に挙げられることとなる。 (昭和17年)に会員に選出。 (昭和19年)には会長。 終戦後、自身の戦時中の行動に関して、で・との間に戦犯論争が勃発。 論争が収まった頃の(昭和23年)にで倒れ、以後体が不自由となる。 (昭和25年)、会長に就任し、またを受賞。 (昭和31年)、を受章。 離婚・再婚を機に戸籍上の名前も「耕筰」と改める。 1956年 (昭和40年)11月初旬、耕筰はに入院していたが、家族が5丁目に広壮な洋館風の邸宅を借りる。 同年12月4日、耕筰は成城の自宅に退院してくる。 そして12月29日、自宅2階の南向き10畳間で耕筰はにより死去した。 79歳没。 墓所は東京都あきる野市の西多摩霊園。 山田のオーケストラ運営 [ ] 東京フィルハーモニー会 [ ] 山田は積年の悲願として「日本での本格的なオペラの上演」と「常設オーケストラの設立」を掲げていた。 しかし、山田一人ではさすがにどうしようもなかった。 そこに現れたのが三菱財閥総帥であり、かなりの音楽愛好家でもあった岩崎小弥太であった。 山田と岩崎の接点は、のチェロ教師ハインリヒ・ヴェルクマイスターであり、チェロの指導で親交のあった岩崎に、自分が見た中で一番才能がある山田を引き合わせた。 山田は岩崎の知遇を得てドイツ留学を果たす一方、岩崎自身も音楽鑑賞のサークルとして「東京フィルハーモニー会」を自ら設立し、スポンサーとなった。 最初の頃はや当時人気のあった少年音楽隊などが一時的にまとまっての「合同オーケストラ」の形をとっていたが、やがて小規模ながら常設のオーケストラを作り、(大正4年)からで公演を開始した。 ところが、この頃最初の結婚をした山田が程なく別の女性(後にこの女性と再婚)に手を出し、それを聞いた岩崎が激怒。 岩崎からの出資が止められた東京フィルハーモニー会は金銭的に困窮することになり、(大正5年)2月にはあっけなく瓦解、山田の悲願は頓挫してしまった。 日本交響楽協会 [ ] 山田耕筰 東京フィルハーモニー会瓦解後、訪米やオペラ上演を経て再び常設オーケストラを作ることを夢見た山田は、「まず本場のオーケストラを呼んで世間の注目をオーケストラに集めよう」と、当時東洋一の実力を謳われていたハルビンの東支鉄道交響楽団を招くことを考えた。 招聘話はかなりの部分まで進んだようだが、であえなく挫折。 翌(大正13年)4月に日本交響楽協会をとりあえず設立したものの、山田は自身のパートナーを探していたし、楽譜などのインフラ整備はまだまだだった。 そこに、ヨーロッパ留学から大量の楽譜とともに帰国したばかりの近衛秀麿が山田と面会。 山田に助力する旨を伝えた。 山田は近衛の参加と原善一郎というロシア語が堪能な敏腕マネージャーを手中にしたことにより、「悲願達成の機は熟した」と判断。 大震災で断念した東支鉄道交響楽団の招聘に再び着手する。 (大正14年)4月に開催された「日露交歓交響管弦楽演奏会」は成功裏に終わり、それを助走として協会は(大正15年)1月に最初の定期演奏会を開いた。 6月まで12回の演奏会を開いたが、思わぬところから協会は崩壊する。 1926年、近衛が原のリストラを不服として突如協会退会を宣言。 近衛を支持する楽員が44名に達して近衛派は新交響楽団(新響)を設立。 一方の山田は事情聴取までされた上に黒柳守綱と「モンパルナス・トリオ」(松原与輔、岡村雅雄、郡司昌雄)しか手元に残らなかった(黒柳と岡村は、山田が溺愛していたがゆえに渾身の思いで引き止めたともいわれている)。 分裂の原因は使途不明の金銭にまつわる経理の不正が理由とされる。 後にの情報担当にもなった策士の原が一枚絡んでいるという説があるが、もともと山田自身が金銭にルーズな性格だったことも一因として挙げられており、100円(当時)の儲けを山田が50円、残りの楽員全員で50円(平均で1人1円ちょっとの計算となる)としていたことに楽員が不満で、そういう楽員の心境を近衛と原が巧みに掴んで分裂に至らしめたとも言われている。 分裂の後、山田と近衛は(昭和6年)ごろに和解し、黒柳らも新響に合流したが、その近衛と原が新響を追い出されるのは4年後であった。 このときも原が原因だったという。 山田は金銭面の問題はさておき、指揮者としての実力や情熱は他の指揮者と比べても全く引けは取らなかったようであるが、実力や情熱を以ってしてもオーケストラの運営者として抱くには、どうしても乗り越えられないような壁があったのではないかという指摘もある。 例えばは、「楽員は山田と近衛の性格を比較して、山田からカリスマ性を見出せなかったのではないか」と述べている。 山田は戦後に脳溢血で倒れて体が不自由(左半身不随)になっても、しばしば指揮をした。 しかし、そのほとんどは別の指揮者に実際の指揮を任せていたという(がの初演指揮を、実質ミヒャエル・ウムラウフに委ねていたのと同じ感覚)。 「」を大阪で指揮した際も、実際の指揮をが執っている。 エピソード [ ]• 1930年12月、「耕作」を「耕筰」に改名すると発表した。 戸籍上は長らく「耕作」のままであったが、1956年に再婚したのをきっかけに「耕筰」に改めている。 1948年に発表したエッセイ「竹かんむりの由来」(『山田耕筰著作全集 3』岩波書店に所収)によると、「山田耕作」と同姓同名の人物が多く(全国に100人以上いたという)、それゆえのトラブルが頻発していたのが、改名の理由の一つである。 もう一つは、山田の指揮姿を見たから、後頭部の髪の乱れを指摘され、をつけろと言われた後である。 カツラを嫌った山田は丸坊主にしたものの、その姿を気に入っておらず、それで名前の上にカツラをかぶせることを考えた。 「筰」の字は『』から見つけたものである。 エッセイ「竹かんむりの由来」によると、ベルリンの出版社から山田の歌曲集を出版することになった際、出版社の人間から「Kosaku」という名前を笑われたのだという。 「」の商品名・社名は、同社創業者・から相談を受けた山田が「最も響きがよく、大いに繁盛するだろう」とアドバイスしたことで決まったものであるとされる。 代表作の題名にもなっている「」とはロシア風の暖炉のことで、後にロシア人の実際の発音を聞いた山田は、歌うときには「ペイチカ」と発音されることを望んだという。 1955年に公開された映画「」(監督:)に本人役で出演している。 また、劇中で「赤とんぼ」の演奏と、子供たちによる歌唱が行われている。 関東大震災による都市の火災被害に衝撃を受け、本業の楽団運営問題に悩まされていた時期にも関わらず、1924年から翌年にかけて実弟の山田鐵雄と共に日本の狭い街路に適応する、輸入をベースとした小型の開発を推進。 型の試作車を完成させて、1925年8月にはで自ら公開放水実験、百尺以上の放水距離を実現させた。 同年12月7日付で、鐵雄の名義で実用新案公告(第21738号)に至っている。 しかし当時の日本では輸入品の大型消防自動車がようやく主要都市で導入され始めたばかりで時期尚早であり、事業化などのそれ以上の発展はないままに終わった。 日本におけるこの種の小型消防ポンプ車の本格普及は、太平洋戦争後のことになる。 26年()の『』8月号付録「夏の西洋料理」で山田独自のが紹介されている。 肉とみじん切りにしたとをすり合わせて皿に平にのばし、とりやすいように筋目を入れる。 たっぷりので炒めたの下に敷き、を加え野菜で蓋をしたように煮る。 肉の色が変わったら肉と野菜を混ぜてをひたひたに注ぎ、煮立ったらを加えて食べる。 山田がに(から3年間)していた頃にのから発想を得て考案したと思われる料理であり、「肉の下拵えが風なので、お蝶夫人になぞらえて、スキヤキ・アラ・バタフライと紹介するのだが、一度食べるとその味が忘れられないらしく、会うたびに、またあのバタフライを……と頻繁な御注文なんですよ」と外国人にも好評だったという。 自身も犬嫌いのと犬好きのとの対談「ペルシャ犬を連れ歩く」(『週間読売』1972年7月)によれば、大の犬嫌いだった。 一方で女性関係にルーズで、色めいた噂にも事欠かず、宴席でのやも有名だったと言われている。 弟子のは「宴席では三分の二以上が猥談だったと聞いた」と、同じく弟子のは「現代ならで社会から葬られてる」とそれぞれ話している。 しかし山田の話術が巧みだったこともあり、その話の中にあまり卑猥な感じは与えられなかったという。 代表的な作品 [ ] 北原白秋と共同して数多くの国民的歌謡、等を創作した。 なお、山田の管弦楽曲・室内楽曲などの作品は未出版のものが多く、しかも自筆譜のほとんどが戦災により焼失してしまったため筆写譜としてしか保存されていないなどの事情があり、出版・演奏の機会がほとんどないものが多い。 楽譜の大多数はに所蔵されており、が管理している。 1997年にから作品全集(既刊12巻)の第1巻として初めて管弦楽曲のスコアが出版されたがパート譜は製作されなかった。 近年になって日本楽劇協会監修の下、株式会社により一部の楽譜の校訂およびレンタル譜の製作が行われている。 (27年)、を満了。 歌曲 [ ]• 野薔薇(作詞:)• 唄(作詞:三木露風)• 歌曲集「AIYANの歌」(作詞:) - 「NOSKAI」「かきつばた」「AIYANの歌」「曼珠沙華」「気まぐれ」の全5曲からなる。 (作詞:北原白秋)• 蟹味噌(作詞:北原白秋)• (作詞:北原白秋)• かやの木山の(作詞:北原白秋)• 六騎(作詞:北原白秋)• 鐘が鳴ります(作詞:北原白秋)• 松島音頭(作詞:北原白秋)• 中国地方の子守謡(編曲)• ロシア人形の歌(全5曲、作詞:北原白秋)• 愛する人に(An die Geliebte、作詞:)• 紫(作詞:) 童謡 [ ]• (作詞:三木露風)• お山の大将(作詞:)• 七夕(作詞:)• (作詞:北原白秋)• かえろかえろと(作詞:北原白秋)• 酢模の咲くころ(作詞:北原白秋)• (作詞:北原白秋)• (作詞:北原白秋)• (作詞:北原白秋) オペラ [ ]• あやめ• (初演当初は「夜明け」)• 堕ちたる天女• 香妃(未完。 弟子のが補筆完成)• サムパギィタ(台本のみ)• 死の婚礼(台本のみ) 交響曲・交響詩 [ ]• 交響曲ヘ長調『』 1912• 交響曲『明治頌歌』 1921• 長唄交響曲第1番『越後獅子』• 長唄交響曲第2番『吾妻八景』• 長唄交響曲第3番『』 1934• 舞踏交響曲『マグダラのマリア』 1916• 交響曲『昭和讃頌』• 交響詩『暗い扉』 1913• 交響詩『曼荼羅の華』 1913• 交響詩『神風』 1940• 交響詩『』 その他の管弦楽曲 [ ]• 『君が代』による御大典奉祝前奏曲• 『日本組曲』(編曲)• ふる里は(交響詩曲『皇軍頌歌』第二曲)• 連作『源氏楽帖』• 劇音楽『星の世界へ』(の戯曲による)• 劇音楽『わしも知らない』(の戯曲による)• 舞踊詩曲『若きケンタウェルとニンフ』• 舞踊詩曲『青い焔』• 舞踊詩曲『明暗』• 舞踊詩曲『盲鳥』• 舞踊詩曲『マリア・マグダレーナ』• 舞踊詩曲『日記の一頁』• 劇音楽『信仰』• 劇音楽『指鬘外道』(の戯曲による)• 『タンジールの死』への音楽• 舞踊詩『ねたましき朝の光』• 舞踊音楽『野人創造』• プリンス・ウェールズへの祝祭前奏曲• 『太湖船』ラプソディ• 組曲『あやめ』• 舞曲『サロメの舞』• 詩朗読の付随音楽『千曲川旅情の歌』(による)• 詩朗読の付随音楽『地雷爆発』(北原白秋による)• 劇音楽『忠義』• 童謡組曲『幼き日』• 大和楽『砧』• 祝典序曲『紀元2600年』• 建国十周年慶祝曲• 前奏曲『INNO BRITANICA』• 劇音楽『』• 壽式三番叟の印象に拠る組曲風の祝典曲• 放送会館落成記念祝賀管弦楽『讃歌・わが庭のバラ』 吹奏楽曲 [ ]• 初春の前奏と行進曲• 第三艦隊行進曲• 連合艦隊行進曲 映画音楽 [ ]• 『黎明』• 『戦国群盗伝』• 『働く手』• 『国民の誓』• 『牧場物語』• 『川中島合戦』 室内楽曲 [ ]• ピアノ五重奏曲『婚姻の響』• 弦楽四重奏曲第1番ヘ長調(未完)• 弦楽四重奏曲第2番ト長調(単1楽章)• 弦楽四重奏曲第3番ハ短調(未完)• 弦楽四重奏のためのメヌエット• 三重奏曲『まきば 朝昼晩』(フルート、ヴァイオリン、ピアノ)• 「この道」を主題とせる変奏曲(フルート、ピアノ) ピアノ曲 [ ]• 『プチ・ポエム集』(全12曲)• 組曲『子供とおったん』• 『哀詩-「」を主題とする変奏曲』• 『源氏楽帖』(全7曲)• ピアノのための『からたちの花』• 『スクリアビンに捧ぐる曲』 - 『夜の詩曲(POEME NOCTURNE PASSIONE)』、『忘れ難きモスコーの夜』の全2曲からなる。 、滞在時に聴いたのピアノ曲に感銘を受けて作曲された。 合唱曲 [ ]• 『Die Herbstfeier〈秋の宴〉』(作詞:) - 、ベルリン王立高等音楽学校の卒業制作として作曲。 『梵音響流』(『巴里仏国寺に捧ぐる曲』改題)• カンタータ『聖戦讃歌 大陸の黎明』• カンタータ『沖縄絶唱譜』• カンタータ『天理教教讃頌譜 教祖』• 秋の歌 - 昭和23年度全国児童唱歌コンクール(現 )課題曲 軍歌・戦時歌謡 [ ]• 杭州小唄• 英霊讃歌• のぼる朝日に照る月に• 壮烈特別攻撃隊• 陸軍落下傘部隊の歌• 米英撃滅の歌• アッツ島決戦勇士顕彰国民歌• サイパン殉国の歌• 曙に立つ• 小国民決意の歌• なんだ空襲• 森脇佐喜子は自著で、山田耕筰が107の戦争協力の曲を作ったと批判している。 国民歌 [ ]• 明けゆく空(青年の歌)• 空は青雲~全国青年団民謡~• 全女性進出行進曲• 霊峰富士• 健康歌 大学校歌等 [ ] で歌唱指導を行う山田耕筰(昭和初期)• 応援歌「競技の使命」(作詞:五十嵐力)• 岩手医学専門学校(現:)校歌(作詞:)• 紅梅寮寮歌(作詞:土井晩翠)• (作詞:小野 十三郎)• 校歌(作詞:)• 校歌「」(作詞:)• 聖路加国際病院付属高等看護婦学校(現:)校歌(作詞:)• カレッジソング「幻の門」(1933年/作詞:)• 運動会歌「大空と」(作詞:北原白秋)• 校歌「亜細亜の魂」(作詞:)• (現:)校歌(作詞:林古渓、川路柳虹)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:北原白秋)• 駒澤大学第二応援歌(作詞:北原白秋)• 校歌(武蔵工業大学の前身・武蔵高等工科学校旧校歌)(作詞:相馬御風)• 学歌「常磐の松風」(作詞:)• 校歌(作詞:国文科学生有志)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌「一つ橋の歌(武蔵野深き)」(作詞:銀杏会同人)• 校歌(作詞:北原白秋)• 学歌(1922年/作詞:)• 歌(作詞:北原白秋)• 部歌(作詞:都留勝利)• ・校歌(作詞:野田仁一)• 学歌(作詞:学歌作成委員会)• 「空の翼」(作詞:北原白秋)• 「緑濃き甲山」(作詞:)• 「A Song for Kwansei」(作詞:)• 芦屋女子短期大学(現:)学歌「カレッヂ・ソング」 (作詞:大木惇夫)• 校歌(現:経済学部歌)(作詞:土井晩翠)• 松山商科大学(現:)校歌(作詞:)• 八幡大学(現:)学歌(作詞:)• 京城女子師範学校校歌(作詞:北原白秋)• 第二校歌(現:)(作詞:西田正一) 高校校歌等 [ ] など複数の学校機関で校歌が共通しているものは「」に記載• 校歌(1928年制定の旧校歌/作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:土井晩翠)• 校友会歌(作詞:古川精一郎)• 校歌(作詞:相馬御風)• 花輪高等女学校(の前身)校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:土井晩翠)• 校歌(作詞:大谷忠一郎)• 校歌(作詞:鈴木比呂志)• 校歌(作詞:)• 校歌(1936年4月制定、1960年10月まで歌われた旧校歌/作詞:長谷川昇)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 準校歌「あゝ黎明の歌」(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:大木惇夫)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:)• 校歌(旧制 神中・神高)(作詞:佐佐木信綱)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:相馬御風)• 校歌(作詞:手塚義明)• 校歌(作詞:大島文雄)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:小谷徳水)• 校歌(作詞:南江治郎)• 作詞:小野 十三郎• 校歌(作詞:小室昌規)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:細川真)• 校歌(作詞:)• 校歌「友にあたう」(作詞:)• 校歌(作詞:富田砕花)• 校歌(作詞:三木露風)• 校歌(作詞:土井晩翠)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:堀沢周安)• 校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(1928年制定の旧校歌/作詞:土井晩翠)• 校歌 - 2008年3月閉校• 校歌(作詞:梅木兜士弥)• 宮崎県立延岡高等女学校(現:)校歌(作詞:北原白秋)• 台北州立台北第三中学校校歌(現:)(作詞: ()) 中学校校歌 [ ] など複数の学校機関で校歌が共通しているものは「」に記載• 岩手県一関市立一関中学校校歌(作詞:大木惇夫)• 宮城県校歌(作詞:)• 栃木県小山市立豊田中学校校歌(作詞:)• 埼玉県校歌(作詞:綱島憲次)• 東京都校歌(作詞:大木惇夫)• 東京都校歌(作詞:)• 東京都校歌(作詞:)• 神奈川県校歌(作詞:同校の副校長金子保雄による)• 富山県校歌(作詞:大木惇夫)• 石川県校歌(作詞:室生犀星)• 長野県立高森中学校校歌(作詞:)• 静岡県校歌(作詞:大木惇夫)• 愛知県校歌(作詞:相馬御風)• 兵庫県校歌(1955年/作詞:藤浦洸)• 山口県長門市立深川中学校校歌(1954年/作詞:田中俊資 )• 徳島県校歌(作詞:澤潟久孝)• 校歌(作詞:河西新太郎)• 三重県北牟婁郡紀北町 町立紀北町中学校校歌 小学校校歌 [ ]• 北海道釧路市立旭小学校校歌(1931年/作詞:北原白秋)• 秋田県鹿角市立尾去沢小学校校歌(1934年/作詞:北原白秋)• 東京都校歌(作詞:大木惇夫)(旧檜町小学校から引き継ぐ)• 東京都校歌(作詞:北原白秋)• 東京都第一校歌(作詞:)• 東京都墨田区立業平小学校校歌(1936年/作詞:北原白秋)• 東京都品川区立鈴ヶ森小学校校歌(作詞:藤浦洸)• 東京都品川区立芳水小学校校歌(作詞:大木惇夫)• 東京都大田区立蒲田小学校校歌(作詞:北原白秋)• 東京都豊島区立池袋第一小学校校歌(1957年/作詞:大木惇夫)• 神奈川県川崎市川崎区宮前小学校 1959年/作詞:薮田義雄• 神奈川県川崎市立川崎小学校校歌(1933年/作詞:北原白秋)• 神奈川県横須賀市立汐入小学校校歌(1931年/作詞:北原白秋)• 神奈川県校歌(1955年/作詞:)• 神奈川県三浦市立三崎小学校校歌(1937年/作詞:北原白秋)• 新潟県魚沼市立伊米ヶ崎小学校校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 福井県校歌(作詞:北原白秋)• 岐阜県校歌(作詞:)• 静岡県立成美小学校校歌• 愛知県校歌(作詞:サトウハチロー)• 愛知県立蟹江小学校校歌(作詞:サトウハチロー)• 愛知県蟹江町立新蟹江小学校校歌(作詞:サトウハチロー)• 愛知県蟹江町立須西小学校校歌(作詞:サトウハチロー)• 愛知県蟹江町立舟入小学校校歌(作詞:サトウハチロー)• (作詞:)• 大阪府住吉区 祝歌 作詞:小野 十三郎• 兵庫県神戸市立川池小学校校歌(作詞:富田砕花)• 兵庫県校歌(作詞:三木露風)• 兵庫県校歌(作詞:)• 奈良県橿原市立晩成小学校校歌(1953年/作詞:藤浦洸)• 奈良県奈良市私立祝歌 作詞:細谷 清郎• 鳥取県米子市立明道小学校校歌(作詞:明道校校歌制定委員会)• 山口県下関市立清末小学校校歌(作詞:)• 山口県下関市立名池小学校校歌(作詞:有光牛声)• 山口県萩市立育英小学校校歌(1953年/作詞:田中俊資)• 愛媛県校歌(作詞:越智武平、補作:)• 福岡県北九州市立平原小学校校歌(作詞:北原白秋)• 長崎市立勝山小学校• 熊本県校歌(作詞:北原白秋)• 熊本県校歌(作詞:北原白秋)• 校歌(1929年/作詞:佐々木信香) その他一貫校などの学校歌 [ ]• ・(京都府)旧校歌• 細田学園中学校・高等学校校歌(作詞:岡田恒輔)• (幼稚園~高校一貫)学園歌(作詞:)• 校歌(1936年/作詞:北原白秋)• 、専門学校および高等専修学校式歌「賀頌」(1924年/作詞:)• 東洋英和女学院(現:)校歌(1934年/作詞:北原白秋)• 校歌(1933年/作詞:北原白秋)• 桜丘中学・高等学校校歌(作詞:西篠八十)• 学園歌「永遠(とわ)の女」(1952年/作詞:大木惇夫)• 校歌「月の輪原頭」(旧校歌 /作詞:北原白秋)• 校歌(作詞:)• 校歌(作詞:服部嘉香)• 校歌(作詞:北原白秋)• 松蔭高等女学校(現:)校歌(1939年/作詞:浅野勇)• (幼稚園~高校一貫)学院歌(1964年/作詞:大木惇夫)• 芦屋高等女学校校歌(作詞:富田砕花) - 現:の旧校歌 自治体歌 [ ]• 山形県民歌(1959年/作詞:田中道一)- 市制70周年記念として「唇に歌を」のタイトルで一般公募によりつくられた。 福島県歌(1936年/作詞:北原白秋)• 茨城県歌(1935年制定の旧市歌/作詞:北原白秋)• (1926年/作詞:)• 東京市童謡(作詞:吉田栄次郎)• 東京都歌(1957年/作詞:)• 東京都歌(作詞:柳田仲之助)• 東京府歌「わかき松江」(1929年/作詞:北原白秋)• 東京都歌(1936年/作詞:北原白秋)• 神奈川県(1937年制定の旧市歌/作詞:北原白秋)• 長野県民歌(1957年/作詞:南沢次勇、補訂:大木惇夫)• 長野県歌(1936年/作詞:北原白秋)• 静岡県歌 1957年3月/作詞:山宮充)• 愛知県歌(1937年/作詞:北原白秋)• 兵庫県(1946年/作詞:北村正元)• 兵庫県(1928年/作詞:北原白秋)• (1948年/作詞:)• 和歌山県歌(作詞:佐藤春夫)• 山口県歌(作詞:石川千史、補訂:北原白秋)• (1948年/作詞:坂口利雄)• 鹿児島県民歌(作詞:芳賀武) 社歌等 [ ]• 「鉄道精神の歌~轟け鉄輪~」(1934年/作詞:北原白秋) - 国鉄職員の鉄道魂を歌ったもの。 に収録されている。 歌「椎の木の歌」(1938年/作詞:北原白秋)• 社歌「風に見よ」(1938年/作詞:北原白秋)• 所歌「鉄なり 秋なり」(作詞:北原白秋)• 社歌(作詞:西条八十)• 社歌(作詞:西條八十)• 社歌(作詞:鈴木徳三)• 創立25周年記念歌「ジャスラックの歌」(作詞:西条八十)• 「ポーラ音頭」(作詞:西条八十)、「あの花この花」(作詞:西条八十)• 社歌(1930年作の旧社歌/作詞:北原白秋)• 社歌(1937年、同社創業55周年/作詞:北原白秋)• 社歌(1940年/作詞:北原白秋)• 社歌(1939年/作詞:北原白秋)• 行歌(作詞:藤浦洸)• 社歌「かがやく翼」(1963年/詞は社内公募による。 作詞:南出弘 補詞:西条八十)および愛唱歌(作詞:サトウハチロー)• 歌「花はかおるよ」(1924年/作詞:)• 全日本婦選大会「婦選の歌(同じく人なる)」(1930年/作詞:)、「婦選の歌(東の果に島あり)」(1930年/作詞:)• 座歌(1936年/作詞:北原白秋)• 多磨風体歌 第一(作詞:北原白秋)• 社懸賞当選歌「」(1940年/日本コロムビア) - とのデュエット曲• 2代目社歌(1948年。 刊の『近畿日本鉄道のひみつ』に掲載され、一般に公開されている) スポーツ関連 [ ]• 行進歌(1935年/作詞:富田砕花)、全国高校野球選手権「大会行進曲」 編曲 [ ]• 「」チェロとピアノのための。 - の手によって録音された。 マレシャル演奏の調性はロ短調。 長らく・のクロージング として使用された。 著作 [ ] 山田は作曲や指揮だけではなく音楽教育にも力を注ぎ、多数の著書を残している。 山田が関わった学校音楽教科書、声楽や作曲を学ぶ者へ書かれた専門書は、現在ではすべて新しく出た類書に取って代わられている。 とはいえ、大正から昭和の前半においての日本の音楽教育に少なからぬ影響を与えている。 1925年に出版された『生れ月の神秘』は、に凝っていた彼が残した唯一の占い本である。 彼自身は外国の本の翻訳だと主張しているが、原書は不明(1972年版のように訳書と断っていないものもある)。 誕生月ごとに「性格」「なすべきこと」「短所」「慎むべきこと」「子どもの運勢」について、丁寧体かつ平易な口調で述べられており、再刊と絶版を繰り返しながら今日まで読み継がれている。 に、で『山田耕筰著作全集』(全3巻)が刊行されている。 これらに未収録の著書も多い。 『新式音程視唱教本』(大阪開成館/1915)• 『簡易作曲法』(大阪開成館/1918)• 『近世和声学講話』(大阪開成館/1918)• 『独唱法提要』(開成館/1920)• 『近代舞踊の烽火』(/1922)• 『作曲者の言葉』(アルス/1922)• 『音楽の法悦境』(イデア書院/1924)• 『私の観た現代の大作曲者』(大阪毎日新聞社/1924)• 『歌の唱ひ方講座』(日本交響楽協会出版部/1928)• 『声楽入門』(日本放送協会東海支部/1929)• 『レコードによる洋楽鑑賞の実際』(日本コロムビア蓄音器/1932)• 『歌謡作曲法』(日響出版協会/1932)• 『児童のための音楽 童話風に書かれた名曲レコードの鑑賞法』(日本コロムビア蓄音器/1932)• 『和声学・作曲法』(文藝春秋社/1933)• 『音楽論』(玉川学園出版部/1933) - 『音楽の法悦境』の抜粋• 『十二楽聖とその代表曲』(日本コロムビア蓄音器/1933)• 『音楽二講 声楽独習法と旋律の作り方』(日響出版協会/1933)• 『耕筰楽話』(清和書店/1935)• 『レコードと楽譜による音楽鑑賞指導の実際』(/1935)• 『耕作随筆集』(南光社/1937)• 『歌曲の作り方』(雄鶏社/1949)• 『音楽十二講』(山雅房/1951)• 『山田耕筰百言集』(日本書籍/1959)• 『山田耕筰著作全集』全3巻(岩波書店/2001) 共著 [ ]• 『作曲の実際』(アルス/1936)• 『作曲の技法』(婦人画報社/1949)• 編『若き日の思い出』(旺文社/1955)• 『十人百話 第3』(/1963)• 『私の履歴書 第三集』(/1963) 教え子 [ ]• 演じた俳優 [ ]• ・ - 『』 、1979年• - 映画『』 監督、2019年• - 『』、2020年 役名は「小山田耕三」 脚注 [ ]• サンデー毎日、1979年9月2日号88頁• 『若き日の狂詩曲』から「関西学院」の記述より。 では86枚目。 5月、地元の文化市民活動団体『「山田耕筰」と「赤とんぼ」を愛する会』や市内有志、企業などによる市民団体『童謡「赤とんぼ」の碑を建てる茅ケ崎市民の会』の運動により、中央公園内に高さ約2. 3mのオルガン型の記念碑が建立されている(2012年3月20日除幕式催行)。 は毎日夕方に行っている防災行政用無線の試験を兼ねたチャイム放送を、市民の意見を参考に、2007年10月1日から「赤トンボ」のメロディに変更した(『広報ちがさき』2007年9月15日号3面)。 映画「ここに泉あり」では片手で指揮をする姿が確認できる。 カルピス株式会社 2008年1月. 2013年12月28日閲覧。 佐々木烈『日本自動車史 写真・史料集』三樹書房、2012年、484頁。 2020年4月30日. 2020年4月30日閲覧。 原出典: 2000年1月号「山田耕筰 現在ならセクハラで社会から葬られています」、高木東六著書『愛の夜想曲』• , pp. 24-26. 明治大学. 2013年12月28日閲覧。 明治大学. 2013年12月28日閲覧。 一橋大学HQ編集部「 」 『HQ』第13号、一橋大学HQ編集部、2006年10月、 12-15頁、 2013年12月28日閲覧。 山田耕筰本人の歌唱による音源が存在する。 にリンクあり。 関西学院大学 2007年11月13日. 2013年12月28日閲覧。 関西学院新聞部. 1 1933年9月20日. 2019年11月17日閲覧。 - 1933年9月18日に開かれた新校歌「空の翼」発表会の模様を報じている。 山田のスピーチも掲載。 今田寛 2005年2月1日. 関西学院中学部第一回生同窓会. 2013年12月28日閲覧。 山田耕筰本人の歌唱によるSPレコードが製作されている。 ピアノ伴奏は。 CD復刻版は「山田耕筰の遺産 13 歌のうたい方と音楽観賞」(コロムビア, 商品番号:COCA-13183)に収録。 2018年3月24日閲覧。 )による。 2018年3月24日閲覧。 )では「田中俊介」表記。 「」『』 PDF 釧路市地域史研究会・釧路市地域史料室、釧路市、2010年3月25日(原著2006年10月11日)、Web第4版。 2013年12月28日閲覧。 - 「大正5年(1916)」のページに、釧路第四尋常小学校の校歌が後に旭小学校に改称となってからも歌詞を変更して歌い継がれた旨の記載がある。 墨田区立業平小学校 2013年7月24日. 2013年12月28日閲覧。 - 1982年に原譜が見つかるまで、校歌資料がなかった昭和30年代に関係者の記憶から作譜し歌われるようになった経緯も紹介。 和木康光『』 PDF 、2012年、246-247頁。 2013年12月28日閲覧。 大谷高校. 8 2010年9月22日. 2013年12月28日閲覧。 PDF. 米沢市議会. 2011-12-09. 149. 2013年12月28日閲覧。 「いま、須坂」実行委員会. 5-6 2004年. 2013年12月28日閲覧。 - 制作経過と山田のコメントを収載。 神谷千晶 2008年9月27日. 神戸新聞. の2008年9月30日時点におけるアーカイブ。 2013年12月28日閲覧。 日本国有鉄道 鉄道辞典編集委員会、岡部蔵造(「鉄道精神の歌」の項の解説執筆者)ほか『』下、日本国有鉄道、公益財団法人交通協力会(原著1958年)、1217-1218頁。 2013年12月28日閲覧。 、植村清二・中西敬二郎(第20章の執筆者)・西田長壽「」『』 PDF 下、、1980年、1041-1044頁。 2013年12月28日閲覧。 「嬰ト短調 1964年度から1972年度まで 」・「イ短調 1973年度から1982年度まで 」・「変ロ短調 1983年度から1992年度まで 」とピッチを半音づつ上げて使用していたが、1993年度にアニメーションを残しBGMとしては廃止された。 お笑いナタリー. ナターシャ. 2020年4月24日. 2020年4月25日閲覧。 参考文献 [ ]• 遠山音楽財団付属図書館編『山田耕筰作品資料目録』遠山音楽財団付属図書館、1984年。 松本善三『提琴有情 日本のヴァイオリン音楽史』レッスンの友社、1995年。 関連項目 [ ]• - 「大滿洲國國歌(1932年)」と「第2の滿洲國國歌(1942年)」の作曲に関わる。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (2019年3月30日アーカイブ分)• - ピティナ・ピアノ曲事典• として無料で入手可能。

次の

朝ドラ「エール」に初登場 志村けんと山田耕筰の“意外な共通点”

山田 耕筰 と 古関

古関裕而が憧れ、師と仰ぐ音楽家は山田耕筰でした。 「作曲する時は、自然と先生の旋律が浮かんできた。 知らず識らずのうちに先生の作風を模倣していた。 いつの間にかゆったりとした日本的で、抒情的な美しい音楽が、私の中にすっかり入り込んでいた。 五線譜の上に並んで音符をたどると、先生の心情が伝わってきた」。 これを読めばどんなに山田耕筰の音楽に傾倒していたかが分ります。 古関がこうして作曲した作品を選び、山田事務所宛に送ったことが縁となって、山田の推薦でコロムビアの専属作曲家になります。 専属作曲家になったものの思うようにヒット曲が書けなくて、苦悩の日々が続きますが『露営の歌』の空前の大ヒットで、状況は好転していきます。 この歌について、東京日日新聞の夕刊「前線の勇士『露営の歌』大合唱す」との見出しの「大きな写真を見、この記事を読み、この歌によって兵士が戦いの疲れをいやし、気持ちが和み励まされていることを知り、作曲した甲斐があった、としみじみ感じた」と書いています。 古関は他にも支那事変・大東亜戦争で、多くの軍歌、戦時歌謡を作曲しています。 『比島決戦の歌』については「この歌は私にとってもいやな歌で、終戦後戦犯だなどとさわがれた」と書いていますが、中支従軍記には「自分の職を通じて国運の勝利や栄えを祈る態度が正しいと思っていた」とも書いています。 この古関の態度は間違っていないのではないでしょうか。 インパール作戦従軍記に「火野(葦平)さんが出発前に司令部から頼まれた『ビルマ派遣軍の歌』の原稿を渡された私はすぐ作曲することを約束した。 火野さんらしい格調の高い詩である」「後に『麦と兵隊』『花と兵隊』等の作品により火野さんは『戦犯』としてある期間筆を持つことを停止された。 彼は兵隊(すなわち当時の大衆)の最も深い理解者であり、同情者であった。 誰かを、何人かを犠牲者の祭壇にあげなければならない敗戦国の悲運だったことによるのだろう」とありますが。 師の山田耕筰も戦争協力を烈しく指弾されます。 しかしながら、平成11年7月16日付産経新聞に「宣戦布告なしに日本爆撃 米も計画していた。 ルーズベルト大統領了承 米公文書館に文献」というスクープ記事が載っています。 欧州戦線重視などの理由で実施されなかったといいます。 大東亜戦争を計画していたとして、私たち日本人は東京裁判で裁かれたのですから、実にもって酷いものです。 古関裕而が言うように「敗戦国の悲運」としか言いようがありません。 刑部芳則氏の研究によると、古関は戦後、自衛隊の歌をいくつも作曲していますので、反軍思想を持っていたとは考えられません。 ドラマ化にあたってNHKにひと言。 「テレビ小説」だからといって、事実を無視した偏向した内容にしないで欲しい。 巻末の作品リスト(抄)の解説に、「終戦後GHQの命により時局色・戦時色の強い作品のスコアを焼却させられた」とあります。 これは明白な大衆文化への弾圧で、旧敵国の占領軍が言う言論の自由、表現の自由がニセモノであったことをいみじくも表しています。 作曲家・古関裕而の自伝と言うことで興味を抱いて購入した一冊であるが、読み終わってみるとちょっと内容に不満の感じる自伝であった。 古関裕而といえばヒット曲も多く作り、高校野球の行進曲『栄冠は君に輝く』や東京オリンピックの行進曲を作ったことでも知られており、本書ではそうした代表的な曲の作曲事情などが書かれているのは当然と言えば当然。 ただ、何しろ作曲した曲数が多いので取り上げられている歌も多く、必然的に作曲事情も簡略して書かれている感があったのが残念。 とは言え、例えば『イヨマンテの夜』がラジオドラマ『鐘の鳴る丘』から生まれたというような話は面白かった。 残念といえばもう一つ。 古関裕而は交響曲や協奏曲など本格的なクラシック曲も作曲しているのだが、それについて少しでも知れればと思ったのだが、その点にはほとんど触れていなかったのが残念であった。

次の