ある ユダヤ 人 の 懺悔 日本 人 に 謝り たい。 あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)

ユダヤ人のぶっちゃけ内実暴露本が復刻された!

ある ユダヤ 人 の 懺悔 日本 人 に 謝り たい

1979年に書かれた古い本ですが、自分の友人でも特に教育業界やアカデミックにいる人にはぜひ読んでもらいたい一冊です。 まあ一体何が言いたいかというと 「は、国家としての日本、人間の純度・質をとことん落とすために作られたで、めちゃくちゃ効き過ぎました…。 日本人の精神・家族・国家をここまでぐちゃぐちゃにして本当にごめんなさい。 同じ人として本当に謝りたい、ごめんなさい」 という内容です。 自分が今まで生きてきて、社会に対して感じていた様々な疑問がかなり氷解しました。 男女の無理な平等もそもそも人の法律家たちが日本国家政策的に組み込んだものだそうです。 そもそも、この というかがドイツ人を骨抜きにするために作ったワイマールの丸写し内容 で、 何がしたかったかというと 「人間獣化計画」 ドイツ人が思うところに だそうで、目的は以下のとおり• の消滅• 拝金主義• 自由の過度の追求• 道徳軽視• 事なかれ主義 Sports Sex Screen• 無気力・無信念• 義理人情抹殺• 俗吏属僚横行• 否定消極主義• 刹那主義• 突端主義• 国粋否定• 享楽主義• 家族制度破壊• 民族的否定 ということだそうです。 間違いなく、日本の物質的豊かさの反面で 大流行している精神的退廃じゃないですか(苦笑。 本当に人の法律家ってすごい賢いなって思いました。 最終的にたどり着くところは、 家族制度の完全崩壊と金、金、金の欲と利害関係にまみれた的なエコノミックばかりの国家、というか国家として機能しない社会を作るのが目的なんだそうです。 いわゆる 精神崩壊・国家崩壊を目的としたですね。 そもそもこのの元となったワイマールは、人が迫害されてきたヨーロッパで人政府のワイマール共和国ができたときに、大多数のドイツ人の中に生きる人が復権するために作った人民飼い殺し用のらしく、どうせなので日本でもその写しを戦後の日本でも使ってやれ、と適用されたそうです。 ちなみにドイツではその危機にドイツ人が感づき、反発でが横行して人が迫害された で結果、 日本では物質的豊かさと反比例して、日本人の精神・家族・国家をここまでぐちゃぐちゃにしてしまった。 で、この人の老人モルデカイ・さんは日本人にはいろいろよくしてもらったのに申し訳ない…最後に謝りたい、とこの告白をしたのがこの本というわけです。 の内容とその効果、資本主義とをの両方を道具として生き残るための使ってきたの歴史などを詳しく紹介してくれています。 特にの中で 「自由」と「平等」という相反する概念の組み合わせがどれだけ人をダメにするか、「義理人情」の方がどれだけ崇高な概念かとかいている所は、かなりぐっときます。 民主主義がどれだけ虚妄か本当に勉強になりました。 まあこんな気持ちの人の方がいたということで、ぜひ、一度読むことをオススメしたい本です。 内容的には、最近流行っている「」とかに近い本ですね。 以下は、ちょっと男女平等関連で面白い所があったのでそこを引用して紹介したいと思います。 P122の男女平等の悪影響についての部分です。 男女平等の悪影響 第二十四条(の)、ここでまた「平等」を吹き込んでいる。 今度は男女間に拡大しようというわけである。 この 「男女平等」は戦後真に大きな悪影響を及ぼしていることは周知の通りである。 もともと第二十四条は、男女同権とはいっておらず夫婦同権を謳っているだけなのだが、これがマスコミその他によって男女同権まで知らぬままに拡大されてしまった。 人間は自然の摂理として両性は全く異なった天分をもたされているにもかかわらず、これを単純に平等に扱おうというわけである。 これは自然の摂理に対する冒涜である。 この問題に関しては先例がある。 それは、ロシア・クーデターの後勢力はにおいていわゆる 「婦人国有」政策を押しつけている。 これはどういうことかというと、生殖作用の成熟した年齢より四十二歳までの女は男に対して肉の欲求を拒むことができない、而して生まれた子供は家庭の手をわずらわさず国家が引き取って養育するというものである。 女は家庭に縛られることなく一定の夫に貞操を守る義務がなく、子供は国家が養育してくれるから母として世話する必要もなく。 労働に男と同権で参加出来るというものである。 今日 1979年 、で女が男と全く同様の重労働に精出しているのはこの名残である。 婦人国有の如き、というより極端な動物回帰政策はさすがに 日本では当時のニューディーラーの強権をもってしてもできなかったのであるが、 姦通罪をなくすことにより巧妙にの低下に拍車をかけ、家族制度の破壊を加速化したのである。 本来、夫婦同権としれば家庭的に互いに相譲らざる二人の権力者が出来、その調和を乱し家族制度の破壊に導くことができるという考えはあったのであろうか。 第一章でも述べた如く、このため昔から人の間で医師、弁護士になることがすすめられていたのである。 これは社会的存在によるものではなく、これら二つの職業が家庭内秘密にタッチする機会のすこぶる大きいものであり、これが 家族制度の破壊のために有力な武器となる計算づくのことであったのだ。 家庭内の調和が乱れると、化現象も促進されよう。 子は親の面倒をみなくなる。 本当にこのは壮絶だなぁと今更になって思わされました。 男女平等は完全な家族制度の崩壊、福祉費用の増大による国家の疲弊を狙ったものだったんですね。 もしかしたら、婦人国有なんていう制度が導入されていた日本の事を考えると寒気がします。 今ももしかしたらほぼ、この婦人国有政策が実施されているのと同じような世の中なのかもしれませんが、こんな政策が実施されていたら、 女性はただイケメンに抱かれるために努力し、男はいい女を奪い合う、まさに、道徳軽視の快楽主義、が更に蔓延した社会 ・にさらにつらい社会 になっていたんでしょうね。 そう考えると、日本に古来からあったお見合い制度や信頼ある人同士が結婚相手を紹介し合う制度は非常ににも精神的にも高度な文化なのかもしれません。 最後に、この本で的に紹介されている内容をいくつか取り上げます。 君主と人民に直接的利害関係 搾取関係 がないのは世界広しといえど日本のだけ。 戦前の日本人の家族制度は世界一だったが、今は人が世界一ではないか。 戦前の日本の「男は度胸、女は愛嬌」は、男女の天分を示す人も尊敬する素晴らしい考え。 麻雀の、緑一色の役は人が考えた。 これを導入した教育改革 テスト で、人と社会のあらゆる能力を奪える。 より生まれる思想は国と人をとことん弱くする。 ドイツの人は人の名前にドイツ語の普詞しか使ってはならなかった。 の宗教の自由は、のに対する排他的姿勢対策で作ったものだった。 人のが見つけたアメリカも、転居の自由が認められてなかったためにに奪われた。 二十八条は爆笑モノ、なぜかに設立に関する実体法が組み込まれている。 人のタルムードの思想には、「非人の財産は、一時彼等に預けてあるものである。 故に、何時でも代償なく奪い返すも可なり」という考えがあるので、このようなをつくるのも厭わなかった。 インターナショナル international という言葉は、人の国家を超えた横のつながりを示すのであり、日本人の考える国際 global とは根本的に違う。 資本主義もも為政者の道具、自由競争生産が唯一の経済。 ハリウッドの映画の監督、作家、資本もほとんど系。 大抵政策的意図のある映画である。 よってベニスの商人は絶対ハリウッドで映画化されることはない。 大統領は人で、の中では英雄モーゼ扱い。 系者で固めた政策をとったためアメリカではタブー視されている。 原爆搭載機「エノーラ・ゲイ」は 中東欧の人の言葉 で、「を屠れ」の意味。 制の崩壊が国家崩壊に重要と考えたため。 結構面白い本でした。 オススメです。 sifue.

次の

世界を支配するグローバルユダヤ人の奥の院、サンヘドリン長老からの日本人への警告「あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい」から分かる2020年日本滅亡の危機!

ある ユダヤ 人 の 懺悔 日本 人 に 謝り たい

モルデカイ・モーゼというユダヤ人が書いた、ユダヤ勢力の内実暴露本がこのたび復刻された。 タイトルは「あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい」である。 これまで古書価格が1万円以上したが、税抜き1,000円で新品が買えるようになった。 出版に至った事情はよくわからないが、沢口企画の沢口祐司氏が自費出版という形で復刻されたようである。 また、や馬渕睦夫氏、田中英道氏も協力しているものと思われる。 馬渕氏はこの本が1979年に発刊されたのは奇跡だとまで言っている。 それほど、この本はユダヤ勢力の秘密裏の活動を暴露しているのである。 モルデカイ・モーゼ氏は別に変なユダヤ人というわけではなく立派な経歴の人物である。 著者略歴によれば、 1907年ウクライナのオデッサ生まれ。 父親は哲学者で革命家、ロシア革命では指導的役割を果たした。 レーニン没後ソ連におけるユダヤ勢力の将来に見切りをつけた父親と共にワイマール体制下のドイツへ亡命。 父親は美濃部達吉博士に「天皇機関説」を説いたゲオルグ・イエリネックと親交があった。 ベルリン大学で政治学、哲学を専攻後、国際連盟労働局で極東問題を担当。 独ソ不可侵条約が結ばれると、その本質がユダヤ勢力の抑圧にあることを看破し、ハルビンを経て上海に亡命。 「サッスーン財閥」の顧問となり、日本の国体、神道、軍事力の研究に従事。 1941年米国へ亡命、ルーズベルト等のニューディール派のブレーントラストとして活躍。 1943年頃から対日戦後処理の立案にも参画。 戦後十数回来日した。 となっている。 ではどんな事が書かれているか?ざっと目を通してみて、気になったポイントを抜き出してみた。 表現等は変更してあり、まとめ直している。 そのまま著作から引用しているのではない。 この本が出版されたのは1979年であることを念頭において読んでいただきたい。 「あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい」要旨 社会契約論を書いたルソー(ユダヤ人)は、君民共治社会を理想と考えていたが、それは実現不可能なので、次善策として民主主義を提案した。 しかし、戦前の天皇制こそ君民共治社会であり、日本人の財産である。 その他に、武士道精神、義理人情、家族の団結した様、「男は度胸、女は愛嬌」という価値観などが戦前日本社会の素晴らしい点だったと著者は指摘している。 戦前の日本=悪と決めつける日本共産党の活躍や、家族の解体と社会の分断を図る毒が込められた戦後憲法によって、こうした日本の良さは減少してしまった。 日本共産党はユダヤ人が日本社会に残した害毒である。 ユダヤ人は、迫害され、自由を限定されてきた事から、自分たちの解放のために、国家こそ悪であり、君主制こそ悪であり、協力しあう家族こそ解体すべきものと考えた。 そこで、自由・平等・博愛をスローガンにして非ユダヤ人の協力も取り付け、フランス革命を起こし、フランスの君主制を倒した。 マルクス主義は、ユダヤ人バリニッシュ・レヴィーが、ユダヤ人の理想の実現のために役に立つ学説(フィクション)を作り上げて欲しいとユダヤ人マルクスに依頼したことからでっち上げられた。 ユダヤ人の理想とは、非ユダヤ国家を転覆させ、世界共和国を建設し、ユダヤ人がそれを統治し、ユダヤ人が世界の全財産を掌握するというものである。 こうした考えには、タルムードの教えが背後にある。 その教えとは、「非ユダヤ人の所有する財産は本来ユダヤ人に属するものなれど一時彼ら(非ユダヤ人)に預けているだけである。 故に何らの遠慮もなくこれら財産をユダヤ人の手に収むるも可なり」(シュルハン・アルク ノショッツェンハミツバッド第348条)。 というものだが、タルムードのこの内容はほとんど異教徒には紹介されていない。 このタルムードの教えが基となって、ユダヤ人には、 本来、世界の全財産はユダヤ人の物なのに、それが異教徒によって搾取され奪われているという被害者意識がある。 また、異教徒を見下し、異教徒には基本的に何をやってもいいという意識がある。 マルクス主義は科学でもなんでもない、アカデミックを装ったでたらめである。 当然、共産主義もユダヤ人が考え出した方便である。 ロシア革命もユダヤ人が主導した。 レーニンの妻はユダヤ人。 アメリカのユダヤ人も大いにロシア革命に協力した。 経済的にも協力したし、ユダヤ系の外国人をアメリカに入国させ、アメリカ国籍を与えてアメリカのパスポートを持たせてから、ロシアに送り返すという事もしていた。 1920年当時のソ連政府の各委員会に占めるユダヤ人の人数と割合は下図の通り。 (176頁より) 委員会名 委員総数 うち、ユダヤ人 % 人民委員会 23人 17人 77. 2% 軍事委員会 43人 33人 76. 7% 外務委員会 16人 13人 81. 2% 財務委員会 30人 24人 80. 0% 司法委員会 21人 20人 95. 0% 教育委員会 55人 42人 79. 2% 社会委員会 6人 6人 100% 労働委員会 8人 7人 87. 5% 赤十字委員会 8人 8人 100% 地方委員会 23人 21人 91. 0% 新聞記者 41人 41人 100% シベリア出兵時、アメリカもシベリア出兵を行った。 目的はボルシェビキの援護で、米軍には英語を話せないポーランド出身のユダヤ人が多数いた。 また、満州はユダヤ人のホームグラウンド候補地として、ユダヤ人も狙っていた。 国際連盟はユダヤの世界政府というのがその本質だった。 国際連盟の指導者は、杉村陽太郎を除いて皆ユダヤ人だった。 国際連盟が力を入れたのは、軍縮と労働運動の強化だったが、その狙いは国家の弱体化にあった。 大東亜戦争時、日本は戦争を避けようとした。 ルーズベルトこそ第二次世界大戦開戦の真の責任者。 だからこそ、ルーズベルトには触れられたくない。 ルーズベルトの先祖は、オランダのユダヤ人だった。 ルーズベルトは全米のユダヤ人からモーゼの再来として尊敬されていた。 ルーズベルト政権には多くの共産主義者・ユダヤ人がいた。 日本に原爆を落としたB29に書かれていた「Enola Gay」という語はイディッシュ語(中東欧のユダヤ人が使っていた語)で「天皇を屠れ」の意味。 GHQはユダヤ人が主要な勢力だった。 戦後憲法の草案を作ったのもユダヤ人で、日本国憲法はワイマール憲法をほとんど丸写ししたもの。 ワイマール共和国はユダヤ人がドイツに打ち立てたユダヤ政権国家であり、ワイマール憲法は国際的なタブーになっていてほとんど研究されていない。 元々団結していた日本人の中に「自由」と「平等」という相反する概念を持ち込んだため、日本人から和が消えた。 民主主義という概念は、自由と平等という相容れない概念を結節するために造られた虚構で、それ自体には実体がない。 民主主義を絶対視するのはおかしい。 民主主義/共産主義のように、なんでも二項対立で考える癖は、ユダヤ人特有のもので、日本国憲法にもそのような二項対立的な価値観が忍ばされている。 日本国憲法には、人間の純度を落とし、動物に近づけるような毒が含まれている。 個人主義、拝金主義、家族の解体、愛国心の去勢、道徳観の失墜、それぞれ異なった天分を持つ男女を単純に同じように扱おうとして自然の摂理に逆らう男女同権。 そして武装解除そのものの憲法9条。 明治憲法制定の際も、ユダヤ系ドイツ人にアドバイスを聞いたので、明治憲法にもユダヤ的な色彩がある。 ユダヤ人が法学研究に熱心だったのは、(革命や戦争などによらず)理念によって国家転覆が狙えるから。 ユダヤ人は、ユダヤ人の理想を実現するための方策として、2つの異なる手段を保持していた(両建て主義)。 一つは共産主義と革命、もう一つは資本主義と戦争である。 戦争は革命よりも手っ取り早いユダヤ人解放の手段とみなされていた。 アメリカにおけるマッカーシズム(赤狩り)の本質は、ユダヤ支配から脱するためにアングロサクソン系アメリカ人が決起したというもの。 赤狩り=ユダヤ狩りだった。 ウィルソン大統領からルーズベルト大統領の頃まで、ユダヤ人の勢力が非常に強かったことから、アメリカをUSAではなく、ジュー・エス・エーと呼ぶ人もあった。 日本ではアメリカを隷猶国(猶太人に隷属する国の意)と呼ぶ人もいた。 ハリウッド映画は資本から製作、監督、俳優に至るまでユダヤ系で占められている。 プロレスを商業化し、日本に持ち込んだのはユダヤ人。 ユダヤ人も麻雀が好き。 上海にいたユダヤ人がアメリカに麻雀を広めた。 チートイツと緑一色はユダヤ人が作った役。 ユダヤ人は医者と弁護士の職業を選ぶ傾向があるが、それは他人の家族の秘密に触れられるから。 家族制度の弱体化を狙えるから。 タルムードにはやはり隠された教えがあった? モルデカイ・モーゼ氏は、タルムードについて興味深い事を書いている。 戦後生まれのユダヤ人は、タルムードの思想といっても、その最も肝要な部分を教えられていない。 それはタブーとされているからである。 彼らはしたがって、真のユダヤの理想というもの、それは恐らく人類の理想でもあるだろうが、をまったく教えられていないのである(18頁) タルムードの肝要な部分はタブーとして、後世には引き継がれなかったというのである。 しかし、その内容がなんであったかには触れられていない。 参考記事: また、上述のように、タルムードには 異教徒の財産をユダヤ人が奪うのはOKという内容が含まれており、タルムードには平和的でない要素があることがわかる。 世界の平和のためには、ユダヤ人側の内実暴露、懺悔、譲歩が必要だ モルデカイ・モーゼ氏は、ユダヤ人側の内実・本音を暴露し、日本人に謝ってこの世を去ったわけだが、現在でも、モーゼ氏が説明したようなユダヤ人のユダヤ的な有様は続いている。 しかしそれについて語るのはタブーのままだ。 アメリカはやたらとイスラエルの味方をするが、それについて深く論評する人間はいない。 この記事のようにユダヤ人について何か書くと、グーグルの検索順位が落ちたり、ツイッターでシャドウバンされたりする。 また、歴史的にユダヤ人が行ったことを検証しても陰謀論としてまともに取り扱われないことが多い。 しかし、こうしたあれこれはユダヤ人と非ユダヤ人の間の軋轢を増すばかりで、ユダヤ人側の内実暴露と譲歩こそ、世界の平和にとって不可欠であるように思う。 非ユダヤ人側がいつも譲歩を強要されるから、反ユダヤ主義がなくならないという側面がある。 非ユダヤ人があれこれ書いても、人種差別主義者だと罵られて終わる可能性があるから、ユダヤ人側が真相を書いてほしい。 第二のモルデカイ・モーゼ氏の出現に期待したい。 以下、参考記事。 第二次大戦後、ユダヤ系アメリカ人モーゲンソーによって行われたドイツ人への報復について ワイマール共和国の成立においていかにドイツ人がユダヤ人を憎むようになったかについて カテゴリー• 3 アーカイブ• 3 人気記事(過去1ヶ月)•

次の

「あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい」の内容は正しいでしょうか?

ある ユダヤ 人 の 懺悔 日本 人 に 謝り たい

あるユダヤ人が 天皇と 日本について語った文がある。 彼の名はモルデカイ・モーゼ。 戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の 対日処理立案(GHQ政策)にも加わったという。 彼は『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している。 彼はこの本の中で、「共産主義」はユダヤ人が作り出したものだと言明し、日本を揺るがした美濃部達吉の「天皇機関説」もユダヤ人ゲオルグ・イエリネックによる国家機能弱体化運動の一環であったとか、宮本共産党委員長を育てたのもユダヤのラビ(ユダヤ教指導者)だったとの衝撃的な事柄を記述しているが、 その上でこのユダヤの長老モルデカイ・モーゼは「実は ユダヤ人は日本を誤解していた。 日本こそユダヤの永遠の理想がある」と言い切り、「日本人に謝りたい」と語っているのである。 『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著 (日新報道/1979年出版) 【著者の紹介】 モルデカイ・モーゼ (Mordecai Moses) 1907年、ウクライナのオデッサ生まれ。 父親は哲学者で革命家、ロシア革命では指導的役割を果たした。 レーニン没後、ソ連におけるユダヤ権力の将来に見切りをつけた父親 と共にワイマール体制下のドイツへ亡命。 父親は美濃部達吉博士に 「天皇機関説」を吹き込んだゲオルグ・イエリネックと親しかった。 ベルリン大学で政治学、哲学を専攻後、国際連盟労働局で極東問題を担当。 独ソ不可侵条約が結ばれるや、いち早くその本質がユダヤ勢力の抑圧に あることを看破し、ハルビンを経て上海に亡命。 「サッスーン財閥」の 顧問となり、日本の国体、神道、軍事力の研究に従事。 1941年米国へ亡命、ルーズベルトのブレーントラストとして活躍、 1943年頃から対日戦後処理の立案にも参画した。 戦後十数回来日、 現在は日本研究を楽しみに余生を送っているという。 下のファイルは、この本の 重要だと思われる部分を抜粋したものです。 (内容の判断は各自にまかせます。 ずいぶん古い本であるが、核心を突いた鋭い指摘をしている箇所があり、面白い内容の本だと思う。 特にマルクス主義とニューディーラーとユダヤ人の関係について詳しく説明されているので、参考になる。 しかし、ところどころ疑問に思う部分があり、困惑させられるのも事実である。 また、この本の著者自身、本当に実在するユダヤ長老なのかどうかも確認できておらず、未だに当館はこの本に書かれている内容が、どこまで正しいのか明確な判断が下せない状態である。 とりあえず、この本の重要だと思われる部分を抜粋して「参考データ」としてこのページに保管しておきたい。 (内容の判断は各自にまかせます。 All Rights Reserved.

次の