俺ガイル なぜ 略。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

俺ガイルの玉縄くんを論理的にロジカルシンキングで紹介 │ どくだみ

俺ガイル なぜ 略

807 ID:17vioOqV0. 693 ID:7zqP9EoT0. 102 ID:Uu3ggVNOE. 718 ID:17vioOqV0. 218 ID:LQrBDti0K. 370 ID:17vioOqV0. 726 ID:ghmzl7Gdd. net 全部元のタイトルが分からんわ。 もっとメジャーなヤツ選んで来い。 973 ID:Q11ZpvhUd. 956 ID:osE3Eq0Y0. 924 ID:17vioOqV0. 977 ID:P2KJvOjaE. 811 ID:rGY41wmop. 871 ID:doRopboJ0. 454 ID:VmfpRHEEM. 439 ID:Uklx5aLmp. 174 ID:2ILMwE2j0. 936 ID:on79gtcT0. i、''; ,! トi,! '",ノ-、 ,.. iヽ-、 rィ',;'! ヽー-、! '、 ーニー-、. ;' i! 127 ID:TaYnF6sLp. 980 ID:fHpYeTn2p. 999 ID:UZuUvKyMK. 623 ID:hexvzGplH. 577 ID:17vioOqV0. 556 ID:RY9yYfpE0. 421 ID:AxM3k75E0. 142 ID:osE3Eq0Y0. 740 ID:ZlYhjvHU0. 820 ID:R6XkyygO0. 301 ID:kGoVU2w9d. 584 ID:cDV9Pca30. 826 ID:17vioOqV0. 458 ID:ZlYhjvHU0. 685 ID:AxM3k75E0. 655 ID:pEqRksMZ0. 330 ID:17vioOqV0. 210 ID:mZPLmZXI0. 660 ID:OaHcCRXj0. 669 ID:ZlYhjvHU0. net まあ今まで一番モヤっとしたのはwake up girls! 990 ID:oqNMbcr80. 987 ID:Eepeh5xSp. 341 ID:R6XkyygO0. 507 ID:xbTA393Pp. 845 ID:xLatTa1y0. 065 ID:Eepeh5xSp. 997 ID:syS9NZey0. 068 ID:osE3Eq0Y0. 344 ID:IMGro23P0. 432 ID:5ScZxtzW0. 525 ID:Eepeh5xSp. 439 ID:hjvgRCFb0. 350 ID:1ELEzocaa. 015 ID:fI9DP2q50. 622 ID:MgXGd8c6p. 886 ID:JaJgDDkhd. 540 ID:nYQ1g79e0. 452 ID:opQYxPV90. 334 ID:ZlYhjvHU0. 715 ID:UFM40VQK0. 013 ID:fI9DP2q50. 086 ID:rLIaPHM2a. 412 ID:oqNMbcr80. 909 ID:osE3Eq0Y0. 496 ID:rLIaPHM2a. 794 ID:ZlYhjvHU0. 994 ID:tVpm6t0Yd. 644 ID:ZlYhjvHU0. 836 ID:Eepeh5xSp. 590 ID:4hQlCi5E0. 192 ID:nmVsczzC0. 713 ID:ZlYhjvHU0. 905 ID:sPDjd1PEa. 482 ID:mZPLmZXI0. 621 ID:IMGro23P0. 004 ID:Uzhxnn3mp. 175 ID:aJCs7fBo0. 888 ID:ZlYhjvHU0. 743 ID:rLIaPHM2a. 655 ID:hexvzGplH. 044 ID:sug2P6zt0. 652 ID:2L6ogkcz0. 907 ID:oqNMbcr80. 673 ID:uJkcXIoPp. 748 ID:S7C2tNV70. 655 ID:rGY41wmop. 857 ID:osE3Eq0Y0. 229 ID:S7C2tNV70. 003 ID:oqNMbcr80. 548 ID:u07aQfZ50. 630 ID:R1eY7o9IK. 806 ID:uoNTxBqf0. 880 ID:DQUZc9Fq0. 504 ID:57YBkYNJ0. 805 ID:uJkcXIoPp. 869 ID:oqNMbcr80. 023 ID:99mHHT7p0. 579 ID:3ETMDwTOM. 120 ID:osE3Eq0Y0. 507 ID:7w5IUU6Dd. 928 ID:99mHHT7p0. 989 ID:osE3Eq0Y0. 196 ID:fAjWNePUd. 585 ID:nYQ1g79e0. 004 ID:ohxFDvFB0. 174 ID:nYQ1g79e0. 591 ID:oqNMbcr80. 771 ID:VKqvf4mY0. 337 ID:opQYxPV90. 928 ID:oqNMbcr80. 221 ID:SbFsZyCTM. 280 ID:ohxFDvFB0. 259 ID:OLw2PMZid. 611 ID:OLw2PMZid. 034 ID:3mQNWUujK. 715 ID:uJkcXIoPp. 771 ID:vSdGFMhR0. 335 ID:oqNMbcr80. 441 ID:SgjVGDO10. 820 ID:3BvbtW6X0. 326 ID:tmI8vAIQp. 175 ID:v0nPPL2c0. 066 ID:neVPR4Bsa. 262 ID:10L90JzTp. 709 ID:RXyBEnBt0. 276 ID:pVZlnO1c0. net センスのなさでは俺ガイルと同レベル 総レス数 168 27 KB.

次の

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アンソロジー 1

俺ガイル なぜ 略

総武高校2年F組29番 比企谷八幡• スクールカースト、ファミリーカーストで自称、最下層に位置する• 国語は学年3位(雪ノ下が1位、葉山2位)、数学は最下位(ソースは俺、9点で、、と自白)• 高校入学の初日に交通事故に合う。 八幡の名前の由来は、8月8日に生まれたからという適当な理由で両親がつけた。 奉仕部に入っている。 奉仕部に入る前は、あるバイトをしていた。 すでに出来上がっている人間関係に絶えれず3ヶ月で辞める。 気まずくて、返却も億劫なので、 ユニフォームは着払いで返す。 自称自意識高い系• 卒業アルバムの将来の夢の欄は八幡だけ書くスペースがなかった• 自他共に認める高2病(売れる前の作品が好き、マイナーなものを褒める)• を溺愛している。 なりたい職業は、「専業主婦」• ヒッキーはあまいものが好きだよ!• 海浜高校の生徒会長のとも対等に会話できるフレキシブルさを持つ• 中学時代のスポーツテストでは、A判定。 表彰されるとき、クラスのツボにはいり、爆笑される。 目が腐っている 次のブレストが楽しみだ! — やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 集めてみました。 「引き立て役ん」(雪ノ下)• 「比企谷菌」(雪ノ下、及び小6のときの同級生達。 「ヒキ、ヒキガ、ヒキガエルくんだったかしら」(雪ノ下)• バカ、嘘つき、八幡()• ゴミイちゃん()• 半端イケメン(材木座)• 失敗美少年(材木座)• 自意識の化け物(雪ノ下陽乃)• ヒキタニくん(初期の葉山、戸部、)• ヒキオ(三浦より)• ナルが谷(好きな子に好きな人のイニシャルをきいいて、「H」と言われたので、「それって俺のこと?」と聞くと、翌日、クラス中に広まる。 ナルシスト比企谷の略と思われる。 ) 比企谷の過去(中学時代)のあだ名ランキングのコーナーが3巻でありました。 3位:「1年の比企谷さんのお兄さん」(妹の「小町」が有名で)• 2位:「そこの」• 1位:(八幡のあまりの辛い表情に、戸塚が背中を擦って戸塚ストップが掛かったため、非公開となった) いやはや、つらいあだ名経験をお持ちのようで、、、さぞ大変だったでしょうね。 雪乃達の八幡いじり• 「な、何?変な顔して。 」「訂正。 今もって現在進行系で変な顔だわ」• 「あら、珍しい動物がいるのね」(東京わんにゃんショーでばったりの際)• 「真実から顔を背けてはいけないわ。 現実を、そして鏡をみて」• 「(八幡)そろそろ両親に謝れ」「確かに酷いことを言ってしまったわ。 つらいのはきっとご両親でしょうに」• 「・・・・驚いた、あなたの顔を見ると一発で目が覚めるのね」• 「だって、そんなどんよりした目をしてるんだもの。 病気に決まっているじゃない。 (養護教諭)」• 「記録雑務(比企谷)」「・・・似合うな(葉山)」ケンカ売ってんのか• 「(川崎)それで、何しにきたのさ。 まさかそんなのとデートってわけじゃないんでしょ。 」「(雪乃)横のコレをみて言っているなら、冗談にしたって趣味が悪いわ。 」「(八幡)・・あの。 二人の口論なのに、むやみに俺を傷つけるのやめてくんない?」 ひどい。。 そして強く言い返さない比企谷八幡は偉い。 ひっきーは、頑張った。 ひっきーは頑張った。 比企谷の過去・ボッチ体験 八幡のぼっち体験談を紹介していきます。 この記事を読んでいて辛くなることもあるかもしれませんが、八幡は14巻で報われますので泣かないでください。 どうぞ。 また、八幡のボッチ話は「ソースは俺」で、スタートしがちです。 八幡が中学時代の同級生に駅で会った時。 八幡「やべ、大船くんだ」大船くん「あ・・・誰だっけ、ひ、ひき・・・まぁいいや」というあの状況。 おい思い出すの諦めんなよ。 中学時代、ゲームの「すれ違い通信」をしていると、「エイトマンて誰だ?」とクラスがざわつく。 おかげでモンスターが進化できず、図鑑が埋まらなかった。 誕生日プレゼントは貰ったことある。 とうもろこし。 小学5年の時、母同士の仲良い繋がりの高津くんが、自転車で持ってきてくれた。 「母ちゃんが渡してこいって」と。 朝露に濡れたトウモロコシ。 気づくと、しずくが一つ、また一つと降り注いでいた、、• 千葉駅周辺の盛り場にナンパ通りがある。 過去にカツアゲされて以来、近づいていない。 クラスマッチのチーム分けで、代表者2名がじゃんけんをして、メンバーを1人ずつ選んでいく。 比企谷はいつも最後まで残っていた。 10歳の比企谷。 じゃんけんで負けた罰ゲームの告白も、女子が代筆で書いた男子からのラブレターも俺には通用しない。 負けることに関しては俺が最強。 いつだって期待して、いつも勘違いして、いつからか希望を持つのをやめた。 2巻のP259• 女子の名前は須賀。 八幡、忘れない。 黒板の前に唯一人立たされ、同級生に囲まれて、「しゃーざーい、しゃーざーい」と手拍子と共に、ピュレ匕コールを浴びる。 学校で泣いてしまう。 けっこう、つらい。 けど他のは比企谷はそれを笑いに変える。 やっぱこの辛い経験に笑いと皮肉を込めて、オープンにして皆んなに話すのが、八幡の魅力ですよ。。 個人的には、この部分はすごく重たくて、中見出しはまとめていて辛くなりました。 一応コメディ要素もあるけども、なんというかね。 八幡で遊ぶ側の人からしたらコメディかもしれないですけど、八幡からしたら全然おもしろくないですよね。 八幡は、よく、雪乃の等にイジられますが、強く言い返えしません。 過去の経験から、諦めているのかもしれません。 鶴見るみの林間学校の際も、一番考えて問題を解消しようとしたのは八幡でした。 毎週火曜日25:05~、TOKYO MXで「俺ガイル第1期」再放送スタート!本日は第1話「こうして彼らのまちがった青春が始まる。 孤高のぼっち・比企谷八幡は、生活指導担当教師・平塚静にある場所に連れて行かれる。 そこにいたのは、完璧美少女・雪ノ下雪乃だった…。 — やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 普段の何気ない生活の中にもトラウマの芽は埋まっている。 3巻P25 中二病 一生治らぬ 心の病(字余り)季語は中二病。 中二病は青い春の季語だ。 集団心理など俺に通用しない。 なぜならいつも集団から弾かれているからな。 3巻P202 コーヒー界のカテゴリーエラー、それがMAXコーヒー4巻P46 「特殊で何が悪い。 英語で言えばspecial」 串揚げ語り?上から見るか、下から見るかで揉めそうだな12巻P215 由比ヶ浜の作ったクッキーを「秋刀魚のはらわた」「木炭」と間違う。 1巻 「人生は苦いから、コーヒーくらいは甘くていい」1巻P188 「バカ言え。 今までケンカなんかしたことねぇよ。 そもそもケンカなんかできるほど深く関わった友達がいねぇーつーのっ」中略。 そうか、自虐ネタってある程度の親密さがないと本気で引かれるんだな。 1巻P269 「押してダメなら諦めろ」「千里の道も諦めろ」2巻P13 我慢だ。 2ターン後に倍にして返してやるのだ。 6巻 P175 パンツと靴下は多めに準備しておけば多い日でも安心 7巻P95 選んだのは缶コーヒー。 またしても選ばれたのは綾鷹ではない。 8巻 P34 なんか、揚げパスタみたいなのがあったから11巻 P244 祝!本日八月八日、比企谷八幡生誕記念「俺ガイル」ニコニコ一挙放送を17時から開始します。 ラブコメのラブはここから始まる。 由比ヶ浜の誕生日プレゼントを雪ノ下雪乃と八幡で買いに行った帰り道でのこと。 八幡が、「 雪ノ下が完全に見えなくなるまで、見送ってしまった」という描写があります。 結構序盤ですよね。 この語尾の「 しまった」には、「雪ノ下を見送る予定はまったくなかったが、無意識にそうしていた。 」というニュアンスがあります。 八幡自身でも言葉にできないくらいの深層部分で、雪ノ下を意識しているということです。 このあたりから、「ラブコメ」の「ラブ」は動き始めるのです!なんか初々しくて鼻血出そうです。 八幡にとって、外面はどうでもいいが、戸塚は別腹 そもそも八幡にとって、初対面の雪乃の評価(性格以外)は相当高かったです。 八幡は心の声で、雪乃に対して「綺麗」などの外見を評価する表現をしていることから、八幡にとって雪乃は外見はタイプとしては申し分ないわけです。 あとは、「こころの繋がり」が欲しいわけです。 というか、八幡的な外見のタイプは、戸塚ですよね。 そもそも八幡は、外面だけの人間に対しては、嫌悪感を持っています。 八幡が葉山を嫌っているのはいい例ですよね。 雪乃の何がいいのからしら?由比ヶ浜じゃだめなの? この疑問を持っている読者さんは多いでしょう。 これはフラッシュアイディアなんだが、八幡的にが雪乃の方がポイント高い理由をブレストする。 雪乃なら友達になれそうと思ったし、実際2回「友達になりましょう」提案をしてる• 普段は冷徹でトガッたウニのようにしているが、中身は「猫・パンさん好き」の普通の女子ということに気づく、ギャップもえがよい• 文学的な会話が楽しい(宮沢賢治のよだかや、夏目漱石のこころなど)• 芯の強さの中に、時折みせる 儚さと 脆さのギャップもえ• 料理が上手い(すみません、個人的な意見でして。 多分、八幡は主夫志望なので、女子に料理は求めてないかと思います。 ) と、こんなところでしょうか。 由比ヶ浜との会話も楽しそうですが、八幡の深い部分では雪ノ下との関わりの方が心地よい様に見えます。 やっぱり、ギャップなのでね。 男子って単純よね。 笑 ドライアイスに触ると火傷して引っ付く様に、雪ノ下に近づきすぎて離れられなくなったのでしょう。 由比ヶ浜との明るく、アホっぽい会話より、雪ノ下との知的な言葉のSMの方が好きなのかもしれませんね。 正確に数えたわけではないが、その一部を紹介する。 時間を無駄にしないスキル、このスキルは、休み時間に1人でも、ぼーっとして、自分の手を観察。 「爪伸びてきたなぁ」「生命線短いなぁ」とどうでもいい思考が次々に湧いてきて、時間を無駄にしない。 と、まだ、1個ですが、随時追加していきます! 比企谷八幡の予想のはるか斜め下を行く問題解決方法集 比企谷八幡といえば、問題解決のプロです。 ですが、問題解決の犠牲に、八幡が嫌われるという代償を払ってきました。 八幡本人は、自己犠牲とは呼ばせない言っていますが、完全に自己犠牲です。 好感度を代償にした、自己犠牲的問題解決法を見ていきましょう。 問題:由比ヶ浜作の「秋刀魚のはらわたクッキー」を由比ヶ浜が好きな人に喜んでもらう 解決法:自分で作ったクッキーを食べさせて、そこまで悪くない、捨てない 戸塚が昼休み時のテニスコートを奪われてしまう、テニス対決に勝って欲しい 鶴見瑠美の孤立を解消して欲しい 相模南が成長できるように、文化祭実行委員長を補佐してほしい 戸部が海老名さんに振られないようにし、葉山グループの調和を保って欲しい 八幡の声優さんは江口拓也さん 江口さんはめっちゃ人気の声優さんで、男から見ても全然愛してます! 変な日本語ですんません笑。。。 もまとめています。 声優とかまったく興味なかったんだけど、最近江口拓也さんが好きすぎて永遠とYouTube見てる。 観て頂きありがとうございます。 福岡市で、ライター目指して記事書いています。 建築資材の搬入しています。 26歳、独身、趣味は、星を眺めること。 関連する記事• 「俺ガイル」とは、人気ライトノベルの「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」の略称です。 ちなみに、「俺がいる」の正式な略称は未だ決まっていないようで[…]• 大人気ライトノベルの「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」略して俺ガイルの作者・渡航(わたりわたる)さんについてまとめてみました。 調べてみると、[…]• 俺ガイルのアニメにはできてきませんが、原作の雪ノ下雪乃は、小学校のころ上履きを60回も隠されていたことを話します。 一体、なぜ。。 この青春ラブコメのミス[…].

次の

原作情報

俺ガイル なぜ 略

いろは「…」ムス 八幡「おい」 いろは「ふーん」プイ 八幡「おいったら」 いろは「話しかけないでください」 八幡「ええ…」 ここは奉仕部の部室 今日も今日とて雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣と共に活動を行っていた のんび〜りお茶を飲みながら過ごしていると 突然、一色がやってきた まあわりとよくあることなんだが 今日はなぜか… 俺にだけものすっごい不機嫌な彼女であった 八幡「いっしk…」 いろは「雪ノ下先輩!紅茶おかわりしていいですか?」 雪乃「え、ええ。 今淹れるわ」 いろは「ありがとうございます!!」 八幡「…」 結衣「あ、あの。 いろはちゃん」 いろは「なんですか?」 結衣「なにか…あったの?」 いろは「なにかとは?」 結衣「だからその……」チラ 八幡「…」 雪乃「はぁ……比企谷くん。 謝ったほうがいいわよ」 八幡「え?」 雪乃「一色さんの様子からして、あなたが何かしたのでしょう」 八幡「いや何かって言われましても…」 雪乃「そうね…例えば、涎をダラダラと出し息を荒げながら獣のように一色さんを無理矢理襲ったとか」 八幡「ひっでー例えだな。 なに俺そんなことしそうなイメージなの?」 結衣「ヒ、ヒッキー…最低…」 八幡「やってないから。 断じてやってないから」 結衣「じゃあなんでいろはちゃんはこんな感じなの?」 八幡「なんでって…俺に聞かれてもな……おい一色」 いろは「別に怒ってませんもーん」プイ 八幡「いや怒ってるだろ…」 いろは「怒ってませーん」 八幡「じゃあこっち見てくれ」 いろは「いやです。 腐ります」 八幡「腐らねえよ。 失礼だな」 いろは「ふーんだ」 八幡「一体なんなんだよ…」 八幡「なあ、頼むから教えてくれ。 本当に覚えがないしわからないんだよ」 八幡「俺なんかお前に悪いことしたのか?」 八幡「したなら謝るからよ」 いろは「………」 いろは「先輩」 八幡「なんだ?」 いろは「4月16日って何の日か知ってますか?」 雪乃「!」 結衣「!」 八幡「…16日?って先週の土曜か」 八幡「いや…知らねえな。 なんかあったっけ?」 雪乃「そういうことね…」 結衣「あ〜それはないよ〜ヒッキー」 八幡「は?え、お前らわかったの?そしてやっぱ俺が悪いの?」 八幡「えーと…16日…16日…わからん…。 まあ先輩からお祝いメールなんか期待してませんでしたけど。 きたらきたで若干キモいですし」 八幡「おい」 いろは「プレゼントは土曜日だから会えませんし。 じゃあな一色。 忘れてました。 完全に」 いろは「ひどいですぅ〜ひ〜どいですぅ〜」 結衣「ヒッキー最低!」 雪乃「常日頃から最低な男だとは思っていたけれどここまでとは思わなかったわね」 八幡「常日頃から思ってたのかよ」 結衣「そりゃあいろはちゃん怒るよ」 八幡「…」 八幡「 まあ全面的に俺が悪いなこれは… 」 八幡「忘れてごめん。 一色」 八幡「プレゼントも…用意してない。 本当にごめん」 いろは「むぅ…もういいですよ」 いろは「べ、べつに、先輩のプレゼントなんか…そんなに欲しかったわけじゃないですし〜?」 いろは「いいですよーだ」プイ 八幡「 謝って終わりじゃダメだよな…どうしたものかこれは… 」 雪乃「何か埋め合わせをしたらどうかしら?」 結衣「そうそう!今からでもプレゼント渡せばいいよ!とびっきりすごいのを!」 いろは「…」チラチラ 八幡「そうは言ってもな…」 八幡「 今プレゼントできるような品物はないし… 」 八幡「 また後日ってのもなあ…。 もうプンプンだし一色さん。 てかめっちゃこっちチラチラ見てらっしゃる 」 八幡「…………」 八幡「 よし、今回は俺が完全に悪かったしな 」 八幡「一色」 いろは「……なんですか?」 八幡「今からなんでも一色の言うこと聞いてやるよ」 いろは「え?」 雪乃「え?」 結衣「ん?」 いろは「今…なんと?」 八幡「だからなんでも言うこと聞く」 結衣「ええ!?なんでもって!なんでも!?」 八幡「ああ」 いろは「マ、マジすか。 マジすか先輩」 八幡「マジすよ」 雪乃「大きく出たわね」 八幡「本当に悪いと思ってるんだよ…」 いろは「……」ポカーン 八幡「おい、口開いてんぞ」 いろは「い、いえ、想像以上にすごいのきたのでちょっと思考が追いつかなくてですね」 いろは「ほ、本当に。 言うこと聞いてくれるんですか?なんでも?」 八幡「ああ。 いやでもお前。 毎日じゃないからな。 今日だけだからな」 いろは「そ、そうですか…」シュン 八幡「なんで悲しそうなんですかね…」 結衣「ヒ、ヒッキー!な、ななななんでもは…ちょっとダメじゃないかな!ダメだよ!そんなの羨ましすぎ…ダメだよ!!」 八幡「いや別に今日1日ぐらいいいよ」 結衣「でもでも…」 いろは「わかりました。 今日1日って言ってももう放課後ですしちょっと卑怯な気もしますけどそんなに言うんでしたらそれで許します!」ニヤニヤ 結衣「なにニヤてるのいろはちゃん!」 いろは「ニ、ニヤけてなんかないですよ〜」 雪乃「一件落着したようね」 結衣「してないよ!大問題だよ!」 八幡「騒がしいなお前。 どうしたんだよ」 結衣「うー…ヒッキーのバカ…」 八幡「ええ…なんで貶されたの…」 いろは「先輩!本当に!本当になんでもですよね!なに言ってもやってくれるんですよね!マジで言いますよ」ハアハア 八幡「お前はなんでそんな息荒いんだよ。 こえーよ。 というかこれはなんの意味が…」 いろは「仕方ないですね。 わかりました。 ちょっとお願いを変えます」 八幡「おお、そうしてくれ…」 いろは「あ、今から一色呼びは禁止ですからね。 いろはって呼んでくださいよ」 八幡「マジか…」 … … … 八幡「おい…これ明らかに難易度あがってるんだが…」 いろは「先輩〜まだですか〜?」 八幡「マ、マジでやるの?やって大丈夫なの?」 いろは「なんでも言うこと聞くって言ったじゃないですか〜」 八幡「そ、そうだが………」 八幡「………ふぅ…よし、わかった。 変な頼みごとばっか」 いろは「むぅ…ただのスキンシップですよ〜」 八幡「いやいや…こういうのはあれだろ。 葉山とかと…」 いろは「あ、そういうの今いいんで。 私は今、先輩にお願いしたいんです」 八幡「ええ…」 いろは「わかりましたよ。 じゃあちょっと力仕事をお願いします」 八幡「おお、それだよ。 そういうのでいいんだよ。 」 八幡「うおっ、動くなバカ。 おも… いろは「重いとか言ったらこのまま先輩の頭にオーバーヘッドキックしますよ」 八幡「わ、わかった。 恐ろしいこと言いますねいろはさん」 八幡「んで、これどうすんだ」 いろは「そうですね〜。 とりあえずこのまま校内を一周しますか」 八幡「無理に決まってんだろ。 いや無理だよ?」 いろは「え〜先輩の軟弱者〜」 八幡「誰かに見られたらヤバイだろいろいろと」 八幡「てか今も誰か生徒会室入ってきたらどうするんだ。 借金取りみたいになってるわよ」 結衣「あ、この隙間から中覗ける!」 いろは「!」 結衣「いろはちゃん…ヒッキーとなにを…」ノゾキ いろは「」ニヤ いろは「せーんぱい」ギュウ 八幡「お、おい。 バランス崩れるだろうが」 結衣「ガハマァッ!!!!」 雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん!」 結衣「お、おおおおお姫様だっこ……だと…!?しかもギュウって…ギュウって…おのれ羨ましい…」 雪乃「お、落ち着いて、なんかすごい顔になってるわよあなた」 結衣「ううっ…もう帰る。 帰るー!!」ダダダ 雪乃「あっ……」 雪乃「はぁ……今日は一段と疲れる日ね…」 … … … いろは「お2人共帰ったみたいですね〜」 八幡「そうみたいだな」プルプル いろは「どうしたんですか?プルプルして?キモいですよ」 八幡「いっし…いろはをずっと持ってるからだ!長すぎだろ!もういいだろ!」 いろは「仕方ないですね…ソッと下ろしてくださいね」 八幡「おう」 いろは「ふぅ…」 八幡「ああ…腕いって…まだプルプルしてるわ」 いろは「そろそろ私たちも帰らないとですね…」 八幡「よし、帰ろう。 今すぐ帰ろう。 もういいだろ」 いろは「うーん。 なんかまだ物足りませんね。 最後になんかしたいですね」 八幡「マジかよ…」 八幡「なんでも言うこと聞く言ったしスキンシップでもなんでもいいけどもうちょっと控えめなので頼む」 いろは「控えめって…例えばどんなです?」 八幡「えっ…そうだな…えーと…例えば…」 … … … いろは「……」 八幡「……」 いろは「……」 八幡「……」 いろは「せ、せんぱい。 なんかヌルッとしてますよ。 気持ち悪いです」 八幡「わ、悪かったな」 いろは「先輩が提案したんじゃないですか。 しっかりしてください」 八幡「そうだが…」 いろは「…」ニギ 八幡「っ……急に握ってくるなよ。 汗どうにかしてくださいよ私の手がヌルヌルじゃないですか」 八幡「すまん…」 いろは「まあ、いいですけど。

次の