練馬 区 休校。 文京区 臨時休校期間特設ページ

「もういっそ休園にして!」 練馬区が保育園を6月末まで自粛延長 「原則休園」にしなけりゃ会社も休めない!?

練馬 区 休校

3月2日~3月25日 3月2日~3月25日 品川区 3月3日~4月5日 目黒区 3月3日~3月25日 (3月26~4月5日は春季休業期間) 3月2日~春季休業 世田谷区 3月16日~3月25日 (3月26日~4月5日は春季休業) 上記より引用• 区立小中学校は、3月2日(月曜日)から2週間休校 3月2日(月曜日)から3月14日(土曜日)まで休校し、その後については休校中の状況を見て判断します。 区立小中学校の卒業式について 区立小中学校の卒業式については、規模を縮小したり時間短縮したりして行います。 二十三区でも対応が分かれていますので ケアの仕方も現場に任されているのでしょう。 現小学校6年生と中学校3年生は 卒業式・入学式の不安もあります。 学校から異動が決まっている先生が 児童にお別れも言えずに休校になってしまった。 卒業式には出たいけど 縮小実施の内容も含めて 具体的な日が決まっていないこと。 研修等と重なれば出席できない。 寂しいな、と言っていました。 それだけ急に決まった今回の休校。 仕方ないとはいえ実施をするにあたって もう少し段階が必要だったと思います。 卒業式後の集合写真等も自粛。 (PTA主催の)謝恩会も自粛。 (する人はいないでしょうが・・・) からの指針を 学校から聞いていますが 恐らく懇親会っぽく進むと思います。 別の形で心に残ることは本意ではなく PTA(補佐)としてお手伝いできればと 思っていますが、現場は想像以上に混乱しています。 tanonobu.

次の

学校休校…新型コロナウイルス、練馬区教育委員会の対応は?/3/2文教児童青少年委員会

練馬 区 休校

首相は26日にスポーツ・文化イベントの今後2週間の開催自粛を要請したばかり。 その翌日に、より多くの国民の日常生活に関わる前代未聞の要請が出されることになった。 首相は首相官邸で27日開いた対策本部の会合の終了前、「感染の流行を早期に収束させるためには、患者クラスター(集団)が次のクラスターを生み出すことを防止することが極めて重要で、徹底した対策を講じるべきだ」と指摘。 その上で、「何よりも子どもたちの健康、安全を第一に考え、多くの子どもたちや教員が日常的に長時間集まることによる感染リスクにあらかじめ備える観点から、全国すべての小学校、中学校、高校、特別支援学校について、来週3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請します」と述べ、全国一律の休校を要請した。 入試や卒業式を行う場合は、感染防止の措置を講じ、必要最小限の人数に限ることも求めた。 行政機関や民間企業に対しても、通学する子どもを持つ保護者が休みを取りやすくなる環境を整えるなどの配慮を依頼。 要請への対応によって「生ずる様々な課題に対しては、政府として責任を持って対応する」と話した。 厚生労働省は27日、保育ニーズに応えるため、保育園と学童保育(放課後児童クラブ)は「原則開所」を求めると自治体に伝えた。 学童保育については、通常の春休みと同様に、開所時間を早めるなど柔軟な対応を求めるとしている。 文部科学省も幼稚園は、休園の対象外という。 官邸幹部は、塾や予備校は「行ったら意味がない。 学校と同じようなもんだ」と述べ、自粛を求めたい考えを示した。 萩生田光一文科相は対策本部の会合後、説明を求める記者団に「28日の(閣議後)会見で正式に説明する」と述べるにとどめた。 政府が25日に決めた基本方針では、今後の感染拡大防止策として「学校等の臨時休業等の適切な実施に関して都道府県等から設置者等に要請する」と明記。 文科省も同日、ある自治体の学校で感染者が出た場合、感染者がいない周辺地域の学校も積極的に臨時休校を検討するよう求める通知を全国の都道府県教育委員会などに出した。 日本医師会の横倉義武会長は27日、首相に、集団感染の連鎖拡大を抑えるために3月を防止強化月間に位置づけ、学校の春休みの前倒しなどを国が地方に勧めるよう要望していた。 北海道教委は26日、道内の全公立小中学校を27日から3月4日まで臨時休校とするよう道内の市町村教委に要請。 千葉県市川市も27日、新型肺炎の患者3人が市内の同じフィットネスクラブを利用し、小中学校の教職員4人が施設の利用者だったとして、市立の全小中学校と幼稚園など約60校を28日から3月12日まで臨時休校にすることを決定。 各地で休校の動きが出始めていた。

次の

練馬区

練馬 区 休校

3月2日に区立小中学校等の臨時休業が開始されてから3か月。 保護者の皆様や子供たちには、外出自粛や自宅での学習など、様々ご負担をおかけいたしました。 ご協力に感謝いたします。 国は、5月25日、東京都を含む5都道県に対し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を解除しました。 また、東京都は「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるロードマップ」を公表しています。 区は、これらの状況を踏まえ、区立小中学校および幼稚園を6月1日から段階的に再開することを決定しました。 この間、子供たちにとっては、学校で友達と一緒に勉強や話ができない、外出が自粛され外遊びができないなど「がまん」の日々となりました。 学校の再開を楽しみにしている子がいる反面、長い休みの影響でストレスを抱え、不安に感じている子もいます。 保護者の皆様の中にも、感染が完全に収束しない中での学校再開について、不安に思っている方がいらっしゃることと思います。 学校再開に当たっては、各学校において感染予防対策を図ることはもちろんですが、心のケアにも十分に配慮するなど、子供たちが安全に安心して学校に通うことができるよう、教育委員会や学校、関係機関が連携して対応してまいります。 引き続き、ご理解ご協力とお力添えをいただきますよう、よろしくお願いいたします。 (1) 感染予防対策の徹底 毎朝の検温、こまめな手洗い、換気やマスクの着用等の日常的な対策を徹底するとともに、教室内では、可能な限り席の間を離します。 また、狭い空間での歌唱指導や密集する運動等、感染リスクの高い活動を回避します。 1日1回、共用の教材や人が多く触れるドアなどの消毒を行います。 (2) 授業時間の確保 夏季休業の短縮、土曜授業の増、行事の縮小や中止により、授業時間を確保します。 (3) 子供たちの心のケア 学校再開で不安を持つ児童生徒に対応するため、教員、スクールカウンセラー、心のふれあい相談員が常時子供たちの相談にのれるよう体制を整えます。 (4) 感染者(児童生徒、教職員)発生時の対応 児童生徒や教職員等、学校関係者に感染の疑いがあることが分かった段階において、個人情報に配慮した上で、全家庭に情報提供するとともに、検査結果についてもお伝えします。 陽性者がでた場合は、当該学校を原則として2週間の臨時休業とします。 1 区立小中学校に関すること 問合せ内容 回 答 1 分散登校時には、登下校はどのようにすればよいですか。 各学校から示された登校時間に合わせて登校します。 日ごとに異なる登校時間が指示される場合もあります。 なお、分散登校時には集団登校班による登校は実施しません。 2 中学校および小中一貫教育校の入学式は実施されますか。 区立中学校および区立小中一貫教育校の入学式は、6月19日(金曜)となります。 日時等、詳細については、各学校から改めて通知があります。 3 入学式を実施していない中学1年生および小中一貫教育校の1年生、7年生の登校はいつからですか。 他の学年と同様6月1日から登校することになります。 分散登校の対応をとるので、学級内のグループごと等の登校時間が異なることがあります。 4 児童生徒のメンタルケアはどのようにしてもらえますか。 分散登校期間に、各校では児童生徒の心の状況に寄り添った指導を行うよう配慮します。 スクールカウンセラーや心のふれあい相談員、養護教諭等による相談窓口を設け、児童生徒および保護者の相談を受け付けます。 また、学校教育支援センターの心理士等による相談窓口等も設けています。 5 学校における感染症対策はどのようになっていますか。 当面の間は、児童生徒および教職員の検温および健康記録の提出を行い、健康状態の把握します。 また、マスク等着用の徹底、手洗いの励行、できる限り2方向からの常時換気の実施等をはじめ、「3密」の状態が生じる学習活動は行わないこと等、感染症拡大防止対策に留意します。 6 今後の学校行事はどうなりますか。 授業時数の確保や感染拡大防止の観点から、各行事について延期や中止、縮減等の対応をしていきます。 詳細については、改めて各校からお伝えします。 7 臨時休業措置よって授業が行われなかった分の学習内容はどのように補われますか。 子供たちの心身への負担を十分考慮した上で、夏季休業期間の縮減や土曜授業の実施、行事の中止・縮減等により授業時間を確保するなどの対応します。 また、教育活動再開後に必要に応じて、一斉または個別の補充指導を行います。 8 夏季休業期間は、どのようになりますか。 今年度に限り、夏季休業期間は8月1日から23日までを基本とします。 一部の小中学校については、工事や学校の都合等により夏季休業期間が異なる場合があります。 詳細は各学校から改めて通知いたします。 9 土曜日の授業は、どのようになりますか。 7月以降の土曜日について、第2土曜日以外でも授業日となることがあります。 各校の土曜授業の設定については、学校の状況によって異なります。 10 中学校の部活動はどのように実施されますか。 通常授業再開後(6月22日以降)から部活動を再開します。 再開に当たっては、感染症拡大防止の観点等をふまえた活動を行います。 部活動再開後も、当面の間、対外的な活動等は自粛となります。 11 給食はいつから始まりますか。 6月の3週目から提供します。 当面、配膳時の感染のリスクをできるだけ減らすため、配膳に時間や手数のかからない献立で実施する予定です。 12 給食費に変更はありますか。 一食当たりの給食費に変更はありません。 2 学童クラブ・ねりっこ学童クラブに関すること 問合せ内容 回 答 1 学童クラブは開室していますか。 感染拡大防止対策を講じた上で、規模を縮小して開室しています。 感染を最大限予防するために、可能な限りの登室の自粛をお願いします。 2 学童クラブでは感染防止対策としてどのようなことをしていますか。 定期的な換気、手洗い・うがいの励行、マスク着用の推奨、あそび方の工夫などによる集団の分散化等を行っています。 3 学童クラブの登室自粛をした場合、保育料はどうなりますか。 5月に引き続き6月も利用日数に応じて日割り計算します。 また、新型コロナウイルス感染症に伴う育休延長者および退職者についての特例措置も6月末まで継続します。 詳しくは、上方に掲載されている問合わせ先「学童クラブに関すること」から学童クラブ事業概要ページをご確認ください。 4 学童クラブが待機となっている場合の居場所はありますか。 6月1日から学童クラブ待機児童の居場所として、児童館・地区区民館でランドセル来館事業を再開します。 5 分散登校期間中の学童クラブの利用はどうなりますか。 朝から学校に登校しない日は、登校時間まで学童クラブで過ごすことができます。 1年生のお子様については、2週間程度、学童クラブと学校の間を職員が送迎します。 3 児童館に関すること 問合せ内容 回 答 1 児童館は開館していますか。 6月1日(月曜)から感染拡大防止対策を講じた上で、一般来館を再開する予定です。 1日に2回(12時から13時まで、15時から16時まで)の換気・消毒を行います。 換気・消毒中は、一般来館者には一度退館いただきますのでご了承ください。 2 児童館では感染防止対策としてどのようなことをしていますか。 来館者のマスク着用・手洗い・うがいの励行、体調不良者の来館禁止、必要に応じて検温を実施します。 併せて、当面の間、貸出遊具、ボール遊び・ゲームの持ち込み・密になる可能性がある集団遊びを制限することで、感染拡大を防止します。 また、館内では水分補給を除く飲食はできませんのでご了承ください。 6 幼稚園に関すること 問合せ内容 回 答 1 区立幼稚園では感染防止対策としてどのようなことをしていますか。 幼児および教職員に対して、手洗い、咳エチケットの励行および毎朝検温を実施する、教職員はマスクを着用するなど感染予防を徹底しています。 教育時間中には集団行動を減らしたり、行事の縮小や取りやめを行っています。 また、園内にアルコール消毒液を設置するほか、こまめな換気や温度、湿度管理の徹底に加え、共用のタオル掛けを廃止するなど、園内環境の整備に努めています。 2 区立幼稚園は開園しますか。 国の緊急事態宣言の解除等に伴い、6月1日(月曜)から開園します。 なお、通常保育に移行するまでの間は、園児が安全に安心して登園できるよう、例えば6月当初は、午前中のみの分散登園を行うなど、段階的に通常保育に移行します。 3 区立幼稚園で入園式は実施されますか。 今後、状況を踏まえつつ、入園式の実施時期および形態等について検討していきます。 詳細が決まった段階で、各家庭にお知らせします。 4 私立幼稚園は開園しますか。 東京都からの幼稚園の休業要請の解除を受け、私立幼稚園に対する休園要請は5月末で解除となります。 6月以降の開園状況は各園にお問い合わせください。 なお、私立幼稚園に対して、区立幼稚園の対応方法などの情報提供を行っております。 一方、練馬こども園を始め各園においては、感染予防対策を十分講じた上で、長時間の預かり保育を実施してもらうよう、お願いしています。 5 私立幼稚園で入園式や始業式は実施されますか。 ほとんどの園で、始業式および入園式は延期しています。 今後のスケジュール等については直接各園にお問い合わせください。 6 私立幼稚園が休園している間の、保育料や預かり保育料の補助はどうなるのですか。 幼稚園が休園している間の保育料(特定負担額)や預かり保育料を徴収するか否かは各幼稚園の判断となります。 なお、休園中に支払った保育料(特定負担額)については、区の補助制度による限度額までは、償還払いの対象となります。 保護者の実質的な負担はありませんので、園の指示に従いお支払いください。 また、預かり保育料については、保育の必要性の認定を受けている方が定期利用の月額料金を支払っている場合、利用自粛要請期間の4~5月分については、園の預かり保育実施予定日が補助金の対象となります。 7 練馬こども園は実施されますか。 感染拡大防止対策を講じた上で、長時間保育を実施してもらうようお願いしています。 なお、利用については、各園へお問い合わせください。 7 保育施設に関すること 問合せ内容 回 答 1 保育園は開園していますか。 感染拡大防止対策を講じた上で、規模を縮小して開園しています。 保護者の皆さまには、原則として登園を控え、在宅勤務(テレワーク)等により、家庭で保育していただくようお願いしています。 ただし、医療従事者を始め、就業を継続することが必要な方、ひとり親家庭等で仕事を休むことが困難な方など、真に保育が必要な方のお子さまのお預かりは継続します。 2 その他の行事は実施されますか。 保育施設で行う行事は、3つの密(密閉空間、密集、密接)を避けることが難しいため、緊急事態宣言期間中は、原則中止または延期としてきました。 今後は、国や都の通知に基づき、段階的に実施を検討していきます。 3 給食は通常どおり実施されますか。 通常どおり実施します。 ただし、給食の内容を変更する可能性があります。 私立保育園等も原則として区立保育園の対応に準じますが、詳しくはそれぞれの園にお問い合わせください。 4 保育園では感染防止対策としてどのようなことをしていますか。 区立保育園では、各施設の状況に応じて、手洗いの徹底、アルコールによる手指消毒、こまめな換気等を実施しています。 また、園児の受入れに際しては、体調(発熱や呼吸器症状等)の確認を行い、保護者の方から十分な聴取りを行っています。 同時に、発熱や呼吸器症状が認められるなど体調が思わしくない場合は、お休みいただくよう要請しています。 併せて、保育園での集団発生や感染拡大を防ぐために、お子様が同居している方が濃厚接触者に特定された場合や、感染を疑われる症状がある場合には、お休みの協力をお願いしています。 職員については、熱や呼吸器症状等の有無を確認後出勤すること、また、症状がある場合は出勤を取りやめる等の対応を行っています。 保育中は、密閉、密着、密集を避けるように、少人数で活動したり、給食や午睡の際には一定の距離を取るなどの対応を行っています。 5 緊急事態宣言が解除されましたが、現在の登園自粛要請はどのようになりますか。 区では、4月20日付通知文で、6月末までの自粛要請を行っているところですが、感染症の予防および感染拡大の再発を見極める必要があることや、園生活が通常に戻る過程にある程度の時間が必要ととらえ、引き続き6月末までの間ご家庭での保育が可能な場合には、利用自粛継続へのご協力をお願いします。 6 新型コロナウイルス感染症に関連して、登園を自粛した場合の保育料はどうなりますか。 月額保育料を利用日数に応じて日割り計算します。 4月分の保育料は、4月13日(月曜)の登園自粛後に登園がなかった場合、免除とします。 なお、入園式や入園説明会のみに出席した場合は、登園扱いにはいたしませんが、なれ保育を利用した場合には、登園扱いといたします。 7 これから入園の予定ですが、新入園児の面接や健康診断は実施しますか。 新入園児の面接や健康診断は、入園のために必要なことですので、感染症防止対策を講じた上で、実施します。 登園開始日が延期された場合は、それまでに実施することとします。 詳しくは、内定施設にお問い合わせください。 8 4月中に育児休業から復職する予定でしたが、育児休業期間を延長する場合、復職はいつまでにすればよいですか。 復職の期限は7月末までとします。 なお、新型コロナウイルス感染症の状況により復職期限を延長する場合があります。 8 子ども家庭支援センターに関すること 問合せ内容 回 答 1 子育ての悩みはどこに相談できますか。 子ども家庭支援センターでは「子どもと家庭の総合相談」を実施しています。 電話相談にも対応しておりますので、子ども家庭支援センターへお電話ください。 2 子育てのひろばぴよぴよはいつから再開しますか。 6月1日(月曜)から再開する予定です。 再開後は、利用者およびスタッフの密集を避けるため、入室人数制限を行うほか、施設内消毒のため、13時から14時までは閉室します。 ご利用の際は、手洗いの徹底やマスクの着用、お出かけ前の検温などを実施していただくようお願いします。 3 民設子育てのひろばはいつから再開しますか。 6月以降、順次運営を再開する予定です。 ひろばによって再開の日程が異なりますので、ご利用の際は、あらかじめお問い合わせください。 なお、再開後は、入室人数制限や予約制などの感染予防対策を講じる可能性があります。 4 5か所のぴよぴよで実施している「乳幼児一時預かり」は実施していますか。 5月28日(木曜)から、自粛要請は解除しています。 当面の間、利用児童およびスタッフの密集を避けるため、定員を減らして運営します。 感染拡大防止のため、ご理解いただきますようお願いいたします。

次の