ある日、お姫様に 翻訳。 【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 1のレビュー

『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ!

ある日、お姫様に 翻訳

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

【感想・ネタバレ】ある日、お姫様になってしまった件について 1のレビュー

ある日、お姫様に 翻訳

それほど期待して読み始めたわけでは全くなく綺麗な漫画だな~で1巻目2巻目と読み終えてこんなに続きが気になるようになるとは思ってもいなかった。 前巻のレビューでサイコパス皇帝と表現した皇帝もだいぶ人間味が出てきて面白くなってきました。 イゼキエルの登場にルーカス、ジェニットと主要登場人物が出揃い多少の人物の増減はあるにしてもいよいよアーティが今後どうなるのかといったところでしょうか。 チョット逆ハーレムっぽい雰囲気も出てきてますが・・・。 この作品とそっくりな設定の他のもう一つを漫画サイトでタダ読みしてますが話しの展開はこちらの方が早くかつ同じフルカラーであっても本作の絵柄の華やかさは一段上で特にこの3巻の目玉は皇帝の正装姿で間違いないと思います。 (サイコパス皇帝クロードに見惚れました、アーティもきれいだけどね) 余分な疑問・・・クロードが皇帝になったばかりのころ自堕落な生活をしてて愛妾侍らせてたわけで、その人たちに子供ができていてもおかしくないのではないだろうかルビー宮惨殺事件の時アーティだけ残したということなんだろうか? 私は、1巻のサンプルだけ読んだだけではあまり好きになれず、しばらく空いてからレビューも高評価なのもありきまぐれで購入してみました。 今ではすごく気に入ってしまいました!! 物語には細かく設定がされていて、伏線いっぱいでまだまだ物語は続きそうですね… 父親のくせに若すぎ格好よすぎる!! 親子のツンデレがたまらない! イゼキエルもルーカスも、城のみんなも姫への愛が可愛いですね。 実際に本当に姫が可愛すぎるし… 死亡フラグであるジェニットも可愛い… 3巻はついにデビュタント!の直前で終わっていますが、ここも姫とクロードが美しすぎる!! 女子の衣装はロリータファッションですかね…こんなに好きになるなんて! 絶対同じ服は着ないですもんね。 本巻続きであるデビュタントでのやりとりもさりげなくコメディ入ってて、美しいだけでなく面白いですよ。 早く本で読みたいです。

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ!

ある日、お姫様に 翻訳

Posted by ブクログ 2020年02月29日 アプリで読んで気になったので電子で読みました。 一巻はまだ序章的な感じで面白さには少し欠けるかなと思う。 とりあえず絵が半端なく綺麗なのと、アタナシアが着ている服が可愛いし、衣装チェンジもめちゃくちゃ多くて、それを見るだけでも結構楽しい。 原作は韓国らしいですけど、絵が西洋っぽい。 主人公が読んでた小説の キャラクターに転生してしまうって話やけど、日本でも韓国でも転生ものが人気なのかな…?? アタナシアがバットエンド回避のために色々頑張ってる幼少期なので、ヒーロー的存在は今のところなし。 ただ、冷酷な実父のクロードはかなりかっこいい!あとお付きのフィリックスも性格含めてかなり良い男! アプリはかなりすすんで、めちゃ面白くなってきてるので、おすすめです。 ネタバレ 購入済み 内容も素敵だけど絵が最高です みみみ 2020年06月09日 もう何度読み返したかわかりません。 不運な最後を迎えるはずだった小説の主人公に転生し、バッドエンドを回避するためにがんばるお姫様。 血の通っていないような冷たい人間であったはずの父親で皇帝のクロードが、徐々に主人公アタナシアを溺愛していく様子が見ていて楽しいです。 ツンデレがたまりません。 内容もとて も面白いのですが、なんといっても絵の綺麗さ。 登場人物は皆綺麗な顔だし、ドレス等細かなところまで丁寧に描かれているので1ページに見どころたくさんです。 キラキラ、ひらひら、子どものころからの憧れが詰まったような世界です。 ここ最近のお気に入りナンバーワンまんがです。 Posted by ブクログ 2020年06月14日 転生もので、主人公は初期から転生先の知識があり、ある程度自分の今後の人生を把握しています。 主人公の性格は純粋というより、ずる賢さ、したたかさがあります。 赤ちゃんの段階から転生するので、主人公は最悪の結果にならないように、その世界の過去や出会う登場人物を見極め、自分の立ち振る舞いを模索します。 穏やかな展開があるとしても、その裏にある、冷ややかな結末を恐れるドキドキを感じながら読むのがだんだん癖になります。 ただ展開はあまり早くはなく、2巻から徐々に登場人物が増えていって、本格的にストーリーが動いていくように思います。 絵の綺麗さ、デザイン性もあって、かつフルカラーで読み進めるのが楽しみな作品です。 ただ元々は電子版なので、書籍になるとカラーの質感が少し劣ってしまうのが残念。 本の作りが左綴じ、左ページから右へと読み進めることになるので、若干読みにくさがあるかもしれません。 おすすめはやはり電子版です。

次の