広東住血線虫。 shop.organicmedialab.com

広東住血線虫症

広東住血線虫

dj2078. html 最近経験した広東住血線虫症2例と本邦における本症の発生状況 影井(1993)が本月報Vol. 14、222-223 ページにおいてすでに述べているように、広東住血線虫は人に感染すると重篤な好酸球性髄膜脳炎を惹起するため、台湾やタイ等の東南アジアや太平洋諸島においては人畜共通寄生虫として公衆衛生学的に極めて重要である。 わが国においては1969年に沖縄で患者が初めて見いだされ、その後、沖縄県はもちろん、本土の各地から症例が報告されている。 筆者らの文献的調査では、国内感染例はここに述べる2症例を加えて本年3月末現在で合計35例となり、その他に国外で感染し国内で診断され、治療された症例が2例(の症例7と30)見られる()。 以下に最近筆者らが経験した広東住血線虫症(の症例36と37)の2例を簡単に紹介する。 症例36は静岡県清水市の1歳8カ月の女児で、軽度の発熱、嘔吐、斜視、顔面神経麻痺等の症状を示し、髄液(50%)と末梢血(27%)に好酸球増多が認められ、また、頭部のMRI で肥厚性髄膜炎の所見が認められた。 発症後1カ月くらいから解熱傾向を示し、症状も軽快したので53日後に退院した。 本症例は免疫電気泳動法、dot-ELISA 、Western blotting、inhibition ELISA等で広東住血線虫抗原に陽性反応を示した。 症例37は東京都在住の17歳の高校生。 沖縄への修学旅行から帰京後に発熱、手足の痺れ、頭痛、嘔吐、意識混濁、見当識障害、項部硬直、ケルニッヒ徴候陽性、知覚過敏等の症状を呈し、髄液(65%)と末梢血(29%)には好酸球増多が認められるとともに、髄液には蛋白の増加が認められた。 本症例も頭部MRI で髄膜炎の所見を示したが、約40日間の入院で症状が軽快し退院した。 本症例も、Ouchterlony 法、向流免疫電気泳動、inhibition ELISA等の免疫血清学的検査で陽性であり、診断が確定した。 広東住血線虫症の診断には髄液中に虫体を確認するのが最も確実であるが、これは一般に困難で、国内症例で虫体を確認できたのはわずかに一例(症例20)に過ぎない。 また沖縄では眼球内に虫体を認め、高度な視力障害を示した眼型の症例(症例26)もある。 本邦における本症の感染源としてはアフリカマイマイ、アジアヒキガエル、ナメクジ等が知られているが、表1に示すように、今回の2症例を含めて約半数の症例で感染源が不明である。 また、1970年代までは沖縄での症例が多かったが、最近では本土における症例が増加している。 全国各地のネズミや軟体動物に本種の寄生が見いだされているので、わが国の何処ででも本虫に感染する可能性がある。 本症には特効的な治療薬は知られていないが、幸い余程の重症感染でない限り致命的でなく、対症療法を行えば予後は一般に良好である。 これは人が本虫の非固有宿主であるため、脳で幼若成虫にまでは発育しても早晩死滅するからである。 秋田大学医学部寄生虫学教室 吉村堅太郎 ホームへ戻る.

次の

ナメクジ食べて体が麻痺、8年闘病の男性が死亡。人間の脳に感染する「広東住血線虫症」とは?

広東住血線虫

オーストラリア人のサム・バラード氏は19歳のとき、パーティで友人たちにけしかけられてナメクジを食べた。 数日のうちに、彼は珍しいタイプの髄膜炎にかかり、それから1年以上昏睡状態が続いた。 意識が戻った後も首から下の麻痺は治っていない。 医師によると、バラード氏の病気の元凶はナメクジに寄生する広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis)だという。 (参考記事:「驚愕!ナメクジの腹に潜んで旅をする線虫」) さらに注目すべきは、この寄生虫が今、世界のこれまで確認されていなかった地域にも広がっていることだ。 (参考記事:「目から寄生虫が次々と、14匹を摘出、初の感染例」)アジア原産の広東住血線虫は現在、アフリカ、オーストラリア、カリブ海諸国、米国南部などでも見られる。 2017年には米ハワイ州の疫学者サラ・パーク氏が、同州での感染例が年間10件ほどにのぼると報告した。 英語で「rat lungworm(ネズミ肺線虫)」と呼ばれる通り、広東住血線虫は生涯の一時期をネズミの肺で過ごす。 感染したネズミが咳をして、肺から喉に幼虫が吐き出されると、すぐにまた飲み込まれて腸を通り抜け、糞と一緒に排出される。 続いてカタツムリやナメクジがこの糞を食べ、幼虫が体内に取り込まれ、しばらくの間、新たな宿主の中で成長する。 広東住血線虫が繁殖するには、その後、幼虫がネズミの体内にふたたび戻らなければならない。 このステップは、感染したカタツムリやナメクジをネズミが食べることで完了する。 ネズミの体内に戻った幼虫は脳に移動し、そこである程度まで成長してから、心臓と肺を繋ぐ肺動脈に移る。 心臓から血液が送り出されてくるこの場所で、広東住血線虫はようやく交尾に至る。 より引用 んーーなるほど。 ちょっと複雑ですが、カタツムリやナメクジに寄生するだけでは広東住血線虫は繁殖できないということですよね。 あと、 「ネズミの体内に戻った幼虫は脳に移動し、そこである程度まで成長してから」とありますが、 これは人間に寄生した時にも起きる現象だそうです…. 感染すると病気になるの? 広東住血線虫は人間に寄生すると、ネズミの体内と同じように脳を目指すそうです。 そして、脳の中に侵入して脳の中に居座るそうですよ。 めちゃくちゃ怖い寄生虫ですね… 「広東住血線虫 北上」とのニュースが流れたので、 「まだ日本には広東住血線虫が上陸していないのかな?」と思ったのですが、調べてみると日本でも広東住血線虫が確認されているみたいです! 嘘だろって感じですが、これまでに 「鹿児島県」「福岡県」「広島県」「愛知県」「静岡県」「神奈川県」「小笠原父島」「東京都」「北海道」などにいる ドブネズミや クマネズミなどから広東住血線虫が見つかったとのこと。 しかも、日本で人間に感染したケースもあって、これまでに少なくとも 54例(2003年8月現在) の人体症例が確認されているそうです! 広東住血線虫が感染することを 「広東住血線虫症」というらしく、感染すると以下のような症状が現れるようです。 生のカタツムリやナメクジと同様、カエルや淡水性のカニやエビを生で食べることもおすすめできない。 ナメクジを食べないようにすることなど簡単だと思う人もいるかもしれないが、ふとした偶然から小さな個体を口にしてしまうことは十分に考えられる。 また、ナメクジが通った後に残る粘着物にも寄生虫がいることがある。 「家や庭周辺のカタツムリ、ナメクジ、ネズミなどを除去することも、リスク軽減につながります」と、CDC寄生虫性疾患局疫学チームの責任者スー・モンゴメリー氏は言う。 「野菜を生で食べるときにはよく洗い、水筒などはカタツムリやナメクジが入らないよう、確実に蓋を閉めてください」 庭の野菜につくナメクジを退治する際には、死骸をその場に置きっぱなしにしないようにすることが重要だ。 ネズミ、ペット、野生動物などが死骸を食べてしまうおそれがある。

次の

広東住血線虫が北上!ナメクジ注意!広東住血線虫とは?感染すると病気になるの?

広東住血線虫

オーストラリア人のサム・バラード氏は19歳のとき、パーティで友人たちにけしかけられてナメクジを食べた。 数日のうちに、彼は珍しいタイプの髄膜炎にかかり、それから1年以上昏睡状態が続いた。 意識が戻った後も首から下の麻痺は治っていない。 医師によると、バラード氏の病気の元凶はナメクジに寄生する広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis)だという。 (参考記事:「驚愕!ナメクジの腹に潜んで旅をする線虫」) さらに注目すべきは、この寄生虫が今、世界のこれまで確認されていなかった地域にも広がっていることだ。 (参考記事:「目から寄生虫が次々と、14匹を摘出、初の感染例」)アジア原産の広東住血線虫は現在、アフリカ、オーストラリア、カリブ海諸国、米国南部などでも見られる。 2017年には米ハワイ州の疫学者サラ・パーク氏が、同州での感染例が年間10件ほどにのぼると報告した。 英語で「rat lungworm(ネズミ肺線虫)」と呼ばれる通り、広東住血線虫は生涯の一時期をネズミの肺で過ごす。 感染したネズミが咳をして、肺から喉に幼虫が吐き出されると、すぐにまた飲み込まれて腸を通り抜け、糞と一緒に排出される。 続いてカタツムリやナメクジがこの糞を食べ、幼虫が体内に取り込まれ、しばらくの間、新たな宿主の中で成長する。 広東住血線虫が繁殖するには、その後、幼虫がネズミの体内にふたたび戻らなければならない。 このステップは、感染したカタツムリやナメクジをネズミが食べることで完了する。 ネズミの体内に戻った幼虫は脳に移動し、そこである程度まで成長してから、心臓と肺を繋ぐ肺動脈に移る。 心臓から血液が送り出されてくるこの場所で、広東住血線虫はようやく交尾に至る。 より引用 んーーなるほど。 ちょっと複雑ですが、カタツムリやナメクジに寄生するだけでは広東住血線虫は繁殖できないということですよね。 あと、 「ネズミの体内に戻った幼虫は脳に移動し、そこである程度まで成長してから」とありますが、 これは人間に寄生した時にも起きる現象だそうです…. 感染すると病気になるの? 広東住血線虫は人間に寄生すると、ネズミの体内と同じように脳を目指すそうです。 そして、脳の中に侵入して脳の中に居座るそうですよ。 めちゃくちゃ怖い寄生虫ですね… 「広東住血線虫 北上」とのニュースが流れたので、 「まだ日本には広東住血線虫が上陸していないのかな?」と思ったのですが、調べてみると日本でも広東住血線虫が確認されているみたいです! 嘘だろって感じですが、これまでに 「鹿児島県」「福岡県」「広島県」「愛知県」「静岡県」「神奈川県」「小笠原父島」「東京都」「北海道」などにいる ドブネズミや クマネズミなどから広東住血線虫が見つかったとのこと。 しかも、日本で人間に感染したケースもあって、これまでに少なくとも 54例(2003年8月現在) の人体症例が確認されているそうです! 広東住血線虫が感染することを 「広東住血線虫症」というらしく、感染すると以下のような症状が現れるようです。 生のカタツムリやナメクジと同様、カエルや淡水性のカニやエビを生で食べることもおすすめできない。 ナメクジを食べないようにすることなど簡単だと思う人もいるかもしれないが、ふとした偶然から小さな個体を口にしてしまうことは十分に考えられる。 また、ナメクジが通った後に残る粘着物にも寄生虫がいることがある。 「家や庭周辺のカタツムリ、ナメクジ、ネズミなどを除去することも、リスク軽減につながります」と、CDC寄生虫性疾患局疫学チームの責任者スー・モンゴメリー氏は言う。 「野菜を生で食べるときにはよく洗い、水筒などはカタツムリやナメクジが入らないよう、確実に蓋を閉めてください」 庭の野菜につくナメクジを退治する際には、死骸をその場に置きっぱなしにしないようにすることが重要だ。 ネズミ、ペット、野生動物などが死骸を食べてしまうおそれがある。

次の