土用の丑の日 土いじり。 2020年(令和2年)の土用が一目でわかる!土用の丑の日は一覧まとめ表でチェック!!土いじりは?鰻の日はいつ??

土用は土いじりをしてはいけないの?2020年の4回の時期もご紹介!|気になる話題アラカルト

土用の丑の日 土いじり

7月21日土用の丑の日の歴史は? 土用の丑の日が、真夏の時期ということはわかっていても、それが何月何日か知らない方も多いのではないでしょうか。 そうなると土用の時期は年に4回あることになるのですが、やはり土用の丑の日と言えば夏ですよね。 なので、 立夏までの18日間のうち十二支が丑の日を「土用の丑の日」と呼んでいるのです。 7月21日土用の丑の日の由来は? 土用の丑の日といえば夏のイメージが強いですが、 実はうなぎの旬って冬。 産卵期を迎え脂肪をたっぷり溜め込んだ寒い季節が、うなぎの一番美味しい時期なのです。 それなのに、夏にうなぎが食べられるようになったのは江戸時代のころからだといわれています。 土用の丑の日にうなぎを食べるという風習が根付く以前は、味が濃くて脂ののったうなぎの蒲焼は、暑い夏の季節にあまり売れなかったそうです。 その看板がきっかけとなり、そのうなぎ屋は大繁盛。 その様子を見た他のうなぎ屋も真似をするようになり、「土用の丑の日」が風習となったそうです。 ちなみに、「土用の丑の日」という看板を考えた有名人とは、江戸時代に学問や発明で名を馳せた平賀源内。 蘭学者やエレキテルの復元などでも有名ですが、この「土用の丑の日」というキャッチコピーを生み出したことで、コピーライターの元祖ともいわれているそうです。 土用の丑の日にあんころ餅? 夏の猛暑を乗り切るために、土用の丑の日にはうなぎのほかにも身体に良いとされる食事をとる 「食い養生(しょく ようじょう)」という習わしがあります。 これは、土用の丑の日にちなみ、名前に「う」のつく栄養価の高いものを食べて精をつけ、無病息災を祈願するものなのです。 この食い養生で食べられていたものの中に、 土用餅と呼ばれるあんころ餅がありました。 当時、宮中では夏負けをしないようにガガイモという滋養強壮の薬にもなる植物の葉を煮出した汁で作った餅をお味噌汁に入れて土用の入りに食べていました。 江戸時代になると、 お味噌汁に入れて食べていたお餅が小豆のあんこで包んだあんころ餅へと変わっていったそうです。 またこのあんころ餅以外にも、土用に産み落とされた土用 卵、土用シジミ、うどん、瓜、梅干しなどが食べられています。 土用に土いじりは不幸になる? 土用の時期は年に4回あると先述しましたが、これはまさに季節の変わり目。 心身共に不安定になりやすいことはもちろん、土用の期間には「土の気」が満ちるといわれており、「破壊と再生」の作用が強くなるために心穏やかに過ごす時期なのです。 それゆえに、土に関することを避けるべきだと言われており、昔の人は、土用の期間には農作業を休んでいたそうです。 また、 土用に土いじりをしてはいけない理由として、土を司る陰陽道の土公神(どくじん)という神様が土用の期間に土を支配するため、その間は土いじりをしてはいけないと言われているのです。 まとめ 土用の丑の日を 土曜の牛の日だなんて思っていた方も、少なからずいたのではないでしょうか? 暑い夏にうなぎを食べるという風習が理にかなっているものの、うなぎ屋さんのキャッチコピーだったなんて以外ですよね! 今年の土用の丑の日はうなぎを食べて、元気に夏を乗り越えましょう!.

次の

2020年(令和2年)の土用が一目でわかる!土用の丑の日は一覧まとめ表でチェック!!土いじりは?鰻の日はいつ??

土用の丑の日 土いじり

2020年土用の丑の日はいつ? 土用の丑の日はうなぎを食べよう!と言われるのは夏の土用の丑の日。 実は土用の丑の日は年に4回もあるんです。 2020年は 冬の土用の丑の日:1月18日~2月3日 春の土用の丑の日:4月16日~5月4日 夏の土用の丑の日:7月19日~8月6日 秋の土用の丑の日:10月20日~11月6日 です。 土用の丑の日にしない方が良いこと 土いじり・草むしり・地鎮祭・増改築など 土に関することをすると土を司る土公神という神様が怒ると言われています。 土用の丑の日には土公神は土の中でゆっくりされているので、土いじりをされると怒ってしまうんだそうです。 ただ地鎮祭や増改築は土用の丑の期間を避けることはできても、土いじりや草むしりはずっと放っておくのは厳しいですよね。 夏の期間は草が生え放題になってしまい生活に支障がでてきます。 そんな時は「間日(まび)」を利用しましょう。 間日の間は土公神は土から出て天上界に行っているので土をいじっても大丈夫だとされています。 面白いですね。 2020年の間日は 冬の土用の間日:1月24日・25日・27日 春の土用の間日:4月20日・21日・24日・5月2日・3日 夏の土用の間日:7月23日・24日・28日・8月4月・5日 秋の土用の間日:10月21日・23日・31日・11月2日・4日 草むしりをするならこの日にするといいでしょう。 また、増改築なども土用の丑の日前からすでにしていることは中断する必要はありません。 就職や転職・結納や結婚・開業や開店など 土用の丑の日には新しいことを始めるのも避けたほうがいいです。 土用の丑の日は季節の変わり目ですので体調を崩しやすい時期です。 昔は医療体制が不充分でしたので季節の変わり目はおとなしくしておこう、と考えられたようです。 引っ越しや旅行 土用の丑の期間はどの方向の旅行や引っ越しも避けるべきと考えられています。 土用の丑の日はなぜ注意なの? 先にも書いたように、土用の丑の日は季節の変わり目で体調を崩す方が多くなる時期であると同時に、 土用の丑の日は「土の気」と言われ、「物事の終わりと始まり」や「破壊と再生」という性質があると言われています。 土用の間は地上には「土の気」が満ちており、色々なことが不安定になるのです。 ですので慎重に過ごすように、という意味で色々な制限があるようです。 土用の丑の日にしたら良いこと 衣替え ちょうど季節の変わり目に当たりますので部屋の掃除や衣替えをするのは良いとされています。 「土用の虫干し」という言葉もあります。 夏の土用の丑の日にはカビや虫から守るために洋服や本を陰干しして湿気を取ると良いと言われています。 部屋の掃除や模様替え 次の季節を迎える準備をするという意味で大掃除をしたり季節に合うように模様替えをするのが良いとされています。 「う」のつく食べ物を食べる 土用の丑の日には「う」のつく食べ物を食べると良いと言われています。 代表がうなぎですよね。 その他にもうどん、梅干し、きゅうり(うり)があります。 夏の土用の丑の日には暑気中り(しょきあたり)をしないように土用餅を食べる習慣もあります。 お餅を食べて力をつけ、小豆は厄払いの意味があります。 最近はオリジナルのうのつく食べ物を食べる楽しみ方もありますね。 まとめ 土用の丑の日にしてはいけないことがあったなんて驚きですね。 でもしてしまったからといって何か悪いことが起きるという事ではありませんので必要以上に恐れることはないようです。 日本人が大切にしている昔からの習慣には先人の知識があります。 体調を崩しやすい土用の丑の日には栄養のあるものを食べてゆっくり過ごしましょう。 土用の丑の日ではありませんが、毎年父の日はうなぎを贈っています。

次の

土用の日に土いじりがNGなのはなぜ?〇〇が土の中に!?

土用の丑の日 土いじり

雑節は、五節句や二十四節気と同じく、季節を表わす暦の一種です。 中国から伝わったものと、日本独自の行事が合わさって、多くは農作業の目安の時期が分かるように作られました。 現在でも、八十八夜や二百十日などが知られていますね。 五行説による 季節の性質を表にまとめると次のようになります。 五行 季節 由来 木行 春 草木が芽吹く季節だから 火行 夏 暑い季節だから 土行 土用 次の季節の準備期間 金行 秋 収穫の季節だから 水行 冬 雪や氷の季節 「土」には、万物を保護して育てる気があると考えられています。 土用には、 新しく迎える季節の気を育むという意味があります。 土用の間、地上には「土の気」が満ちており、色々なことが 不安定になります。 そのため、土用の期間は、 慎重に過ごすべき「凶」の時期とされたのです。 土用は「凶」の時期とか言われると急に怖くなりますが、注意すべきことさえ守れば、まったく心配する必要はありません。 続いて、土用の期間は、何に注意すればいいのかを一緒に見ていきましょう! (土用を過ごす注意点を押さえたのちに、年4回の土用の期間がいつなのかをご覧いただきますね。 ) 相克を簡単に説明すると、季節の盛りに勢いづく気を押さえる気で中和することです。 土用を理解するためにキーになるのが、土用に対する月の干支です。 (五行説では、干支も木・火・土・金・水の5つに分けられます。 ) 右の図で、直線で結ばれている干支が相克関係にある組み合わせ。 夏の土用は、未(火)月で、丑(水)が相克する干支となります。 そして、相克する干支の頭文字から始まる食べ物や、象徴する色の食べ物が、それぞれの土用に食べると良いものとされています。 土用 相克する干支 食べると良い物 春土用(木行・辰の月) 戌(金行・白) 「 い」から始まる、もしくは 白い食べ物いわし、いちご、いか、インゲン豆、芋、大根、しらすなど 夏土用(火行・未の月) 丑(水行・黒) 「 う」から始まる、もしくは 黒い食べ物うなぎ、梅干し、うり、しじみ、土用餅(関西・北陸)など 秋土用(金行・戌の月) 辰(木行・青) 「 た」から始まる、もしくは 青い食べ物玉ねぎ、大根、さんま、さばなど 冬土用(水行・丑の月) 未(火行・赤) 「 ひ」から始まる、もしくは 赤い食べ物ひらめ、ひらまさ、トマトなど.

次の