チャオ 御岳 マウント リゾート。 づかさんのチャオ御岳スノーリゾートのクチコミ

チャオ御岳スキー場は潰れてしもたん?

チャオ 御岳 マウント リゾート

(左)ゲレンデ下から正面に御嶽山が見える。 右はゴンドラ、左は第1リフト。 12月10日になって、「チャオ御岳マウントリゾート冬季営業延期のお知らせ」が同スキー場のホームページに掲示された。 「チャオ御岳マウントリゾート(岐阜県高山市)は、運営体制の再構築および施設の復旧が完了するまで、2018-19冬季シーズンのスキー場営業を延期いたします」とのこと。 延期の理由としては「昨シーズンまでの収益の減少に加えて冬季営業を平日休業したことによりお客様の入込数が大幅に減少し、さらに収益の悪化が進む中、新たな経営体制として運営してまいりましたが、本年7月から10月に発生した集中豪雨や大型台風災害でスキー場施設に損傷が生じ、復旧工事に時間と費用を要しております」と述べられている。 「今後は運営体制の見直しを行い、3月以降の春季営業と夏季の高地トレーニング事業を軸として経営体制を再構築し営業再開に向けて努めてまいります」という。 2018年5月、経営不振から旅館のプロデュース業などを行う会社に筆頭株主が変わり、新たな経営体制を敷こうとしていた。 同社はスキー場経営を行うのは初めてであった。 (左)駐車場とセンターハウスへの通路。 (右)センターハウス。 収益の悪化はわかっていたはずだから、なぜいまさらといいたいところだけれど、諸々の事情があったのだろう。 12月1日営業開始の予定を延期するといったんは発表され、早割パス購入者には払い戻しの案内がおこなわれていたので、今シーズンの営業は厳しいのではないかと憶測を呼んでいた。 3月以降営業再開とのことだが、そこにスキーシーズンが含まれるのかもいまひとつわからない。 同スキー場について「ニッポンのデレンデ2013(実業之日本社)」では「御嶽山の北斜面に展開し、トップの標高は2000mオーバー。 眺望はもちろん、雪の質・量ともに上々で、ゴンドラを使ってロングコースが3本もとれるとあって人気が高い」と紹介されている。 ゴンドラ1基、ペアリフト2基(以前は3基)の施設があった。 近年はスノーボーダーの比率が高いゲレンデという印象だった。 (左)第1リフト前。 多くの車両があった。 (右)第3リフト下。 岐阜方面への所用のついでに、12月中旬に現地を訪れてみる。 アクセスはお世辞にもいいとはいえない。 木曽路から国道361号で長峰峠を越えて岐阜県に入り、すぐの分岐を左に向かう。 途中にあるチャオの案内板には、営業延期などの表示は見られなかった。 チャオまではよい道が続く。 広い駐車場の上にセンターハウスやゴンドラ乗場などが位置している。 センターハウスの横には多くの車両がとめられていて、人が出入りしていた。 営業再開に向けて進められている様子に、何となくほっとする。 見上げるゲレンデにはまだ雪が少ないけれど、人工降雪機や圧雪車も稼働せず手持ち無沙汰の様子。 リフトは搬器を取り付けられた状態である。 今シーズンがどうなるのか解らないけれど、遅くとも来シーズンには復活するのではないかと思っている。 ゲレンデの向こうには、雲の中から御嶽山が姿を見せてくれた。 (現地訪問:2018年12月) 【追記】 3月に入っても動きはなく、今シーズンはやはり冬季営業はしないように感じられる。 (2019年3月8日) 【追記】 2020シーズンに向けてもスキー場営業の案内がおこなわれていない。 2020シーズンも営業休止か。

次の

現在閉鎖中ですよ。。。

チャオ 御岳 マウント リゾート

(左)ゲレンデ下から正面に御嶽山が見える。 右はゴンドラ、左は第1リフト。 12月10日になって、「チャオ御岳マウントリゾート冬季営業延期のお知らせ」が同スキー場のホームページに掲示された。 「チャオ御岳マウントリゾート(岐阜県高山市)は、運営体制の再構築および施設の復旧が完了するまで、2018-19冬季シーズンのスキー場営業を延期いたします」とのこと。 延期の理由としては「昨シーズンまでの収益の減少に加えて冬季営業を平日休業したことによりお客様の入込数が大幅に減少し、さらに収益の悪化が進む中、新たな経営体制として運営してまいりましたが、本年7月から10月に発生した集中豪雨や大型台風災害でスキー場施設に損傷が生じ、復旧工事に時間と費用を要しております」と述べられている。 「今後は運営体制の見直しを行い、3月以降の春季営業と夏季の高地トレーニング事業を軸として経営体制を再構築し営業再開に向けて努めてまいります」という。 2018年5月、経営不振から旅館のプロデュース業などを行う会社に筆頭株主が変わり、新たな経営体制を敷こうとしていた。 同社はスキー場経営を行うのは初めてであった。 (左)駐車場とセンターハウスへの通路。 (右)センターハウス。 収益の悪化はわかっていたはずだから、なぜいまさらといいたいところだけれど、諸々の事情があったのだろう。 12月1日営業開始の予定を延期するといったんは発表され、早割パス購入者には払い戻しの案内がおこなわれていたので、今シーズンの営業は厳しいのではないかと憶測を呼んでいた。 3月以降営業再開とのことだが、そこにスキーシーズンが含まれるのかもいまひとつわからない。 同スキー場について「ニッポンのデレンデ2013(実業之日本社)」では「御嶽山の北斜面に展開し、トップの標高は2000mオーバー。 眺望はもちろん、雪の質・量ともに上々で、ゴンドラを使ってロングコースが3本もとれるとあって人気が高い」と紹介されている。 ゴンドラ1基、ペアリフト2基(以前は3基)の施設があった。 近年はスノーボーダーの比率が高いゲレンデという印象だった。 (左)第1リフト前。 多くの車両があった。 (右)第3リフト下。 岐阜方面への所用のついでに、12月中旬に現地を訪れてみる。 アクセスはお世辞にもいいとはいえない。 木曽路から国道361号で長峰峠を越えて岐阜県に入り、すぐの分岐を左に向かう。 途中にあるチャオの案内板には、営業延期などの表示は見られなかった。 チャオまではよい道が続く。 広い駐車場の上にセンターハウスやゴンドラ乗場などが位置している。 センターハウスの横には多くの車両がとめられていて、人が出入りしていた。 営業再開に向けて進められている様子に、何となくほっとする。 見上げるゲレンデにはまだ雪が少ないけれど、人工降雪機や圧雪車も稼働せず手持ち無沙汰の様子。 リフトは搬器を取り付けられた状態である。 今シーズンがどうなるのか解らないけれど、遅くとも来シーズンには復活するのではないかと思っている。 ゲレンデの向こうには、雲の中から御嶽山が姿を見せてくれた。 (現地訪問:2018年12月) 【追記】 3月に入っても動きはなく、今シーズンはやはり冬季営業はしないように感じられる。 (2019年3月8日) 【追記】 2020シーズンに向けてもスキー場営業の案内がおこなわれていない。 2020シーズンも営業休止か。

次の

『チャオ御岳スノーリゾート』今シーズン営業中止だった岐阜県スキー場。

チャオ 御岳 マウント リゾート

山頂から望むの北山腹にあるチャオ御岳スノーリゾート アクセス [ ]• マイカーの場合 :から約120分 :から約110分 スキー場の北側をが通る。 電車・バスの場合 :-:チャオスノーリゾート線 沿革 [ ]• (平成10年) - 、と地元自治体の出資により設立された第三セクター 飛騨森林都市企画株式会社(ひだしんりんとしきかく)により チャオ御岳スノーリゾートが開業した。 (平成25年) - 9月、がスキー場運営から撤退、飛騨森林都市企画の保有株式の大半をに売却した。 (平成26年) - 9月27日に御嶽山が噴火。 チャオ御岳は入山規制範囲外であり被害もなく2014-2015シーズンの営業を行ったが、年末年始の入場者数が半減するなど営業的には打撃を受ける。 (平成29年) - 、は、御嶽山噴火による風評被害やツアーバスの規制強化等により入場者数が伸び悩んでいるとして、2017-2018シーズンの営業を見合わせることを発表した が、9月、一転して2017-2018シーズンも営業する旨が告知された。 ただし2018年1月9日~3月16日の間は土日祝日のみの営業となる。 (平成30年) - 5月、飛騨森林都市企画の筆頭株主であったが、全ての保有株式を有限会社優福屋 東京都中央区 に譲渡したことが報道された。 名称を チャオ御岳マウントリゾートに変更、新たに夏のゴンドラ営業などを開始し、2018-2019ウィンターシーズンは毎日営業に戻すとしている。 2018-2019シーズンからはマックアース関連のシーズン券や早割券等は全て使用できなくなる旨、ホームページで告知されている。 2018年の夏営業は一応行われていた。 2018-2019の冬シーズンは12月1日からの営業予定としていたが、積雪不足を理由に延期。 SNS上では営業準備を行っている様子が見られないと話題になっていたが、12月10日に「 前運営会社による 昨シーズンまでの収益減と平日休業によって客離れが起きた」「集中豪雨や台風により施設被害があった」等の理由により「十分な準備ができなかったため 冬季営業を延期、運営体制の見直しを行い、 3月以降の春季営業に向けて務める」とのアナウンスがなされた。 12月24日には営業中止が新聞報道され、飛騨森林都市企画は複数の業者に対し計三千万円ほどの未払金があると報じられた。 その後のアナウンスは無く、春スキー時期も営業しなかった。 10月中旬にはウェブサイトも一時閲覧不能となった。 2019-2020冬シーズンも営業していない。 (令和2年) -営業は行われていない。 施設は営業当時のまま残っている。 ペアリフトの搬器も設置した状態ではあるが営業再開の様子はない。 1月2日に訪れるとゲレンデにはスノーモービルが走りまわってる状態であった 注釈 [ ]• 東海旅客鉄道株式会社. 2013年9月8日閲覧。 交通新聞社 : p. 2001年4月2日• 岐阜新聞 2013年9月7日. 2013年9月8日閲覧。 岐阜新聞 2013年9月28日. 2013年10月28日閲覧。 2020年6月27日閲覧。 2015年1月18日• 2017年9月26日閲覧。 2017年9月26日閲覧。 2017年9月27日閲覧。 2019年3月28日閲覧。 岐阜新聞. 2018年5月8日. 2018年5月8日閲覧。 2018年5月8日閲覧。 2018年12月10日閲覧。 中日新聞: p. 2018年12月24日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の