りゅうおう の お しごと 12 巻。 『りゅうおうのおしごと』12巻感想~帝位編・三段リーグ編

shop.organicmedialab.com: りゅうおうのおしごと!12 (GA文庫) eBook: 白鳥 士郎, しらび: Kindleストア

りゅうおう の お しごと 12 巻

『』の12巻は本編も面白かったですけど、限定版の小冊子も銀子ファンには嬉しい内容でしたね。 作者の白鳥先生による銀子というキャターについての解説。 人気ーによる銀子のイラストギャラリー。 そして八一と銀子がただただイチャついているだけの短編小説。 こちらは時系列的には八一が帝位戦の挑戦者決定戦に挑む前のエピソードですね。 限定版とはいえ比較的求めやすい価格でこの内容はなかなかお得な気がしませんか? とはいえ、限定盤は限定版を購入した人の特典のはずなので、そこまで極端に内容を詳らかにしてレビューするつもりはありませんが、オススメしないのももったいない内容だと感じたので本編とは別にレビューしてみたいと思います。 あっ、良かったら本編のレビューの方も読んでみてくださいね!? 空銀子というキャターについて こちらでは空銀子というキャターの設定について、作者の白鳥先生が自ら執筆して語られています。 主人公の八一やメインヒロインの雛鶴あいを差し置いて語られるほど銀子が人気キャターであるということが分かりますね。 実際、最近の銀子の活躍ぶりには目を見張るものがあります。 というか、11巻と12巻では銀子以外のヒロインの存在感が随分と薄れてしまっていますからね。 それに、作者自身も6巻以降は銀子がほぼ主役になっていることに言及しています。 まあ、銀子以外の彼女たちにも今後活躍の場はあるのでしょうけど。 また、各巻における銀子の役割の変化についても語られていますが、それもまた実際に読んで感じていた通りでした。 ただ、もともと5巻で終わる予定だった作品が続くことになったことで、本来のプロットに添った展開にした結果が今の銀子の状況でもあるようなので、もしかすると序盤の銀子は意図的に本来の役割を歪めて・・は言い過ぎにしても表には出さないように描かれていたのかもしれませんね。 結果論ですけど、そのことが空銀子というキャターにギャップを与え、より魅力的なキャターに押し上げることに繋がったのではないかとも思います。 更に、銀子のモデルについても言及されています。 『』には現実の将棋界にあったエピソードを参考にしたようなお話が多々あったり、現実のを思わせるようなキャターも多いので、当然誰がモデルなのだろうかという考察は多くの人がしてきたことなのではないかと思いますし、僕も将棋界には疎いものの空銀子というキャターは現実に存在しそうなギリギリのライン上のキャターなので、自分が知らないだけでモデルはいるのだろうと勝手に思っていました・・が、どうやらそれは間違いだったようですね。 (笑) この小冊子を読んで「えっ、そうなの?」と思った人も多いのではないでしょうか? 空銀子イラストギャラリー 全ての 『』のイラストを知っているわけではないので既出なのかは判断できませんが、しらび先生によるものとゲストーによるものとで空銀子のカラーイラストが大量に掲載されています。 個人的には、しらび先生の描いた幼い頃の銀子が将棋盤の横でリラックスして寝転がっているイラストが気に入りましたけど、他のイラストも時間を掛けてジックリ眺めたくなるようなものばかりでした。 ちなみに、ゲストーには『』のニリツ先生、『』のファルまろ先生のお二方がいました。 ファルまろ先生の銀子は本家に近い雰囲気ではあるものの、本家にありそうで無さそうな感じが良いイラストでした。 そして、ニリツ先生の銀子はただただ格好良かったです。 銀子とただイチャイチャするだけの話 12巻の本編の内容は編のクライマックスということもあり、を戦うメインキャター以外のキャターにもスポットが当たっており、その内容も将棋に命を賭ける人生の断片が垣間見えるようなものだったり、リーグ終盤の激闘が中心に描かれていました。 11巻のの続きをはじめてとした八一と銀子のラも描かれてはいましたが、表紙から受ける印象に反して11巻ほどラ成分はありません。 従って、将棋として読んでいる人にとって12巻は激闘の連続で読み応え抜群のクオリティだったと思いますが、ラの続きが読みたい人にとっては少々物足りなさを感じる内容だったのではないかとも思います。 しかし、そんな物足りなさを補完しているのがこの短編小説になっているようです。 ハッキリ言って、ビックリするほど内容はありません。 まあ、本編じゃないのにそこに重要な内容が含まれていても困りますけど。 (笑) なんとタイトル通り、約40ページにも渡って八一と銀子がイチャイチャしているだけの短編小説になっています。 八一が帝位戦の挑戦者決定戦に挑む前なので、時系列的には12巻の本編に照らし合わせると序盤のエピソードとなります。 本編の帝位戦の挑戦者決定戦で八一は名人にアッサリ勝利していますし、銀子もで好調を保っていたタイミングですが、なるほどその裏でこんなことをしていたわけだと思わされます。 読んでいて恥ずかしくなるバルぶりを二人が発揮している上に年齢のことを考えたらかなり際どいイチャイチャぶりでもあるので、読んでいて相当お腹いっぱいになります。 (笑) そういえば本編では、八一が銀子にコスプレをさせたりと八一の性癖が垣間見えるようなシーンはありましたが、銀子のそういう所はあまり描かれていた記憶がありません。 しかし、この短編小説ではむしろ銀子のかなり特殊かつ意外な性癖が明らかになっていて、その辺が本編のみを読んでいる人には分からない見所なのかもしれません。 引かれるかもと思いつつその性癖を暴露してしまって、八一に身体が目当てだったのかと言われてしまうという、いつもとは立場が逆転していそうな会話が面白かったです。

次の

【八王子市】将棋ストーリー「りゅうおうのおしごと!」と血液センターがコラボ

りゅうおう の お しごと 12 巻

いや、自分は続きが気になって一気に読んじゃうタイプなので、平日は流石にまずいと控えていたのです。 最初は3巻くらいまで出てた頃に、将棋が題材なのでちょっと読んでみるかと1巻を購入したら面白かったのでそのまま続けて読んでます。 ネタバレは良くないと思うので軽い感想です。 編クライマックスですね。 最終日の対局が熱いです。 最終日に勝ったほうが昇段というのは現実でもありますし、個人的にもそういう対局をした人を知っています。 勝てば昇段の一局を落した人は、本当に辛いだろうなと思いますし、プレッシャーもすごいものがあると思います。 周りの期待とかもありますし。 今回は、主人公の対局もありますが、やっぱりの対局の方が面白かったです。 誰が昇段するかはネタバレになるので控えますが、今回は特に三段のメンバーで登場した人にはかなり好感が持てました。 今回は週末に買って良かったと思います。 「りゅうおうのおしごと」の中では分厚いほうですし、こんなの途中で読むの止められない(少なくとも自分は)ので、翌日仕事の時に夜に読み始めると危険だった。 危ない危ない。 もし、「りゅうおうのおしごと」に興味を持たれた人が居たら、1巻を読んでみることをおススメします。 (ガンガンon-lineで小説版の1巻も試し読みもできたと思います) これが面白かった人は5巻までは多分好きになれます。 ただ、自分のように読み始めたら止まらない人は、連休とかを狙ってください。 y-ginogino.

次の

【八王子市】将棋ストーリー「りゅうおうのおしごと!」と血液センターがコラボ

りゅうおう の お しごと 12 巻

いや、自分は続きが気になって一気に読んじゃうタイプなので、平日は流石にまずいと控えていたのです。 最初は3巻くらいまで出てた頃に、将棋が題材なのでちょっと読んでみるかと1巻を購入したら面白かったのでそのまま続けて読んでます。 ネタバレは良くないと思うので軽い感想です。 編クライマックスですね。 最終日の対局が熱いです。 最終日に勝ったほうが昇段というのは現実でもありますし、個人的にもそういう対局をした人を知っています。 勝てば昇段の一局を落した人は、本当に辛いだろうなと思いますし、プレッシャーもすごいものがあると思います。 周りの期待とかもありますし。 今回は、主人公の対局もありますが、やっぱりの対局の方が面白かったです。 誰が昇段するかはネタバレになるので控えますが、今回は特に三段のメンバーで登場した人にはかなり好感が持てました。 今回は週末に買って良かったと思います。 「りゅうおうのおしごと」の中では分厚いほうですし、こんなの途中で読むの止められない(少なくとも自分は)ので、翌日仕事の時に夜に読み始めると危険だった。 危ない危ない。 もし、「りゅうおうのおしごと」に興味を持たれた人が居たら、1巻を読んでみることをおススメします。 (ガンガンon-lineで小説版の1巻も試し読みもできたと思います) これが面白かった人は5巻までは多分好きになれます。 ただ、自分のように読み始めたら止まらない人は、連休とかを狙ってください。 y-ginogino.

次の