宮川 花子。 宮川花子病気で車椅子生活で余命6ヶ月との診断!介護中に骨折していた

宮川花子、多発性骨髄腫だった 下半身マヒから驚異的回復「NGKで涙流したい」/芸能/デイリースポーツ online

宮川 花子

Contents• 宮川花子病気で車椅子生活で余命6ヶ月との診断! まずは、宮川花子さんがかかった多発性骨髄腫について説明していきたいと思います。 多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫と聞いてあまり聴き慣れない病名だと思いますが、簡単に説明すると血液のがんです。 血液のがんと聞いて水泳の池江璃花子選手がかかった白血病と思った方が多いのではないでしょうか? 白血病の一種なので間違いはないのですが、白血病との違いはBリンパ球というリンパ球がガン化するのが多発性骨髄腫で、かつては余命2年から3年と言われていたのですが、医学の進歩で余命が伸びていると言われている病気です。 車椅子生活で余命6ヶ月 ことの経緯は、 2018年3月に宮川花子さんが 腰痛を訴え異変を感じ取った夫の宮川大助さんのすすめでレントゲンを撮りに病院に向かいました。 するとその腰痛というのがただの腰痛ではなく、 第2・第5頸椎に骨腫瘍があることがわかりました。 医師の診断によると、 『転移をしていたら余命6ヶ月』と余命宣告を受けるほどの重症だったようです。 その後は自宅から通院をしながら放射線治療を受け、経過は良好。 回復に向かっているのかと思いきや、今年の1月に血液検査の結果が悪く、大阪の大きな病衣を紹介されましたが、 心の整理がつかず 『5ヶ月間も放置状態』で車椅子を使い仕事をしていました。 ですが、病は待ってくれません。 徐々に体調が悪くなり、宮川大助さんが花子さんがもともと通っていた病院の主治医に相談したところ『アホか!』と怒鳴られ、 6月25日に体調不良を訴え、緊急入院となりました。 その後の6月29日のNHKの仕事には穴を開けることができないということで、車椅子で出演をしていましたが、その裏では先ほどもお伝えした通り宮川花子さんは『余命6ヶ月』と宣告されていたのです。 心中は穏やかではなかったのではないかと思います。 その後、化学治療の体に合い歩く事はできないが、神経は回復をしており激痛の中リハビリも頑張っているということから 『いつか説明をしなければならない』と思い、12月11日開かれた記者会見を開きました。 会見に現れた際も宮川花子さんは終始車椅子に座り夫である宮川大助さんに押してもらいながら移動をしていました。 それもそのはず、この多発性骨髄腫は骨が非常に痛む病気で、現在宮川花子さんには首や肩、胸の付近などに全身7カ所の腫瘍が見つかっており、しかも股関節など骨折の跡があったそうです。 そしてこちらの画像が病状を簡単に説明するためにイラストを描いて説明されていたものです。 第3胸椎の以上で下半身付随になっている手第2第5の腰椎には放射線治療を行っているということがわかります。 この会見をみた時に個人的に感じた事と言えば、宮川花子さんの顔の肌艶がよく、会見中の喋りも夫婦漫才を聞かせてもらっているのでは?と錯覚するほどはっきりとして口調で、イラストにあるような病気を抱えているとは、到底想像が付かないぐらいでした。 どちらかというと夫の大助さんの方が落ち込んでいる姿が逆に印象的なぐらいでしたよね…。 スポンサーリンク 介護中に骨折していた 宮川花子さんの経緯をご覧いただきましたが、今年の1月から入院するまでの5ヶ月間が徐々に体の痛みが激しくなり、自宅での介護をしていました。 宮川花子さんの年齢が65歳で夫の大助さんが70歳。 そして娘のさゆみさんは41歳で、娘さんの手伝いがありますが老老介護に近い部分があります。 介護といっても夫の大助さんも娘のさゆみさんも介護をした経験はなく、言い方は悪いかもしれませんが見様見真似で行っていたようです。 介護といえばトイレなどに行く際、状態を起こしてあげて車椅子に乗せトイレに移動。 そして、トイレの便座に座れせるといった作業が必要になります。 オムツをすればその必要なくなりますが、そのオムツ交換の際も体を動かさなければなりません。 その時に、知識の無いまま寝起きをさせていた為、宮川花子さんの体には大きな負担がかかっていたのでしょう。 宮川花子さんは骨折をしていたと言います。 そんな中でも必死に介護してくれている家族に対して、感謝しかなかったのでは無いかと思います。 最後に、夫『大助を見送るまでは生きていこうと思う。 それば嫁として最後に捧げる愛情です』という言葉に宮川花子さんの強さを感じました。 今現在も大助花子夫婦はラブラブ中で絶賛恋愛中と言われていました。 お互いの気持ちでどうにかなるわけではありませんが、病は気からと言いますし、是非とも万歳復活果たしてもらいたいものですね。 まぁ、記者会見が漫才みたいでしたが…。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

宮川花子の病名は何?余命6カ月宣告を受けていた!多発性骨髄腫とは癌?今でも好きだ!今後の活動は?夫婦愛がすごい

宮川 花子

— 2016年 9月月16日午後8時39分PDT ベテラン漫才師「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)が11日、大阪市内で記者会見し、多発性骨髄腫を患い、治療中であることを公表した。 今年6月中旬から、体調を崩して休業していた。 車椅子に乗って会見に臨んだ花子さんは「舞台への復帰、退院のめどは立っていないが、回復のめどは立った」と話した。 会見には、夫で相方の宮川大助さん(70)と主治医が同席。 主治医によると、花子さんは2018年3月に整形外科を受診し、骨髄腫が判明。 車椅子で漫才を続けていたが、今年6月下旬から奈良県立医大付属病院に入院し、化学療法による治療を行ってきた。 失われていた下半身の感覚が戻るなど、回復が見られるという。 花子さんは「病院に入った時から泣いたらあかんと思っていた。 ここで泣くもんかと。 NGK(なんばグランド花月)の舞台に立ったときに感謝の涙を流したい」と話した。

次の

宮川花子が現在車椅子で登場。病気で手術の5年後に胃がんと発覚も

宮川 花子

宮川花子の病名は何? 夫婦漫才で人気を博しいまだにファンが多い宮川大助・花子夫妻。 妻の宮川花子さんは、腰の痛みを感じ整骨院等を検討していたそうですが夫の宮川大介さんは一度レントゲン等をとったほうがいいとすすめて 大阪の病院へ出掛け今回の病気がわかったそうです。 それでは病名は何か? 宮川花子さんの病名は多発性骨髄腫ということです。 癌ということです。 夫である宮川大助さんの一言で病院を受診されたのですね。 宮川花子の余命は6カ月と言われた!! 実は、宮川花子さんは医師から余命は6カ月といわれていたそうです。 妻が半年でいなくなるなんて怖いことです。 衝撃的ですね。 腰の痛みから行った病院から、いつのまにか人生の余命を宣言されるご本人の宮川花子さんや夫の宮川大助さんも驚いたことと思います。 宮川花子の病状は? 多発性骨髄腫と病面を診断された宮川花子さんの現在の病状は、両足がまったく動かないということで車いすで登場されました。 現在は下半身不随とおっしゃっています。 夫の宮川大助さんの会見でのお話では 身体中に腫瘍ができていると、夫の宮川大助さんは話していました。 実際、この病状や、病名を吉本興業の仲間や友達の鶴瓶さんたちにお話したのも3日前だと話されています。 夫・宮川大助さんからの妻・宮川花子さんへ会見中に愛の告白 宮川大助さんは花子さんのことをいまに好きだと会見で言っていました。 好きで結婚したんだと。 妻としては、嬉しい言葉ですよね。 こんなにうれしい言葉はありませんよね。 報道陣がいる会見で、思いを伝えるということは、公開告白です。 まとめ 今日は、宮川大助・花子の妻、宮川花子さんの病名や病状、余命についてまとめてみました。 とてもユーモラスに会見を開かれている宮川大助・花子さん夫婦の覚悟や強さを感じています。 宮川花子さんご自身がはっきりした口調でご自身の病名、病状を伝える姿に 生きたいという気持ちをしっかり視聴者の方にも伝わっていると思います。 宮川花子さんの回復を祈りたいと思います。 宮川花子さん応援しています!!.

次の