ガッチマン twitter。 ガッチマン

【日本トップ4】日本トップ4とは?キヨレトルト牛沢ガッチマンの活動について調べてみた!

ガッチマン twitter

Contents• …え、バ美肉? 雑誌?取材? 新3Dモデル? 4分半という短い動画の中に情報が詰め込まれ過ぎてて頭が混乱しました。 普通のバ美肉って「美少女」になるはずなんですが 美中年爆誕。 ガッチさんが有名絵師さんと知り合いというのは、正直驚きはありません。 10年前、隆盛を極めし頃のニコニコ動画の前線に居て交友関係も広かったと思いますし、その中から実力がある人が生き残るのは世の常。 キヨさんが、今をときめくまふまふさんや米津玄師さんと友達、と言うのと同じですね。 この先ガッチマンVはこの超イケメンイラストを元に展開していく予定だそうです。 既にこの絵を元に新3Dモデルも企業に依頼しているようなので、 Vのチャンネルのガッチさんは、このローポリ感溢れるガッチさんではなくなる日も遠くありません。 ご本人曰く、今のビジュアルのガッチマンは「ガッチマンにお返し」。 メインのチャンネルでは引き続き今の旧ガッチマンを使うようです。 確かに 忍者飯に訴えられたら負けそうなくらい忍者飯だったので、 このキャラが前面に出ないゲーム実況チャンネルのアイコン程度ならばともかく、 ビジュアルが本体となるVtuber活動を考えると、リデザインは必要な過程かもしれません。 同日(6月18日)のツイッターにて、 コロコロオンラインのラスト・オブ・アスII特集内に掲載告知がありましたが、 これはあくまでインターネットの記事なので、 他にも雑誌の取材などを受けているということでしょうね。 この先の展開も気になるところです。 Vtuberとしての裾野を拡げる さて、ここのところガッチさんはものすごく精力的にVtuber活動を拡げています。 他のVtuberの方々と交流を深め、他Vtuberの方の生放送に参加して、 人狼的TRPG(コミュニケーション型推理ミステリーというらしいのですが詳細はwiki参照)なるオンラインボードゲームにも参加していらっしゃいました。 今までの実況界隈での推理ゲームや人狼のプレイを見る限り、 ガッチさんは人狼的な、人を騙し嘘をつくのも、即興劇もあまり得意ではないですよね…?という印象だったのですが、やはり弁の立つVtuberさんに標的にされていましたね。 そもそもガッチさんはクトゥルフ神話に造詣深かったですっけ?(クトゥルフ自体は知らなくても成り立つとは思います) とは言え、最終的には会話劇としてとても面白いエンタメになっていたので、流石喋りで生きているVtuberさんたちといった感じでしょうか。 ネタバレは控えますがもちろんガッチさんにも役職的に見せ場はありましたし、 推理が光る格好良いシーンも盛り沢山でした。 ただしひとりの視点につき5時間超の動画となります(私はガッチ視点しか視聴していません。 周囲を漂う閉塞感 「Last of Us II」が出たらある程度メインチャンネルにかかりきりになるというのを見越しての行動というのもあると思いますが、 最近はVの方に特に傾注しているので、メインチャンネルの状況に飽きがきているのでは?とも考えてしまいます。 (ゲーム実況に飽きているという意味ではありません) ご本人も他のVtuberさんたちに質問された際、 ゲーム実況界とVtuber界の違いを答える局面が幾度となくあり、その都度 交流という面において、実況界は閉鎖的である旨を述べておられました。 もちろんそこは一番広げやすい話題であり、 かつ視聴者も気になるところでしょうから、色々な所で同じ内容を話してはいます。 TOP4の中でも特に外向きの交流を持つガッチさんとしては、 TOP4として長らく活動して来た弊害として、逆に TOP4以外での身動きが取りづらいのかなというのは、 最近の雑談配信を視聴していてもなんとなく感じていました。 TOP4以外とのコラボがやりづらくなっていること、 特に女性配信者とは、例えそれが配偶者だとしても、視聴者から強い反発を受けるだろうと零していたこともあります。 このことから、表現者としての活動場所がYoutubeのメインチャンネル以外に無くなってしまった今、 状況的に、サブチャンネル=Vtuberが非常に動かしやすい肉体だったのかもしれません。 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々 思うにガッチさんは、思い立ったら即実行、 そして一つ所に留まり続けるのが苦手なタイプなのではないでしょうか。 この流れが行き着く先は何処なのか。 時の流れに身を任せるのか、ご本人に展望があるのかは判りませんが、ともあれ自身が面白そうな方向へと猪突猛進なガッチさん。 目まぐるしく変わる時勢、実況界、Vtuber界。 生きたいように生きる。 そのためのお金もある、能力もある、行動力もある。 そのガッチさんの姿勢を称賛し、どこまで行くのか見届けたいと思う筆者でございました。

次の

ガッチマン年収4億円の真相や本名・離婚騒動について調査!顔画像も!

ガッチマン twitter

ホラー実況で有名なゲーム実況者であるガッチマンについて大公開! 「あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている」といったチャンネル名でyoutube活動をしており、さまざまな実況動画を投稿しています。 2019年1月の時点でチャンネル登録者数が80万人を超えるほどの有名実況者の1人です。 生放送を中心に、ニコニコ動画のチャンネルである「ゲーム実況者ガッチマンのガッチマンデー」でも活動をしており、そこでは雑談の他にアナログゲームの実況や豪華なゲストを呼んだりなど、充実した内容の生放送を行なっています。 実況者としてだけではなく一児のパパとしての顔や嫁、謹慎など、ガッチマンについてご紹介していきます! ガッチマンのプロフィール紹介 生年月日:1978年6月6日 年齢:40歳(2019年1月現在) 出身:埼玉県 血液型:A型 身長:176㎝ 体重:57kg 【駆け出しYoutuber応援企画!】 — ガッチマン Gatchman666 とTwitterで言っている通り、素顔や年齢などを包み隠さずオープンしているガッチマンですが、本名だけは公開していません。 パパということもあるので、本名を公開することはこれから先も来ることはないでしょう。 ガッチマンの名前の由来 ガッチマンという名前の由来なのですが、あの有名なアニメのガッチャマンからきているそうです。 中学生の頃、放送委員であったガッチマンは卒業式の予行演習の時の入場曲に「ガッチャマンのテーマ曲」を選曲し、ガッチャマンといったあだ名を付けられてしまいました。 そこから縮めてガッチマンになったそうです。 今では仲の良い実況者から、「ガッチさん」や「おっさん」などと呼ばれることもあります(笑) ガッチマンの所属事務所 ニコニコ動画の時代からゲーム実況専門の事務所である「インフォ・スパイシー」に所属しています。 今現在では、youtubeに活動拠点を移動していますが、ニコニコ動画のチャンネルや公式イベントなどでも、活動の幅を広げています。 ガッチマンの活動 ガッチマンは実況動画以外でもさまざまな場面で活躍をしています。 キヨ、レトルト、牛沢、ガッチマン(日本トップ4と呼ばれている)の4人が、武道館などでイベントを行なっていたりもしています。 武道館が人で溢れかえるくらいの人気ぶりであり、そのチケットはいつも即完売になるほどです。 公式の生放送に出場したりなど、あらゆる場面で欠かせない人物となっているガッチマン。 また、本を出版するといった活動も行なっており、それについてはこちらの記事をご覧ください。 ガッチマンの経歴 2009年4月:ニコニコ動画で、「セインツロウ2協力プレイpart1」を今の嫁であるトラちんと共に実況をしてデビュー。 2009年11月:「【解説実況】SIREN2をさくさく進めます」を投稿し、このシリーズがガッチマンの出世作となる。 2010年10月:「【実況】主人公が無双すぎて怖くないゾンビゲームDEAD RISING:1」が初の100万回再生を突破。 2017年:本格的に活動の場をyoutubeに移動する。 2018年1月5日:日本武道館でLEVEL. 3のイベントが開幕。 ガッチマンの実況スタイル youtubeチャンネル名にもある通り、ホラーをメインに実況しているガッチマンですが、そのスタイルはホラーを実況しているとは思わせないほどに冷静沈着です。 解説付きでストーリーなどが分かりやすく、ホラーが苦手な方でも恐怖をあまり感じないで見ることができます。 イケメンボイスでゆったりと穏やかに実況をするので、作業用として動画を視聴する人も多そうなイメージです。 ゲームのムービー中には喋らないといった事を決めていて、その理由は視聴者も一緒に真剣にゲームを楽しんでもらいたいという一心からだそうです。 ガッチマンの優しさと視聴者を大切にしていることが伝わって来ますね。 ホラー動画に視聴年齢制限をしっかりと付けているなど、配慮も行き届いた非常に好感の持てる実況者です。 コラボ実況でのガッチマンは、いつもツッコミのポジションとなっています。 基本的に、どのコラボ動画でも最年長となっているので、冷静で穏やかな大人の風格を見せています。 ガッチマンのおすすめ実況動画 こちらの記事でガッチマンのおすすめの実況動画を紹介しているので、よかったらこちらもご覧ください。 ガッチマンの娘について ガッチマンは以前に 茜ちゃんの希望によりアイスの誕生日ケーキ — ガッチマン Gatchman666 とツイートしているように、2016年に娘である茜ちゃんの6歳の誕生日を祝っているので、2010年には子供が居たことになります。 娘の希望に応じて誕生日ケーキを買ってくるなんて、いいパパ過ぎます!さぞかし、娘にデレデレなんでしょうね(笑) このように家族の仲は今でも順調のようであり、理想の家族といった感じですね!! ガッチマンの仕事は?会社に勤めている? ガッチマンについて色々調べて来ましたが結論から言うと、今現在の仕事はゲーム実況者としての活動のみとなっています。 以前までは、事務所である「インフォ・スパイシー」に所属しながら普通の会社員として勤めていたそうです。 どのような仕事をしていたのかは、調べても出てこなく分かりませんでした。 テレビ出演 そんなガッチマンは、TBSテレビの『NEWS23』に出演した際にこのような発言をしています。 「動画を仕事にする。 」 「相当悩んだ。 一社会人だったわけで。 」 ゲーム実況者でありながらも一児のパパといった一面も持つガッチマン。 そのようなこともあり、今でも不安定な職業と言われている動画投稿者としての道への選択は非常に悩んだかと思います。 ですが、そんなガッチマンへの後押しをしてくれたのは嫁であるトラちんさんだったそうです。 「私も子供もついていくし何とでもなるから」 といった嫁の発言により、ガッチマンは動画投稿者への一歩を踏み出したそうです。 嫁のトラちんさんは、昔ゲーム実況者であったということもあるので、ガッチマンが悩んでいることを誰よりも理解してこのような言葉をかけてくれたのではないのでしょうか。 家族の絆と応援してくれる人がいるからこそ、今のガッチマンの姿があるのだと思いました。 ガッチマンの収入はどれくらい? youtubeの広告収入だけではなく、ニコニコのチャンネルや公式の生放送など、さまざまな場所から収入を得ているガッチマン。 一児のパパということもあり、どのくらいの収入を得ているのか気になったので調べてみました。 今現在(2019年1月)のyoutubeチャンネル登録者数は約80万人。 ひとつの動画の視聴回数は20万回〜30万回だとすると、youtubeだけの収入は月約50万円ほどとなります。 それからニコニコのチャンネルでの収入もあるので、月100万円以上は収入を得ている予想です。 年収に換算すると、1000万円以上は超えているでしょう。 さらに、公式生放送やイベント出演料もあるので、それ以上の収入はあるといった計算です。 ガッチマンの謹慎!?その真相とは? 2018年8月からyoutubeのLive配信が出来ないといった規制がかかってしまいました。 そのことを謹慎と呼んでいたらしいです。 その謹慎中は、youtubeの動画投稿やニコニコでの生放送で活動を行なっていました。 その規制の期間はなんと・・・90日間!3ヶ月もの間youtubeでLive配信が出来なくなり、困惑した視聴者も多かったのではないでしょうか。 その謹慎についての経緯と真相については、こちらの記事で詳しく触れています。

次の

【ガッチマン プロフィール】謹慎/顔/嫁/ホラー/誕生日/年齢/仕事/年収/テレビ出演について!

ガッチマン twitter

日本トップ4とは? 超有名実況者である キヨ、レトルト、牛沢、ガッチマンの4人のことを 日本トップ4と呼んでいます。 ニコニコ動画で活動をしていた頃から仲が良く、実況歴が近い4人はさまざまなコラボ動画などで共演しています。 今ではyoutubeに活動の拠点を変えている4人ですが、仲の良さは変わりません。 そんな日本トップ4と呼ばれる4人について詳しく調べてみました。 なぜ日本トップ4と呼ばれるようになったの? キッカケとなったのはひとつの動画でした。 それぞれのyoutubeチャンネルに投稿されている「 Friday the 13th:The Game 13日の金曜日 シリーズ」のなかで、日本トップ4といったワードが初めて生み出されました。 その動画がこちらです。 自分たちのことを 「自称ジェイソンのゲームにおける日本トップ4」と呼んだことが始まりです。 最初はふざけて呼んでいたのですが、ファンの間で浸透していきその名が広まりました。 冗談で4人は、 「日本最強の4人」や 「4人の実力がトップ4だ!」などと公言していたことも名前が広がる要因のひとつだったのではないのでしょうか。 あくまで自称なので、実際の実力は日本トップ4という訳ではありません。 ノリで発言した用語のようです。 ただし、ガッチマンが過去に動画で言及していましたが 4人はグループなのではなく、ただの仲の良い友達とのことです。 【駆け出しYoutuber応援企画!】 キヨは 「最終兵器俺達」、牛沢は「湯豆腐」といったグループに所属しているので、ファンに混乱を招かない為にも言及していたようです。 日本トップ4のメンバー ・キヨ youtubeチャンネル登録者数が230万人を超えるほどの人気ぶりであり、ニコニコ動画から活動している実況者のなかではもっとも多い登録者数を誇る。 最終兵器俺達といったグループで活動しているなど、超有名実況者のひとりだ!! 基本的にはボケを担当しており、さまざまな実況者からツッコミをもらっている。 過激な発言や下ネタが多いが、整った顔やイケメンな声からは多くの女性ファンを虜にさせています。 キヨに関する詳しいプロフィールについてはこちらの記事をご覧ください。 おすすめおもしろコラボ動画 先ほどから触れている通り、この4人のコラボ動画で有名なのは「 Friday the 13th:The Game 13日の金曜日 」です。 名前が生まれたシリーズでもあるので、日本トップ4の事が好きなファンにとっては見ておきたい実況動画です。 他にも、「 マリオパーティ9」の実況もしています。 上記の「 Friday the 13th:The Game 13日の金曜日 」の協力プレイとは違い、この動画は4人で対戦ゲームです。 さまざまなミニゲームで戦いスターを多くゲットした人が優勝するといったゲーム性になっています。 ここでは、パーティゲームならではのギスギスした4人も見られますが、そんなところも面白いです!! 「 GTA 5 」オンラインの実況も有名です。 GTAの世界を4人はめちゃくちゃにします(笑)自由度が高いこのゲームですが、自由な4人がゲームをしたらこんな事になるのか・・・(笑)見どころ満載の動画なので必見です!! 日本トップ4による実写動画も投稿されています。 年齢層も違う4人ですが、まるで子供にのようにこんなにも楽しげに遊んでいると見ている自分も笑顔になってしまうようなそんな動画になっています。 日本トップ4と呼ばれる4人の実写動画は本当に面白いのでおすすめです!! 日本トップ4のイベント LEVEL. 1〜LEVEL. 4 キヨとレトルト(全身組)と呼ばれている2人が主催するイベントであるLEVEL. は過去第1回から4回まで開催されてきました。 そのイベントにゲストとして牛沢とガッチマン、そして最終兵器俺達のメンバーであるフジが出演しています。 さいたまスーパーアリーナや日本武道館をファンで埋め尽くすほどの盛況ぶりであり、全てが大成功で終わりました。 イベントの内容は、日本トップ4にフジを加えた5人がさまざまなゲームやトーク行うといったものです。 普段、動画でしか聞けない会話が直接目で見て聞けるため、ファンにとっては思い出に残る充実した内容となっています。 キヨとレトルトが生歌を披露することもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。 キヨとレトルトの歌やイベントについては詳しくこちらに書いてあります。 LEVEL. 5のイベントが開催!? 2018年12月26日にさいたまスーパーアリーナで行われたLEVEL. 4にて、LEVEL. 5の開催が発表されました。 日時は 2020年2月で開催場所はまだ未定(最新情報有り)です。 このLEVEL. 5は最後のLEVELという事で発表され、多くのファンが喜びと同時にショックも受けた事でしょう。 「引退なのでは!?」と噂にもなりましたが、レトルトのTwitterにて、 昨日は実況イベントLEVEL. 4お疲れ様でした!!! 本当に楽しかった、普段やってる実況をみんなと共有出来て最高でした。 一体感が凄かった!! 全ての関わってくれた方達に感謝しかありません。 打ち上げで誕生日も祝ってもらったよ!! 2020年2月LEVEL. 5で会いましょう。 誰も引退しないです!! — レトルト retokani とツイートされていたので引退の心配はないでしょう。 また別の名前になってイベントが開催されるのか本当にこれで最後となってしまうのかはまだ不明ですが、2020年2月を楽しみにしつつ待つしかありませんね。 最後のイベントLEVEL. 5最新情報 最新情報追記 最後のLEVELと称された今回のLEVEL. 誰もが待ちに待った最新情報が更新されました。 8月17日、twitterライブにて大発表特番が行われました。 その内容がこちら ・LEVEL. 1〜3全てが収録されたブルーレイ、DVDBOXの発売 今まで行われたイベントLEVEL. 1〜3のライブDVDが販売されます。 豪華特典付きverと通常盤の2種類が通販で販売されることが決定しました。 まだ、詳細は決まっていないので、決まり次第こちらで追記したいと思います。 ・開催地、開催日発表 開催日:2020年2月1日 開催地:さいたまスーパーアリーナ 場所はさいたまスーパーアリーナで開催されます。 LEVEL. 4でも同じ場所で行われたのですが、今回は前回とは違ってスタジアムモード( 動員数が37000人に増加)で行われます。 より広く、より多い人数で開催が決定した今度のLEVEL. 最後と言っているだけに規模がとても大きく、今までよりもさらに盛り上がること間違いなしでしょう。 まとめ 日本トップ4と呼ばれるキヨ、レトルト、牛沢、ガッチマンの4人について詳しく調べてきました。 実況動画や実写、イベントなどを知る事により、仲の良さが伝わってきました。 それぞれ役割(ツッコミやボケ)がしっかりと分かれており、相性がぴったりと合った4人でした。 これからも日本トップ4の活躍に期待しつつ応援していきたいです!.

次の