メガ サイズ ザク。 メガサイズモデル 1/48 MS

メガサイズモデルのシャアザク 素組レビュー

メガ サイズ ザク

GFT」を作ってみました。 GFTに合わせたマーキングと 肘・膝・足首のマルイチパーツ部分がマグネットコーティング仕様となっているものです。 基本的に変更点はそれだけなので、 今回は新規パーツのマグネットコーティングの部分をメインで 紹介してみようと思います。 まずはパッケージから。 パッケージデザインは他のガンダムフロント東京限定ガンプラと統一イメージで、 ダイバーシティ東京をバックにメガサイズガンダムが載っています。 側面には通常版と同じアピールポイントと ガンダムフロント東京の説明等が載っています。 通常版ではパーフェクトグレード並の巨大なパッケージでしたが、 このVer. GFTではパーツが増えているのに意外なほど小さくなっていました。 パッケージサイズの違いは。 組立説明書は通常版と全く同じものです。 通常版に封入されているホビージャパン誌と電撃ホビーマガジン誌による ステップアップガイドの冊子も一緒に入っていました。 新規パーツとGFT専用シール、水転写デカールガイドのみ新規で入っています。 このキットも部品の単品注文が可能となっています。 クリアパーツも含めて、通常版と成型色の違いはありません。 白いパーツも特に成型色の変更はありません。 このビッグサイズでもリアスカートは固定式ですね。 コアファイターの機首を模したコクピットブロックのディテールもそのままですね。 青も赤も成型色の変更はありません。 シールドのパーツのところにはスイッチがついていますが、 今のところこのスイッチを使用したバリエモデルは発売されていないですね。 関節部ランナーも、成型色の変更はありませんでした。 このランナーも特に変更は無いようですね。 ここも成型色は同じですね。 RGがあのサイズでスリッパの多重可動を実現した今、 大味感が更に大きく感じますね。 ここも変更はありませんね。 武器持ち手の左手には角度がついています。 あまりにも大きすぎて、もはやランナーですら無い。 このクリック式ポリキャップはサイズを考えると良いアイデアだと思います。 サイズが大きいメガサイズだから、 マルイチの上から蓋をかぶせる方法になったんですね。 表面のディテールもよくできています。 このランナーも他のランナーと同様に楔ゲートとなっています。 水転写デカールとホイルシールはVer. GFT専用のものです。 ホイルシールは主に新規パーツのマグネットコーティングパーツの表面に貼るもので、 おまけ?で両肩の航空灯の緑と赤のシールも入っていますが、 どうせなら肩だけじゃなくて膝の分も入れて欲しかったですね。 ではさっそく新規のマルイチパーツをかぶせてみます。 新規パーツのマルイチの蓋は、シールを貼っていない状態です。 よく見ると中央のフック状の部分も細かく立体的に造形されています。 周りのリング状の部分も本来の実物大ガンダムと同じように 凹モールドになっています。 新規パーツにシールを貼ってみます。 マルイチの部分だけしか変わっていないのですが、 意外なほど全体での雰囲気も変わりますね。 肘・膝・足首のマルイチ部分をアップで。 最初に見た時はなぜ蓋パーツがグレーで成形されているのか謎でした。 グレー成形に白シールの方が中央のフック状の部分も 塗らずに立体的に再現できますし、 何よりもブルーのリング部分が実物大ガンダムのように ホイルシールなら光って見えるようにできるんですね。 光を当ててみるとブルーのリングだけ反射してカッコ良く光ります。 なるほどと思いました。 厳密に言えば実物大ガンダムのマルイチの蓋は、 外輪よりも少し内側に入っているのですが、 このキットでは蓋をかぶせるという方法のためか 外輪部とツライチまでしか入りません。 ビームライフルも通常版と特に違いはありませんね。 フォアグリップとスコープはポリキャップ可動します。 左の武器持ち手でフォアグリップを持つ事もできます。 武器持ち手には手のひらに突起があり、 ライフルグリップの窪みに差し込む形で持つので、 保持力を心配する必要は全くありません。 手首のポリキャップも固めで角度が緩く傾いたりもしません。 このキットではハンドパーツは握り拳と武器持ち手が左右各1個しか付属しません。 その為ビームサーベルもビームライフルと同じ銃持ち手で持つ事になります。 なので画像の通り人差し指がちょっと不自然に…。 左手の武器持ち手はライフルのフォアグリップを持つ為か、 手首軸に角度が付いているので、尚の事微妙な感じに…。 ちなみにビームサーベルも手のひらの突起を サーベルグリップの窪みに差し込むので保持力は抜群ですが、 その為にサーベルグリップには2つの四角い穴が開いてしまっています。 おまけ。 ライフルとシールドを両腕に装備してみました。 シールドに関してはキットを2つ持っていれば普通にそのまま可能ですが、 ビームライフルを左の武器持ち手に持たせる場合、 キットを無加工で持たせようとすると、ライフルグリップの窪みが 左手側のみ浅くなっていて、このままでは指部分に隙間ができてしまいます。 画像のようにライフルグリップの左側の方を開口してやると、 保持用の突起がしっかりと奥まで差し込めるようになるので、 指に隙間が無くなります。 グリップの反対側にも穴の底があるので、 左側だけ開口しても穴が貫通する訳ではないので、 見栄えもそう悪くはならないと思います。 大型キット故に必要最低限のものしか付属していませんね。 ビームサーベル刃はHGUCデンドロビウムのものと同じだったかな? 今回のガンダム本体はシール・デカールとマルイチの蓋以外、 通常版と全く同じものという事で、 このレビューではガンダム本体は2010年に発売されたものを そのまま使い、マルイチの蓋だけかぶせています。 その為水転写デカールも貼っていません。 ちなみに頭部とサーベルグリップの避雷針や 後頭部とバックパック上面のフックを、 実物大ガンダムと同じように真鍮線で再現しています。 そういえば、RGガンダムではバックパック上面のフックだけは キットで再現されていたんでしたね。 GFT」でした~。 メガサイズガンダムはあくまで普段ガンプラ等を作らない ライトユーザー向け商品ですから、パーツ構成等とても大味ですよね。 商品コンセプトがそうである以上これに文句をつける事自体が筋違いですし、 その割には意外なところに妙なこだわりが見受けられたりと、 通常のガンプラファンの事にも少しは目を向けている事が伺えます。 なによりこれだけ大きくて大味だと、 一度じっくりと改造・ディテールアップとかしてやりたい衝動に駆られますよね。 私もやってみたいところですが、 前述の通りデカいキットを複数置く場所も無ければ時間も無いので、 なかなかやってみるというところまで行けません。 GFT ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

メガサイズモデルのシャアザク 素組レビュー

メガ サイズ ザク

このページでは、メガサイズモデルのガンプラについて、ランキングで紹介します。 メガサイズモデルシリーズでは、一部のパーツで、ランナー単位でまとめてパーツを組み立てられるように「ランナーロック方式」が採用されていたり、ニッパーを使うことなく、簡単にパーツを切り離せる「くさびゲート」が採用されているなど、初心者でも手軽に組み立てられるよう、数々の工夫が凝らされています。 以下に、1位~5位までのPGのガンプラを挙げます。 メガサイズモデル ガンダムの特徴 「ガンダム」は、テレビアニメ『』に登場する機体である。 パーツ数はHGUC並で、1パーツが大きいため、初心者でも組み立てやすいキットであると言える。 そのほか、小冊子、水転写デカール、組立説明書も付属する。 メガサイズモデル全般に言えることだが、本キット最大の魅力は、その圧倒的存在感であり、 でかい「ガンダム」が欲しいのであれば、おすすめのキットである。 価格 定価:7,800円+税 評価 メガサイズモデル シャア専用ザクIIの特徴 「シャア専用ザクII」は、テレビアニメ『』に登場する機体である。 パーツ数はHGUC並で、1つ1つのパーツが大きいため、短時間で組み立てることができ、初心者でも組み立てやすいキットであると言える。 武装としては、ザク・マシンガン、ヒート・ホークが付属する。 また、説明書のほかに、水転写デカールと小冊子も付属する 本キット最大の魅力は、その圧倒的存在感であり、 でかい「シャア専用ザクII」が欲しいのであれば、おすすめである。 価格 定価:7,800円+税 評価 メガサイズモデル 量産型ザクの特徴 「量産型ザク」は、テレビアニメ『』に登場する機体である。 本キットは、基本的には、「」の色替えキットであるが、後述するように、いくつかのパーツが追加で付属している。 また、量産型の通常推力装備を再現するため、バックパックと脚部バーニアの形状が「メガサイズモデル シャア専用ザクII」から変更されている。 武装としては、「メガサイズモデル シャア専用ザクII」同様、ザク・マシンガン、ヒート・ホークが付属するほか、ザク・バズーカと専用手首が新たに付属する。 また、指揮官用ブレードアンテナ付き頭部パーツ付属も付属する。 そのほか、水転写デカール、組立説明書、小冊子が付属している。 でかい「量産型ザク」が欲しいのであれば、おすすめのキットである。 価格 定価:7,800円+税 評価 メガサイズモデル ガンダムAGE-1 ノーマルの特徴 「 ガンダムAGE-1 ノーマル」は、テレビアニメ『』に登場する機体である。 本キットには、背中のバックパックにあるバーニアを回転させることで、デュアルカメラとコアパーツが発光するギミックが搭載されている。 でかい「 ガンダムAGE-1 ノーマル」が欲しいのであれば、おすすめのキットである。 価格 定価:8,500円+税 評価 メガサイズモデル ガンダムAGE-2 ノーマルの特徴 「ガンダムAGE-2 ノーマル」は、『』に登場する機体である。 本キットは、付属のライトユニットにより、頭部と胸部が発光するギミックを搭載している。 でかい「 ガンダムAGE-2 ノーマル」が欲しいのであれば、おすすめのキットである。 なお、本キットは、 飛行形態への変形はできないので、その点は、注意が必要である。 価格 定価:8,800円+税 評価.

次の

メガサイズモデル 1/48 MS

メガ サイズ ザク

GFT」を作ってみました。 GFTに合わせたマーキングと 肘・膝・足首のマルイチパーツ部分がマグネットコーティング仕様となっているものです。 基本的に変更点はそれだけなので、 今回は新規パーツのマグネットコーティングの部分をメインで 紹介してみようと思います。 まずはパッケージから。 パッケージデザインは他のガンダムフロント東京限定ガンプラと統一イメージで、 ダイバーシティ東京をバックにメガサイズガンダムが載っています。 側面には通常版と同じアピールポイントと ガンダムフロント東京の説明等が載っています。 通常版ではパーフェクトグレード並の巨大なパッケージでしたが、 このVer. GFTではパーツが増えているのに意外なほど小さくなっていました。 パッケージサイズの違いは。 組立説明書は通常版と全く同じものです。 通常版に封入されているホビージャパン誌と電撃ホビーマガジン誌による ステップアップガイドの冊子も一緒に入っていました。 新規パーツとGFT専用シール、水転写デカールガイドのみ新規で入っています。 このキットも部品の単品注文が可能となっています。 クリアパーツも含めて、通常版と成型色の違いはありません。 白いパーツも特に成型色の変更はありません。 このビッグサイズでもリアスカートは固定式ですね。 コアファイターの機首を模したコクピットブロックのディテールもそのままですね。 青も赤も成型色の変更はありません。 シールドのパーツのところにはスイッチがついていますが、 今のところこのスイッチを使用したバリエモデルは発売されていないですね。 関節部ランナーも、成型色の変更はありませんでした。 このランナーも特に変更は無いようですね。 ここも成型色は同じですね。 RGがあのサイズでスリッパの多重可動を実現した今、 大味感が更に大きく感じますね。 ここも変更はありませんね。 武器持ち手の左手には角度がついています。 あまりにも大きすぎて、もはやランナーですら無い。 このクリック式ポリキャップはサイズを考えると良いアイデアだと思います。 サイズが大きいメガサイズだから、 マルイチの上から蓋をかぶせる方法になったんですね。 表面のディテールもよくできています。 このランナーも他のランナーと同様に楔ゲートとなっています。 水転写デカールとホイルシールはVer. GFT専用のものです。 ホイルシールは主に新規パーツのマグネットコーティングパーツの表面に貼るもので、 おまけ?で両肩の航空灯の緑と赤のシールも入っていますが、 どうせなら肩だけじゃなくて膝の分も入れて欲しかったですね。 ではさっそく新規のマルイチパーツをかぶせてみます。 新規パーツのマルイチの蓋は、シールを貼っていない状態です。 よく見ると中央のフック状の部分も細かく立体的に造形されています。 周りのリング状の部分も本来の実物大ガンダムと同じように 凹モールドになっています。 新規パーツにシールを貼ってみます。 マルイチの部分だけしか変わっていないのですが、 意外なほど全体での雰囲気も変わりますね。 肘・膝・足首のマルイチ部分をアップで。 最初に見た時はなぜ蓋パーツがグレーで成形されているのか謎でした。 グレー成形に白シールの方が中央のフック状の部分も 塗らずに立体的に再現できますし、 何よりもブルーのリング部分が実物大ガンダムのように ホイルシールなら光って見えるようにできるんですね。 光を当ててみるとブルーのリングだけ反射してカッコ良く光ります。 なるほどと思いました。 厳密に言えば実物大ガンダムのマルイチの蓋は、 外輪よりも少し内側に入っているのですが、 このキットでは蓋をかぶせるという方法のためか 外輪部とツライチまでしか入りません。 ビームライフルも通常版と特に違いはありませんね。 フォアグリップとスコープはポリキャップ可動します。 左の武器持ち手でフォアグリップを持つ事もできます。 武器持ち手には手のひらに突起があり、 ライフルグリップの窪みに差し込む形で持つので、 保持力を心配する必要は全くありません。 手首のポリキャップも固めで角度が緩く傾いたりもしません。 このキットではハンドパーツは握り拳と武器持ち手が左右各1個しか付属しません。 その為ビームサーベルもビームライフルと同じ銃持ち手で持つ事になります。 なので画像の通り人差し指がちょっと不自然に…。 左手の武器持ち手はライフルのフォアグリップを持つ為か、 手首軸に角度が付いているので、尚の事微妙な感じに…。 ちなみにビームサーベルも手のひらの突起を サーベルグリップの窪みに差し込むので保持力は抜群ですが、 その為にサーベルグリップには2つの四角い穴が開いてしまっています。 おまけ。 ライフルとシールドを両腕に装備してみました。 シールドに関してはキットを2つ持っていれば普通にそのまま可能ですが、 ビームライフルを左の武器持ち手に持たせる場合、 キットを無加工で持たせようとすると、ライフルグリップの窪みが 左手側のみ浅くなっていて、このままでは指部分に隙間ができてしまいます。 画像のようにライフルグリップの左側の方を開口してやると、 保持用の突起がしっかりと奥まで差し込めるようになるので、 指に隙間が無くなります。 グリップの反対側にも穴の底があるので、 左側だけ開口しても穴が貫通する訳ではないので、 見栄えもそう悪くはならないと思います。 大型キット故に必要最低限のものしか付属していませんね。 ビームサーベル刃はHGUCデンドロビウムのものと同じだったかな? 今回のガンダム本体はシール・デカールとマルイチの蓋以外、 通常版と全く同じものという事で、 このレビューではガンダム本体は2010年に発売されたものを そのまま使い、マルイチの蓋だけかぶせています。 その為水転写デカールも貼っていません。 ちなみに頭部とサーベルグリップの避雷針や 後頭部とバックパック上面のフックを、 実物大ガンダムと同じように真鍮線で再現しています。 そういえば、RGガンダムではバックパック上面のフックだけは キットで再現されていたんでしたね。 GFT」でした~。 メガサイズガンダムはあくまで普段ガンプラ等を作らない ライトユーザー向け商品ですから、パーツ構成等とても大味ですよね。 商品コンセプトがそうである以上これに文句をつける事自体が筋違いですし、 その割には意外なところに妙なこだわりが見受けられたりと、 通常のガンプラファンの事にも少しは目を向けている事が伺えます。 なによりこれだけ大きくて大味だと、 一度じっくりと改造・ディテールアップとかしてやりたい衝動に駆られますよね。 私もやってみたいところですが、 前述の通りデカいキットを複数置く場所も無ければ時間も無いので、 なかなかやってみるというところまで行けません。 GFT ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の