白 日 意味。 理容店のクルクル回る青赤白の三色サインポールには意味があった!

白だしの日とはいつ?意味や由来、イベントに白だしの日まつり

白 日 意味

光源色としての白 [ ] white 16進表記 ffffff 白は、のの3種類の(:L,M,S;(RGB表色系における)R,G,B;Red,Yellowish Green,Bluish - Purple/Purplish - Blue. )のすべてが「対等的、均質的」に強く刺激された場合に感じる色である。 それ故、すべての波長のを「対等的、均質的」に含んだ光は無彩色的に見える(黒や灰・鼠に見える)。 更に、強く反射していれば、白に見える。 そして、その光を 白色光と呼ぶ。 これに因んで、すべての音の波長の信号が均等に含まれた全くランダムな音の波形のことを(白色雑音)と呼ぶ。 ただ、人間の目に白く見えるためだけならば赤、緑、青の3つの光を適切な比率での混合によっても実現でき、カラーTVのブラウン管の白色はそのようにして構成されている。 に代表される照明機器の光も、可視光の全領域において均等ではない。 そのような擬似的な白色光は物体表面で反射するときの特性が本来の白色光とは異なるため、色合いがやや不自然に見える場合もある。 厳密な色の比較を行うことが要求される仕事では、 標準光源とよばれるに近い特殊な装置を使用する。 また、でwhiteと指定したときは、 FFFFFFとして定義される。 色材の発色の観点から見ると、白は他の色と著しく異なる。 一般の色材は白色光の中の特定波長を吸収し、残りの波長領域が目に入って色として感じられるのに対し、白の色材は特定波長を吸収しないために、白色にみえる。 色材としての白の発色原理を概念的に説明すると、「ガラスを粉々にすると白い粉に見える」である。 微細な粒子で乱反射させて白く見せているが、乱反射の効率を高めるために屈折率の高い素材が選ばれる。 塗料において白は不透明であるが(透明であれば、下層を透過して白く発色しない)、という事象の説明として、すりガラスの上に水を垂らすと透明になることが挙げられよう。 透明というのは物質が密になり内部や外部の反射がなくなることである。 このことは物理学者寺田寅彦が述べている。 自然の中では雪、雲、石英や石灰岩などで構成された白いビーチなどが、太陽光の散乱によって白く見えている。 () 積雲を構成している水の粒によって太陽光が散乱され白く見える 白っぽく見せる [ ] などの衣類で、白さを強調するためにを使用している場合がある。 これは青以外の光のを吸収して青く発光することで、黄ばむ傾向にある衣類の色合いを青めに補正して白く見せるものである。 このような方法を使ったものとして、ほかには白色がある。 これは青色発光ダイオードに黄色を示す蛍光体をコートしたもので、発光ダイオード本来の青い光と蛍光体の黄色い光を混ぜて白い光としている。 工業的にはが多用される。 鉛白はに使われる。 炭酸カルシウム Calcium Carbonate [ ] 詳細は「」を参照 炭酸カルシウム系顔料としては、、、、などがある。 油性の媒材 Binder においては、屈折率の関係で透明になってしまい、白色顔料としては使用出来ない。 鉛白 White Lead [ ] 古代から使用されてきた白色顔料で、現在では油彩用顔料として使用されている。 のモデリング等において活躍する。 組成は塩基性炭酸鉛 2PbCO 3Pb OH 2である。 成分である鉛が触媒として作用し、展色材であるの酸化重合を促すこと、絵具化に際して要求される油量が少ない為油の影響を受け難いこと、などの理由で乾燥性が良い。 塗膜の上塗り及び下層に対する接着性が良く、亀裂の発生も少ない。 この性質は、鉛白の結晶が板状であり、塗膜に層状に配列することによると考えられる。 カドミウムイエローやウルトラマリン ブルーなどと混合しても大抵は問題を起こさないが、硫黄化合物と混合すると黒変の可能性がある。 毒性があるので、長期にわたる皮膚などからの摂取には注意を要する。 硫黄にあって黒変する。 水性絵具では硫黄成分を遮断できないので、水性絵具には適さない。 クレムニッツ白として有名な鉛白は、クレムニッツ法によって得られる。 しかし絵具化するとチューブの中で粗粒となる。 また、白色度も最高ではない。 新しい製法として、1955年頃から「電気分解法」が日本で採用されるようになった()。 この鉛白は均質で白色度も高い。 国産鉛白絵具を支える顔料である。 White Lead とも言われる。 亜鉛華 Zinc White [ ] は、ヨーロッパでは中世から知られていたが、工業的に生産されるようになったのは1830年代である。 絵画用として使用されるようになったのはこれよりさらに時代が下がる。 油絵具では乾性油と反応し塗膜に亀裂、剥離を起こすことがある。 酸化亜鉛 ZnO。 リトポン Lithopone [ ] リトポンは1874年頃、イギリスでジョン・オアが初めて作り特許を取得した。 開発当初黒ずむ傾向が強かった為、絵画用としては普及しなかった。 現在ではこの欠点も改善されている。 硫化亜鉛と硫酸バリウムの混合物。 チタン白 Titanium White [ ] 1920年代から本格的に工業生産されるようになった。 白色顔料中で屈折率と着色力は最も大きい。 現在では塗料用白色顔料としては最も大量に生産されており、としての活用も盛んである。 TiO 2。 白変種 [ ] では稀に、が欠乏した為に白く見えるが生まれる事例が知られており・などと呼ばれる。 は岩国市にのみ生息する蛇で、アオダイショウの突然変異とされ遺伝的に安定した例は、大変珍しく貴重である。 1924年には生息地が国の天然記念物の指定を受け、1972年にはシロヘビそのものが国の天然記念物となった。 白に関する概念 [ ] 西洋 [ ] 英語の "white" は「善意」、「純粋」などの意味を包含する。 ヨーロッパのでは白色は「」の「()」と結び付けられる。 東アジア [ ] ので白はに対応する。 方位はであり、西方を守る神獣がである。 白虎を尊ぶだけでなく、白雉を瑞祥とするなど白を尊ぶ思想はあったが、服の色としては凶色であった。 金徳を自認したは服色として赤を尊んだが 、これは白を嫌ったためとされる。 しかし古代の日本で白は神聖な最高の服色とされた。 の衣服令は朝廷における以下皇族臣下の服の色を細かく定める規定だが、そこでは白を最高の服色としながら、白い衣を着ることを許される身分がない。 明記されないのは律令がを規律しないためで、朝廷では天皇だけが白衣を着ることができたのである。 そして白い動物も尊ばれた。 『』には神が白い鹿・猪に化し、倭建命()が死後白鳥になったとある。 飛鳥時代から平安時代にかけて白い動物が見つかったことを瑞祥としてした例が複数ある。 最古の例はで、6年()2月に穴戸国()より献上された白雉により改元した。 元号の名に白をとったのはこれだけだが、によって、、、に改元になった。 によって、が立てられた。 元慶のときは白雉も見つかっていた。 近代にはから島馬の白い馬が生まれたので、幼少の昭和天皇に献上された。 民謡「なりやまあやぐ」に歌われている。 日本語としての白 [ ] 日本文化の中で白は様々なものを象徴する色として扱われている。 などの勝負事で勝利を白星と言うことがある。 やでは黒と白の石を使用し、白と担当するプレイヤーが後手と定められている。 無実・無罪を俗に白(シロ)という。 近似色 [ ]• 脚注 [ ] []• 『ウィズダム英和辞典』三省堂、2007年。 『』巻二十五(輿服志)。 武田佐知子『古代国家の形成と衣服制』(吉川弘文館、1984年)140頁、180頁注10。 井上光貞・関晃・土田直鎮・青木和夫校注『日本思想大系 律令』、351-358頁。 服色条は354頁(岩波書店、新装版1994年、初版1976年)。 内田正俊「色を指標とする古代の身分の秩序について」(『日本書紀研究』第19冊、塙書房、1994年)15頁。 『古事記』中巻、倭建命が東征の帰途足柄の坂で遭った神が白鹿(岩波文庫版123頁)で、『』では信濃国の山中とする(巻第7、景行天皇40年是歳条。 新編日本古典文学全集版380-381頁)。 伊吹山で遭った神が白猪(『古事記』125頁)で、書紀では大蛇とする(『日本書紀』同条、382頁)。 倉野憲司校注『古事記』、岩波書店(岩波文庫)、1963年。 小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守校訂・訳『日本書紀』1、小学館(新編日本古典文学全集 2)、1994年。 『日本書紀』巻第25、白雉元年2月戊寅(9日)条。 新編日本古典文学全集版380-381頁。 小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守校訂・訳『日本書紀』3、小学館(新編日本古典文学全集 4)、1998年。 関口晴利『囲碁ルールの研究』文芸社、2007年。 長谷川五郎『オセロの勝ち方』河出書房新社、2001年5月。 出典:米川明彦編『日本俗語大辞典(第3版)』東京堂出版 2006年 295頁 参考文献 [ ]•

次の

白鵬翔

白 日 意味

日の丸の由来とは? 日本の国旗は、一般的に「日の丸(ひのまる)」と呼ばれる事が多いですが、正式には「日章旗(にっしょうき)」といいます。 農耕民族だった古代日本人にとって、太陽はとても大切な存在で信仰の対象となっていました。 日本人の総氏神であり、皇祖神(こうそしん・皇室の祖とされる神)である天照大御神(あまてらすおおみかみ)も太陽神だといわれています。 推古天皇(すいこてんのう・在位593年~628年)の時代に聖徳太子が、隋(ずい・現在の中国)の煬帝(ようてい・ようだい)へ「日出處天子・・・」で始まる国書を送り、飛鳥時代(592年~710年)末期に国号を「日本(日ノ本)」と命名したことからも、太陽や日の出を意識し、日が昇るということを重視していたことがわかります。 太陽を象(かたど)った旗が用いられるようになったのは大化の改新(645年)以降といわれており、文献に初めて登場したのは797年の「続日本紀(しょくにほんぎ)」です。 「続日本紀」では、文武天皇(もんむてんのう・在位697年~707年)が701年の朝賀の儀で儀式会場の飾りつけに「日像」の旗を掲げたとありますが、白地に赤丸ではなかったようです。 歴史的にみると、世界中で太陽を赤く描くことは少なく、一般的には黄色や金色で太陽を表し、日本でも平安時代(794年~1185年)の末期までは赤地に金丸だったようです。 現在の白地に赤丸のデザインになった明確な理由は不明ですが、一説には源平合戦の結果が影響しているとも言われています。 平安時代末期の源平合戦(1180年~1185年)では、平氏が朝廷の象徴である「錦の御旗」と同じ配色の「赤地に金丸の旗」を、源氏が「白地に赤丸の旗」を掲げて戦い、源氏が勝利しました。 平家が滅亡し、源氏による武家政権が誕生すると、代々の将軍は源氏の末裔を名乗って「白地に赤丸」の日の丸を掲げ、天下統一を成し遂げた者の証として受け継がれていったといわれています。 もしもこのとき平氏が勝利していたら、現在の日の丸は「赤地に金丸」になっていたかもしれません。 また、日本では古来より「紅白」がめでたい配色とされていたことから日の丸は「白地に赤丸」になったという説もあります。 明治時代には日の丸のデザインがとても美しく、洗練されていることからイギリスやフランス、オランダなどから「日の丸を500万円(現在の約200億円)で売ってほしい」と正式に依頼されたこともありました。 当時の明治政府は財政難で、喉から手が出る程ほしいお金でしたが、国旗を売り渡す事は、国家を売り渡す事と同じであるとして、この申し出を断ったそうです。 赤と白の意味とは? 正確には「赤」ではなく「紅色(くれないいろ・べにいろ)」です。 紅白の色にはそれぞれ意味が込められており、 「紅色」は博愛と活力を、「白色」は神聖と純潔を意味します。 日本の国旗になったのはいつ? 江戸時代末期に、船舶用の国籍標識として「日の丸」が導入され、その後、船舶に限らず、日本の国籍を示す旗として一般化しました。 正式に日本の国旗として定められたのは、平成11年(1999年)に「国旗及び国歌に関する法律」が公布されてからです。 それまでの日の丸は特に決まりはなかったため、紅白の比率などデザインは適当でした。 この法律によって、旗の縦横比は2対3、旗の中心を中心とし、縦の長さの5分の3を直径とした円を描き、色地は「白地」、日章は「紅色」とすることが決まりました。 日の丸は英語で何ていうの? 日の丸は英語で 「The Rising Sun Flag」と言います。 日の丸がどうしてそのデザインになったのか由来がわかりましたね。 日の丸の起源はとても古いものですが、法律で定められたのは平成になってからというのは驚きました。 様々な歴史的な出来事や人々の思いによって現在の形になった日本の国旗。 これからもその歴史と共に大切にしていきたいですね。

次の

King Gnu『白日』歌詞の意味を考察・解釈

白 日 意味

起源 [ ] 九星は、次のが起源となっている。 上図の配置を 後天定位盤という。 これらの数字に白・黒・碧・緑・黄・赤・紫の7色と・・・・の、・、のを配当し、この数字が順次場所を変えた場合を考え、それに解釈を加えて「九星」が作られた。 伝説では、を創始したがを通りかかった時、川の中から飛び出た神亀の甲羅に描かれた模様からこの魔方陣を思いついたとされている。 よってこの魔方陣を、洛水の書「洛書」()という。 九星の各星 [ ] 日本のでは、下表のように・・・・のや・・に割り当てて 九星図を作成し、の生年やに当ててやを占うことが多い。 九星 日本語読み 五行 方位 八卦 色 いっぱくすいせい 水 白 じこくどせい 土 西南 黒 さんぺきもくせい 木 青 しろくもくせい 木 東南 緑 ごおうどせい 土 中央 黄 ろっぱくきんせい 金 西北 白 しちせききんせい 金 赤 はっぱくどせい 土 東北 白 きゅうしかせい 火 紫 これらの名前の字面から、太陽系の惑星などに関連があると誤解されることもあるが、九星はそのような天文の星とは無関係である。 九星には3つの白の星と1つの紫の星がある。 これらは本来は吉の星であって三白九紫と総称された。 三白九紫は、に代表的な凶神であった大将軍や金神の凶を抑えることができるとされていた。 ただ気学が一般に広まった現代では、この三白九紫を持って吉の星とする考えはほとんど忘れられている。 九星の関係 [ ] 九星同士の関係は、五行説から次のようになっている。 五黄土星の方位は「五黄殺」、自分と同じ星の方位は「本命殺」となるためであるが、実際にはこれに加えて「暗剣殺」「的殺」「歳破」などの凶方位が重なるためこれよりも吉方位は少なくなる。 年月日への配当 [ ] 九星は、、、時刻それぞれに割り当てられる。 年の九星 [ ] 年の九星は、例えばある年が九紫だとすると、その翌年は八白というように一つずつ数字を減らしていき、一白の翌年はまた九紫になるというように変わっていく。 これを「陰遁」という。 年の九星はをもって切り替わる。 立春の前日のまでは前年の九星となる。 (平成20年)の九星はである。 年の九星には計算法が存在する。 西暦年数を9で割った余りを11から引くという計算法である 余りが0なら、余りを9と置き換える。 余りが1なら、余りを10と置き換える。 たとえば2007年は9で割ると割り切れるので、11-9=2となり二黒土星ということになる。 西暦の各位の数を足し、その計算結果の数をさらに各位の数を足し、これを繰り返して1桁になるまで行い、最後に11から引くという計算法を行ってもよい。 数学的には上記の方法となのだが、こちらの方が計算が簡単であることが多い 計算結果が1になったら10と置き換えて11-10=1で、一白水星。 たとえば、1997年は1+9+9+7=26、2+6=8となるので、11-8=3、ゆえに三碧木星である。 これらの計算法は紀元後であればすべての年でその年の九星を求められる計算法である。 月の九星 [ ] 月の九星も陰遁する。 但し、月の九星で使う月はである。 例えば、立春からの前日までが下表の2月、啓蟄からの前日までが3月となる。 9と12の最小公倍数は36なので、月の九星は3年周期ということになる。 月と九星の対応 年の干支 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 子・卯・午・酉 八白 七赤 六白 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 九紫 八白 七赤 六白 丑・辰・未・戌 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 九紫 八白 七赤 六白 五黄 四緑 三碧 寅・巳・申・亥 二黒 一白 九紫 八白 七赤 六白 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 九紫 日の九星 [ ] 日の九星は、冬から夏にかけては数字を増やしていく陽遁となり、夏から冬にかけては数字を減らしていく陰遁となる。 流派によって切り替えの日は異なるが、最も一般的なものでは、以下のようにしている。 に最も近いの日を一白として陽遁を始める。 に最も近い甲子の日を九紫として陰遁を始める。 このようにして、基本的には陽遁が180日続き、陽遁から陰遁に切り替わる時は九紫が2日続き、そして陰遁が180日続き、陰遁から陽遁に切り替わる時は一白が2日続くことになる。 但し、このように繰り返していくと陽遁と陰遁とで360日となり、1年の長さに5日ないし6日足りず、やがて冬至・夏至に最も近い甲子の日が切替日ではなくなってしまう。 そこで、11年~12年に一度、陽遁・陰遁の期間を30日ずつ延長して(陽遁・陰遁をそれぞれ210日ずつとし)、ずれを調整する。 この延長された期間 60日 を「九星の」という。 九星の閏の決め方は流派による違いがあり統一されていないが、次のようなものがある。 陽遁・陰遁の切替日が240日になる場合、後の60日を九星の閏とする。 その場合、冬至または夏至が甲午の場合は後の甲子日を切替日とするが、冬至または夏至が癸巳の場合は、前の甲子日を切替日とする流派と、後の甲子日を切替日とする流派がある。 冬至または夏至の前後1日以内にがある場合に九星の閏を置く。 ただしその場合はこの条件だけだとうまく決まらない箇所ができてしまうので、そこで調整が必要となる。 九星の閏を置く場合は、次のように陽遁・陰遁が切り替わる。 冬至前後に九星の閏を置く場合、その期間中の甲午を七赤として陽遁を始める(七赤が2日続く)。 夏至前後に九星の閏を置く場合、その期間中の甲午を三碧として陰遁を始める(三碧が2日続く)。 明治の改暦から2100年までの間で、九星の閏が置かれる位置を次に示す。 ここでは陽遁・陰遁の切替日が240日になる場合、後の60日を九星の閏とし、冬至または夏至が癸巳の場合、後の甲子日を切替日とする方式を基準とし、流派の違いにより、その位置の代わりに置かれうると考えられる位置をカッコ内に示す。 1882年冬• 1894年夏• 1905年冬• 1916年冬(1917年夏)• 1928年夏(1928年冬)• 1939年冬(1940年夏)• 1951年夏(1951年冬)• 1962年冬• 1974年夏• 1985年冬• 1997年夏• 2008年冬• 2019年冬(2020年夏)• 2031年冬• 2042年冬(2043年夏)• 2054年夏(2054年冬)• 2065年冬• 2077年夏• 2088年冬• 2100年夏 時の九星 [ ] 時の九星も日の九星と同様に陽遁・隠遁の別に配される。 時は2時間を1刻とする。 時刻と九星の対応 陽陰遁 日 陽遁 子・卯・午・酉の日 一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫 一白 二黒 三碧 丑・辰・未・戌の日 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫 一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 寅・巳・申・亥の日 七赤 八白 九紫 一白 二黒 三碧 四緑 五黄 六白 七赤 八白 九紫 陰遁 子・卯・午・酉の日 九紫 八白 七赤 六白 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 九紫 八白 七赤 丑・辰・未・戌の日 六白 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 九紫 八白 七赤 六白 五黄 四緑 寅・巳・申・亥の日 三碧 二黒 一白 九紫 八白 七赤 六白 五黄 四緑 三碧 二黒 一白 奇門遁甲における九星 [ ] において九星というと「天蓬星」・「天芮星」・「天冲星」・「天輔星」・「天禽星」・「天心星」・「天柱星」・「天任星」・「天英星」を指している。 これらは 天字で始まる名前を持つため、他の九星と区別する場合に九天星や天蓬九星と呼ぶことがある。 一部の流派の奇門遁甲では「一白水星」、「二黒土星」、…「九紫火星」を奇門遁甲に組み込んで九宮と呼んでいるが、本来の奇門遁甲には紫白九星がなかった。 また通常は、八方位にを対応させた八宮である、坎宮、艮宮、震宮、巽宮、離宮、坤宮、兌宮、乾宮に中央である中宮を加えたものが九宮であり、紫白九星を九宮と呼ぶのは特殊な呼称である。 脚注 [ ] [].

次の