ハイキュー 漫画 最新 話。 ハイキュー 漫画43巻は無料で読める?4期の続きや漫画との違いも解説!

ハイキュー385話ネタバレ!最強の囮日向翔陽がとにかく決める!ブラックジャッカルが先制?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイキュー 漫画 最新 話

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。 完全無料で読む手順(簡易版)• 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録• 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ハイキュー!! 」単行本は410円〜)• 漫画「ハイキュー!! 」の過去話ネタバレ 子供の時にテレビで見た小さな巨人に憧れバレーボールを始めた日向翔陽が主人公です。 憧れの烏野高校に入学します。 そこでセッター影山飛雄と出会い最強の相棒とともに日々練習に、試合に全力で頑張る姿がとてもまぶしく爽やかです。 部活の人数としては決して多くない烏野高校ですが、切磋琢磨しあい、お互いがお互いを引っ張りあげていくのが目にみえるので、毎話とても面白いです。 対戦する各高校の名前にも動物の名前が入っているところが1つ隠されたポイントではないかと思っています。 主人公の日向の頑張りはもちろんですが、同じポジションの月島が徐々にプレーに熱を帯びてきているのが見所だなと思っています。 「ハイキュー!! で私が好きなエピソードは、黒尾鉄朗率いる音駒高校と主人公の所属するチームである烏野高校が全国大会で対戦した時のものです。 この2校は以前から「ゴミ捨て場の決戦」と呼ばれる因縁を持っており、互いのチームの監督にとっても重要な一戦でした。 また、大会前の早い段階から音駒高校と烏野高校は合宿で顔を合わせており、今の選手たちもそれぞれ、お互いをライバル校として意識していました。 合宿を通じて、敵でありながら共に高めあう彼らの熱さに、一読者である私も彼らの公式戦を心待ちにしていました。 この対戦は漫画の中でも特に丁寧に書かれており、彼らの心理的な描写や今までの努力、仲間との日々が想像できて涙なしには見られないものでした。 結果的に烏野高校が勝ちますが、その時に喜びながらも終わってしまったことに寂しさを感じる烏野高校の面々、悔しいながらも烏野高校をしっかりとたたえ、楽しかったと胸を張って言える音駒高校の面々に、感動しました。 私は作中で音駒高校の主将である黒尾鉄朗が好きです。 彼の、飄々とした態度の裏に隠れた努力や葛藤があの強さの源なのだと思います。

次の

【ハイキューネタバレ379話最新話確定速報】ついに日向と影山との試合が始まる|ワンピースネタバレ漫画考察

ハイキュー 漫画 最新 話

「どうしてそんなに強いのか?」と佐久早に問われた牛島は、少し悩んでから「運が良かった」と答えた。 一方で今の佐久早の前には、「体格」という運に恵まれなかった星海や日向が大活躍中。 それに負けじと佐久早も得意のサーブレシーブや、ボールの回転を使ったブロックアウトなどで活躍。 淡々と自分の仕事をする佐久早を元チームメイトの古森は「アツくなったりしないけど、やり始めると止まらない性格だから」と笑う。 ボールの回転を生かした攻撃が特異なのは、手首が異常に柔らかいという自分の特異性に気付いて自主練を始めたから。 サーブレシーブが上手いのは、牛島というサウスポーが放つサービスを取れなかったのが悔しくて練習し始めたから。 牛島に対しては初対面時に彼が「トイレの後にハンカチで丁寧に手を拭く」という、自分以外の同年代の男子があまりやらない事をやっているのを見て感動。 それからずっと人としてもライバルとしても好感を持っていた。 日向に対しては「最後に発熱退場した体調管理のできない選手」と記憶していたが、その一方で「日頃から色々な事に注意を払って生きていても、それでもどうしようもない事は時に起きる」とも理解。 井闥山の主将だった飯綱が正にその例で、準備を怠らなかった彼が春高で負傷退場してしまったのを当時の佐久早は静かに悲しんでいた。 その時に飯綱が言った「いつかやってくる本当の意味での最後の試合は、絶対に笑って終わる」という言葉。 飯綱は今でも一部リーグでプロのセッターとして活躍中だったが、同じリーグで今こうして試合中の佐久早もふとその言葉を思い出す。 「理想の最後」はもちろん笑って終われる方がいいと思うものの、同時に「別にどうだっていい」とも感じる佐久早。 自分はただ今日も明日も、コートの中でも外でもいつだって注意深く生き、「いつ終わってもいい」と思いながらバレーをやる。 そんな事を考えながら佐久早は、かつて取るのに苦戦した牛島のサービスを綺麗にレシーブしてみせるのだった。 」394話の感想&考察(ネタバレ含む)1 「愚直に、執拗に、丁寧に」の一文が見事に佐久早表してる…何か猛烈なバレーに対する思入れとか家庭環境があったわけでもなく、何かに拘り最後まで丁寧にやり遂げる、それがさくさくの信念。 と考えるとバレーとの出会いは"偶然"なんだけど、それを"運良く"と彼自身感じていることに十分すぎるバレー愛というかバレー馬鹿を感じてしまって胸が熱くなった…さくさくにとって勝敗は正直重要なことではなくて、全ての努力をした先で"運良く"納得のいく自分でいたいと思っている。 そのモチベーションを常にキープしてここまできたことがさくさくの強さ。 くそかっけえじゃん… 「ハイキュー!! 二人は久しぶりに電話で話をする事になった。 天童がニュースの事を話すと、牛島は「フォームを改善中だけどまだ完成していない」と答える。 牛島の口ぶりから彼が珍しく落ち込んでいると感じた天童は、その理由を訊いてみた。 すると「小さな子供に『バレーは好きか』と訊いたら『好きじゃないし、テレビでやってても見ない』と言われた」と打ち明ける牛島。 それを聞いた天童は大笑いし、「若利くんがまだ弱いからだよ」とアドバイス。 人は強くてかっこいいものを見たがるのだから、と。 そんな天童の言葉に牛島は「簡単ではないけれど、不可能ではなさそうで良かった」と言って、天童を更に笑わせた。 二人の高校時代にも同じような話をしており、その時は「牛島がスターになるほど活躍すれば、離婚した父親も見てくれるかもしれない」という話していた。 その父に会うという目標は、天童とこうして話す三か月前、海外移籍を視野に入れて渡米した際に実現している。 そこにはトレーナーの勉強をするために同じく渡米していた岩泉もいたのだが、その岩泉が会おうとしていたトレーナーが牛島の父・空井崇だったのだ。 その際に岩泉からも「ずっとお前に負けてきた身としては、今の『まあまあ』の選手じゃなくて『ドバギャアン!』って感じの選手になってほしい」と期待される牛島。 そして岩泉から新しいフォームについての意見を聞く事に。 こうした偶然の出会いを振り返って、牛島は「やはり俺は運がいい」と改めて実感。 父に対しても「俺は恵まれている……俺の左利き(ギフト)を矯正しないでくれてありがとう」とお礼を言った。 それからまた時が経ち……今はブラックジャッカルと試合中の牛島はその新しいスパイクフォームを披露する。 「強者で在るために何度でも強さ(それ)を捨てよう」 今までの空中で一度静止してから思い切りボールを撃つフォームではなく、助走からジャンプ、そしてスパイクまでの一連の動作を停滞なく行う新フォーム。 「サーキュラーアームスイング」と呼ばれるそれはパワーを無駄遣いせず全てボールに乗せられるため、スパイクの威力は更にアップする。 その上で通常のフォームとは異なるため撃ってくるコースが読みにくく、さらにサウスポーが生み出す左回転までついてくるそのスパイクに、さすがの佐久早もレシーブに失敗してしまった。 観客席でその様子を見ながら、元々あれだけ強かった従来のフォームを捨ててまで更なる強さを求める牛島に戦慄する旭と大地。 同じ頃、海外でも牛島の父・空井が試合中継を観ながら満足そうな笑みを浮かべていた。 ここでジャッカルは日向の「紛れる」で敵をかく乱し、逆サイドの佐久早にトスを上げた。 アドラーズは佐久早が放つ独特な回転のスパイクを上手くレシーブできず、ボールはコートの外へと落ちそうになる。 が、それをロメロが追いかけて足で高く蹴り上げた! 「Pega(繋げ)!!」 鬼気迫る顔でそう叫ぶロメロと、ポルトガル語が分からなくてもその意味を読み取ってボールを追う妖怪世代達。 世界のトップを走ってきた者とのプレイ、生活がかかったバレー、周りは強い者しかいないプロの試合……。 そうした状況にそれぞれの選手達は今まで以上にテンションがアップ! ロメロの上げたボールを星海が強打で敵コートに打ち返し、対するジャッカルもそれを拾って木兎の超インナークロスに繋げる。 しかしロメロがまたもこれを拾い、今度は牛島が木兎のブロックを吹き飛ばす勢いで強烈なスパイクを放った! コートサイドに向かって弾き飛ばされたボールを侑がギリギリで拾い、1セット目で見事なトスを見せた日向がそのカバーに。 「今度は誰に上げる? それともツーアタックか?」 アドラーズがそう警戒して身構える中、日向はトスの態勢から「左手でのスパイク」に切り替えて強烈なツーアタック! 空中での驚異的なボディバランスと、「小さいからこそ何でもやる」という飢えと努力が生み出したスーパープレイだった。 これによってジャッカルが25点目を取り、同時に第3セットも奪取。 セットカウントはジャッカルとアドラーズで2-1。 プロの試合は5セットマッチなので、日向達は王手をかけた事になる。 第4セットはジャッカル・侑のサービスからスタート。 「『頑張ったで賞』みたいな中途半端なものは要らない。 称賛か罵声のどちらかでいい」 そんな想いと共に放たれたサーブは相手コートの澄に突き刺さり、ノータッチエースでジャッカルが先制点。 その鋭いサーブを見て観客席の山口は「最初からトップギアだったけど、ロメロの『繋げ!』から更にギアが上がってる」と感じた。 そんな終盤にきてますます盛り上がりを見せるこの試合も、あと1セットか2セットで終わりを迎える……。 」396話の感想&考察(ネタバレ含む)1.

次の

ハイキュー!!【最新384話ネタバレ】進化した最強の囮

ハイキュー 漫画 最新 話

ハイキュー!!334話ネタバレ 前回、穴掘と交代した赤葦。 ベンチで監督の闇路と会話を続ける中で、いつの間にか木兎をコントロールしている気になっていたことに気付く。 自身を烏滸がましいと一喝したところで第一セットが終了する。 闇時に行けるのかと訊かれた赤葦は、いつもどおりなら出来るとコートに再び立つ。 コートに戻った赤葦は以前の焦りもなく、冷静に悪いボールを早めに返してブロックされることで自コートへ戻し、木葉に目配せをして木兎に最高のトスを流した。 最高のトスを木兎にわたすことで強烈なスパイクを狢坂のコートへと落とした梟谷。 赤葦はローテーションを見て相手の出方の予測や自分のすべき事だけを考えようと自身に言い聞かせる。 狢坂の蝦夷田のサーブを猿杙が受ける。 相手コートをちらっとみた木葉はあえてフェイントで落とすことで桐生にボールを取らせる。 レフトは無い。 レフトに木兎、真ん中に鷲尾。 抜いた先には赤葦が待ち受ける。 狙い通りに真ん中の鷲尾にボールが当たる。 接戦が続いて盛り上がる会場。 木兎は相変わらずメンバーや監督に体当たりしていく。 その様子を見た孤爪や黒尾は笑い、更には会場の人々が木兎に注目し始める。 梟谷が一点リードしてセットポイント直前。 会場は木兎コールに手拍子が加わって大いに盛り上がる。 大将が稲荷崎が烏野の邪魔をするためにやっていたコールに手拍子を味方にやってどうするんだと呆れているが、単純ポジティブ木兎には逆に追い風になると赤葦が読む。 『これは・・・応援団以外の歓声も凄いですね』 『まさに観客をま見込んでいると言うか』 会場の沸き方を見た解説者も驚く。 更に二度目の木兎のサーブ。 カーブを描いてボールはライトへと落ちる。 ギリギリで上げて桐生がスパイクを放つが、押し込められて自コート内へボールが落ちた。 第2セットを勝ち取った梟谷。 コートチェンジのために休憩している狢坂では、「対木兎ブロック」を一旦やめようという声が上がる。 しかし、そこに狢坂の監督・九刷が一喝した。 「エースを選択させる状況は自分らで作るんやろが」 「攻めは最大の防御!!」 言われて素直に返事をする部員。 木兎の調子と会場が沸いていることで、呑気に調子が上がっていると本渡が言っていると桐生がわかっていないと言った。 「怯えも焦りもなく、ただ自分の身体を思うまま操る」 「「楽しい」こそが「最強」なんや」 哲学的な事をいう桐生の言葉がわかっていない本渡と蝦夷田。 九刷は心の中で木兎と桐生の相性が悪いことを考えていると、猯が素っ頓狂なことを言い出す。 「わかる!!!「かわいいは正義!」みたいな感じやろ!!」 場の空気が凍る中、雲南が「バーーーーーーーーーカ」と猯を罵る。 すぐさま猯は雲南の頬を、雲南は猯の髪を鷲掴みにする。 おぐしを整えながら猯は話を続けた。 「残念ながらお前は「カワイイ」にはなれんちゃけど」 「「楽しい」は作れる!!きっちい筋トレと練習次第で!!!」 「お前は全部やってきたけんな」 猯の言葉にうなずく臼利。 「まず「かわいい」じゃ誰も言うちょらんけん。 持論引っ込めろちゃ」 雲南が再度揚げ足を取って頬と頭髪の掴み合いをする。 ここで試合開始の笛が鳴り響く。 俺はお前がこわい。 それに雲南がビクつく。 冷静に状況を判断してアシストに回ります。 そのお陰もあってか接戦ではありますがワンポイントのリード。 そしてセットポイントの獲得。 会場も木兎旋風が巻き起こって木兎に追い風となりました。 しかし負けていない狢坂。 主将・桐生が自身の弱さを心の中で吐露します。

次の