エクセル セル の 結合 が できない。 結合したセルに値の貼り付けができない 「この操作には、同じサイズの結合セルが必要です。」 | softel blog

Excel 2010(それ以外でも) で「セルの結合」ができない:解決

エクセル セル の 結合 が できない

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 「セルの結合ができないエクセルファイルがあるのですが・・?」 というご質問をいただくことがあります。 この状態がなぜおこるのか、どうしたら解除できるのか、というご質問です。 セル結合ができない状態になる原因でもっとも多いのは、ブックの共有設定です。 ブックの共有が設定されているときに、セルの結合はできなくなります。 ちなみに、 ブックが共有されているのかどうかは、タイトルバーを見ればすぐにわかります。 共有されている場合、下図のようにタイトルバーに[共有]と表示されます。 また、共有を無効にすると、上書きせずにこのファイルを保存することはできなくなります。 このファイルの保護を解除してもよろしいですか?」メッセージで[はい]をクリック 上記の操作を行えば、ブックの共有が解除され、セル結合ができるようになります。 もちろん、 会社などでブックの共有が行われている場合、ブックを共有する必要があって、誰かが設定したはずですから、その設定した人に、ブック共有の解除を行っていいことを、確認してから共有解除してください。 このサイトでは、セルの結合について以下のようなネタをご紹介しています。 よろしければあわせてご参照ください。

次の

Excel 2010(それ以外でも) で「セルの結合」ができない:解決

エクセル セル の 結合 が できない

チャンネル登録35万人超! 言ってしまえば通常の表です。 例えば下の図は、とあるスポーツ用品店の売り上げを管理するためのリストです。 Excelには、このリスト形式のデータを分析しやすくするための機能がたくさん備わっていて、その中の一つが「テーブル」と呼ばれる機能です。 テーブルが便利と知った人は、全てのリストをテーブルにしたがるでしょう。 でも、テーブルじゃできないこともあるんですよ。 今回は、そのテーブルを解除する方法を紹介します。 エクセルのテーブルはどんなメリット・デメリットがあるのか このテーブル機能を使うためには、対象となる表のセル範囲を「テーブル」としてExcelに認識させる必要があります。 下の図は、リストをテーブル化した後の様子ですが、もともとのリストが次のように変化しています。 テーブル内のセルがアクティブになっている時に、「テーブルツール」の「デザイン」タブが表示される。 自動的にセルの背景色や罫線のような書式が適用される。 というめちゃくちゃ便利な機能がありますよね。 でも、これらの機能を利用するために一度テーブルを利用した後、今後はこれらの機能を利用する必要がなくなったとします。 その場合、このテーブルのままでも多くの場合は特に支障はありませんが、 テーブルのままではセルの結合ができないという衝撃の事実があります。 このような場合には、一度テーブル化した表を元に戻すことができます。 「範囲に変換」でテーブルを解除 テーブル化した表を元に戻すためには、次の操作を行います。 まず、テーブル内のどこかのセルをアクティブにし、「テーブルツール」の「デザイン」タブのリボン内にある「範囲に変換」ボタンをクリックします。 確認用のメッセージが表示さるので「OK」ボタンをクリックします。 以上で、テーブルの解除は完了です。 本当にテーブルを解除できているの? ただ、場合によってはテーブルのままに見えてしまう場合があります。 このテーブルを解除した場合、テーブル時に行った編集(スタイルや集計行の追加など)は全てそのまま残ってしまう仕様になっています。 テーブル時の編集(デザイン)を残したくない場合は もし、スタイルや集計行など、テーブル時の編集を残したくない場合は、テーブル化を解除する前に、それらの編集を解除していきます。 例えば、スタイルの場合、「テーブルツール」の「デザイン」タブのリボン内の「テーブルスタイル」で「なし」を選択することで解除できます。 また、集計行を非表示にする場合は、「テーブルツール」の「デザイン」タブのリボン内の「集計行」のチェックを外します。 まとめ このように、残したくない編集を事前に解除した上でテーブルを解除することで、テーブル時の編集を残すことなくもとの表へ戻すことができます。 特に一番重要なのは、 テーブルにしているとセルが結合できないという点です。 これを知らないと、テーブルが原因って気づかないので絶対に知っておきたい知識ですね。

次の

Excelでセル結合をすると困ること、オートフィルター、コピペ、他

エクセル セル の 結合 が できない

便利だけど意外と厄介?エクセルでセルを結合しないほうがいい理由 Excelで表を作成する際に、複数のセルを結合して1つのセルのように扱うことはよくありますよね。 表のタイプによっては、複数のセルをくっつけて1つのセルとして扱えるのは便利ですよね。 この「セルの結合」は、使い方によってはとても利便性に優れる機能ですが、一方で厄介な点もあります。 皆さんの周りでも、セルの結合は行うべきではないと考えている人は、案外多いのではないでしょうか。 セルの結合をよくないとする理由の1つとして、コピー&ペーストがうまくいかなくなるということがあります。 また、ショートカットキーを使って、結合されたセルの含まれる列や行を選択しようとすると、思ったとおりに選択されず、操作性に劣ると考える人もいるでしょう。 実は、こういった場面で使えるセルの結合機能に代わる方法があります。 それは、「選択範囲内で中央に揃える」というやり方です。 この方法を使えば、先に述べたような不便を解消できます。 今回は、入力した文字列を「選択範囲内で中央に揃える」方法について解説します。 その前に、まずは「セルの結合」では何が不便なのかを確かめてみましょう。

次の