ご丁寧にご連絡いただき。 「ご連絡していただき…」は間違いですか?

「連絡する」の敬語と謙譲語は?メールでの使い方も解説します

ご丁寧にご連絡いただき

敬語の基本を確認 敬語はシチュエーションや相手との関係性に応じて使い分ける必要があります。 中でも難しいのが「謙譲語」と「丁寧語」の使い分けです。 それぞれの使い方をはじめに確認しておきましょう。 「謙譲語」は自分の行いをへり下って表現する言葉 【謙譲語】は自分の行いを謙遜してへり下る表現をすることで、相対的に相手を高める表現方法です。 「(ご)~いたす」「(ご)~申し上げる」の形にあてはめます。 「丁寧語」は「です・ます」などで丁寧さを添える言葉 【丁寧語】は聞き手に対してに丁寧に述べる表現方法です。 「です・ます・ございます」を使います。 接頭語「ご」は丁寧語にも謙譲語にも用いられる 相手の動作を表す言葉の頭に「ご」をつけると丁寧語になることは一般常識としてよく知られています。 しかし状況によっては、自分の動作につけて謙譲語とする場合もあります。 そのため「ご」のルールに不安を持つ人が多いようです。 謙譲語となる「ご」は、自分の動作が相手に向かう場合です。 例えば「ご説明」「ご案内」「ご報告」などです。 これらは相手のための自分の行いに対して、「ご」をつけて謙譲表現をしています。 しかし「質問」「謝罪」など自分のための行いに「ご」をつけると、自分に対しての敬語となってしまうので誤りとなります。 謙譲表現をしたい時に「ご」をつけるかどうかは、その行いが相手に向かうものか、自分のための行いなのかによって判断することができます。 ここまで説明した敬語の基本事項を頭に置いた上で、次に「連絡する」の「謙譲語」と「丁寧語」について、それぞれの言い方を確認してみましょう。 「連絡する」の敬語の言い方 謙譲語では「ご連絡いたします/申し上げます」 「ご~いたす」「ご~申し上げる」の形にあてはめます。 上述したように、相手に向かう自分の行いについて「ご」をつけてよいため、「連絡」も「ご連絡」とします。 「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」が謙譲の表現です。 取引先へは謙譲語を使うのがよいでしょう。 丁寧語では「ご連絡します」 「する」の丁寧語「します」を使います。 「連絡します」でも正しい言い方ですが、ビジネスの場面では「ご」をつけて 「ご連絡します」とした方がよいでしょう。 目上の人や取引先とのやり取りの場合は、丁寧語よりも謙譲表現を使うのが望ましいです。 尊敬語では「連絡される/なさる」 謙譲語、丁寧語の他に尊敬語の言い方があります。 尊敬語は相手の動作に対して言葉を言い換え、敬意を示す表現です。 「連絡する」を相手の動作として言い換えると「連絡される」「連絡なさる」となります。 例えば「社長が連絡なさるとのことです」「部長が連絡されました」などです。 注意が必要な「連絡する」の言い方 一般的な言い回しとして使われている「連絡する」の敬語表現の中には、注意が必要な言い方があります。 「ご連絡させていただきます」は連絡する許可を得た場合に使う 強い謙遜の気持ちを表現したい時に「ご連絡させていただきます」と言うことがあるかもしれません。 ところが「させていただく」は「させてもらう」の謙譲表現であり、「する」の謙譲語とは意味合いが異なる言い回しなのです。 「させていただく」は基本として先方から許可を得たことに対して「させてもらう」時に使います。 例えば連絡を入れてくださいという依頼に対して「それではご連絡させていただきます」と答えたり、出欠の確認依頼に対して「出席させていただきます」と答えたりするのが本来の使い方です。 「連絡する」ことを取引先などに伝えたい時は、「する」の謙譲表現「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」を使えば問題ありません。 「ご連絡差し上げます」は場合によっては失礼になる 「ご連絡差し上げます」という言い回しも聞いたことがあるかと思います。 「差し上げます」は「あげる」の謙譲語です。 この場合もやはり「する」の謙譲語とは意味合いが異なっています。 「連絡してあげます」という意味のため、相手にとってメリットがある場合に用います。 例えば予約注文を行った顧客に対して、品物が入荷したら「ご連絡差し上げます」などと使う場合です。 状況によっては上から目線のように聞こえるなど失礼になる場合があるため、取引先や目上の人に対しては使用しない方がよいでしょう。 「連絡する」のメール例文 「連絡する」をビジネスメールで使いたい時の例文を紹介します。 こちらから連絡する場合 こちらから取引先などに連絡する場合の例文です。 入荷時期が決定次第、あらためてご連絡いたします/ご連絡差し上げます。 次回の定例会日程につきまして、ご連絡申し上げます。 ご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません。 メールで詳細をご連絡させていただいてもよろしいでしょうか? 連絡が欲しい場合 相手から連絡が欲しい場合の言い回しを例文で紹介します。 恐れ入りますが、ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?• お手薄ですが、ご連絡くださいますようお願いいたします。 ご連絡をお待ちしております。 ご連絡いただければ幸いです。 まとめ 「連絡する」の敬語表現は状況に応じてさまざまな言い回し方がありました。 敬語の基本ポイントを理解しておけば、悩まずにスムーズに使うことができるでしょう。 自信を持って回数をこなすことで敬語は上達していきますので、シチュエーションごとに最適な敬語を選び、積極的に使ってみてください。

次の

「丁寧に」? 「ご丁寧に」?|NHK放送文化研究所

ご丁寧にご連絡いただき

上記では、相手から自分に対して連絡してきた場合に、相手の動作を敬う敬語として、「ご連絡」と表現することをご紹介しました。 では、反対に自分から相手に連絡をする場合は、どのような敬語を使えば良いのでしょうか? 自分が行う動作を敬語を使って敬う必要はないので、一見すると「連絡」が正しいように感じます。 ところが、敬語にはまた別のルールがあるのです。 自分から相手に連絡を入れる場合は、確かに連絡は自分が行う動作なのですが、その連絡を受け取るのは相手になります。 敬語には、相手に対して及ぼすものに関しては、「お」「ご」を付けることもあり、自分から相手に連絡を入れる場合も、「ご連絡致します」などと表現することが正しいと言われています。 「連絡有難うございます」は間違い? 結論から言えば、自分から連絡をする際も、相手から連絡を受け取った場合も、「ご連絡」と表現することが、敬語として正しいということになります。 では、「ご連絡」の後は、どのように言葉を続けていけば良いのでしょうか?今回は、相手から連絡を受け取った際の、お礼の伝え方についてご紹介していきます。 ・ご連絡有難うございました。 ・ご連絡を頂き、有難うございます。 ・早速のご連絡、有難うございます。 ・早々のご連絡、有難うございます。 ポイントとしては、「有難うございます」などの感謝の気持ちと共に用いることです。 返信や連絡の時間帯などによっては、「早速の」「早々の」といった言葉を付け加えることで、敬語としてより丁寧な印象を与えることができます。

次の

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

ご丁寧にご連絡いただき

」は丁寧な言葉ですが、Rinaさんのおっしゃるように「It was very kind of you to inform me about this. 」には丁寧度は負けます。 それでもよく使われている表現なので提案させていただきました。 」が一番適切かもしれないですね。 」が一番いいかと思います。 ジュリアン 使役動詞 let を使いつつ、感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for letting me know. 「私に知らせてくれてありがとう。 」 "let 人 know" で「人に知らせる」 の意味になります。 この表現はビジネスでも要望を伝える時によく使われます。 Please let me know what you think. あなたの考えを私に知らせてください。 意味としては、 「お考えのほど、ご返信ください。 」 といったところになります。 "Please tell me"「教えて」よりも、 使役形を使いワンクッションおくことで 柔らかく、且つプロフェッショナルな印象になります。 "Thank you for enlightening me about the change in schedule. " - This sentence is another way of saying "Thank you for telling me about the change in schedule. " "Thanks for letting me know, I appreciate it. " - adding "I appreciate it" shows that you are genuinely thankful for that the teacher let you know as you have benefited from this piece of information. "Duly noted, thank you. " - means you have taken note of the information your teacher has sent in accordance with your schedule. "Thank you for enlightening me about the change in schedule. " - これは「Thank you for telling me about the change in schedule(予定の変更を教えてくれてありがとう)」の別の言い方です。 "Thanks for letting me know, I appreciate it. " - "I appreciate it" を使って「連絡してくれて心から感謝している、助かった」という気持ちを表しています。 "Duly noted, thank you. " -「予定のことはしっかりメモしておきました」と伝えています。 Hello Tomoko :- I hope this helps! A Thank you so much for informing me. Example-Thank you so much for all your help. B Thank you for the update! Tomokoさん、こんにちは、参考になるといいです! A Thank you so much for informing me. 例-Thank you so much for all your help. (予定の変更教えてくれてありがとう) B Thank you for the update! " "Thanks for messaging me about...... "this form may be used whenever you wish to thank someone for doing something: "Thanks for inviting me to your anniversary party. " "Thanks for picking up my son Johnny yesterday. " "Thanks for buying me a new coat - it's so warm! " このノートは来週来るビッキーのための注意喚起さ。 "Thanks for messaging me about...... " これは、その人がしてくれた何かについて感謝するときに使います。 "Thanks for inviting me to your anniversary party. " 記念日に招待してくれてありがとう。 "Thanks for picking up my son Johnny yesterday. " ジョニーを昨日ピックアップしてくれてありがとう。 "Thanks for buying me a new coat - it's so warm! " 新しいコートを買ってくれてありがとう。 すごく暖かいよ。 So, you may say: Thank you for informing me about the change in lesson time. or Thank you for letting me know about the lesson time change. or Thank you so much for updating me. レッスン時間の変更を教えてもらったときに、感謝の気持ちを伝えることはとても大事ですね。 このとき、何について感謝しているのか具体的に言うことがポイントです。 ただ「update」を使う場合は、それだけで大丈夫です。 「update」はここでは「最新の情報を与える」という意味です。 上の例ではレッスンの時間の変更を伝えています。 Thank you for informing me about the change in lesson time. (レッスン時間の変更を教えてくれてありがとうございます) Thank you for letting me know about the lesson time change. (レッスン時間の変更を教えてくれてありがとうございます) Thank you so much for updating me. (情報をありがとうございます) Thanks is the shortened way of saying thankyou, in an informal setting. To appreciate is to be grateful for, so you could also say ''I am grateful for your time'' or ''I am grateful for your message''. Thank you for ''keeping me in the loop'' means to be informed about everything regarding that subject. A loop is like a circle. If you are in the circle, you know the information. If you are outside the circle yo do not know everything regarding the subject. ''Thanks for letting me know. 1)"Thanks for the heads up. "はカジュアルな言い方なので、ビジネスのやり取りで使わない方がいいと思います。 2)"Thank you for letting me know. " はビジネスでも私生活でも言います。 3)"Thank you for notifying me. "の「notify」はフォーマルな言葉なので、ビジネスのやり取りで使います。 例えば、レッスン予定の変更の場合、 "Thank you for letting me know about the change of the lesson schedule. "になります。 "Thank you for getting in contact" Is a formal expression widely used as it is very polite, thanking the correspondent for contacting you. "Thanks for letting me know" A more casual expression used, thanking and saying that everything is understood.

次の