ペガサス ターボ 2。 ズームフライ3・ペガサスターボ2は買い?ズームテンポ発売で廃盤か? | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2をレビュー!

ペガサス ターボ 2

ペガサスターボ2の前作はもちろんペガサスターボですが、ペガサスターボはペガサス35をベースにしたモデルです。 そのため、シューズ箱を見るとペガサス35ターボと記載されており、実はこちらが正式名称のようです。 しかし、面倒なのでここではペガサスターボと表記します。 ペガサスターボ2が発売される前にペガサス36が発売されましたが、今回はペガサス36ターボではなくペガサスターボ2でした。 ペガサスターボ2はペガサス36をベースにしたモデルと思われますが、今後はペガサスとは独立した独自のモデルチェンジをしていく可能性もあります。 しかし、ベースにしたとは書きましたが、そもそもペガサスとペガサスターボはスペックは大きく異なり、シルエットも決して似ているわけでもありません。 ペガサスとペガサスターボの違いについては、詳しくはの記事で書いていますので、よろしければ参照してください。 今回はペガサスターボとペガサスターボ2の違いについてレビューしていきたいと思います。 重さの違い ズーム ペガサスターボ2 26. 5cm 209g 26. 5cmで209gです。 こちらは前作のペガサスターボですが、同じ26. 5cmで12gほど軽くなりました。 アッパーの違い 前作は通気性の悪さが指摘されるようなアッパーでした。 生地も厚めで真ん中には帯のようなラインがありました。 (写真右) この帯の部分は通気性ゼロなので、これがなくなっただけでも通気性は良くなっていると思います。 前作は包み込んでくれるような柔らかさがあり、寒い日の長距離練習には良いシューズでしたが、夏場やレースではその通気性の悪さがネックでした。 ターボ2のアッパーは、改良されたとは言ってもヴェイパーウィーヴやフライニットに比べると通気性が悪いのはもちろんですが、ペガサス36のエンジニアードエリートメッシュアッパーと比べても通気性はなさそうです。 足首周りの違い 最も変わった部分はここではないでしょうか?足首周りの生地が明らかに薄くなりました。 ペガサスターボの足首周りは、ビギナー向けシューズのズームストラクチャーのように厚手でしたが、ターボ2では極端に薄くなりました。 かかと部分のとんがり感もなくなり、よりフィットするようなタイプになりました。 かかとは反対から見たほうがわかりやすいでしょうか? 前作のターボのかかとの尖りが合わない(かかとが当たって痛い)人もいたようなので、前作が合わなかった人もターボ2は合うかもしれません。 シュータンの違い ここも大きく変わっています。 ごく普通の厚手のシュータンだった前作と違い、ターボ2は極端に薄くなっています。 また、伸縮性があるため、少しきつめに紐を結んでも足の甲が痛くなりません。 サイズ感の違い 同じ26. 5cmですが、ターボ2はひと回り小さくなった感がこう見てもあります。 ただ、この写真はかかとのとんがり感の違いによる目の錯覚のようなところもあり、私は同じサイズでちょうど良い感じです。 前述したように足首周りの生地が薄くなり、シュータンが薄く伸縮性のある生地になったため、ぴったり足にフィットするようにはなりましたが、サイズは上げない方がいいと思います。 ミッドソールとアウトソール ミッドソールは前作と同じくズームXフォームで、他のミッドソールに比べて圧倒的なクッション性の高さを感じます。 厚さも同じで変更はなさそうです。 耐久性も800kmあると言われた前作と同じようです。 アウトソールも全く変更はありません。 上から見るとサイズ感が違うように見えますが、下から見ると全く一緒です。 ペガサスターボ2レビュー ミッドソールとアウトソールの変更がないだけあって、クッションと反発の感じは前作と同じようです。 ミッドソールに使われているズームXフォームは、2019年7月現在、ヴェイパーフライシリーズとペガサスターボシリーズにしか使われていないナイキ最上級のクッションです。 履き心地は柔らかく、クッション性の高さを感じますが、反発は言うほどなさそうです。 ズームXはその高いエネルギーリターン率というのが特徴とのことですが、ヴェイパーフライシリーズで感じる独特の跳ねは、ズームXだけでなくカーボンファイバープレートがあってこそのものなんだと思います。 プレートの入っていないペガサスターボシリーズは柔らかさしかないため、ヴェイパーフライシリーズで感じるような跳ねる感覚は残念ながらありません。 ターボ2はターボと比べてもさらに柔らかさを向上させています。 インソールやアッパー、シュータンの感覚も柔らかく、そして軽量になったため、とにかく柔らかいという印象です。 人によってはズームフライ3よりターボ2の方がレース向きだと言う人もいますが、私はそうは思いません。 確かにズームフライ3より軽量ではありますが、やはりターボ2は練習用のシューズです。 柔らかく衝撃吸収には長けていますが、反発力はズームフライ3に劣ります。 また、ターボ2は練習用とは書きましたが、スピード練習には向いていません。 理由は何度も言うように反発力が足りないからです。 最も向いているのはロードでの長距離のペース走ではないでしょうか?前作のターボは通気性が悪かったため、距離走の後半になるとシューズが重くなってくる感じがありましたが、ターボ2はその部分も解消されたため、より向いていると言えるでしょう。

次の

【レビュー】ナイキ ペガサスターボ2|初代ペガサスターボと比較

ペガサス ターボ 2

ヴェイパーフライの練習用シューズと位置づけられている、ペガサスターボ。 ペガサスターボ2は2019年7月に、ヴェイパーフライネクスト%と同時に発売されました。 30キロ走やスピード練習で合計140キロ以上使用しましたので、レビューいたします。 サイズ感 他のナイキのシューズと同様のサイズ感で良いと思います。 他メーカーと比べると、少し小さめの作りになっているでしょうか。 以下、私が使用しているシューズのサイズ感です。 (シューズ) (サイズ) アルファフライ・NIKE 27. 0 ヴェイパーフライ ネクスト%・NIKE 27. 0 ペガサスターボ2・NIKE 27. 0 ライバルフライ・NIKE 27. 0 ズームフライ フライニット・NIKE 26. 5 takumi sen・adidas 27. 0 HANZO typeS 26. 5 基本的な情報 以下の情報は、どちらでも言われているような基本的な情報です。 ペガサスターボ2の最大の特徴は「ズームX」。 ヴェイパーフライの台頭により、どうしてもカーボンプレートがフィーチャーされやすいですが、なんといってもこの「ズームX」が素晴らしい。 ペガサスターボにはカーボンプレートが組み込まれていないため、他のシューズに無い反発を感じるのであれば、それは「ズームX」による反発です。 初めて足を入れて一歩目を踏み出した瞬間、今までに無いソフトな感触を得ることができました。 とにかくクッション感が素晴らしい。 耐用走行距離(耐久性)は800kmとも言われていますが、個人的にはそこまでもたないだろうと感じています。 まだ200kmに達していませんが、既に両足の外側が削れてきている状況。 自身の「O脚」のせいでもありますが、ヴェイパーフライと比較しても、削れの進行が早い気がしています。 練習シーン別の使用感 ペガサスターボはどのようなシチュエーションで使用すべきか。 様々なシーンで使用してみた結果、個人的には以下のようにまとまりました。 以下、シーン別に解説いたします。 ただ、耐用走行距離が800kmとされているものの、ジョグで使うにはもったいないシューズであると考えています。 ジョグとして使う場合は、「翌日がレースで疲れを残したくない日」等に限定しています。 個人的には、自分に一番合った練習シーン(ロング走)で使用したいですね。 インターバル(Iペース) 個人的には不向きと考えています。 27cmで片足230グラム程度であり、重すぎる、と言うような重量ではありません。 しかし、個人的な意見として、より俊敏な動きを取り入れるためのトレーニングとしては、ある程度軽いシューズであることを求めています。 そのような目的に対しては不向きと感じました。 ちなみに実際にインターバルトレーニングで使用しましたが、想定よりも重く感じたため、脚の回りも鈍く、設定タイムでトレーニングを行うことができませんでした。 ペースランニング(Mペース) いわゆるペーランですね。 それぞれの走力レベルに関係なく、気持ちよく走ることができるのが、このマラソンペースまでかなと感じています。 調整ではなく、走力を高めるためのMペースを行う際には、ペガサスターボの使用をお勧めします。 ロング走(20キロ〜) 個人的にこのペガサスターボは、「ロング走を行うためのシューズ」であると感じています。 おすすめのペースは、マラソンペース+30〜40秒といった所でしょうか。 私自身、「LSD」と呼ばれるような練習はほとんど行わず、距離を走る練習でもある程度のスピード感を持って取り組みます。 まさに、そんな時の練習にピッタリ。 終始快適に走ることができると言う訳ではなく、もちろん終盤にはしっかりと脚に疲れを感じますが、それを乗り切るための後押しはしっかりとしてくれるイメージ。 「フルマラソンを走り切るための脚づくり」にもってこいのシューズと考えています! レース(ハーフ以上) ロング走に適しているシューズであるため、レースでも大いに活躍するシューズと捉えています。 しかしやっぱり、ヴェイパーフライを一度履いてしまうと、ペガサスターボでは物足りないかも。

次の

【ナイキ】ペガサスターボ2レビュー『200キロ走破』カーボンじゃないソール(ズームX)がすごいんだ!

ペガサス ターボ 2

2019年6月に発売されたナイキ 「ズームペガサスターボ2」! 今やトップアスリートから私のような市民ランナーまで大人気のナイキの厚底シューズ! 私は普段から1キロ4分を切るスピードを出す練習や、1キロ4分半を切るような距離走の時に旧モデルの「ズームペガサスターボ」を履いて練習してます。 これから購入をお考えの方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。 5からサブ4程度の脚力なら「ズームペガサスターボ」でも十分フルマラソンやハーフマラソンでも応用が可能でした。 5㎝で重さが213gでした。 一方のニューモデル「ズームペガサスターボ2」も同じ25. 5㎝ですが、重さはなんと!191g!! 22gも軽くなりました! これは実際にシューズを持ってみても、また履いてみてもその軽さの違いが分かるほどです! これはサブ3やサブ4を目指すランナーにとっても朗報です! デザインも大きく変更!見た目もランニングシューズっぽくなった「ズームペガサスターボ2」! 新旧ズームペガサスターボを並べてみて上から見てみると、その違いが良く分かるのですが、シューズ生地の厚みが明らかに替わりました。 そして旧モデルではシューズの真ん中にラインがあったのですが、それが無くなっております。 ぱっと見、旧モデルは「普段履き」もできてしまう見た目でしたが、「ズームペガサスターボ2」は明らかに「ランニングシューズ」っぽくなりました! そして見た目の違いその2!内側のナイキマーク「スウォッシュ」が「ズームペガサスターボ2」では小さくなりました。 シューズの生地も薄くなり、通気性も良くなった「ズームペガサスターボ2」! 上述致しました通り、シューズの生地が「ズームペガサスターボ」では明らかに薄くなったのがお分かり頂けると思います。 しかし「ズームペガサスターボ2」を購入して、 7月の蒸し暑い日に15キロほど走りましたが、生地素材もメッシュ性になったことにより、靴の中の「暑さ」と「ムレ」はだいぶ改善された感があります! 履き心地も良くなり、より走りやすくなった「ズームペガサスターボ2」! 旧モデルと同様に25. 5㎝の「ズームペガサスターボ2」を購入致しましたが、サイズ感は全く問題ありませんでした。 「ヴェイパーフライ」ほどぴょんぴょん跳ねる「バネ感」はありませんが、他社ランニングシューズと比べても、かなりのフワフワ感を感じることができ、飛び跳ねる感触を得ることができます!これは旧モデルから健在です! ラバーアウトソールは旧モデルと「ズームペガサスターボ2」は変更ありませんが、このラバーアウトソールがスピードレースや練習での衝撃を吸収し、あらゆる路面でトラクションを発揮してくれる、とナイキ公式ホームページに記載されてます。 実際に履いてみた感想は旧モデル同様のアウトソールですので、もちろん違いはほぼありませんが、濡れた路面では多少滑る感じは致します。 シュータンは「ズームペガサスターボ2」ではかなり薄手の生地に変更になってますし、靴紐も通しやすくなりました! 旧モデルからの変更メリットは、何と言っても全体的に生地が薄くなり、またメッシュ性が増したことで、かなり軽くなって通気性が増したことです! 旧モデルは夏場から秋口にかけての暑いレースにはちょっと向いていないかな?と思ってましたが、「ズームペガサスターボ2」ではこの点が解消されました。 「ズームペガサスターボ2」旧モデルからの変更デメリット これはデメリットと言って良いのか分かりませんが、「ズームペガサスターボ2」は旧モデルと比べてカカトの部分が浅くなりました。 旧モデルではアキレス腱部分をがっちり保護してくれる形状でしたが、これに慣れてしまっていたためか、「ズームペガサスターボ2」を履いて走った時に「ネケる感じ」が致しました。 いずれ慣れるのかもしれませんが、このように明らかにカカトの部分の長さと厚さが変更になりました。 ただし「ズームペガサスターボ2」はただ浅くなっただけではありません。 カカト部分にはクッション性のある素材が配置されてますので、十分カカトを保護してくれます。 カカト部分が浅くなったのと、靴の周りの生地が薄くなった影響もあり、カーブを走っている時に「ネケる感じ」が致します。 靴紐は旧モデルよりもきつく締める必要があるでしょう。 これが人によっては旧モデルと比較してデメリットと感じるかもしれません。 それでは実際のレースでの使用体験をお伝え致します! 「札幌30K」で「ズームペガサスターボ2」を履いてみた! 「ズームペガサスターボ2」を「札幌30K」で履いてみました! ご存知の方も多いかもしれませんが、全国各地で行われている「30K」ですが、「札幌30K」は北海道マラソンの前哨戦として1ヶ月前に札幌で行われる「練習会」です。 ペース配分も4分15秒から7分まで細かく決められペースメーカーも各ペースに3人ほど配置されております。 私は5分ペースの集団に入りました。 「ズームペガサスターボ2」を履いて30キロ走った結果がこちらです。 しかし「札幌30K」で後半足が重くなった時に反発力でしのげた事を考慮して、「ズームペガサスターボ2」で出走致しました! 「ズームペガサスターボ2」を履いての私の記録は、 3時間32分46秒! とサブ3. ただ「ズームペガサスターボ2」はヴェイパーフライ とは違いアウトソール(靴底)が用いられております。 新品と比較しても見た目の廃れは全くありません。 旧モデル同様に1キロ4分45秒くらいで走ろうと思っても15秒くらい早く走れるくらいグイグイ足を前に出してくれるような、まるで羽がついたような感覚に見舞われます。 この軽さと通気性であれば、暑い日のフルマラソンやハーフマラソンを走っても全く問題有りませんし、私のようなサブ3.

次の