ピーナッツバター 使い道。 オーブンいらず!子どもと一緒につくれちゃう『ピーナツバタークッキー』の作り方!

材料3つで3分でできる!激ウマ「ナッツバター」がアレンジ無限大で汎用性高すぎ

ピーナッツバター 使い道

はちみつ ・・・小さじ1~2• しょうゆ ・・・小さじ1• 酢 ・・・大さじ1• こしょう ・・・少々• 豆乳または牛乳 ・・・小さじ2~3 作り方• 器にピーナッツバター、味噌、はちみつを練り混ぜます。 酢、しょうゆ、こしょうを加えて混ぜ、豆乳は小さじ1ずつ加えてしっかりと混ぜます。 好みの濃度になるまで調整します。 キッチンメモ 何にでも使える万能ソース的なピーナッツバターと味噌のコクのあるタレです。 このたれをベースにアレンジもいろいろ。 ピーナッツバターが余って困るなんて場合の消費にもいいですよ。 蒸し鶏や豚しゃぶサラダ、野菜のあえ物によく使ってます。 ゴマダレが合うものならなんでもOK。 タレの濃度は水分を加えて調整します。 緩めに作れば胡麻ドレッシング風に。 ゆでた青菜等をあえるときは、全体的に水っぽくなりがちなので、少し硬めの濃度にしておくとちょうどよくなります。 豆乳や牛乳、水を加える前のピーナッツバターダレです。 この時、蒸し鶏の蒸し汁があれば豆乳のかわりにぜひ加えてください。 ピーナッツバターの甘味もそれぞれ違うので、お好みで甘みは加減してください。 味噌を増やして辛子を加えた酢味噌和えのタレ風な味もいいですよ。 甘いタレにするとお団子やお餅にかけておいしいスイートピーナッツソースになります。 マジカルキッチン料理お菓子のTips記事 ピーナッツバターの魅力小話、使い道を紹介した記事です。 ピーナッツバターダレの使い道.

次の

ピーナッツバターの料理での使い方は?スキッピーの食べ方アレンジや使い道を紹介!

ピーナッツバター 使い道

ピーナツバターは「スキッピー」がおすすめ! スキッピーは、 アメリカで1933年の発売以来長く愛されてきたピーナッツバターです。 スキッピーのおすすめポイントについて、ご紹介します! アメリカ産の高品質なピーナッツのみを使用 スキッピーはアメリカ規格で選ばれた 高品質なピーナッツのみで作られています。 そのまま食べてもおいしいピーナッツを使用しているので、 素材のおいしさを楽しめます! 保存料、添加物ゼロ スキッピーの 原材料は、ピーナツ・砂糖・植物油脂、砂糖。 余計なものが入っていないので、安心して食べられますね! 甘くないので、いろんな料理に使いやすい スキッピーはあまり甘くなく、甘さよりもまろやかな塩味がきいた味です。 ピーナッツの素材そのもののコクと香ばしさが引き立てられているので、 いろんな料理に万能に使えます! まったりなめらか?粒がゴロゴロ?好きな食感を選べる! 現在日本で販売されているのは、こちらの 2種類です。 ピーナッツバター スキッピー の食べ方・使い道を紹介! スキッピーは、甘さひかえめでパンにも料理にも使いやすいと人気のピーナッツバターです。 スキッピーの おすすめの食べ方・使い道をご紹介します! パンに塗って、バナナやジャムなどの甘い食材と合わせる スキッピーは甘くないので、 バナナや季節のジャムなど甘いものとも相性ぴったり! いつもの朝食に一工夫の使い方で、飽きのこない食べ方ができますね。 ペースト状のクリーミーは、パウンドケーキやポタージュになじませる スキッピーのクリーミーはなめらかなペースト状なので、 料理にもお菓子作りにもなじみやすい食感です。 パウンドケーキやポタージュなど、 さらっと舌ざわり良く食べたい料理におすすめです。 ピーナッツの粒がゴロゴロのスーパーチャンクは、食感のアクセントに! 大粒のピーナッツがたっぷり入ったスーパーチャンクは、 ザクザクっとした食感が料理のアクセントになります。 あえものや炒め、クッキーなど、 ザクザク食感を引き立てたい料理におすすめです。 まとめ パンに塗るだけの使い道だとあまらせがちなピーナッツバターですが、 料理にも使うことができます。

次の

【みんなが作ってる】 ピーナッツバター 料理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ピーナッツバター 使い道

オーブンいらず!子どもと一緒につくれちゃう『ピーナツバタークッキー』の作り方! パンとともに楽しむ「ピーナッツバター」。 パンに塗る以外の食べ方がわからず途方に暮れているという人も多いだろう。 しかし、栄養豊富なピーナッツバターは使い道も豊富。 とくにおすすめなのがクッキーである。 今回はピーナッツバターを使ったクッキーの作り方について紹介しよう。 ピーナッツバターとは ピーナッツバターとは、ピーナッツ(落花生)をローストし、ペースト状にすりつぶしたものである。 パンに塗るスプレッドとして使用されることが多いが、近年その栄養価が注目され、菓子作りや料理にも広く使われるようになった。 アメリカでは、原料の90%以上にピーナッツが使用されていることが基準とされているが、日本ではとくに決まりはなく、無糖のものから加糖のものまでさまざまなものがある。 自家製ピーナッツバターの作り方(無糖) 生ピーナッツはオーブンやフライパン、電子レンジなどでローストする。 粗熱がとれたらフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで混ぜる。 ピーナッツバターはクッキーにもおすすめ 濃厚な味のピーナッツバターはパンに塗るだけでは一度に多くても大さじ2杯程度しか使わない。 結果として、市販のものを購入した場合も家で作った場合も、使いきれずに持て余しているという人も多いだろう。 そんなときにおすすめなのが、ピーナッツバターをクッキーの生地に混ぜ込む使い方である。 ピーナッツの豊かな風味で、いつものクッキーがひと味違ったものになる。 クッキーは好きな形に成形することができるので、子どもと一緒にお菓子作りを楽しむのにも最適である。 ピーナッツバタークッキーの作り方 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 ボウルに室温に戻したバターを入れ、やわらかくなるまで練る。 砂糖、ピーナッツバターを加えてさらに練る。 溶き卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる。 ふるった薄力粉、ベーキングパウダーを加えてさっくり混ぜ合わせる。 食べやすい大きさに成形し、オーブンシートを敷いた天板に並べて、オーブンで20分ほど焼く。 ピーナッツバタークッキーのアレンジ 自宅にオーブンがないという人はフライパンで作ることもできる。 薄力粉だけで作ってもいいが、少量を全粒粉に置き換えればザクザクとした食感を楽しむことができる。 使用するピーナッツバターは粒が残っているものがおすすめだ。 フライパンで作るピーナッツバタークッキー 薄力粉(全粒粉)、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 室温に戻したバターをやわらかくなるまで練る。 砂糖、ピーナッツバターを加えてさらに練る。 卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる。 フライパンを熱し、一口大に成形した生地を並べて焼く。 両面にきれいな焼き色が付くまでそれぞれ5分程度焼く。 生地は成形しながらフライパンに並べてもいいが、あらかじめすべて成形しておくと慌てずに済むだろう。 クッキー以外にも!ピーナッツバターを使った焼き菓子 クッキー以外にも、ピーナッツバターをお菓子作りに使用する用途はたくさんあるので、紹介しよう。 ピーナッツバターのパウンドケーキ 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 ボウルに卵とグラニュー糖を入れて混ぜる。 人肌に温めた生クリーム、ピーナッツバターを加え、その都度よく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。 オーブンシートを敷いたパウンド型に生地を流し入れ、トントンと落として生地をならし、オーブンで45~50分程度焼けばできあがり。 ピーナッツバターのマフィン 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 室温に戻しておいたバターをやわらかくなるまで練る。 砂糖、ピーナッツバターを加えてさらに練る。 卵を2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダー、牛乳を加えてゴムベラでさっくり混ぜる。 マフィンカップの8分目くらいまで生地を流し入れ、オーブンで15~20分程度焼く。 結論 ピーナッツバターを使ったクッキーの作り方について紹介した。 しっかりと焼きあげることでピーナッツの香ばしい風味が引き立つ。 焼きあがるにつれて漂ってくる香りを感じながら休日のティータイムを楽しんでみてはいかがだろうか。 【関連記事】•

次の