沢村栄純 ナンバーズ。 当せん番号案内(ナンバーズ)

ダイヤのA act2で沢村栄純が覚醒した球種と球速は?アニメでナンバーズ習得で無双? | マジマジ情報局

沢村栄純 ナンバーズ

worldisfantasy 沢村栄純は『ダイヤのA』の主人公で性格は まっすぐで素直なタイプ。 エースを目指して愚直に努力する姿は周りの雰囲気に良い影響をもたらしてくれます。 強豪・青道高校に入部を決めた出来事として、青道スカウトに声を掛けられ、見学に行ったところ、凄腕のキャッチャーとバッテリーを組んで気持ちよく投球ができたことがきっかけでした。 あまりにもまっすぐな性格のためチームメートからは『 バカ』と呼ばれることも多いですが、 空気を明るくする素質を持っています。 中学まではピッチング指導を受けていなかったため、ボールの握り方も独自のやり方で握り、投球フォームも個性的でした。 本人が気づかないうちにボールが揺れるムービングを投げているようになったのです。 言い方を変えれば単なる『 くせ球』なのですが、後にこの『 くせ球』が最大の武器になり、ナンバーズと呼ばれる球種を扱うようになります。 逆に指導を受けていなかったおかげで沢村の持ち味が出てきました。 肩関節や手首が柔らかく、投手としての素質はいいものを持っており、マウンド度胸も抜群です。 入部当初はタイヤ引きばかりのメニューをこなしていたためスタミナにも定評があり、インナーマッスルのトレーニングもこなしていたのでケガしにくいピッチャーです。 名前のモデルは伝説の投手・沢村栄治 『沢村栄純』という名前を聞いて、ピンとくる野球ファンは多いでしょう。 沢村栄純の名前の由来は巨人で活躍した伝説の投手、『 沢村栄治』氏から来ているとされています。 戦前に活躍していた選手なので、速球の記録は残っていませんが、沢村栄治とバッテリーを組んだ捕手の証言によると、打者の膝元でホップするボールを投げ、キャッチングした指が曲がるほどの球威があったようです。 沢村栄治の伝説ぶりは語り継がれているため、テレビ番組や大学の研究対象になることもありました。 沢村栄治の投球映像から球速を測定したところ、 159. 4キロという数字が出しています。 他の証言や検証でも大体150キロ後半から160キロほどは出ていただろうというのが有力です。 実際、戦前にこれだけの剛速球ピッチャーがいたとすると、驚きですよね。 大谷翔平の前に160キロを出していた日本人投手がいたということになるので、ロマンがありますよね。 沢村栄治がつけていた背番号14は巨人の永久欠番となっています。 『沢村栄純』という名前の由来が沢村栄治から来ているのは間違いなさそうですね。 『栄純』という名前の由来は他の人物だという情報もあり、栄純という名前は原作者がファンだというTHE ROCK HORNのギター担当『 菅波栄純』さんから来ているようです。 投球フォームのモデルは和田毅 福岡ソフトバンクホークス 和田毅選手は『子どもワクチン支援活動』に協力する為、投球数に応じて子どもたちにワクチンを贈る『僕のルール』を設定し活動しています。 和田選手に『僕のルール』についてのインタビューを行いました。 この沢村栄純の投球フォームのモデルは、原作者である寺嶋先生が公表しております。 ソフトバンクのサウスポー・ 和田毅選手です。 和田選手も出どころの見えづらい投球フォームを確立しており、球持ちも良いピッチャーです 最高球速148キロとまずまずのストレートに加え、出どころが見えない投球フォームによって、体感速度は150キロ越えと言われています。 制球力があり、内外投げ分けてピッチングする攻め方も沢村と同じですね。 ウィークポイントは 球が軽く、本塁打を浴びやすいところです。 まさかここまで忠実にモデルにしていたとは、原作者は和田選手の特徴を相当熟知していたのでしょう。 和田毅選手は大学時代、この投球フォームを武器に注目を集めプロ入りを果たしました。 さらに、沢村の武器とされているムービングボールも数種類持っています。 ウィニングショットがチェンジアップという点も共通していますね。 沢村が片岡監督から助言された内容とそのままですね! グローブをはめている右手を思いっきりつぶすようなフォームもそっくりです。 まとめ.

次の

ダイヤのAについてです。主人公・沢村栄純の魔球として知られるナンバ...

沢村栄純 ナンバーズ

Contents• ダイヤのA降谷が沢村を【栄純】呼びしている件について ダイヤのA降谷が、沢村を【栄純】呼びしている件についてですが・・・あなたはこれ、どう思いますか? 個人的には仲が深まったのかな、良いライバル関係を続けているな、という印象だったのですが…アニメ化に際して、より一層この栄純呼びが盛り上がっているんです! 今回は、 【栄純呼び】に対する考察を詳しく考察していきます。 いつからこの呼び方を始めたの? まずは、いつから呼び始めたのかについて。 実は、降谷が沢村を栄純呼びし始めたのは、結構最近です。 この時、沢村は同地区ベスト8前後の力とみられる中堅校【 火野高校】との試合で先発していました。 結果は7回を無失点、エースと呼ぶにふさわしい結果を残しています。 確実に成長を続ける沢村に、降谷は思いをつのらせます。 そして、自分自身もっと上を目指す気持ちを新たにするとともに、 沢村をライバルとして改めて認識したのです。 その時に出たのが、この「栄純」という呼び方。 実際、初期~この話以前は• 名前:降谷暁 一人称:僕 作品名:ダイヤのA ジャンル:少年漫画、アニメ、舞台等 属性:野球部エース、主人公のライバル CPキャラ:沢村、御幸、他 一言:まさかの「栄純」呼びに喜びと興奮を隠しきれませんでした。 またアニメ化にて、遂に降谷の口から「栄純」という呼び方を消えるということもあり、それを アニメ放送前から楽しみにしている方の声がかなり多かったのも驚きでした。 まあ、この2人のこれまでの関係性を考えれば、降谷の沢村呼びは本当に大きな意味を持っているとも言えますしね。 関係性が出来つつあり、下の存在ではないにしろ、自分の相手とは考えていなかったような態度を見せていた降谷が、一人のライバルとして、チームメイトとして認めた瞬間でもあったのです。 これを喜ばないファンはいませんね! 【栄純呼び】がここまで話題になった理由とは さて、ここで一つ気になるのは、何故話題に事欠かないダイヤのA act2において、この 栄純呼びがここまで大きく話題を呼んだのかという点です。 確かに珍しいことではありますが、 「チームメイトじゃん」 と言えばそれまで(笑) しかし、普段無口な降谷で、正直しゃべるのも下手、チームメイトとのコミュニケーションもまだまだな降谷です。 そんな彼が、 「ねえ」「キミ」としか呼ばなかった沢村を、まさかの栄純呼び!! これには、ずっとダイヤのAを追いかけてきたファンたちが喜んで当然です。 この一件の後、沢村が初エースとしての登板で緊張している際にもマウンドに行き、栄純呼びすることで緊張をほぐすシーンがあった降谷。 沢村が成長しているように、降谷もまた、仲間の状態を見て声を掛けると言ったエースらしい振る舞いが出来つつあります。 二人の関係は本当に良いですね。 ライバル関係であり 、お互いがお互いを高めあう、まさに理想のような関係性です。 今後も、降谷と沢村が更にお互い切磋琢磨し、強くなっていけば・・・今年の夏こそ、青道高校は甲子園優勝もあり得るのかもしれません! まとめ 今回は、 ダイヤのA act2において降谷が沢村を「栄純」呼びしたことについて考察しました。 というか、これだけ話題になる時点で、もう本当にみんなダイヤのAが、そして降谷と沢村の関係が大好きなんだろうなと思います! ライバルだけでなく、チームメイトでもあり、友人でもある彼らだからこその呼び方であり、この言葉が 1年間の野球部生活で培われた2人の関係性を表しているようです。 名前でわかる、降谷の沢村への友情。 言葉で多くは語りませんが、お互いに認めあっている2人、今後もエースを争い、さらなる飛躍をしてもらえればなと思います!.

次の

【パワプロアプリ】[不動]沢村栄純の評価とイベント

沢村栄純 ナンバーズ

沢村栄純 作中MAX138キロ 持ち球 チェンジアップ、カットボール、そしてナンバーズ。 ナンバーズは上記の元々投げていた持ち球も含みます。 ナンバーズ登場から出てきた球種はナンバー2. ツーシーム ナンバー7. カットボール改 鷲掴み高速チェンジ 縫い目を外したゼロシーム スプリット 抜けがある球種があったらすみません。 元々の持ち味 沢村の連載当初の持ち味は出所が見にくいフォームから繰り出されるムービングボール。 出所の見にくさ+直球の質でより打ちづらいボールへ。 能力以外 元々スカウトされた要因であるエースとしてチームを引っ張る姿。 闘志を評価される場面も。 降谷暁 作中MAX154キロ 持ち球 スプリット、縦スライダー 描写としてはこの2球種。 縦と言ってスライダー投げてるので横の変化もあるのかも知れない。 持ち味 一年生対上級生の試合でキャッチャーが捕球出来ず審判のグラサンの顔面直撃しにやけさせる程の浮き上がる様な直球。 縦のスライダー、スプリットをちょっとしたアドバイスでモノにするセンスの高さ。 能力以外 能力以外というか沢村と違って圧倒的な打力でチームに貢献できる。 少々のノックでサードや外野をこなせる辺り野球センスの高さが際立つ。 2人の課題 上ではスペックという事で良いところを中心に見てきたがお互いを比較した上でだったり明確になってる課題を纏めたい。 沢村栄純 降谷と比較して対戦相手の兼ね合いもあるが被打率と奪三振率の数字が悪いと思う。 作中に出てくる練習試合等の投球結果を見てみて。 ミートポイントの広い金属バットは連載当初からの沢村の課題でもある。 また現在葛藤中のエースナンバーへの重圧も課題だろう。 この夏で克服出来るのか楽しみである。 ナンバーズの不安定感も今後の飛躍への課題か。 降谷暁 降谷は細かいコントロールのコマンド能力は勿論だがゾーンを捉えるコントロール自体も沢村に比べて劣る気がする。 最近は寒い時期だったり怪我ガチでフォーカスされてないがスタミナの課題はどこまで改善しているか。 シリーズ1の降谷の課題であるスタミナロールはまだ彼の課題だろう。 型にハマれば最強だが崩れると脆い的な指摘を落合コーチがしていたので直球以外でも安定してカウントの取る術を覚えたいか。 両者の比較 最後に両者を比較したいと思う。 沢村は四死球が少なく被安打が降谷に比べて多い。 しかし機動力をウリにする白龍相手にクイックタイム等で見せる場面もあったので対ランナーへの能力は高くそれでいて被安打+四死球の数字となると降谷の方がランナーは数多く出しているので対ランナーへの能力が沢村より劣る降谷の方が失点が多い=結果が出ないと言うのが現状だろうか。 ストレートに関してはお互いタイプが違うがストレート頼みで西邦打線を抑えた沢村とストレート頼みで山守学院にヒットゾーンに運ばれた降谷の差もエースナンバーへの差になったかも知れない。 比較するとストレートを活かす為の変化球だったりナンバーズだったりそこの部分が不安定な2人だったり抱える課題やウリにする武器は非常に似ている2人なのかなと思う。 現在の調子、対ランナーへの能力、コントロールコマンド能力この辺が明確に沢村が現状上なのでエースナンバーなのではと思います。 最後に 週刊誌は生き物なので今後どの様な展開が読者を襲うかわかりませんが個人的には今の密度で3年の引退まで見たいなと願う作品です。 その為に末長く人気作品である様に祈ってます。 ありがとうございました。

次の