地に足がつかない。 仕事で地に足がつかない人の特徴6つ。地に足をつけた生き方を見つけ出すためには?

地に足をつけるとは?スピリチュアルに傾倒することは現実逃避なの?

地に足がつかない

地に足がつかないとは? 地に足がつかないの類語や反対語• 地に足がつかない人に多い特徴• 地に足がつかない人の仕事での傾向• 地に足がつかないの使い方「例文」• 地に足をつけた生き方をするには• まとめ 1. 地に足がつかないとは? 地に足がつかないとは、足が地につかないと同義であり、浮かれている様子を表します。 嬉しいことや、興奮することがあると、心が揺れ落ち着きのない状態になることを指します。 また、浮足立っていることを意味し、どっしりと構えることのできない状態も表します。 緊張感や不安感に飲まれやすく、冷静さを保つことができないことを意味しています。 他にも、考え方や行動がしっかりしておらずフラフラとしている状態も意味しています。 経済的に不安定で、人生そのものが定まらず、常に揺らぎのある生き方をしていることも示しているのです。 地に足のつかない生き方というのは、さまざまな場面において問題やトラブルに繋がることがあるので注意が必要です。 自分の心の揺れや心の癖に気づき、影響され過ぎず、冷静に行動することによってトラブルを回避することができるでしょう。 自分の考えを持ち、明確な目標を定めて、確実で現実的な生き方をしていくことが大切です。 3-1. 嬉しいことがあると過度に興奮してしまう 地に足がつかない人の特徴として、嬉しいことがあると過度に反応してしまう点が挙げられます。 感情に左右されやすく、嬉しいことや楽しいことがあると、必要以上に浮かれてしまいやすいです。 我を忘れてはしゃいでしまったり、興奮しすぎて落ち着きを欠いてしまったりすることがあるので気をつけましょう。 箍が外れてしまった結果、思わぬトラブルを招いてしまったり、失敗することもあるので注意が必要です。 楽しいことや興奮することがあっても、冷静さを完全に失わないように気をつけましょう。 また、楽しいイベントであってもわくわくしすぎて緊張してしまうこともあります。 旅行やお祭の前日に眠れないという人も多いでしょう。 3-3. 緊張する場面に弱い 地に足がつかない人や、不安感や恐れに酷く影響されやすいです。 緊張する場面に弱く、心身にトラブルを起こしてしまうこともあるので気をつけましょう。 たとえば、何かを発表したり、パフォーマンスをする場面で、緊張しすぎて思うような行動ができなくなってしまうことが多いです。 練習ならできるのに、本番になると上手くできないといったタイプの人も多いです。 体が硬直してしまったり、震えてしまったり、お腹が痛くなったりと、身体的に悪い変化現れることも多いので注意しましょう。 自分自身で心と体をコントロールするトレーニングをすることが大切です。 特に自律神経を整えることに注意し、呼吸法や瞑想法を取り入れるのも良いでしょう。 3-5. 突然のトラブルや問題に酷く動揺する 地に足がつかない人は、さまざまな物事に動揺しやすい性格と言えます。 特に、突然のトラブルや問題が起きると右往左往してしまい、何もできずに混乱してしまうことが多いです。 自分だけではどうにもならないと投げ出してしまったり、逃げ出したりと、無責任な行動をすることもあるので気をつけましょう。 トラブルに対して喚いたり、騒いだりするのではなく、今自分が何をすべきか冷静に考える必要があります。 また、周囲から叱責されたり、幻滅されるのが嫌で混乱してしまうことも多いです。 しかし、失敗を冷静に受け取り、対処しなければ、より周囲からの信頼を失うことに繋がるでしょう。 地に足がつかないとは? 地に足がつかないとは、足が地につかないと同義であり、浮かれている様子を表します。 嬉しいことや、興奮することがあると、心が揺れ落ち着きのない状態になることを指します。 また、浮足立っていることを意味し、どっしりと構えることのできない状態も表します。 緊張感や不安感に飲まれやすく、冷静さを保つことができないことを意味しています。 他にも、考え方や行動がしっかりしておらずフラフラとしている状態も意味しています。 経済的に不安定で、人生そのものが定まらず、常に揺らぎのある生き方をしていることも示しているのです。 地に足のつかない生き方というのは、さまざまな場面において問題やトラブルに繋がることがあるので注意が必要です。 自分の心の揺れや心の癖に気づき、影響され過ぎず、冷静に行動することによってトラブルを回避することができるでしょう。 自分の考えを持ち、明確な目標を定めて、確実で現実的な生き方をしていくことが大切です。

次の

地に足をつける意味とは?オーラから見た地に足をついて生きる方法

地に足がつかない

最新記事 by 井上直哉• - 2020年7月10日• - 2020年7月2日• - 2020年6月25日• - 2020年6月10日• - 2020年6月6日 こんにちは。 心理とスピリチュアルの専門家 井上直哉です。 先日、スピリチュアルなワークとして、グラウンディングの方法を『 』に記載しました。 その後、ご覧いただいた何人かの方から、グラウンディングを繋ぐことが意外と難しいと、お話をいただきました。 お伝えしたワークは、あくまでヒーリングなどで一連のスキルとして、取り入れられるイメージワークですから、実感が得られないと感じるのは当然かもしれません。 そこで今回はもっと具体的に、 「地に足をつける」という言葉のスピリチュアルな意味と、その方法について詳しくお話ししたいと思います。 こちらの記事をご覧になれば、なおさら グラウンディングと、地に足をつけるという言葉の違いが解りやすいでしょう。 それに、地に足をつける意識を持つだけでも、とても現実で役立つものですから、日頃の自分の足の状態を思い返しながら、ご覧になってみてください。 オーラから見た地に足をつける意味とは 人とグラウンディングの話をしていると、比較的多くの方が 「グラウンディング」と、 「地に足をつける」という言葉が同じだと思っているようです。 確かにグラウンディングには「地に足をつける」という意味もあるのですが、もう少し厳密にいうなら「地に足をつける」ためには、 「グラウンディング」と「足のオーラ」の2つの要素があることを意識して置きましょう。 「グラウンディング」と「足のオーラ」との違い まずこの「地に足をつける」ことを説明する上で、この「グラウンディング」と「足のオーラ」との違いについてお話しします。 オーラやエネルギーを理解するヒーラーやリーダーが、「グラウンディング」という言葉を使う時には、私たちの 第一チャクラと地球とを繋ぐ、グラウンディングコードと言われる、エネルギー的なコードについて指します。 これはオーラのように、エネルギーとして見ることが出来る、具体的な形状をしたもので、その人が霊的な存在として、地球(物質的なレベル)とどの程度繋がているのかを表しています。 ですからオーラを見るリーダーが、グラウンディングについて言及する時には、その人が霊的存在として、 どの程度物資レベルと繋がれているか?という視点で話をします。 スピリチュアルな意味では、どの程度その人の心が、現実的なのかを表すと言っても良いでしょう。 補足説明 第一チャクラとは:チャクラとは人の身体の気(エネルギー)の出入り口です。 大きく7つのチャクラが背骨に沿って存在し、第一チャクラは恥骨の少し前、椅子に座ったときの座面に当たる場所に存在します。 地に足をつける「足のオーラ」の役割とは? グラウンディングが、第一チャクラと地球を繋ぐエネルギー的なコードなのに対して、私たちの 「足のオーラ」はもっと現実的な役割を果たしています。 それは、 現実の社会とどのように繋がっているのか?そして現実でどのように活動できているか?です。 どちらも現実との繋がりを表す大切な要素なのですが、整理すると下記のようにその違いが表現できます。 グラウンディング=霊的な存在としての、物質レベルとの繋がりの強さ• 足のオーラ=人として社会生活とどのように関わっているか? グラウンディングはあくまで、私たちの意識や心、精神と言われるエネルギーレベルでのつながりの強さです。 ですが足のオーラに現れるのは、もっと具体的な実社会との繋がりや、そこにある問題ですから、「地に足をつける」といえば、よりリアルな社会活動が送れているのかを意味するのです。 地に足をつけるための2つの経路 私たちが実生活で、物質レベルの現実とつながるためには、この2つの経路があります。 グラウンディングを通して、霊的存在として地球に接続すること。 肉体の足を通して、現実生活とより具体的に関わっていくこと。 どうでしょう、微妙なニュアンスの違いをお解りいただけたででしょうか? 前回はグラウンディングの効果や方法について、詳しく説明していきました。 今回はこの「足のオーラ」に焦点を絞って、 「地に足をつける」とはオーラ診断の視点から、どのように見えるかをお話ししていきましょう。 グラウンディングは生存に関わる 足のオーラの話をする前に、まずは グラウンディングが弱い状態について、少しお話ししておきましょう。 それを知ることで、なおさら地に足をつけることとの、 微妙な意味合いの違いが解ると思います。 グラウンディングが弱いという実例 これは意外と良くある事例ですが、丁度昨日のことです。 ある女性がお店に来て、ブログでお読みいただいたグラウンディングの話になりました。 その方も、別なヒーラーさんに グラウンディングが弱いと言われ、それが気になっていたのでしょう。 ただ私がチラリとエネルギー的に確認しても、 確かに彼女のグラウンディングは弱く、途中で途絶えている状態でした。 現代人はグラウンディングが弱い スピリチュアルなことが好きで、ヒーラーさんやオーラを見れるリーダーに話を聞けば、この グラウンディングが弱いとか、繋がっていないと言われることは、比較的多いかもしれません。 でもだからと言って、そのことに真剣に悩んだり、不安がる必要はありません。 なぜなら現代社会においては、グラウンディングが弱く、繋がっていない人がとても多いからです。 そう、 グラウンディングが弱かったり繋がっていなくても、現代の日本では、ほとんど実生活は問題なく過ごせるのです。 それはグラウンディングが、あくまで心理的な繋がりや、精神的な繋がりを表すからです。 生きることに支障がない現代人 簡単に言うならこうです。 前回の話でもグラウンディングを強めるには、「農業」がお勧めと話しましたが、それは具体的に肉体を使う生存に関わる仕事だからです。 農業なら、グラウンディングに関わらず、地に足をつけるという意味でも、それを地で行くような理想的な仕事だといるでしょう。 でも現代人はバーチャルな世界に傾倒していても、 生存にはあまり支障がないですよね。 自分で食料を作って自活していなくても、 何かしらの収入さえあれば、生きていく上では問題がなかったりします。 グラウンディングが弱くても生活できる だからこそ、グラウンディングが弱いからと言って、生きるための生活に支障があるのかと言われれば、昔ほどない訳です。 グラウンディングは、あくまで 精神的な大地との繋がりを意味するので、 グラウンディングが弱いことで、気持ちが揺れやすいとか、経済的に自立する上での意識が薄いなどの問題は起きます。 ですが、例えば実家で、母親に身の回りの世話をしてもらいながら、仕事に通っていても、全く生活する上での支障が無いように、現代社会では問題にならにのです。 現在社会では、グラウンディングがままならなくても、よっぽどのことがない限り生活できるのです。 生存の危機がグラウンディングを強める それにこの安全で守られた現代社会で、具体的な命の危機に向き合うことが、どれだけあるといえるでしょう。 そのような意味では、グラウンディングは武闘家や登山家、軍人などはとても強いといえます。 彼らは一般人よりも多く、生死の境に直面して、生きようとする意志が強いからです。 それが、 霊的な存在としての、物質レベルとの繋がりの強さ、であり 生きる意思を意味するのです。 なので、日々試合に臨むプロスポーツ選手なども、みんなグラウンディングが強いといえます。 地に足をつける意味とその実例 ところが、あなたの足のオーラに問題があり、 地に足がついていないと、具体的な現実生活に影響が起きてきます。 それは精神的な問題があり、現実生活でも支障きたしていることを表しているのです。 オーラ診断における足のオーラの意味 において、どれくらい地に足をついて生活できているかは、 オーラの第一層の「足のオーラ」を見ることで解ります。 地に足がついていない方は、多くのケースで現実に何らかの支障をきたしているのです。 特に右足は最初の一歩を踏み出す足でもあるので、新しいことを始める上での行動力が顕著に表れています。 ここでは、そんな 足のオーラの状態と現実への影響について、いくつか例を取り上げてお話ししましょう。 足のオーラが希薄で地に足がつかない方 オーラ診断をしていると、比較的多いのは 足のオーラが希薄な方です。 特に膝から下のオーラが希薄で、オーラの第一層の足のエネルギーがあまりない方がいます。 もちろん足のオーラが無いということは、地に足がついていないのですから、実生活でも問題が起きています。 このような方の多くは、自信がなく周囲の影響に振り回されやすく、まるで風に揺れる風船のように不安定です。 ですから、なかなか自分の意思を明確に出来ずに、 場当たり的な生活を強いられることになります。 将来を見据えて計画し、具体的に実行するためには、第一層の足をオーラで満たして、シッカリと地に足をつける必要があるのです。 自分の居場所がないため足のオーラが細い方 地に足をつけていても、その足の オーラが細く固まっていると、それはその人の 現実での立ち位置の狭さを表します。 仕事や家庭において、自分の居場所がないと言われる方の多くが、足のオーラが細く周囲の人との人間関係で居場所を失っています。 以前にはそんな方の実例をこちらの「 」でも紹介しました。 足のオーラの硬さは人間関係や仕事上での緊張感を表しますが、その足が固まってコンパスのようになっているなら、それだけ周囲からのプレッシャーで押し狭められて、 足の踏み場がないことを示すのです。 現実の人間関係で、自分の意見を挟むことさえもままならないなら、あなたも地に足をつけることが出来ずにいるのかもしれません。 足のオーラの状態は、どの程度自分の居場所を確保できているのかも意味するのです。 大地に足を固定している方 逆に地に足をつけることが出来ていても、まるで 足のオーラが地面の一部であるかのように、一体化している人もいます。 彼らは自分がやりたいことや、夢があっても一切行動することが出来ません。 それは変わることに対する恐怖があるのかもしれませんし、新しい変化への恐れとも言えるかもしれません。 自ら自分の行動力や可能性を制限して、 「絶対できない」とか「自分が好きなことをしてはダメだ」と思っているのです。 以前には両親がとても苦労していた家に育ち、「自分は絶対に我儘を言ってはいけない」と制限していた人も居ました。 地に足がついていると言っても、必ずしもそれは良い意味だとは限らないのです。 前世の体験によるの足への影響 最後に、私自身の実例を1つ紹介しましょう。 以前に数週間に渡って、足首に違和感を感じていた時のことです。 最初はあまり気にしていませんでしたが、ある時瞑想をしていると、 自分の足首にエネルギーの塊があることに気付いたのです。 私はそれが何なのか、意識を集中して改めて確認してみました。 するとそこには、鎖が付いた鉄製の足枷がはめられていたのです。 私はその瞬間、自分が古い前世で手枷、足枷をハメられ、鎖に繋がれた罪人としての人生を送っていたことを思い出しました。 その足枷に残っていたのは、自分を束縛する気持ちであり、 罪人としての罪の意識、罪悪感だったのです。 前世の記憶が、いかに現在の人生に影響するかは、こちらの「 」をご覧いただければ、良く解るでしょう。 足の下の地面が表すその人の世界 オーラの第一層を見ると、私たちの足が 「行動力」を表していることが良く解ります。 ですからその足が地についていないと、何をしても具体的な結果として得られませんし、自分自身を整えていくことが出来ません。 そこでオーラ診断では、 なぜその人は地に足をつけることが出来ないのかを、調べていくのです。 そんな時にポイントになるのが、彼らのオーラが立って居る場所である、地面の状態(エネルギー)です。 足の下の地面にある泥沼の人間関係 前回のグラウンディングの話では、彼女が現実の人間関係を、 「泥沼のように困難で汚く嫌なものである」と思い込んでいました。 私はそのことを、彼女の足の下の地面のエネルギーを見ることによって、確認したのです。 彼女のオーラの足元には、まさに泥沼のように否定的な人間関係のエネルギーが、渦巻いていました。 そしてその上に蓋をして、立っている姿が見えたのです。 でもだからといって、それが彼女の生活環境を表しているかといえば、それは違います。 現実は心の投影であると言うように、彼女自身の思い込みを表しているのです。 それは彼女が 無意識のうちに、教え込まれてしまった現実なのです。 困難な現実に足をつける人たち 地に足をついて、現実に深く関わって生きていると言っても、時には会社などで、 泥沼のような困難な現実に、足を踏み入れている人も居ます。 ブラック企業といわれる会社や、極端に労働環境が悪い職場にいて、抜けられなくなっている人たちです。 彼らは深い沼地の中を、かき分けて進むかのように、現実を生きています。 それは困難に足を取られながらも、前に進もうとしている強い意思を意味するのですが、彼らの周囲には手助けをするものはおらず、進むことも引くこともままならない状況で、もがき苦しんでいるのです。 その現実は、 彼らの自己評価や存在意義と深く関わっており、見直すべき時に来ていることを伝えているといえるでしょう。 砂漠や荒れた土地に足をつける人たち そして中には、 砂漠や荒野ともいえる乾いた土地に、足をつけている人たちもいます。 あなたは砂漠や荒野と聞いて、何をイメージしますか? その乾燥し荒れ果てた大地は、その人の日頃の生活で足をついている場所である、 職場や家が、荒れ果てていることを表すのです。 家や職場に潤いが無く、殺伐とした場所であり、頼れる者も居ない孤独な人間関係です。 まさに心が乾くような現実だといえるでしょう。 理想的な地に足をつけている状態とは では逆に、私たちが地に足をつける上で、理想的な状態とはどんなものでしょうか? それが、 農地のように栄養豊かで、柔らかい大地に深く根を張っている状態です。 それはその人が精神的にも現実的にも成長して、収穫を得るための環境が整っていることを表します。 その人自身が、周囲との人間関係を大切にして、お互いに協力しあったり、栄養を与えあう様子を表し、シッカリと現実で根付ている状態です。 ですからもしあなたが、今の自分が理想的な環境で仕事が出来ていたり、自活できていると感じるなら、きっとあなたは地に足をついて、結果を出すべく邁進出来ていることでしょう。 あなた自身が理想とする、 豊かさや収穫を得るだけの、現実的な基盤が整っているのです。 なぜ人は地に足がつかなくなるのか? 地に足がつかない人のオーラを視れば、その人の心理的な側面や、思い込みのような固定観念が解ってきます。 でもなぜ、彼らは地に足がつかなくなってしまうのでしょう。 ここではそんな原因について詳しく見ていきたいと思います。 生き急いで地に足がつかない人 比較的多いのは、生き急いでいて、地に足がついていないと感じている人でしょう。 こちらの「 」では、なぜ人が生き急いでしまうのか、その理由について具体的な実例をもとに紹介しています。 私たちがこのパターンにハマってしまうと、なかなか立ち止まって自分を振り返ることが出来ません。 その結果、じっくりと落ち着いて現実を味わうことも、現実で積み上げるかのように自分の生活を築くことも出来ず。 いつまでも終わりのないマラソンを、ひた走ってしまうのです。 このような状態では、 地に足をつけることなど不可能に近く、常に心休まるときが無いことを意味しているのです。 怖さから地に足がつかない人 特に人間関係においては、 怖さから地に足がつかない人を見掛けることがあります。 これは女性に多いのですが、事故や災害、暴力的な言動など、 過去のトラウマと言われるような強い恐怖や、怖さを、心の中に留めている人たちです。 以前には「 」でも、そんな怖さを持っていることから起こる、人間関係について詳しく紹介しました。 怖いことが在ると足が震えるように、怖さの原因となるトラウマを持っている人は、現実に安心して足をつけることが出来ないのです。 もしあなが、同じような怖さを持っていると感じるなら、こちらの「 」の記事を参考にして、自分を癒すことを始めてください。 夢や理想ばかり語り現実が伴わない人 ビジネスセミナーや交流会などで、色々な人と出会い関係を深めていくと、 言動が先走ってしまい、現実が伴っていない人を時折見かけます。 彼らは思考や想像で可能性を膨らますことは得意ですが、その反面、地に足がついていないため、いつまでたってもその理想を現実化できずにいます。 自分の気持ちに現実が伴わない人たちです。 そんな彼らのオーラの状態を観察すると、ある1つの傾向を意味していることが解ります。 それは自分が出来ていないことを、直視できないために、ポジティブな思考に逃避していることです。 そのため、より話しが現実から乖離しやすくなってしまい、結果的に地に足をつけることが出来ずにいるのです。 私はそんなポジティブシンキングの注意点についても、こちらの「 」で詳しく述べました。 バーチャルな世界への傾倒して地に足がつかない人 最近特に多いと感じるのが、 動画やネットの世界へ傾倒して、地に足がつかなくなる人です。 VRのようなバーチャルリアリティーを活用した映像体験はもちろんですが、例えば引きこもりの子供が、ネットゲームに明け暮れて、学校に行かなくなるとか、本当に良くある話しです。 それに親である私たちでさえ、スマホでSNSばかりを見ていて、目の前の子供に目を向ける時間や、家族でのコミュニケーションが減っています。 そう考えると、 ネットを活用したコミュニケーションは、現実で地に足をつけることを阻害しかねないので、十分に注意が必要です。 あまりにもネットやSNSに費やしている時間が多いと思うなら、こちらの「 」をご覧ください。 地に足をつける方法 では最後に、 とても簡単な地に足をつける方法について紹介して終わりにしましょう。 最初は少しやりにくさもあるでしょうが、すぐに出来ることなので、ぜひチャレンジしてみてください。 椅子で足を浮かせてしまう理由 私たちは椅子に座っていると、比較的、 足の裏を浮かせてしまいがちです。 椅子に座ると足はリラックスするので、エネルギー的なアースの役割を果たして、ストレスを大地に放出しようとします。 ですがその過程で、なんとも言えない落ち着かないような違和感を感じるので、みんな足を浮かせてしまうのです。 溜まっていたストレスが、エネルギーとして流れていく感覚が不快なために、無意識に足を浮かせて、地面との繋がりを絶ってしまうのです。 ですがその不快感は、シッカリと地に足をつけることが出来ており、エネルギーの浄化が始まったことを意味いているのです。 足の裏を地面につける方法 ではちょっと椅子に腰かけて、リラックスできる姿勢で、意識的に地に足をつけてみてください。 両足の裏をペタリと床につけるのです。 いかがですか?しばらくそのままですよ。 すると足の裏がもぞもぞしたり、どこか膝から下が落ち着かなかったりすることは在りませんか?気が付けば足を立てて浮かしてしまったり、足を組んでいたりしませんか? この椅子に座ったときに、常日頃から 足の裏を、床に着けて置くように意識するだけでも、足のオーラの状態は改善しやすくなります。 足の裏にあるフットチャクラを通じて、不要なストレスなどのエネルギーが地面に流れていき、足のオーラが整いやすくなるのです。 以前に『 』では、そんな地に足をつけることで得られる効果も、ご報告いただいています。 地に足をついて今この瞬間の現実を生きる たったこれだけです。 日頃から椅子に座ったときには意識して地に足をつけること。 それだけで足のオーラは改善し、あなたの現実も変わりやすくなります。 心が落ち着いて安定しやすくなるし、自信も築きやすくなります。 簡単ですよね。 モゾモゾするような、くすぐったいような、痒いような違和感はちょっと辛いけど。 笑 その違和感はストレスが流れて、解消している証拠ですから、喜んでください。 笑 日々の生活で、特に緊張するような場面では、意識して地に足をつけるようにしましょう。 地に足をついて落ちつけた時、あなたは安心して今この瞬間の現実を生きれるようになるのです。 医療機器メーカーに就職後、2001年に心理療法家として独立。 3,000人以上のセラピー実績を持ち、年間20回以上のセミナーを全国で開催。 2010年に株式会社ヒーリングアースを設立。 現在では経営の傍ら個人セッション及びセミナーをこなしながら執筆活動に励む。 スピリチュアルな気付きを紹介するオフィシャルブログは年間300万人が訪れる。 お休みの日は、会津の自然の中をドライブしたり、日帰り温泉に行ったり、神社巡りや花巡りをしています。 料理も始めて、ブリ大根や、ペペロンチーノ、餡かけチャーハンがお気に入り。 好きな食べ物は、粒あん、こずゆ、パスタ、レギュラーコーヒーなどなど。 学生時代から器械体操、アーチェリー、柔道を経験して、最近は健康維持に市民プールに通っています。 夜には瞑想しながらまったり過ごすのが好きです。

次の

地に足がつかない【短編】

地に足がつかない

地に足がつかない彼女との付き合い方は、若いうちはかわいいと思えることも多いかも知れません。 しかし、年相応の常識や社会経験を積める時に積んでおいた方が良いでしょう。 そんな地に足がつかない彼女には、優しくアドバイスしてあげてください! いつまでも自分のことを名前で呼んでいる女性や、舌ったらずな話し方、簡単な問題さえも解けないような人は、常識を疑われてしまいます。 彼氏だからこそ言えることもありますよね。 彼女が恥をかかないように、伝えてあげましょう! また、いつまでもアイドルオタクでいたら、周囲の男性は引いてしまうかも知れません。 適度な年齢になったら、全通はやめて、ツアーのラストに絞るなどした方が良いかも知れないと教えてあげましょう。 その分を貯金に回したり、教養を養うために回したり、自分とのデート費用や将来のために貯金したいと訴えたら、大抵の人は納得するのではないでしょうか。 地に足がつかない彼氏との付き合い方は、彼女としては彼の夢を応援してあげたい気持ちが大きいかと思います。 しかし、別れをちらつかせるのが一番効果があるかと思います。 地に足がつかない彼は、きっと収入も不安定でしょう。 多くの女性は結婚を考えているかと思います。 また、望めるのであれば出産も望みたいですよね。 もし結婚したとしても、出産・育児で自分が働けなくなるのはどの女性でも想像がつくでしょう。 そのときは夫に稼いで貰わなければ生活は出来ません。 本当に自分との将来を考えているのか、自分のことを好きなのか、問いただしたら、うやむやな答えに惰性で一緒にいたのかと自分が笑ってしまうかも知れません。 本当に将来を考えてくれていて、好きだと言ってくれるのであれば、「就職する」と言ってくれるでしょう。 次に、地に足がつかない状況を改善するために、新天地へ引っ越ししてみることが挙げられます。 通勤圏内であれば、出費は痛手ですが通勤の苦にはなりません。 新しい部屋と、新しい景色と、周囲の住人。 心機一転、出直せるかも知れません。 春は引っ越しシーズンで業者も不動産屋も慌ただしくゆっくり探せませんが、シーズンオフだったら何件も回って、気に入った物件を見つけると良いでしょう。 そのうち不動産屋巡りが趣味になり、間取りや建築に興味が湧き、資格まで取りだすかも知れません。 また、新しく引っ越しした近所にオシャレなカフェがあったら嬉しくなりますよね!引っ越しをすることで、悪く滞っていた運気を断ち切ることが出来るかも知れません。 なかなか地に足がつかない人は、今までの人生や生活がなんとなくだったりと、ふわふわとしたものだったからではないでしょうか。 自分がやらなくてもやって貰えたり、わざわざ意見しなくてもまとまったり、今までの人生比較的受け身で過ごしてきたことでしょう。 若い頃はそれで問題なく過ごせてきたことでしょう。 しかし、年齢を重ねるにつれて、周囲の人たちとの差を感じることはありませんでしたか。 地に足付いた人たちは、しっかりとした人生設計を描いていたはずです。 同じ年代のはずなのに、と焦りはありませんでしたか? 今までは、自分のことを考えたり、自分自身を見つめ直したり、自分磨きとはもしかしたら縁が無かったのかも知れません。 しかし、今が変われるチャンスです!是非自分自身の生活を改善して、地に足をつけて生活しましょう!.

次の