生理後に体重が増える。 生理前に体重が減る?増える?女性の悩み!あなたはどっち?!

【もう悩まない!】生理前に体重が増える原因と対処法3つ

生理後に体重が増える

スポンサーリンク 生理前に3キロも体重増加!これってどうして? 私達女性の体は、生理前に水分や塩分を溜め込みやすくなるようにできています。 生理前にむくむ気がするのはそのためです。 どうして、生理前なると、水分や塩分を溜め込みやすくなるのでしょうか? それは、生理前になると黄体ホルモンの分泌が増え、身体を妊娠しやすくさせるためです。 また、黄体ホルモンの分泌で血糖値が下がります。 血糖値が下がる一方、身体は血糖値を安定させようと働きます。 そのため、異常な食欲を感じ、普段よりもたくさん食べたくなってしまうのです。 生理前は、自分でコントロールできないほど、身体が変化を起こしています。 ですから、生理前に体重が2キロほど増加しても気にすることはありません。 生理は毎月やってきます。 ですから、上手に付き合うようにしましょう。 生理前に、体調の不安定さや、精神の不安定さを感じたら、次の生理までに、食生活を整えたり、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。 生理前にむくんで体重が増えたとしても、生理が終われば何事もなかったように戻るはずです。 増える時に減らそうとしても無理ですから、生理が終わるまで待ちましょうね。 生理前に3キロも体重増加する事が!防ぐにはどうしたらいい? 生理が始まる1週間前。 普段とは違う自分が現われませんか? 些細なことにイライラしたり、びっくりするくらいチョコレートを食べたり、靴下の跡がくっきりはっきり付いたり! 生理前なので諦めましょう。 でも、生理前だから抑えられない食欲のまま暴飲暴食をしても良いというわけではありません。 まず、一番に心がけなければならないのは『塩分』。 塩分の摂り過ぎに注意するのではなく、塩分をいつもよりも控えるようにしなければなりません。 止められない食欲のまま、食べたいものを食べていては、塩分もたくさん摂取することになります。 女性は普段から、塩分を控えるよう食生活に心がけましょう。 塩分の摂取量に気をつけると同時に、カリウムを食して体内から塩分を排出するようにするのも効果的です。 黄体ホルモンが分泌されると、インスリンの分泌が過剰になります。 インスリンがたくさん分泌されると、血糖値が下がります。 血糖値が下がりすぎてしまうと、強い食欲を感じるようになります。 さらに、アドレナリンも放出されます。 アドレナリンは、イライラホルモンです。 食べたいし、イライラするし! これが、生理前の暴飲暴食、体重増加を招いてしまうのです。 本能のままに暴飲暴食をするのは危険です。 バナナやさつまいも、ヨーグルトなど、糖分がゆっくりと吸収されるおやつを食べて気分と血糖値をコントロールするようにしましょう。 ダイエット中でも生理前に3キロも体重増加!これって私だけ? 生理前には、お腹周りが「もったり」する感じありませんか?下っ腹が出てくる感じもします。 生理が終わった後に体重・ウエストライン・下っ腹まわりを測定してみてください。 次の生理前とその差を図ってみましょう。 体重は2キロ程度、ウエストは3センチから5センチ程度の違いを見せると思います。 むくみ&骨盤の広がりでこんなにも育ってしまうんですね! ですから、生理が終わってから、ダイエットに取り組むようにして、生理前と生理中にはダイエットのことはあまり気にしないほうがいいようです。 生理前は体がだるくなってしまうけど軽い運動がおすすめ! 生理前の気分の落ち込みや、身体のだるさ。 どうにかならないかな~と思いますが、ホルモンバランスが不安定なので仕方ありません。 ですが、だるいからと言って、ゴロゴロしているより、適度に動いたほうが生理には良いと言われています。 動かずにゴロゴロしていると、血流が滞ってしまいます。 ただでさえむくみやすい生理前と生理中。 血流をよくしないと、経血の排出もスムーズにいきません。 また、生理前や生理中は冷えやすくなってしまいますから、少し動いて、身体を暖かく保つようにしましょう。

次の

生理になると太る理由は?何キロ増える?体重が戻らないのはなぜ?

生理後に体重が増える

生理前や生理中に太る理由は? 生理前や生理中に太ってしまう1番の理由は、 女性ホルモンにあります。 生理前になると女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」の分泌が増加します。 実は、このプロゲステロンが増加すると 体の代謝機能が下がってしまうんです。 何もしなくても消費されるエネルギー量のことを基礎代謝といいますが、生理中は最も基礎代謝量が低くなるといわれています。 さらに代謝機能が低下することにより、生理中の体は水分や塩分をため込みやすくなり、むくみなどの原因となってしまうんです。 また、生理前から生理中に、なぜかものすごくお腹が空くとことはありませんか? これも女性ホルモンのプロゲステロンが原因です。 プロゲステロンが過剰に分泌されると血糖値が下がってしまいます。 ですが、脳は下がった血糖値を上げようと働くため、食欲が増してしまうのです。 とくに体に水分や塩分を溜めやすい時期に食欲が増えてしまうので、いつもより太りやすくなる・・・という事になってしまいます。 さらには、プロゲステロンは子宮の収縮を抑える作用があるのですが、この作用が大腸にも影響して、腸の働きが弱くなってしまうことがあります。 その結果、便秘にもなりやすくなります。 便秘は体重増加の一因にもあるため、このことからも体重が増えるという結果につながってしまうんですね。 このように 生理前から生理中は、女性ホルモンなどの働きにより、とにかく色々なもの体に溜めやすくなってしまいます。 そのため、自然と体重も増えやすい時期になってしまうわけです。 生理で何キロくらい太るの?太らないようにするには? 生理中にどのくらい体重が増加するのかは、個人差があります。 一般的に生理中の体重増加の許容範囲は、元の体重プラス1~3キロです。 なので、1~3キロ程度の体重増加であれば、あまり気にする必要はありません。 とはいえ、できれば体重が増えないようにしたいですよね。 生理中の体重増加で1番気をつけたいのは食事です。 生理前はホルモンのバランスが崩れやすいこともあり、イライラしやすくなりますよね。 イライラしているときに欲しくなるのが甘い食べ物です。 甘いものを食べると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増加するため、イライラを抑えてくれる働きがあるからです。 そのため、 イライラしているときには甘いものを食べてしまう傾向があります。 少しくらい食べるのは問題ないのですが、過剰に摂取すれば体重の大幅な増加につながってしまいますよ。 また、甘い食べ物は体を冷やしてしまう性質があります。 体が冷えると代謝機能も落ちてしまうため、太りやすくなります。 そのため、どうしても甘いものを食べたいときは、体を冷やす心配のない三温糖や黒糖などの天然由来の甘味料が使われているお菓子などを選ぶようにしましょう。 ドライフルーツもおすすめです。 また、生理中はホルモンバランスが乱れによっても体が冷えやすくなります。 そのため、 なるべく温かいものを飲食するように心がけてください。 また、 生理前や生理中に積極的の摂りたいのが食物繊維です。 食物繊維は便秘解消にも効果的ですが、血糖値を緩やかに上昇させる効果があるため、生理中に積極的にとることで体重の増加を抑制することができます。 さらに 適度な運動をすることは、精神を安定させ、過食を抑えてくれる効果も期待できます。 イライラしたときには甘いものを食べるのではなく、気持ちをリフレッシュさせるためにも軽い運動やストレッチをするのがオススメです。 このように、少し気をつけるだけで生理中の体重の増加を抑えることができますので、出来る範囲からはじめてみてくださいね。 生理後に体重が戻らない理由は? 基本的に生理が終われば身体のむくみや便秘が解消され、体重は元に戻ります。 しかし、体重が落ちないという人もいますよね・・・。 その原因の一番の理由は、 生理中に食べ過ぎてしまい、体重が増えすぎてしまった・・・ということです。 食べ過ぎで体重が増えていたら、生理後に自然に体重が落ちたとしても、元の体重には戻らないですよね。 そうならないためには、生理中の体重管理や食生活が大切になってきます。 また食生活だけでなく、生理中は精神面でも落ち込みやすくなったり、憂鬱な気持ちにもなりやすく、 生活が乱れてしまうという傾向があります。 とくに生理になると体がダルくなり普段より動けないこともありますが、動かないせいでいつも以上のむくみや便秘になっていることも考えられるのです。 そのため、生理が終わっても体がその状態のままになってしまい、体重が減少しないということになってしまいます。 生理後に元の体重に戻るかどうかは生理前から生理中の生活にかかわってきます。 生理痛などもあって辛い時期ですが、 なるべく生活のリズムを崩さず、普段と同じ生活をするように心がけましょう。 関連記事 おわりに 基本的に女性の体というものは、生理前から生理が終わるまでは太りやすい状態にあります。 生理は毎月来るものなので、あまり深く考えすぎず、うまく付き合っていくようにしましょう。 生理中に体重を増やさないコツは、生活を乱れさせないということです。 生理になると精神的に不安定になりイライラしがちになりますが、体重を増やさないためにも食べ過ぎには十分注意してくださいね。

次の

【保存版】排卵日前後に太るのは何故?生理の体重増減メカニズム

生理後に体重が増える

生理中に体重が増える!太るのは仕方がない?対策はある? 2018年7月2日 こそだてハック 普段から食生活に気を使っている人でも、生理中にはなぜか体重が増えてしまうことがあります。 生理が近づくたびに体重増加に悩んでいる人は多いかもしれませんね。 そこで今回は、生理周期と体重の関係や、生理中に体重が増えるときの対策などをご説明します。 生理周期と体重の関係は? 女性の体重は、生理周期によって増減することがあります。 この影響で、体は栄養や水分を蓄えようとするといわれています。 そのため、生理前は一般的に痩せづらく、なかには体重が増加するという人もいます。 エストロゲンの働きにより、生理後は脂肪が燃焼しやすくなるといわれています。 生理前に溜め込んだ水分も自然に排出されると考えられており、痩せやすい時期といえるでしょう。 生理中に体重が増える原因は? 生理中に体重が増えるときは、下記のような原因が考えられます。 血流が悪くなる 生理中は、経血をスムーズに排出するために、血液が子宮へと優先的に送られます。 そのため全身の血流が悪くなって代謝が落ち、結果として体重が増えやすくなることがあると考えられます。 運動量が減少する 生理中は、下腹部痛などの生理痛や、貧血、眠気などの不調に悩まされやすい時期です。 そのためどうしても、普段より体を動かす量や機会が減り、それに伴ってエネルギーの消費量も減ってしまいます。 エネルギーの消費量よりも、食事から摂取するエネルギー量の方が大きければ、当然ですが体重の増加につながります。 関連記事 生理中の体重増加を防ぐには? 生理中に体重が増えるのは、生理現象としてある程度仕方ないものですが、生理のたびに体重が増えてしまうのは悲しいですよね。 「生理中に痩せよう!」と無理しすぎるのは体によくありませんが、どうしても体重が増えないようにしたいのであれば、「食事管理」と「適度な運動」を行うと良いかもしれません。 ここからは、それぞれ具体的な方法をご紹介します。 生理中に体重が増えるときの対策1. 食事管理をする 生理中の体重増加を防ぐには、食欲をコントロールすることが重要です。 しかし、やみくもに食欲を抑え込んで食事制限をするのは、ストレスが溜まるだけでなく、体調不良を招きかねません。 そこでおすすめなのが、太りにくい食べ物を食べる方法です。 食物繊維は、満腹感を得られるだけではなく、便通もよくしてくれますよ。 体の血液を補うことで、代謝が下がるのを防ぐことができます。 生理中に体重が増えるときの対策2. 適切な運動をする 生理中に体重を増やしたくないからといって、ハードな運動をしてしまうのはNGです。 じっとりと汗をかくくらいがちょうどよい運動量だと考えましょう。 気軽に近所を歩いたり、駅から少し遠回りしてみたりするだけでも運動になりますよ。 また、下半身のストレッチで血流を促すのもおすすめです。 運動後にはぬるめのお湯にゆっくりとつかって、疲れた体をいたわってあげてくださいね。 湯船につかることも、血行の改善に効果的です。

次の