愛姫 察知。 【ディスクアップ】新たな1枚掛けボーナスフラグ判別手順

【ディスクアップ】新たな1枚掛けボーナスフラグ判別手順

愛姫 察知

BIG・ART中に発生。 設定により7を狙え演出時の3択押し順振り分けが変化。 設定「左」であれば3択のうち左の正解率UP、設定「右」であれば3択で右の正解率UP。 3 96. 0 106. 確定ベル:中段ベル揃い• チャンス目C:スイカハズレ レア小役別のBR比率 チェリー同時当選時 設定 BIG REG 左 40. ボーナス察知手順 まず 「右リール中段にBARをビタ押し」 以下停止形で打ち分ける。 小役成立時はもう一度同じ手順を踏む。 左リールに中段チェリーが停止するといろはが成長。 設定示唆などは無し。 ただ、政宗のスピンオフ機種ということでこの機種の特性を推察することができました。 押し順による7揃いの比率が各々の設定ごとに違うのだと感じました。 機械割を見ると「左 中 右」は「96. この機種を打つ前の想定で、3つポジティブなイメージを抱きました。 1つ目は政宗のスピンオフということです。 5号機後半の一番の不遇台は「政宗2」だと感じています。 バラエティでの扱いをするホールさんが多かったことと、その時期は5号機の高射幸性遊技機が多かったことで打つ人があまり多くありませんでした。 ナビが発生した時に「どうせ当たらない。 」と思いながらも心のどこかで気合いが入っているものです。 そして実際にナビが当たった時に「どや!刺した!」と心の中で高揚感を得ました。 愛姫に於いても自力で青7を揃える気持ち良さは変わらないと想像しました。 2つ目は大都技研の6号機で良い機種を作れている実績です。 鏡、リゼロ、バンバンと私の中ではどれも好きな機種が多いです。 鏡では6号機での投資リスクの少なさを感じ、リゼロでは純増枚数の気持ち良さを感じ、バンバンでは技術介入要素の楽しさを感じたので、期待を持てました。 3つ目は立ち回りです。 設定6を平常営業で使うことはあまりないと感じます。 左 中 右と設定があり、「今日は設定右だな。 」と看破できた場合、明日の設定が据え置きだったら今までにはない立ち回りができるのではないかと思います。 これらの期待を持って実践に挑みました。 先ずは押順ナビの「決め打ち」から始めました。 「前情報がない方が打つなら、左から押す人が多いだろう。 それなら右で攻めてやる!」と屁理屈な考えの中、試行します。 投資2kでチャンス目を引きました。 演出がザワつくものの、出目的にはリーチ目が出現しませんでした。 演出をカットしていたら、ボーナス確定画面が出現しました。 この機種はボーナスフラグを察知することが大切だと感じました。 配列を考えて、右リール中段にBAR図柄をビタ押し。 そのまま停止したら左リールにピンク図柄を狙い、中リールにピンク図柄を狙いレギュラーボーナス。 揃わなければピンク頭の異色ボーナス。 右リール中段にBAR図柄をビタ押し、4コマ滑って中段にピンクが揃った場合、ピンクの同色ボーナスか青頭の異色ボーナスになりました。 これが実践上、最速なフラグ判別手順だと感じました。 (BARビタからヌルっとピンクが4コマ滑るのが気持ちいいです。 もうこの時点で「右は違うんじゃね?」という状態に陥りました。 では改めて左の決め打ちへ変更します。 「あの.. 試行数が足りないから10回のナビまで我慢しました。 もうこれは設定中だな、間違いないと思い、中押しの決め打ちを試行しました。 今までのサンプルでは、設定中の一番結果が良かったので、その後はダメもとで中押しによる試行をしました。 恐らく、設定は中だったのだと思います。 この機種の持つARTの性能として、あくまでも次のボーナスを繋ぐものであり、純増数は0. 3枚です。 ディスクアップのARTと同じような感覚でした。 残念だなと思うことは、通常時にツバキBONUSの恩恵がないことと、ボーナスがそこまで軽くないことです。 ただ、それ以外は気にならず、今年出た機種の中でもクオリティが高い台だと個人的に評価します。 最近の6号機の傾向からみられる、有利区間が終わったら0Gやめばかりで攻めにくい感覚は覚えませんでした。 触りやすい機種だと感じます。 この機種を打つ機会として、心で目押しができる「エスパー状態」の日に打ちたいです。 例え、設定が左でも「ここは右だな!」と感じ、当てることができるときは楽しいと思います。 自力で青7を揃える政宗シリーズの良さを踏襲し、打ち込むことで機械割を上げることができるというのは面白い試みです。 気軽に触ることができる機種なので、愛姫は今後も触りたい機種です。

次の

いろはに愛姫(6号機)の打ち方、ボーナス入賞手順【最速察知手順】/レア役の停止形の詳細。通常時の打ち方、チェリーやスイカ、チャンス目などの停止型。ボーナスやART中の打ち方など。

愛姫 察知

BIG・ART中に発生。 設定により7を狙え演出時の3択押し順振り分けが変化。 設定「左」であれば3択のうち左の正解率UP、設定「右」であれば3択で右の正解率UP。 3 96. 0 106. 確定ベル:中段ベル揃い• チャンス目C:スイカハズレ レア小役別のBR比率 チェリー同時当選時 設定 BIG REG 左 40. ボーナス察知手順 まず 「右リール中段にBARをビタ押し」 以下停止形で打ち分ける。 小役成立時はもう一度同じ手順を踏む。 左リールに中段チェリーが停止するといろはが成長。 設定示唆などは無し。 ただ、政宗のスピンオフ機種ということでこの機種の特性を推察することができました。 押し順による7揃いの比率が各々の設定ごとに違うのだと感じました。 機械割を見ると「左 中 右」は「96. この機種を打つ前の想定で、3つポジティブなイメージを抱きました。 1つ目は政宗のスピンオフということです。 5号機後半の一番の不遇台は「政宗2」だと感じています。 バラエティでの扱いをするホールさんが多かったことと、その時期は5号機の高射幸性遊技機が多かったことで打つ人があまり多くありませんでした。 ナビが発生した時に「どうせ当たらない。 」と思いながらも心のどこかで気合いが入っているものです。 そして実際にナビが当たった時に「どや!刺した!」と心の中で高揚感を得ました。 愛姫に於いても自力で青7を揃える気持ち良さは変わらないと想像しました。 2つ目は大都技研の6号機で良い機種を作れている実績です。 鏡、リゼロ、バンバンと私の中ではどれも好きな機種が多いです。 鏡では6号機での投資リスクの少なさを感じ、リゼロでは純増枚数の気持ち良さを感じ、バンバンでは技術介入要素の楽しさを感じたので、期待を持てました。 3つ目は立ち回りです。 設定6を平常営業で使うことはあまりないと感じます。 左 中 右と設定があり、「今日は設定右だな。 」と看破できた場合、明日の設定が据え置きだったら今までにはない立ち回りができるのではないかと思います。 これらの期待を持って実践に挑みました。 先ずは押順ナビの「決め打ち」から始めました。 「前情報がない方が打つなら、左から押す人が多いだろう。 それなら右で攻めてやる!」と屁理屈な考えの中、試行します。 投資2kでチャンス目を引きました。 演出がザワつくものの、出目的にはリーチ目が出現しませんでした。 演出をカットしていたら、ボーナス確定画面が出現しました。 この機種はボーナスフラグを察知することが大切だと感じました。 配列を考えて、右リール中段にBAR図柄をビタ押し。 そのまま停止したら左リールにピンク図柄を狙い、中リールにピンク図柄を狙いレギュラーボーナス。 揃わなければピンク頭の異色ボーナス。 右リール中段にBAR図柄をビタ押し、4コマ滑って中段にピンクが揃った場合、ピンクの同色ボーナスか青頭の異色ボーナスになりました。 これが実践上、最速なフラグ判別手順だと感じました。 (BARビタからヌルっとピンクが4コマ滑るのが気持ちいいです。 もうこの時点で「右は違うんじゃね?」という状態に陥りました。 では改めて左の決め打ちへ変更します。 「あの.. 試行数が足りないから10回のナビまで我慢しました。 もうこれは設定中だな、間違いないと思い、中押しの決め打ちを試行しました。 今までのサンプルでは、設定中の一番結果が良かったので、その後はダメもとで中押しによる試行をしました。 恐らく、設定は中だったのだと思います。 この機種の持つARTの性能として、あくまでも次のボーナスを繋ぐものであり、純増数は0. 3枚です。 ディスクアップのARTと同じような感覚でした。 残念だなと思うことは、通常時にツバキBONUSの恩恵がないことと、ボーナスがそこまで軽くないことです。 ただ、それ以外は気にならず、今年出た機種の中でもクオリティが高い台だと個人的に評価します。 最近の6号機の傾向からみられる、有利区間が終わったら0Gやめばかりで攻めにくい感覚は覚えませんでした。 触りやすい機種だと感じます。 この機種を打つ機会として、心で目押しができる「エスパー状態」の日に打ちたいです。 例え、設定が左でも「ここは右だな!」と感じ、当てることができるときは楽しいと思います。 自力で青7を揃える政宗シリーズの良さを踏襲し、打ち込むことで機械割を上げることができるというのは面白い試みです。 気軽に触ることができる機種なので、愛姫は今後も触りたい機種です。

次の

【いろはに愛姫(めごひめ)】設定判別の攻略法まとめ

愛姫 察知

機種紹介 【機種概要】 設定は左・中・右・6の4段階、押し順の偏りを見抜くことで機械割がアップする仕様の。 スペックはリアルボーナス+ARTタイプとなっていて、BIG後は必ずARTに突入する。 BIGとART中は青7の押し順当て(3択)が重要で、正解すれば青7が揃ってARTのゲーム数を上乗せ。 3 96. 8%~104. 0 106. 0% 【演出面】 チャンス目の価値がそこまで無いように思います。 何割くらいでボーナス当選するのか分かりませんが、 冊子には結構強いように書かれているので期待していたら チャンス目からの赤文字や熱そうな演出は平気で外れました。 また、通常時はレア役待ちになってしまうので退屈な印象ですが、 それは愛姫に限ったことではなく、6号機の中では他機種に比べるとまだ通常時も楽しめる方なのかなと思います。 あと、ボーナス察知時の右リール中バー狙いなのですが、目押しが結構シビアなのか、赤7まで滑ってこないことが多々ありました。 【性能面】 隻眼の嫁(AT)は、とても面白いシステムだと思います。 正直、この評価だけで愛姫全体の評価が上がっているのは事実です。 設定に6以外高低をつけず、7揃いの押し順を設定として扱ったことは、さすが大都だなと感心しました。 打っていて、どこが50バーセントかを探している時はすごく楽しいです。 出玉性能は、ビッグありきで増えるイメージですが、6号機なので仕方ないと諦めています。 【総評】 世間では甘い甘いと言われていますが、そこまで甘くないように感じます。 オカルトかもしれませんが、完全にヒキに依存した台だと思っているので、 自分のヒキがいまいちな日は、打たないようにしています。 ただ、楽しめる台としては文句なしです。 新しい曲やキャラも追加され、政宗2を踏襲したような作りは打っていて飽きません。 【演出面と性能面】 ビックとレギュラーがあり、A+ARTのタイプになってて押し偏セブンといった独特なゲーム性があります。 ビックボーナス中とART中に青7を狙う演出が発生します。 第1停止リールの3択押し順に挑戦できてそれに正解したらARTゲーム数が上乗せされるというスタイルがあります。 これが個人的には面白いと思います。 さらに設定差があるみたいで人気が出ることを期待したいです。 ARTの純増は約0. ボーナスもビックで150枚程度でちょっとボリュームにかけるイメージです。 【総評】 演出面はダイトらしいコミカルで楽しめる仕様になってますが戦うにはつらいスペックだと思います。 せめて番長3くらいのスペックがないと勝ち負けを考えた打ち方は厳しいかなと。 遊ぶつもりで打つ分にはちょうどいいタイプかもしれません。 【演出面】 演出バランスは若干過剰、信頼度の低い演出が頻発してストレスを感じることもある。 出目や滑りを楽しむ機種ではないが、液晶上の演出法則を覚えてしまえばアツいポイントをいろいろ楽しめそうなタイプ。 大都お得意のパロディ演出は見ていて楽しい。 また、ボーナス中に聴ける楽曲も豊富で飽きさせない。 【性能面】 第1停止の押し順当て(3択)に成功するごとにARTのゲーム数が上乗せされていく。 そして特筆すべきは、その3択の正解が設定によって変化するということ。 ボーナスはBIG150枚RB40枚と少ないため、いかに3択当てを成功させてARTに長く滞在できるかが肝心。 3択さえ見抜いてしまえば、104. 1%という出率はかなり甘い。 ただし、やはりボーナスの出玉が少ないので、グラフは微増していくようなマッタリしたタイプという印象。 【総評】 店との読み合いに勝ち、どれだけ早い段階で正解の3択を見抜けるか……この台のゲーム性、楽しみ方はそこにつきる。 全国的に甘い甘いと言われており、利益が出ないためか、すでに稼働停止や撤去という店も多々ある。 自分が実戦した地域は非等価が主流なのでまだまだ現役で稼働しているが、特殊スペックなのでホールでの寿命は短いのかもしれない。 ユーザーに新しい楽しみ方を提示し、6号機においてこのような独創的なチャレンジをしたメーカーを評価したい。

次の