鈴木奈々 始球式。 鈴木奈々 始球式 非難理由がヤバい!始球式にヤジが。「早く投げろ!」

鈴木奈々の始球式の件。

鈴木奈々 始球式

普通だと、10秒ぐらいでしょうか。 あっというまに終えてしまうものですが・・ ところが、試合開始時間が、4分遅れてしまったといいます。 会社でいえば、遅刻のようなものですか。 スタンドがざわつき始めます。 しかし、鈴木奈々さんは、投げません。 投げれない? ボークもやってみせます。 目がパチパチして、グラブ内のボールを見つめ、集中します。 集中できません。 でも投げません。 いや、投げられないのか。 の繰り返し。 「早く投げろー」のヤジもあり やっと投げたその時、スタンドからは、「オー」という感動の声? が上がりました。 投げ終わった鈴木奈々さんは、そのままマウンドに顔をつけ、 その後、マウンドを走って降りました。 あの高校球児のように。 とてもすがすがしい光景に見えました。? 鈴木奈々始球式事件勃発の心境 鈴木奈々さんを擁護するわけではありません。 あらかじめお断り申し上げます。 鈴木奈々さんの「心境」を文で表現することは、ちょと難しい面もあります。 それは、鈴木奈々さんが、始球式をしたことです。 動画で見ればよくわかります。 かなり緊張していた様子がうかがえます。 鈴木奈々さんが後のインタビューで反省したコメントをしていますが、 「すごく緊張して、投げるタイミングを逃がしてしまった」 というように、 「タイミング」分かってなかったですね。 事前に練習をしていないですね。 と同時に、職業柄「ウケ狙い」 で、素直に投げれなかったわけですね。 鈴木奈々始球式事件勃発! でなぜスポンサーが謝罪なのか? 今回のイベントをバックアップした「太子食品」は、公式ツイッターで謝罪します。 そのうえで 謝罪の理由は、「当日の始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事」です。 その始球式が遅れたのは、なぜ? 常に、ウケを狙っていますよね。 鈴奈々さんは、菜々さんで、一生懸命に、始球式という仕事をしたとお思います。 次の文面 「私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております」 そのような「キャラ」の鈴木奈々さんを起用したのですから、 スポンサーとしても、事前の打ち合わせは、十二分にしてもらわないといけないと思います。 どこからか、クレームがはいったのかな? ビジネスも人生も「時は金なり」 時間は、ちゃんと守りましよう。 鈴木奈々始球式事件勃発! 試合開始4分遅らせスポンサーが謝罪? のまとめ 鈴木奈々さんの始球式の件は、ネット上では、嵐のごとくとりだたされています。 プレイボール後の遅延行為は、良くお見かけしますが プレイボール前の遅延行為は、初めてですね。 このめずらしさが受けたのでしようか いろいろとご批判があるとは思います。 でも、鈴木奈々さんが、真剣に、かつ一生懸命に仕事をした 結果ということで納得しましょう。

次の

【悲報】鈴木奈々、完全に消える: GOSSIP速報

鈴木奈々 始球式

このトラブルを受けて翌日には、試合の協賛企業で、鈴木奈々さんが商品のイメージキャラクターを務めている『太子食品』が公式ツイッター上で、 「始球式が遅れ、皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした。 私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております。 」と試合開始時間が遅れたことを謝罪しました。 一方の鈴木奈々さんは始球式以降、インスタグラムやブログなどの更新をストップさせており、批判の声が多く上がっていました。 それから早1週間が経過し、4日放送の『田村淳の訊きたい放題』に生出演した鈴木奈々さんは、司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳さん 45 に「ちょっと鈴木さんが心穏やかでない日々をお過ごしのようで…」と切り出されると、 「本当にあの始球式で、皆さんにご迷惑をかけて申し訳ない気持ちです」と謝罪しました。 これに対してロンブー淳さんら共演者たちはかばったものの、鈴木奈々さんは 「いやいやいや、本当に申し訳ない気持ちで…」「雨も降ってて寒かったので、私が素早く投げるとかできなくて本当に申し訳ない」と謝罪の言葉を繰り返していました。 また、始球式を終えた後のインタビューでは、「初めての始球式で緊張してしまいました。 力が入りすぎて、ワンバウンドで悔しかったです。 リベンジしたいです!」と話していたものの、今回番組では今後の始球式については 「もう、次とかダメ…本当に申し訳ない」と泣きそうな表情をしながら反省している素振りをみせていました。 いつもはハイテンションの鈴木奈々さんが、神妙な面持ちで謝罪の言葉を繰り返す姿にロンブー淳さんは、「こんなに鈴木さんを追い込む日本社会って」とツッコミを入れ、「大丈夫。 自信持っていいよ」と優しく励ましていたのですが、この騒動に対してネット上では、• いろいろと意見はあるかもしれませんが、あなたのための始球式ではないからね• 1、2回のボークなら、まだ笑いですんだだろうけど、雨の中数分間も投げないことは問題。 そのあとすぐに謝罪をせずに放置したことも問題。 お客さんは、あんたを見に来てる訳じゃないからね!野球を冒涜しないでもらいたいし、二度としないでもらいたい!• 色々意見だの、厳しいだの言うが、西武の秋山も言っていたが、彼は1番打者で集中を高めて試合の準備をしているのに、首振ったり、やたらダラダラ演出されるとイラッと来ると言っていた。 楽しみな人もいるし、柳沢慎吾の様にしっかり企画としてやっているものもある。 でも、こいつのは違うのは野球見ている人なら分かると思う。 お前のつまらないパフォーマンスは必要ないと。 鈴木奈々を追い込む日本社会って言うが、淳さん福岡で番組もってるから、野球オフシーズンにホークス選手呼んで聞いてみたら? たぶん、世間と同じ事を言うと思うよ。 西武の秋山が、変な事して投げないのが1番イライラするとはっきり言っていた。 楽天が試合に勝っていればここまででは無かったかもな。 ただ毎日のように始球式してるのにこんな叩かれるって聞いたことない。 自分がよっぽどの事したと反省した方がええな• 多分、普段のバラエティーのノリで問題ないし、観客もそのあたりを求めていると勘違いしたんだろうなぁ。 みんなプロ野球を見に来てる訳で、タレントのボケを見たい訳じゃないことに気付くのが遅れたのが敗因。 特別な試合でもないのに始球式を行うのが問題!タレントを呼ぶより、ファンである子どもが行ったほうが、問題なく信仰するし、ファンサービスにもなる。 などと野球ファン等から厳しいコメントが寄せられています。 鈴木奈々さんは特別野球が好きというわけではなく、スポンサー企業のイメージキャラクターを務めていることから始球式を担当することになり、タレントとしてはキッチリと仕事はこなした一方、主役の選手たちや雨の中試合開始を待つお客さんたちの中には、早く終わらせろと思った方も少なくなかったと見られるので、この件については謝罪するのが妥当かと思います。 ちなみに、昨年1月放送のバラエティ番組『ジョブチューン』(TBS系)に出演した『埼玉西武ライオンズ』の外野手・秋山翔吾選手 31 は、タレントが行う始球式に対して苦言を呈していました。 番組では、2017年に始球式を務めた女優・木村文乃さんが、「選手の皆さんは芸能人が始球式やるのをどう思ってらっしゃるのですか?」と質問を投げかけ、これに対して秋山翔吾選手は、 「綺麗な方がやって下さるのはありがたいんですけど、正直普通にやってほしい」と選手としての気持ちを明かしていました。 続けて、 「1番バッターで集中して入っている時に、(始球式をするタレントが)首振ったり、けん制(球)を入れたり、長い時があって、こっちの駆け引きやってる場合じゃないんで」と真顔で話していました。 また、試合開始直前の始球式でなければある程度時間をかけても問題無い一方、試合直前で審判がマウンドの横にいる時は 「マジで早くやった方がいい」と語っており、鈴木奈々さんによる始球式も試合開始直前に行われたものだったため、やはり余計なことをせずにすぐ投球するべきだったようです。 今回の炎上騒動によって、今後また始球式を任される可能性はかなり低いですが、もしまた抜擢された際には試合に影響を及ばさないよう注意をしてほしいですね。 しかし、柳沢慎吾さんの場合は試合開始直前ではないことや、ネタとして完成していることから選手や野球ファンから絶賛されています。

次の

鈴木奈々の遅延始球式でスポンサーが謝罪…ファン激怒の理由と今後への教訓/芸能/デイリースポーツ online

鈴木奈々 始球式

鈴木奈々 始球式 非難理由 鈴木奈々 始球式 非難理由のニュースは、次のように報道されています。 27日に行われたプロ野球「楽天-ロッテ」(楽天生命パーク宮城)で、タレントの 鈴木奈々が務めた始球式の影響で試合開始が遅れ、来場客やファンから非難が殺到した。 同戦は鈴木がイメージキャラクターを務める 太子食品が「タイシデー」としてイベントを行っていたことから、同社が28日になって、公式ツイッターで「皆様にご迷惑をお掛けした事、大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。 当日はマウンドに上がった鈴木が、打席のロッテ・荻野、先発マスクの楽天・嶋に「待って待って」と連呼。 「行きます!」と10回以上叫びながらボールを投げず、投球モーションを一度やめる演出も加え、後方に待ち構えていたマスコットをずっこけさせた。 ただ、冷たい雨も降り、試合開始も目前。 「ボークだぞ」と笑っていたファンも次第にいら立ち始め、「早く投げろ!」と怒号が飛び交った。 マスコットが腕時計をさすポーズで催促し、鈴木はようやく投球。 捕手の手前でバウンドし、「うわー」と悔しそうにその場でうずくまった。 投球後、異様な空気を察したのか、鈴木は猛ダッシュでベンチへ。 だが、遅延始球式の影響で試合開始は4分遅れとなった。 その後、球団を通じて「すごく緊張して、投げるタイミングを逃してしまった」と反省のコメントも発表した。 選手は真剣勝負を控え、ファンはプレーボールを待ち構えている状況。 先発投手はプレーボールに合わせてブルペンで肩を作り、コンディションを整えている。 鈴木がまっさらなマウンドに両手と両膝をつく動作も、先発投手に配慮を欠いた行為ととられても仕方なかった。 楽天の先発・美馬が立ち上がりに崩れ、二回までに5失点したことで、ネット上にはその要因を鈴木の始球式に結びつける声もあった。 近年、プロ野球の始球式ではゴールデンボンバーの樽美酒研二やEXILE、GENERATIONSの関口メンディー、 稲村亜美らの剛速球が話題になった。 DeNAの試合ではタレント・ 柳沢慎吾やダチョウ倶楽部が鉄板ネタを織り交ぜた始球式でファンを笑わせてきたが、これらは試合開始までに十分な時間を取っていた。 今回、鈴木が行った始球式は監督同士がメンバー交換後に行う通例のもの。 ただ、あくまで主役は選手。 出典headlines. yahoo. そもそも鈴木奈々をキャスティングしたの自体ビミョーだけど 今後始球式に呼ばれるタレントにとっては、いい前例になったんじゃない。 観客もこの事を分かっていて楽しみにしている。 ただ、今回の鈴木奈々の始球式は言葉にならない。 雨が降る寒い中肩を作ってきた投手に配慮が欠けるのはもちろん、他の選手、観客全員を敵にまわしている。 YouTubeで見たが酷すぎて酷すぎて。。 見ていてイライラがMAX。 現地にいた人のイライラは計りしれない。 起用したスポンサー、鈴木奈々には猛省してもらいたい。 鈴木奈々が大した芸もないのに芸能人を気取つている2流だということは誰もが承知しているが、 試合開始を許可なく遅らせたのは問題ですね。 催した田舎スポンサーこそが2流。

次の