ミノキシジル プロペシア。 ミノキシジルタブレットの危険性【浜松町第一クリニック】

ミノキシジルタブレットの効果と副作用【聖心毛髪再生外来】

ミノキシジル プロペシア

AGA(男性型脱毛症)の治療に力を入れる専門クリニックでは、大抵の場合プロペシアなどのフィナステリド製剤とミノキシジル製剤を併用して投薬治療を行います。 同時使用の相乗効果によってかなり高い発毛効果がみられるためですが、この二つの成分を使用することでどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。 プロペシアとミノキシジルを併用すると・・・・・ プロペシアの成分であるフィナステリドとミノキシジルは、 アメリカの公的期間であるFDAが「発毛効果がある」と認定したことにより、その存在に注目が集まりました。 FDAとは、日本でいう厚生労働省のような役所です。 薬に認可を与えているという点でも同じですね。 実際に、プロペシアとミノキシジルを併用した人には発毛効果が見られています。 プロペシアが脱毛のブレーキで、 ミノキシジルが発毛のアクセルであると言えます。 この2つを併用することが 発毛効果を高める最適の方法なんです。 どちらが欠けても、その効果は低くなるでしょう。 プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルはハゲ・薄毛を改善するという同じ結果、効果をもたらしてくれますが、その作用の仕方は全く違うものです。 普通、医薬品は同じ効果のある薬は重複投与しませんが、作用機序が異なる場合は身体への負担が少ないので、プラスの効果が増幅することを重視して併用されることがあります。 AGA(男性型脱毛症)治療の場合がそれにあたり、『プロペシア(フィナステリド)の良い効果』と『ミノキシジルの良い効果』だけをどちらも享受することができます。 AGAにはミノキシジルのみで大丈夫? リアップやロゲインは、ミノキシジルを主成分とした育毛剤の人気が高いようですが、 ミノキシジルだけを使用しているだけでは、AGA(男性型脱毛症)を改善することは難しいです。 まずはプロペシアによってAGAの原因を抑制しましょう。 ミノキシジルのみでは、大丈夫とは言えません。 プロペシアとミノキシジルは、併用しても効果を弱めたり、逆に強めすぎたりする危険がありません。 それよりも相乗効果が期待できるので、できれば併用することが望まれます。 一般病院の皮膚科ではAGA治療に本気で取り組んでくれないので併用投与はされないところがほとんどですが、専門クリニックでは上記のような相乗効果を狙って併用するのが基本です。 ただし人によっては体質や持病で特定の薬が使用できなかったり、特定成分の効果の効き目が弱い場合などでは処方がされないこともあります。 この場合は他の代替治療薬や治療法の検討がなされることになります。 プロペシアとミノキシジルを併用するデメリットとは? プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルは上述のように互いにケンカしないため、 併用使用によるデメリットはありません。 あるとすれば使用する薬剤が増えるために副作用の発現の可能性がその分高くなるということでしょうか。 ただこれはどちらかの単体使用の場合でも、その治療薬につきまとう副作用の可能性は同じですから副作用のデメリットとしては変わりありません。 他に考えるとすれば、どちらの成分がAGA治療に効果が上がっていているのか分かりづらくなるということは考えられます。 例えば、体質的にプロペシア(フィナステリド)が効きづらい方に併用投与して、一定の薄毛改善の成果が見られているが、他の人よりは改善の度合いが小さい場合、どちらかの薬が体質的に効果を受け付けていない可能性を疑いますが、同時に併用した場合にはどちらの効果が発揮していないのか判別できないということです。 プロペシア(フィナステリド)は検査によって薬の効きやすさを判別することができるので、事前に検査を受けて効果が薄いと分かっていれば最初からプロペシア(フィナステリド)を処方せず、その分の費用を他の薬剤や治療法に使うこともできます。 また治療途中でも検査は受けられるので、もしやと疑った場合は医師に相談して検査を受けてみてはいかがでしょうか。 プロペシアとミノキシジルを併用@効果が出るまでの期間は? プロペシアとミノキシジルを併用すると、「抜け毛が減る」「細くなった髪の毛が太くなる」「髪の毛が生えてくる」などの効果が期待できます。 では、どのくらい期間で効果が出るのでしょうか? プロペシアを単体で服用した場合、これらの 効果が出るまでには「6ヶ月」程度の期間が必要となります。 これは、メーカーの「用法・容量に関連する使用上の注意」にも示されています。 ただ実際には、1年以上プロペシアを使い続けた方が効果を感じているようです。 6ヶ月というのは、一つの目安に過ぎないようです。 しかも1年間使い続けたら約48%の方が効果を感じています。 2年以上使い続けた方では、約78%の方が効果を感じています。 これは多いのでしょうか? 管理人の感想は「少ないなぁー、もっと多くの人に効果があるのかと思った!」ですね。 もともとプロペシアにはAGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する効果しかありません。 プロペシアに発毛効果はないんですね。 そこでミノキシジルを併用すると発毛効果が高まります! ミノキシジルには血管拡張作用があり、結果として血流が増えます。 すると肝臓で作られた髪の栄養素が血液に乗って毛根まで運ばれます。 そして、髪の成長を促進するんですね。 では、プロペシアとミノキシジルを併用すると全ても方に発毛の兆候が見えるのでしょうか? 残念ながら、3割程度の方には効果がないというデータもあるようですね。 プロペシアとミノキシジルを併用しても効果なし? プロぺシアの効果 プロペシアの主成分であるフィナステリドは、本来は前立腺肥大症の治療薬だったんですよ。 前立腺肥大症の原因の一つが男性ホルモンであることから、AGA 男性型脱毛症)にも効果があるんですね。 要は、AGA 男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンを抑制する効果があります。 脱毛の原因である「悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテステステロン)」を作られないようにするんですね。。 このDHTが薄毛を進行させるんです。 このことにより「DHTが作られなくなる」ということです。 何だか、育毛剤の宣伝でも聞いたことのある言葉ですね 笑 ちなみに、プロペシアは内服薬であるので、血液に乗って毛根まで確実に届くので効果があるんですよ。 プロペシアの副作用 プロペシアの副作用には「勃起不全・精力減退・精子減少」、とミノキシジルタブレットと同じような症状があるようです。 子作りを考えている新婚さんや、結婚前の男性には深刻な問題と言えるかもしれません。 しかしながら、 生まれてくる赤ちゃんのに問題だ出るこはないようなので、その点は安心ですよね。 とはいうものの、副作用が出ないにこしたことはありませんね。 ミノキシジルタブレットやプロペシアを服用しても副作用は出ない、という方も多くいます。 このような方は薄毛・AGA治療を専門に行なっている病院で処方してもらっている方ばかりです。 勝手な判断で個人輸入により購入している方は気をつけたほうがよろしいですよ。 やはり専門的な知識をもっている医師の指導のもとで副作用の心配をせずに服用することが薄毛を改善するための近道です。 女性はプロペシアを使えない!? 残念ながらプロペシアにも、一つだけデメリットがあります! 女性はプロペシアを服用できないのです。 特に妊娠している女性は触れることも出来ないので注意が必要です。 また、男性においてもプロペシアでも効果がない人がいます。 プロペシアは、決して安くはない薬ですので、これは問題ですね。 これは、遺伝子検査を受ければ分かるんですよ。 専門病院で事前に検査を受ければ「お金と時間」を無駄に使わなくても良いですね。 また、他の治療方法もあるので、プロペシアを服用する前には専門病院で相談することをオススメします。 相談だけなら無料の病院がほとんどですので嬉しいですね。 診察代だタダなんですよ!(プロペシアを処方してもらうと費用がかかります) ミノキシジルの効果 ミノキシジルは、本来は高血圧の患者さんのための治療薬なんですよ。 血管を拡張する作用がある血圧降下剤なんですよね。 そしてミノキシジルの研究が進み、 「血液循環を改善し、髪の毛を生やす効果がある」ことが分かり薄毛の治療薬として使用されるようになったんですよ。 ミノキシジルを配合した育毛剤といえば「リアップ」ですが、そのリアップの販売元である大正製薬が臨床試験を行なっています。 臨床検査の結果では、使用開始後3〜4ヶ月で約80%の方が改善しているというデータがあります 軽度改善70. 8%・中程度改善10. 使用開始の1年後では、約98%に方が改善しているという結果になっています 軽度改善11. 1%・中程度改善66. 7%・明らかな改善20. 0%)。 このことから『個人差はある』と付け加えねばなりませんが、ミノキシジルを使用しつづけることで薄毛治療の効果はあると言えるでしょう。 ミノキシジルの副作用 ミノキシジルを使用することで副作用の可能性も否定できません。 最も多い副作用の一つに「頭皮のかゆみ」があります。 その他の副作用としては「倦怠感・むくみ・頭痛・眠気」などがあります。 リアップは薬局やAGA治療の病院など医療機関でしか購入できませんよね。 これは副作用の危険性があるからなんです。 中には、効果が高いからと個人輸入によりミノキシジルタブレットの内服薬を服用している方もいるようですが、これは外用薬よりも強い副作用の危険性があるので注意が必要となります。 というか、あまりお薦めできません! というもは製造国も信頼性が低く含有量もはっきりしないものが多いからです。 ただでさえ副作用の強い内服薬です、どうしても服用したいのであれば病院で医師の処方と指導のもとで服用することが重要です。 (リアップなどの内服薬は薬局で購入できますが、ミノキシジルタブレットのような内服薬は病院でした購入できません) ミノキシジルタブレットの副作用としてはED 勃起不全 が知られていますね。 内服薬では、使用量を正しく管理しないと危険性が高くなるので必ず医師の指導ものとで服用しましょうね。

次の

プロペシア&ミノキシジルを通販サイトで購入し内服して3年経過!効果や副作用の体験記

ミノキシジル プロペシア

プロペシアとミノキシジルの違い 薄毛を治すならプロペシアとミノキシジルを飲めば良い、というのはわかっていても、それぞれの役割を理解せずに飲んでいる人は少なくありません。 ここではプロペシアとミノキシジルの違いについて詳しく説明します。 プロペシアとは プロペシアとは、一言でいえば 「AGAの進行を止める薬」です。 現状維持の薬と言ってもいいかもしれません。 AGAは進行性の症状です。 どれだけ発毛効果のあることをしていても、AGAがどんどん進行していけば発毛が追い付かずにどんどん薄毛になってしまいます。 そのためにはAGAの進行を止める、遅らせる必要があるのです。 薄毛を治療するうえで欠かすことはできない、必須の薬と言えます。 プロペシアの効果 プロペシアの効果について詳しく解説します。 プロペシアの主成分はフィナステリドであり、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されました。 その後、薄毛に効果があることはわかって研究が進み、現在は薄毛治療薬としての知名度の方が高くなっています。 AGAの原因は、男性ホルモンの一種であるテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、そのDHTが髪の毛に対して脱毛の信号を送ることが原因です。 DHTによって乱れたヘアサイクルを元に戻す 髪の毛には1本1本 ヘアサイクルというものがあります。 通常、髪の毛の「成長期」は2年~6年ととても長く、その期間に髪は太く長く成長します。 しかし、AGAが発症し、DHTによってヘアサイクルが乱れてしまうと、この 成長期が数ヶ月~1年と大幅に短くなってしまうのです。 プロペシアはこの乱れたヘアサイクルを元に戻す働きがあります。 ミノキシジルとは ミノキシジルとは、一言でいえば 「発毛の薬」です。 プロペシアはあくまでも「AGAの進行遅延」の薬であり発毛の薬ではなく、プロペシアだけを飲んでも髪は生えません。 今の状態を維持したいだけならばプロペシアだけで良いのですが、 「今よりも増やしたい」という場合にはミノキシジルの服用は必須の薬となります。 ミノキシジルの効果 ミノキシジルの効果について詳しく解説します。 ミノキシジルには 血管拡張作用があり、元々は高血圧の治療薬として開発されました。 その後、発毛効果が確認され、現在は発毛薬としての知名度の方が高くなっています。 髪の毛が成長するには栄養素が必要になりますが、栄養素は生命維持のために必要な機関に対して優先的に供給されるため、髪の毛への供給限られています。 しかし、ミノキシジルで血管が拡張され、血流が良くなることで 栄養素が毛乳頭細胞までしっかり供給され、発毛に繋がるのです。 外用薬と内服薬、効果で選ぶなら断然内服薬 ミノキシジル配合の医薬品として最も有名な物が、大正製薬から販売されているリアップシリーズです。 薬局やドラッグストアでも購入が出来るため人気です。 しかし、リアップは頭皮に塗布する外用薬です。 外用薬は毛乳頭まで浸透しにくく効果が低いばかりでなく、汗などでも流されてしまいます。 そこで より高い効果のあるのが内服タイプのミノキシジルです。 しかし、内服タイプのミノキシジルの入手方法は限られており、AGA治療・発毛専門のクリニックで処方してもらうしか方法がありません。 AGA外来を行っている病院ではプロペシアは処方してもらえますが、ミノキシジルの処方は行っていません。 そのため、現状維持ではなく今よりも増やしたいという人は、AGA治療・発毛専門のクリニックで治療を受ける必要があります。 プロペシアとミノキシジルの併用は効果大 圧倒的に行っている人が多い薄毛治療方法、それがプロペシアとミノキシジルを併用するという方法です。 その理由について詳しく説明します。 プロペシアとミノキシジルは薄毛対策のゴールデンコンビ 薄毛が進行してしまっている人がフサフサになるために必要なことは、原因であるAGA(男性型脱毛症)の進行を止め、髪を増やすために発毛することです。 そしてこの二つを実現してくれるのがプロペシアとミノキシジルを服用することなのです。 前述したとおり、プロペシアの効果は「AGAの進行遅延」であり、ミノキシジルの効果は「発毛」です。 プロペシアだけでは髪は増えませんし、ミノキシジルだけでは増えると同時に減るのでプラマイゼロです。 まさにプロペシアとミノキシジルは 翼君と岬君のようなゴールデンコンビなのです。 AGA治療はAGA外来を行っている病院でも行っていますが、あくまでもAGA治療のみであり、処方してくれるのはプロペシアのみです。 そのため発毛は期待できません。 一方で専門クリニックではプロペシアだけでなくミノキシジルも処方してくれます。 また、薄毛がかなり進行している人に対しては育毛メソセラピー治療もあり、100%に近い確率で改善が可能なのです。 効果とコストで考えるなら最良な薄毛手段 これまで薄毛治療というと、頭皮をケアする育毛サロンや人工の髪を受け付ける増毛、かつらといったものが主流でした。 しかし、育毛サロンはAGAには効果がないにも関わらず年間100万円程度の費用がかかり、また増毛やかつらは初期費用だけでなく、その後永久に必要なメンテナンス費用がかかり、いずれも薄毛治療は高額でした。 しかし、 プロペシアとミノキシジルによる治療は1ヶ月あたり1万5千円~2万円程度です。 そして、フサフサになればミノキシジルは不要になるのでさらに安く、 プロペシアだけであれば1ヶ月6,000円程度で済むのです。 どのくらいの費用がかかるのか? プロペシアとミノキシジルが最も優れた薄毛対策であることは説明したとおりです。 しかし、気になるのは費用です。 ここでは、実際にプロペシアとミノキシジルによる薄毛治療を行っているクリニックの費用を挙げ、どのくらいの費用が必要になるかを説明します。 大手クリニックの費用比較 以下は多数存在しているAGA治療・発毛専門クリニックの中でも有名な3つの大手クリニックで、プロペシアとミノキシジルを処方してもらった場合の1ヶ月あたりの費用です。 ちなみに、処方される薬は各クリニックのオリジナル治療薬となりますが、薬の内容はプロペシアと同じフィナステリドとミノキシジルです。 プロペシアはMSD社の商品名であり、いわゆる新薬というもので高いのです。 そのため各クリニックではプロペシアと同じ成分・同じ効果のジェネリック医薬品を処方しています。 理想の状態まで発毛したらプロペシアのみに切り替える それでも高い!と思われるかもしれません。 確かにAGAスキンクリニックであっても、1年に換算すると168,000円(税別)です。 しかし、この金額が永久に続くというわけではありませんのでご安心ください。 前述したとおり、プロペシアの効果は「現状維持」です。 つまり、 フサフサな状態まで改善された以降はミノキシジルを飲む必要はなく、プロペシアのみで良いのです。 ちなみにプロペシアのみを処方した場合の各クリニックの1ヶ月分の費用は以下のようになります。 年間72,000円(税別)程度でフサフサな状態が維持できるので、増毛やカツラなどと比べると大幅に安いです。 どのくらいの期間でフサフサになるのか? では、プロペシアとミノキシジルを服用してどのくらいでフサフサになるのか?ですが、これは薄毛の状態によって差があります。 目安としては1年~2年程度と考えると良いでしょう。 プロペシアとミノキシジルを併用した時の副作用 どの医薬品にも副作用がありますが、それはプロペシアやミノキシジルも例外ではありません。 ここではプロペシアとミノキシジルの副作用について説明します。 プロペシアの副作用 プロペシアの主な副作用は「リビドー(性欲)減退」「ED(勃起不全)」です。 臨床試験において、1. 7%に「ED(勃起不全)」があったとの報告が確認されています。 しかし、これらはあくまでも自覚症状ですので、深く考えすぎない方が良いでしょう。 そもそも プロペシアには性欲に関与する男性ホルモンへの作用はないため、気持ち的な部分が大きいと言われています。 ミノキシジルの副作用 ミノキシジルの主な副作用は「初期脱毛」「多毛症」「むくみ」です。 初期脱毛とは、ミノキシジルの効果により生まれた新しい髪の毛が古く弱い毛を押し出すような形で 一時的に脱毛量が増えるという症状です。 服用した全ての人が実感するわけではありませんが、 3割程度の人が初期脱毛の副作用を感じるようです。 初期脱毛はおよそ1ヶ月~1ヶ月半程度続きますが、しっかり薬が効いている証拠でもあるのでしばらくの間ガマンしましょう。 多毛症ですが、ミノキシジルの効果により若干体毛が濃くなると言われています。 元々濃い人や下半身には影響はないと言われています。 最後にむくみですが、本来であればむくみ対策として就寝前の服用が好ましいと言われています。 しかし、お酒と同じタイミングでの服用は肝臓に負担をかけますので、晩酌をする人は朝食後などにしたほうが良いでしょう。 筆者もミノキシジルを飲みましたが、初期脱毛は確かにありました。 ただでさえ薄毛髪がさらに薄くなるのは恐怖でしたが、すぐに元に戻りましたので心配することはありません。 また、多毛症は「そういえば少し鼻毛が濃くなったかな?」という程度です。 むくみに関しては全くきになりませんでした。 プロペシアとミノキシジルの入手方法 最後に、プロペシアとミノキシジルの入手方法について説明します。 入手方法によっては全く効果がなかったり、健康が危険に晒されるケースもありますので良く読んでください。 AGA治療専門クリニックで処方してもらう プロペシアとミノキシジルはAGA治療・発毛専門のクリニックで処方してもらうことができます。 AGA外来の病院ではプロペシアの処方しかされませんので注意してください。 また、専門クリニックの場合、AGAの知識を持った専門の医師が診察を行い、血液検査や経過の確認を行ってくれます。 さらに、病院は月に1回薬を処方してもらう都度、再診費用がかかるのに対し、 専門クリニックはほとんどが再診費用がかからず薬代だけで済みます。 以上、 発毛・健康・費用の両面において、専門クリニックで処方を受けることが賢い選択と言えます。 個人輸入での購入を絶対オススメしない理由 個人輸入代行業者と言って、海外の医薬品を販売している業者が存在しています。 費用が安いため利用している人もいるようですが、絶対にオススメできません。 まず、そういったところで格安で販売されている薬は、正式なメーカー製でもなくジェネリックでもない、 非合法のコピー薬品です。 そのためどのような効果があるのか、飲んで どんな副作用が起きるのか全く不明です。 また、運よく非合法にコピーされた薬品が届けばまだ良いほうで、中には全く効果のない偽造品が送られてくる可能性もあり、 厚生労働省も注意喚起をしています。 入手経路のわからない個人輸入代行業者の利用は控えましょう。 ミノキシジル外用薬ならスカルプD メディカルミノキ5がおすすめ• プロペシアとは、一言でいえば「AGAの進行を止める薬」であり、発毛効果はない• ミノキシジルとは、一言でいえば「発毛の薬」であり、AGAを治療する効果はない• プロペシアとミノキシジルを併用することが、AGAを治療して髪を増やす最適な方法• プロペシアとミノキシジルの費用はAGAスキンクリニックで1ヶ月14,000円(税別)• 理想の状態まで改善されたらプロペシアのみに切り替えれば1ヶ月6,000円(税別)で済み経済的• プロペシアの主な副作用として「リビドー(性欲)減退」「ED(勃起不全)」がある• ミノキシジルの主な副作用として「初期脱毛」「多毛症」「むくみ」がある• プロペシアとミノキシジルはAGA治療専門クリニックで処方してもらうことができる• AGA外来の病院ではミノキシジルの処方は行っていない• 個人輸入代行業者で販売している医薬品は非合法のコピー品が多く、効果も副作用も不明.

次の

フィンペシア(プロペシア)とミノキシジルを併用したら効果倍増!?

ミノキシジル プロペシア

どちらも薄毛治療薬として有効なのですが、それぞれが持つ役割は違っています。 フィンペシアにはフィナステリドという成分が男性ホルモンに働きかけて、薄毛の原因を阻止する。 一方、ミノキシジルは血管を広げて血流を良くするというもの。 別々の要因に対して、多方向からアプローチするので効果が得られるのです。 薄毛治療薬として効果を発揮している両者ですが、もともとは別の治療目的で開発されたものなのです。 フィナステリドは 前立腺肥大症の薬として、ミノキシジルは 高血圧用の服用剤として使われていました。 患者さんの効用を診て、「これ育毛用として使えるんじゃね?」と医療関係者がひらめいたわけですね。 日本皮膚科学会が推奨してます! 日本皮膚科学会は、効果的な薄毛治療の方法を指南しています。 「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で、さまざまな治療方法を5段階で格付けしています。 推奨ランクA(行うように強く勧められる)に該当するのが「ミノキシジル外用」と「フィナステリド内服」(男性のみ)だけなのです。 ですから、AGA治療のクリニックでは、フィナステリドとミノキシジルを併用した治療法が基本となっています。 そこに、各クリニック独自の工夫なり治療法が加えられているようです。 でもミノキシジルって、副作用が強いのですよね? ミノキシジルはもともと高血圧用にある薬ですから、血圧に疾患がある場合や高齢者、不整脈がある人、腎臓や心臓が弱い人、肝機能障害のある人などには使えません。 それから当然ですが、ミノキシジルに対してアレルギー反応のある人もダメです。 ミノキシジルタブレットとなると、副作用はダイレクトにきます。 症状として体毛が濃くなる、心拍数が増える、血圧の低下やむくみ、吐き気、性欲の低下や勃起不全、皮膚疾患などがあげられます。 体調に変化があれば治療方針を変えたり、中止することもあるのです。 また、亜鉛やビタミン剤などのサプリメントなどを加え、オーダーメイド的な配合薬を処方します。 どの程度ミノキシジルを摂り入れることができるか、微調整しながら、その人にとって最大限に効果が得られるよう処方する。 これがクリニックでの対応です。 それがポラリスの育毛剤です。 薄毛の状態に応じて5種類あります。 個人輸入の老舗であるオオサカ堂にすべて揃っています。 育毛剤は初めてという方に「ポラリスNR-07」ミノキシジル配合率は5%、頭部を全体的にという方には「ポラリスNR-08」配合率7%、生え際を何とかしたい!という方に「ポラリスNR-09」配合率15%、それから進行した薄毛の改善に「ポラリスNR-10」配合率16%、また、他の商品は合わない方にも「ポラリスNR-11」配合率12%。 オオサカ堂では、ポラリスNR-08が定番のようですね。 ミノキシジル7%配合の他、りんごポリフェノールや銅ペプチドアデノシン、ビオチンなどの育毛を促す成分が含有。 頭皮への浸透性の高さで、リピーターも多いようです。 これに内服薬であるフィンペシアをセットで購入。 内と外からで効果は倍増。 2019年最新版です! チェック! 次に、私が現在メインで使用している育毛剤を紹介します。 発毛促進は フィンジアで集中させ、脱毛予防は イクオス、身体の内側からは イクオスサプリEXという布陣。

次の