ダイハツ トール 価格。 新型トールのおすすめグレードは?価格・装備の違いを解説!

ダイハツトールVSタンクとの比較は?価格や大きさや燃費は?

ダイハツ トール 価格

現行モデルだけ見ればタントの方が後発ですが、タントはこれで3代目。 初代は2003年発売で、その頃からデザインをあまり変えていません。 ワゴンRデザインの「パレット」が不発に終わったスズキが、車名を変えて思いっきりタントに似せてきたのが「スペーシア」という流れです。 ホンダ・N-BOXは参入が一番遅れましたが、今では結構な人気車種になっていますね。 N-BOXは来年にフルモデルチェンジが予定されていますので、今はモデル末期です。 さて、サイズですが、トールワゴンらしく車高はどれも1,700mm台というかなりの高さです。 もちろん機械式駐車場は使えません。 高さが幅よりかなり大きい軽自動車では、強風や急ハンドルでの横転のリスクにも注意してください。 でもその全長はエンジンルームに使われているのか、カタログ上の室内長は軽自動車とほど同一です。 一方全幅には随分余裕ができます。 車体幅が20cm大きくなった分、室内幅は13cmも広くなっています。 軽自動車枠という箱に入るギリギリサイズの軽に比べれば、デザイン的にも余裕がありますね。 トールワゴンなので、車両重量は相変わらず「このエンジンなのにこんなに重いのか」ってくらい重いです。 エンジン・装備・価格 少なくとも片側が電動スライドドア・ 自動ブレーキ装備という条件で、最も安いグレードを比較してみましょう。 4kgm 6. 1kgm 6. 6kgm 6. 4kgm フロントサス ストラット リアサス トーションビーム トーションビーム 車軸 I. 車軸 JC08モード燃費 24. 1 28. 6 25. 9 32. はスズキ独自の形式で、車軸懸架の一種です。 エンジン性能 排気量の差が顕著に表れたエンジン性能。 注目して欲しいのは最大トルクです。 普段街中を走っているときに「よく走るか」を表せるのがトルクの値です。 一方軽自動車群は右側電動スライドドアがオプションで、どれも約5万円です。 もちろんグレードが上がる分、装備内容は豪華になります。 スライドドアいるの? まぁそもそもの話として、このクラスの車に重いスライドドアを載せること自体が 分不相応な気がします。 しかも電動ですよ。 高級装備に見えて魅力的かもしれませんが、重さで 燃費悪化、 開閉が遅い、 挟み込みや故障のリスクなどデメリットも色々あります。 大型ミニバンならともかく、車幅の狭い車をスライドドアにすることが乗降性に寄与しているかすら疑問です。 子供が開閉でドアパンチするリスクがあるのかもしれませんが、そこはちゃんと躾で対処すべきです。 昔はスライドドアなんて無くても子供が乗ってたじゃないですか。 言い聞かせてもドアパンチするような子供は、手に持ったおもちゃが隣の車に当たっても気にしないと思うので、親がちゃんと乗せ降ろししてください。 スライドドアを自分で開ける方が危険です。 どうしてもスライドドアが必要なのは、普通車が駐車不可能なほど狭い駐車場に停める(ルーミーは選択肢に入らない)とか、ヒンジ式ドアを閉められないほど弱った高齢者を乗せる(だったら乗り降りも介助しなさいな)とかくらいしかないのでは、と思います。 スペーシア以外はレーダーで前方を見ていますが、スペーシアはステレオカメラを装備しています。 作動範囲が広いだけではなく、歩行者もある程度検知可能なこともメリットですね。 スペーシア以外は渋滞時(すでにノロノロ運転)のうっかりを防ぐ程度にしかならないでしょうね。 急な先行車の減速に気づくのが遅れたなどは差動範囲外になっている可能性大です。 ダイハツ・ホンダのレーダー式に比べると、スズキのステレオカメラ式の方がコストがかかるはずなので、スペーシアの自動ブレーキは割安感がありますね。 維持費は、軽自動車に比べて年間で2万円~3. 5万円の差がつくことが分かりました。 もしこの車を10年乗るとすると、車の生涯維持費は20万円~35万円ほどになります。 結構大きいですね。 10年10万キロで考えると、車両価格を含めて30~50万円程度の差が付くことになりますね。 (走行性能はともかく)高速道路料金は軽の方が安いですし、任意保険の金額も軽自動車の方が多少安いでしょうから、実際の差額はさらに開くと思います。 数十万円も差が付く割に、排気量は1. 0Lとまだまだ不足気味ではありますし、内外装のデザインや品質は正直軽自動車と変わりません。 やはり立ち位置が微妙で、お金を気にするなら妥協して軽自動車か安いにした方がいいでしょうし、走りや品質を求めるならやデミオといったコンパクトカー、広さを求めるならやの方が満足度が高いでしょう。

次の

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の比較!どっちが好み!

ダイハツ トール 価格

また、コンフォータブルパック(B)を同時装着した場合、合計価格は79,200円(消費税抜き72,000円)となります。 なお、ディーラーオプションのナビを選択した場合はナビ画面に表示されます。 また床下のラゲージアンダーボックスが小型となります。 なお、北海道地区には寒冷地仕様が標準装備されます。 【パックオプション:メーカーオプション(車両ご注文時にご指定ください)】• [コンフォータブルパック:*1. 詳しくは販売会社におたずねください。 価格は販売会社が独自に定めていますので、詳しくは販売会社におたずねください。 7mとなります。 2019年10月1日より、自動車取得税が廃止となり自動車税(環境性能割)が導入され、臨時的軽減措置が受けられます(2020年9月30日まで)。 エコカー減税(環境対応車普及促進税制)の適合車は、ご購入時に自動車取得税及び自動車重量税の軽減措置が受けられます(2021年4月30日まで)。 詳しくは販売会社におたずねください。 詳しくは販売会社におたずねください。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 (使用許諾済)•

次の

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の比較!どっちが好み!

ダイハツ トール 価格

近年は、ダウンサイジングの高まりによって、小さなクルマへと乗り替えるユーザーが増えた。 軽トールワゴンが好調に売れたことによって、今では新車販売のうち実に35%以上が軽自動車になった。 日本の道路事情や生活環境を考えれば、背が高く実用的な軽自動車が好調なのは当然の成り行きといえるが、普通車を中心に扱うトヨタとしては喜ばしくない。 ダイハツ「トール」カスタムモデルのイメージ そこで、トヨタの傘下に収まるダイハツが開発したのが、コンパクトカーのトヨタ「ルーミー」「タンク」、ダイハツ「トール」、スバル「ジャスティ」(以下、ルーミー・タンク&トール)の4車種だ。 これら4車種は、いずれも同型の姉妹車であり、ルーミー、タンク、トール、ジャスティはトールのOEM車ということになる。 ルーミー・タンク&トールのボディサイズは、全長が3,700mm(カスタムは3,725mm)、全幅は1,670mmと小さいが、全高は1,735mmと高く、後席ドアは両側スライド式になる。 トヨタ「ポルテ」には、左右非対称の片側1枚スライドドアが採用されている ちなみに、トヨタには背が高くスライドドアを持つコンパクトカーとして「ポルテ」「スペイド」がラインアップされている。 だがポルテ、スペイドは、左側こそスライドドアだが、右側は横開きドアとなる片側スライドドアだ。 さらに、その片側スライドドアは、前席と後席のドアが一緒となった1枚タイプの大型スライドドアになっている。 この大型スライドドアは低床ボディと相まって荷物の積み込みやすさなどの利点もあったのだが、一般的には選びにくく、売れ行きが伸び悩んだ。 そこで、ルーミー&トールを開発したという経緯もある。 ルーミー・タンク&トールのボディタイプは、標準ボディとエアロパーツなどを備えたカスタムの2種類がある。 搭載エンジンは、1リッター直列3気筒NA(自然吸気)とターボが、2種類のボディタイプにそれぞれ用意されている。 なお、全長と全幅が小さく、背の高いライバル車としては、スズキ「ソリオ」があげられる。 ソリオはこの分野の草分け的存在であり、ルーミー・タンク&トールのほうが後発だ。 今回、販売好調なルーミー・タンク&トールを改めてレビューし、以下の項目について5段階で採点して、評価したい。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの運転のしやすさ(取りまわし性/視界) ダイハツ「トールカスタム」のフロントイメージ ダイハツ「トールカスタム」のリアイメージ ボディが小さく、水平基調のデザインなので前後左右ともに視界がよい。 混雑した市街地や狭い裏道などでも、運転しやすいのが特徴だ。 最小回転半径は、14インチタイヤ装着車が「4. 6m」、ターボエンジンを搭載した15インチタイヤ装着車は「4. 7m」。 小回り性にすぐれていて、駐車場などの取りまわしなどの際にもとても便利だ。 小回り性にもすぐれている。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの内装(質感/スイッチの操作性とメーターの視認性) ダイハツ「トールカスタム」のインパネ コンパクトカーとしては、内装の質感は高い。 とくにインパネなどは、樹脂でありながらもステッチや革の素材感がリアルに表現されている。 手で触れれば樹脂だと分かるが、見栄えは本物の革や糸に近い。 ダイハツ「トールカスタム」のシフトノブ ATレバーやスイッチ類は、シンプルに配置されていて操作性がよい。 エアコンスイッチは位置が少し低いものの、手探りによる操作はしやすい。 ダイハツ「トールカスタム」インパネ上部に設置されている「マルチインフォメーションディスプレイ」 時刻や平均燃費などを示す「マルチインフォメーションディスプレイ」が、インパネ中央の最上部に設置されている。 そのため、カーナビゲーションの画面位置が少し低いのだが、見にくいほどではない。 ダイハツ「トールカスタム」脇にあるカップホルダーは、500mlの紙パックも入るサイズだ 収納設備は豊富だ。 インパネに装着されたカップホルダーは、手前に引き出すとサイズが拡大して、500mlの紙パックも収まるようになっている。 操作性もおおむね良好だ。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの居住性&荷室(前後席の居住性/荷室の広さと使い勝手) ダイハツ「トールカスタム」のフロントシート フロントシートの座り心地は快適だ。 シートサイズに不足はなく、背もたれは腰の近辺を包むような形状に仕上げられている。 柔軟性もあって、快適性とサポート性がよい。 座面と床の間隔は、広めに確保されている。 身長が比較的高いユーザーであればちょうどよく、高く座るから、運転席のスライド位置はあまり後退しない。 そのため、リアシートとラゲッジルームのスペースを広げやすい。 ただし、小柄なドライバーが座ると、着座位置を下げてもペダルの操作がしにくく感じる場合があるだろう。 ダイハツ「トールカスタム」のリアシート リアシートは、フロントシートに比べると座面の柔軟性は乏しく、座り心地とサポート性はよくない。 フロントシートとは逆に、座面と床の間隔が不足しているので、足を前方に投げ出す座り方になりやすいのだ。 だが、リアシートの足元空間は広い。 リアシートを最も後ろまでスライドさせると、身長170cmの大人4名が乗車した場合、リアシートに座る乗員の膝先に握りコブシ3つ少々もの余裕が生まれる。 前後席に座る乗員同士のヒップポイント間隔も1,105mmで、リアシートの足元空間は、前後方向について言えばLサイズセダン並みである。 さらに、天井にも十分な空間があるから、座り心地をもう少し柔軟にして足を投げ出す姿勢さえ改善されれば、かなり快適だろう。 リアシートは、脇にあるフックを引っ張って車両前方へ動かすことで、リアシートの足元へダイブインさせることができる リアシートをダイブインさせる前(左)とダイブインさせた後(右)。 ダイブインさせることでフラットなラゲッジルームとして使うことができる ラゲッジルームの使い勝手も良好だ。 リアシートは、タントと同じように床面へ落とし込むようにたたむタイプとなる。 少し面倒ではあるのだが、床へ落とせば低床で平らなラゲッジルームとなるので、大きな荷物を詰めるなど使い勝手がいっそう高くなる。 リヤゲートを開いた時の、地面からラゲッジルームの床面までの高さは527mm。 これは、タントを約70mm下まわり、低い部類に入るだろう。 これならば、たとえば自転車を積む時なども、前輪を大きく持ち上げる必要がなく積み込める。 また、ラゲッジルームの床に装着されたボードを反転させれば、汚れを拭き取りやすいシートになる。 自転車を積む時など、ラゲッジルームを汚さず、便利に使うことが可能だ。 リアシートのスライド機能は、前後に240mm調節できるから、チャイルドシートを装着した時は前に寄せれば、フロントシートに座る親との距離を縮められる。 信号待ちの時などに子供のケアをしやすいだろう。 さらに、この時にはラゲッジルームの床面積が拡大するので、ベビーカーなども収納しやすくなる。 ラゲッジルームはフラットになるので、低床ボディということもあって、荷物の積み込みやすさなどの使い勝手は高い。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの走行性能(動力性能/走行安定性) ダイハツ「トールカスタム」イメージ 1リッター直列3気筒NA車は、登坂路などのシチュエーションでは動力性能が不足しており、市街地向けという印象を受ける。 この1リッターエンジンは、トヨタ「パッソ」やダイハツ「ブーン」などに搭載することを目的に開発された。 だが、ルーミー・タンク&トールの車重は標準ボディでも1,070kgと、パッソやブーンよりも160kgも重い。 そのため、登坂路ではパワー不足に陥ってしまう。 さらに、この1リッターエンジンが高回転指向であることも、マイナス要素のひとつだ。 4,500rpm付近の高い回転域から、速度の上昇が活発になる。 現状では、最大トルクの9. 4kg-mを4,400rpmで発生しているが、できれば4,000rpm以下に抑えたいところだ。 また、エンジンの負荷が大きいこともあり、2,000〜3,000rpmではノイズが大きめに感じる。 いっぽう、ターボ車は1. 4Lのノーマルエンジンに匹敵する性能を発揮するから、パワー不足は感じない。 だが、2,000〜2,500rpm付近でのノイズの大きさが若干気になるところだ。 走行安定性は、1リッターNA車は操舵に対する反応が鈍めに抑えられている。 峠道などを走れば、ボディの傾き方も大きい。 しかし、車両の動きを抑えたことで、後輪の接地性は失われにくい。 ルーミー・タンク&トールのプラットフォームはパッソやブーンと同じなので、160kg重くて背の高いボディを組み合わせれば走行安定性に無理が生じるはずだが、バランスは取れている。 ダイハツ「トールカスタム」イメージ なお、ターボ車にはスタビライザー(ボディの傾き方を制御するパーツ)が、前輪だけでなく後輪にも装着されている。 そのため、峠道ではボディは傾くものの、挙動の変化は穏やかになって運転しやすい。 また、市街地向けといえども、もう少し安定性が欲しいところだ。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの乗り心地 ダイハツ「トールカスタム」タイヤは「エナセーブEC300+」が装着されている 乗り心地は、省燃費タイヤの影響によって全般的に硬めだ。 特に、1リッターNA車の14インチタイヤは、燃費性能を重視しているので転がり抵抗が抑えられている。 試乗車の銘柄はダンロップの「エナセーブEC300+」で、指定空気圧は260kPaと高い。 そのため、市街地ではタイヤ接地面の硬さを感じてしまう。 さらに、路上の細かな凸凹も伝わりやすく、少し粗い印象もある。 ターボ車は、エアロパーツを備えたカスタムの「G-T」を試乗した。 タイヤサイズは15インチで、銘柄は同じ「エナセーブEC300+」だが、指定空気圧は250kPaと少し低い。 硬めではあるが、粗さは少し抑えられている。 路上の細かな凹凸も拾ってしまう。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの安全&快適装備 ルーミー・タンク&トールの安全装備としては、「スマートアシストII」が搭載されている 緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、単眼カメラと赤外線レーザーを併用する「スマートアシストII」が搭載されている。 歩行者を検知して警報を発するが、緊急自動ブレーキは車両のみで、歩行者は対象外だ。 また、車両に対する緊急自動ブレーキの作動上限速度は、時速50kmにとどまる。 いっぽう、ダイハツの軽自動車の「タント」や「ムーヴ」には、進化した「スマートアシストIII」が装着されている。 2つのカメラをセンサーとして使い、歩行者を検知して緊急自動ブレーキまで作動させる。 車両に対する緊急自動ブレーキの作動上限速度も時速80kmに高められている。 「サイド&カーテンエアバッグ」は、ルーミー・タンク&トールでは全車にオプション設定されている。 いっぽう、ダイハツの軽自動車はグレードを限定している。 スマートアシストIII はスマートアシストIIと比べると安全性が大きく向上するので、ルーミー・タンク&トールにも刷新を求めたいところだ。 これは、背の高い軽自動車の中心的な価格帯に収まっている。 また、ターボ車の「G-T」は180万3,600円と、11万8,800円高い。 G-Tには、フロントスタビライザーとATのスポーツモードが加わるので、ターボの価格としては約10万円だろう。 割安とまでは言えないものの、動力性能は高くなるので、登坂路の多い地域のユーザーは積極的に検討するとよいだろう。 トヨタ ルーミー・ダイハツ トールの総合評価 ダイハツ「トールカスタム」イメージ 開発者によれば、ルーミー・タンク&トールは2年少々で開発したという。 発売されたのが2016年11月だから、逆算すれば2014年の中盤頃に開発をスタートさせている。 2014年1月には、スズキ「ハスラー」が発売されて売れ行きを伸ばし、ダイハツとの間で軽自動車の熾烈な販売合戦が行われた。 販売会社が届け出をして中古車市場に放出する未使用中古車も増えており、それらを含めた統計ではあるが、2014年に国内で売られたクルマの41%は軽自動車になった。 これに向けた対抗策として、急造されたのがルーミー・タンク&トールだ。 ライバル車のスズキ「ソリオ」に比べると価格は同等で、ラゲッジルームや収納装備などの使い勝手という面では、ソリオを凌いでいる。 だが、走行安定性や乗り心地といった面では、ソリオに軍配が上がる。 走行性能の面ではソリオが勝るが、使い勝手や外観でルーミー・タンク&トールに魅力を感じる方もおられるだろう。 このあたりは、実際に2車を試乗して比較していただければ幸いだ。

次の