和田 アキ子 志村 けん。 和田アキ子の‟『志村』呼び”に嫌悪の声「芸歴持ち出しウザイ」(2020年4月7日)|BIGLOBEニュース

【志村けんと和田アキ子は犬猿の仲】志村はいかりや長介の付き人時代、散々イジメられていたという。だからこそ、弱いものイジメをする奴が大嫌い!

和田 アキ子 志村 けん

ザ・ドリフターズのメンバーでお笑いタレントの志村けんさん。 ザ・ドリフターズの番組「8時だョ!全員集合」から今でも様々な番組で活躍されとても人気な志村さん。 ザ・ドリフターズの付き人から加入へ 子供の頃からお笑い芸人になろうと決めていた志村さん。 高校卒業間際にザ・ドリフターズの付き人になる為、リーダーのいかりや長介さんの自宅へ行き雪の中12時間も待ち続け弟子入りを認められました。 当時、ザ・ドリフターズは音楽活動にも力を入れていたので、「付き人」ではなく「バンドボーイ」(通称:ボーヤ)と呼ばれていたそうです。 その付き人時代、志村さんは「マックボンボン」というお笑いコンビを結成。 歌謡ショーなどの前座で人気を掴んでいきました。 その数か月後には見事テレビデビューを果たすが知名度やネタの少なさにより、人気は低迷。 番組は打ち切りとなってしまいました。 それに加え相方が脱退。 新しい相方を迎えるもあまりうまくいきませんでした。 そして再び、ドリフターズの付き人に戻り「メンバー見習い」でザ・ドリフターズに加入しました。 なぜ志村さんは弱いものイジメをする奴が大嫌いなのか?和田アキ子さんとは犬猿の仲なのか? その気になる真相は次のページをご覧ください。

次の

けんちゃんのオーマイゴッド

和田 アキ子 志村 けん

志村けん 歌手の和田アキ子(69)が28日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に出演。 新型コロナウイルスに感染し、都内の病院に入院中のタレント、志村けん(70)との酒宴を振り返った。 和田は志村との関係について「年は変わらないですけど、(芸能界では志村が)後輩だった」と話し、志村がドリフターズに加わる前の付け人時代から付き合いがあったと明かした。 志村とはドリフターズ時代、「一度、一緒にお酒飲んだ」という。 そのときの印象について「まあ~、それはそれは寡黙。 静かに飲んでいて。 私なんか『志村!』って言っちゃうから。 『楽しいの!? おまえ』て言ったら、(志村は)『楽しいっす』って」と終始、おとなしい様子だったことを語った。 酒宴を終えて帰る際、志村を送迎する車が黒いロールスロイスだったといい、和田は「おまえの方が偉いんだ…」と思ったそう。 「外見で判断しちゃう」という和田は「ごめんな。 ごめんな。 また会おうな」と飲みの席での態度を謝罪し、志村と別れたと振り返った。 最近では昨年のテレビ朝日系「芸能人格付けチェック」で共演。 その際は「お互い頑張ろうと話した」と明かし、「とにかく早く元気になってほしいですね」と締めくくっていた。

次の

【志村けんと和田アキ子は犬猿の仲】志村はいかりや長介の付き人時代、散々イジメられていたという。だからこそ、弱いものイジメをする奴が大嫌い!

和田 アキ子 志村 けん

新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたお笑い芸人のさんが29日午後11時10分、東京都内の病院で死去した。 70歳。 訃報を受け、歌手でタレントの(69)が追悼コメントを発表した。 和田は「とにかく残念です。 本当に回復を願ってました。 回復すると信じていたので、、、。 」と、つらい胸中を吐露。 志村さんとの出会いや思い出を回顧し「音楽も詳しくて、お笑いの才能はズバ抜けていて、凄いなぁと尊敬してました」と記した。 「最後に会ったのは、正月の『格付けチェック』の番組です」と明かし「『お互い歳だから、仕事に感謝して頑張って行こうな』って話していたんですよね、、また1人、才能あふれる人が亡くなってしまいました、、本当に残念でならないです」とつづり「心からご冥福を始祈り申し上げます」とした。 志村さんは、1950年2月20日生まれ、東京都東村山市出身。 付き人を経てザ・ドリフターズに加入後、『8時だヨ!全員集合』で「東村山音頭」などで人気を博す。 本当に回復を願ってました。 回復すると信じていたので、、、。 志村(昔からそう呼んでいたので、あえてそのまま呼ばせてください)とは、志村がまだ全員集合の時にボーヤをやっていた頃からの付き合いです。 当時、志村はコーヒーを楽屋で売っていて、毎回それを買ってあげると物凄く喜んでくれました。 それからの活躍はそれはそれはすごくて。 音楽も詳しくて、お笑いの才能はズバ抜けていて、凄いなぁと尊敬してました。 飲み屋で一緒になる事が多くて、何度かばったり会って飲みました。 とにかく静かーに寡黙に飲むんですよ。 「楽しいの?私といるからつまらないの?」って聞いたら、「楽しいですよ。 いつもこんな感じです」っで、これまた小さい声で笑って答えてました。 最後に会ったのは、正月の「格付けチェック」の番組です。 「お互い歳だから、仕事に感謝して頑張って行こうな」って話していたんですよね、、 また1人、才能あふれる人が亡くなってしまいました、、 本当に残念でならないです。 心からご冥福を始祈り申し上げます。 和田アキ子.

次の