ソードアートオンライン 最終話。 『ソードアート・オンライン アリシゼーション WoU 最終章』第14話「無限の果て」先行カット

ソードアート・オンライン 第1話~第25話(最終話) あらすじまとめリンク

ソードアートオンライン 最終話

キリトを目覚めさせるために、比嘉タケルはアスナ、シノン、リーファをキリトのフラクトライトに接続します。 しかし、この3人でも記憶のデータ量が足りず、キリトの意識は悪夢にうなされるだけで目覚めようとはしません。 もう1人、アスナたちよりキリトのことを理解している誰かの記憶データが必要です。 その時、パソコンに接続してきたあるフラクトライトの存在に比嘉は気が付きます。 最後の希望として比嘉はキリトにそれを接続しました。 それは、ユージオの思い出でした。 「ユージオ…… 生きてたのか……?」 「僕は思い出だよ。 君の中にある、僕の思い出。 もう忘れたのかい? 思い出は……」 「永遠に、ここにある。 」 キリトの中でユージオの思い出があふれてきました。 そして、キリトは目覚めました。 そして彼らをアンダーワールドから自動ログアウトさせました。 その後、SAOからの仇敵であるPoHを相手に一対一の決闘をします。 決闘はキリトの勝利で終わります。 しかしPoHは「キリトとアスナを殺すまで何度でも2人の前に現れる」と宣言したため、キリトは「夜空の剣」の力でPoHを一本の杉の木に変えてしまいます。 杉の木に変えられたPoHは、限界加速フェーズの起動によりそのまま内部時間で50年以上を過ごすことになりました。 その影響で、現実世界のPoHの肉体も老人のように変貌し、亡くなってしまいました。 菊岡はアリスをコンソールからイジェクトし、キリトとアスナにも自力でのログアウトをするよう告げます。 10分以内にアンダーワールドからログアウトしないと、この先200年間ログアウトできなくなるというのです。 アリスとアスナが完全にログアウトするのに必要な5分間を稼ぐために、キリトはガブリエルと戦います。 キリトは術式なしに空中に全素因を生成し、ガブリエルに打ち込みますが、すべての攻撃がはじかれてしまいます。 刀での攻撃も無効。 体術による打撃も、逆に腕をとられて反撃されてしまいます。 しかし、キリトは「青薔薇の剣」と「夜空の剣」の記憶開放術を同時に発動します。 そしてガブリエルは人々の思いを力に変えたキリトの連撃を受けてアンダーワールドの世界から消失しました。

次の

ソードアート・オンラインアリシゼーション見逃し再放送はこちら!無料動画【1話から最終話】まで全話視聴する方法!

ソードアートオンライン 最終話

キリトを目覚めさせるために、比嘉タケルはアスナ、シノン、リーファをキリトのフラクトライトに接続します。 しかし、この3人でも記憶のデータ量が足りず、キリトの意識は悪夢にうなされるだけで目覚めようとはしません。 もう1人、アスナたちよりキリトのことを理解している誰かの記憶データが必要です。 その時、パソコンに接続してきたあるフラクトライトの存在に比嘉は気が付きます。 最後の希望として比嘉はキリトにそれを接続しました。 それは、ユージオの思い出でした。 「ユージオ…… 生きてたのか……?」 「僕は思い出だよ。 君の中にある、僕の思い出。 もう忘れたのかい? 思い出は……」 「永遠に、ここにある。 」 キリトの中でユージオの思い出があふれてきました。 そして、キリトは目覚めました。 そして彼らをアンダーワールドから自動ログアウトさせました。 その後、SAOからの仇敵であるPoHを相手に一対一の決闘をします。 決闘はキリトの勝利で終わります。 しかしPoHは「キリトとアスナを殺すまで何度でも2人の前に現れる」と宣言したため、キリトは「夜空の剣」の力でPoHを一本の杉の木に変えてしまいます。 杉の木に変えられたPoHは、限界加速フェーズの起動によりそのまま内部時間で50年以上を過ごすことになりました。 その影響で、現実世界のPoHの肉体も老人のように変貌し、亡くなってしまいました。 菊岡はアリスをコンソールからイジェクトし、キリトとアスナにも自力でのログアウトをするよう告げます。 10分以内にアンダーワールドからログアウトしないと、この先200年間ログアウトできなくなるというのです。 アリスとアスナが完全にログアウトするのに必要な5分間を稼ぐために、キリトはガブリエルと戦います。 キリトは術式なしに空中に全素因を生成し、ガブリエルに打ち込みますが、すべての攻撃がはじかれてしまいます。 刀での攻撃も無効。 体術による打撃も、逆に腕をとられて反撃されてしまいます。 しかし、キリトは「青薔薇の剣」と「夜空の剣」の記憶開放術を同時に発動します。 そしてガブリエルは人々の思いを力に変えたキリトの連撃を受けてアンダーワールドの世界から消失しました。 アンダーワールドで200年をすごしたのちに目覚めたのです。 その際に生身の人間には負担になる200年分の記憶は消去されました。 目覚めたキリトは日常を取り戻し、両親に進路についての相談をします。 キリトは茅場、比健と同じ東都工業大学への進学を決意するのでした。 【「SAO」を読む・見るなら「U-NEXT」がおすすめ】 「SAO」を取り扱っている電子書籍サービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいのが 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」がおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「SAO1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

次の

【ソードアート・オンライン(SAO)第1期】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

ソードアートオンライン 最終話

アインクラッドをこれから新しく攻略していく、と言う視点であれば、恐らく「ヒースクリフ(or 茅場)、待ってろよ」と、ゲームシステムに対しての挑戦していく言葉が思い浮かんできそうですね。 違う視点から考えた場合、キリトは最初の頃に大事な人達を一度に多く失った経験がありました。 最終話のあの大勢の種族の人達とアインクラッドを目指して飛ぶ時、その失った人達への思いが込み上げてくるというのも考えられます。 性格的に、キリトは1話の中で出会った人を捨てて、自分だけで旅に出てしまったことをずっと後悔していました。 実際に本当に死ぬかもしれないヒースクリフとの一対一の戦いの直前、そのことを見捨てた人に言葉で謝っていました。 単純にこれからアインクラッドを目指すぜ!おー!的な、手放しでは喜べない気持ちだったのではないかと考えられます。 そうであったとしたら、原作の様子を見た場合、恐らく呼んだ名前は「サチ」の可能性が高いでしょう。 そしてギルドのメンバーの顔が浮かんでいたのかもしれません。 これは読んだ人、また見た人がソードアートオンラインをどのように捉えて来たかで最終話の感じ方が違ってくる。 つまり、自分なりの思い浮かぶ言葉を当てはめることで、エンディングが変わるというスタイルで、プレーヤーの操作でRPGの結末が導かれる奥行と広がりを感じさせるものになっているのではないかとも考えられます。 キリトが言ったかもしれない言葉は幾通りか考えられるでしょう。 茅場・・・待ってろよ。 」 因みにDVDを貸してくれた友人はキリトの言葉はこう思うと言っていました。 「また来たよ、サチ・・・」または「また来ちゃったよ、サチ・・・」 人それぞれなので、断定は出来ませんが、そこがまた見る人の捉え方によって変わるエンディングの印象のおもしろさなのかもしれません。 もしかしたらこうだったんじゃないか、ああだったのかもなど、想像するのは楽しいですね。 友人から借りた単なるアニメのDVDだと思ったら、奥が深い物語に感動している自分がいました。 外国の人からこのアニメいいから絶対見たほうがいいよ!と勧められた日本のアニメもいくつかありました。 実際に見てみると、現代のアニメは、人の精神的、心理的なものを捉えた内容が多いなと感じています。 子供の頃にも良いアニメはあったと感じているのですが、また違った意味で現代のアニメはより人に近づいた内容になっているような印象を受けました。 きっとDVDを貸してくれた友人も、色んなアニメを見て感じているものが多いのだろうと思います。 読んでくださり、ありがとうございました。

次の