ブダペストのホテル。 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」ロケ地!チェコの歴史あるホテル&ドイツ・ゲルリッツのデパート紹介♪|TapTrip

グランド・ブダペスト・ホテル : 作品情報

ブダペストのホテル

ブダペストのホテル事情 ブダペストの主要宿泊エリア ブダペストにはドナウ川が流れ、川の西側はブダ地区、東側はペスト地区と呼ばれています。 ドナウ川にかかる「くさり橋」を渡った小高い丘陵エリアであるブダ地区は、美しいドナウ川を見下ろせるホテルが多いのでおすすめです。 ペストエリアは平坦な土地にビジネス街や商業施設、オペラやコンサートが開催される劇場などが建ち並びます。 景観重視派はブダ地区、エンターテイメント重視派はペスト地区のホテルに泊まるのがベストです。 ブダペストへのアクセス 日本からブダペストへのっ直行便は就航していません。 ウィーンやロンドン、ヘルシンキやアムステルダムなどヨーロッパの主要都市で乗り換えをしてブダペスト入りするルートが一般的です。 ブタペストの玄関口となるのは「ブダペスト空港(リスト・フィレンツェ国際空港)」。 所要時間はヘルシンキ経由だと、日本からヘルシンキまで10時間15分、ヘルシンキからブタペスト空港まで2時間20分、合計12時間30分ほどです。 ブダペストの主要観光地 ドナウ川沿いに美しい建造物が建ち並ぶ美しい景観が「ドナウの真珠」と称されるブダペスト。 大きなドームが印象的な「国会議事堂」は夜になるとライトアップされて綺麗です。 「セーチェニ鎖橋」、「マーチャーシュ教会」など、ドナウ川のほとりを歩くだけでその優美な姿にうっとりするはず。 1987年に世界遺産に登録された「ブダ城」も外せませんよ。 ヨーロッパ最大級の温泉施設「セーチェニ温泉」で汗を流すのもおすすめです。 ブダペストの名物・グルメ ブダペストで食べられるのは、「世界3大料理」の1つに数えられるハンガリー料理。 フォアグラや「食べる国宝」と称されるマンガリツァ豚を使った高級料理もいいですが、野菜のおじや「フーゼレーク」やトマトのごった煮「レチョー」、鶏肉をトマトやパプリカで煮込んだ「パプリカチキン」など庶民的なブダペストの郷土料理もおすすめですよ。 ブダペスト観光の注意点 ブダペスト観光で気になる治安情報 観光スポットが集中しているブダペスト中心部は治安の良いエリアです。 ただし夜は1本路地を入ると街灯が少なく極端に暗い場所も多いので注意が必要です。 また、中心部からブダペスト東駅につながるラーコーツィ通りを歩くと、駅に近づくにつれて町が廃れていきます。 ブダペスト観光は、市内中心部を昼間見て回るのがベストです。 郊外にはなるべく行かず、夜は大通りを歩くだけにとどめましょう。 ブダペスト観光で知っておきたい物価事情 優美な建造物が建ち並ぶブダペストですが、物価はハンガリー随一の安さ。 レストランでも地元の人向けの店を選べば、1,000円で肉料理とワインかビール、付け合わせの料理までつけられます。 ビールは1杯150円ほど。 日本では希少性の高い「世界3大貴腐ワイン」の1つ「トカイワイン」も、ブダペストなら1本700円ほどで手に入ります。 タクシーもリーズナブルで、初乗り180円、1キロごとに115円ほどが加算されます。 下は白、上は黒の2色に分かれた外観のホテルです。 赤をアクセントに使った客室からは自由広場や通りが見え、ラバッツァ製のコーヒーと紅茶がそろっています。 また、バリアフリー対応のダブルルームからは、中庭が見えます。 館内には、カーディオマシン付きの最新設備のジムに、トルコ式バスやサウナ、ホットタブ付きのスパといったウェルネス施設があります。 さらに、ウェルカムドリンクサービスなどもあります。 1906年に保険会社として造られた建物を利用した、城のような見た目が目印のホテルです。 1987年には、ほかの建築物とともに世界遺産に認定されています。 客室はシンプルなヨーロピアンスタイルで、大理石でできたバスルームやiPodドッキングステーション、ミニバーが備わっています。 客室によっては、ドナウ川も見えます。 館内には会議室、コピーサービスなども用意されていて、ビジネスにも便利です。

次の

ブダペスト ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

ブダペストのホテル

関連タグ:• 同行者: 友人• 関連タグ:• また旅行の最初と最後は書かなくてはと新たに補充しました。 2020年7月リタイア生活を迎え長期旅行するチャンス到来。 半年間欧州を放浪した40年前のバックパッカー時代を再現するのだ。 今回の旅行は ブタペストまでは東欧へ行く友人2人にお付き合い。 別れた後は一人で映画のロケ地巡りを中心に電車でプラプラ。 同行者: 一人旅• 関連タグ:• オーストリア、ハンガリー、スロヴァキア、ポーランド、チェコ、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナです。 ドナウ川に架かる自由橋の、ブタ側の袂に有ります。 丁度中央市場やブタペストコルヴィヌス大学の反対側です。 ブタペストは温泉都市の称号を持つ温泉で有名です。 しかし同じ温泉の国の日本とは若干趣が異なります。 日本人の私から見れば温水プールのようにも感じられます。 ゲッレールト温泉の建物は外観も内装も温泉なのかホテルなのか?という疑問を持つ温泉です。 堂々とした内装は、歴史のある建物であると思わせます。 海外の固有名詞を日本語表記で表した場合に混乱することが有ります。 4トラベルの表記では「 ホテル ジェラート」と「ゲッレールト温泉」は、どちらもスペルは「GELLERT」で同じなのに、カタカナ表記では異なります。 一方ゲッレールトの丘は4トラベルでは「Gellerthegy」と表記され、カタカナ表記では同じですので、ゲッレールト温泉はゲッレールトの丘にあるものと思っていました。 同じカタカナ表示なのに違う場所にあります。 難しいですね。 基本情報• どんなとこ? ドナウ川河岸に広がり、壮麗な建物が立つ町並みの美しさから「ドナウ川の真珠」とも称される町、ブダペスト。 アジアの騎馬遊牧民族・マジャル人によって9世紀末に築かれたのが起源で、16世紀にはオスマン・トルコ、18世紀からはオーストリアに支配された。 1867年に自治権を与えられたことを契機に、都市景観の整備が進み、壮麗な国会議事堂やオペラハウスなど、今日のブダペストの主要な景観を成す建築物はこの時期に造営されている。 ドナウ川にかかるくさり橋や、ブダ王宮、国会議事堂一帯の建築群は特に美しく、町は1987年に世界遺産にも登録された。 リストやバルトークといった有名な作曲家が生活した町でもあり、オペラやクラシックのコンサートが数多く開かれるほか、民俗音楽やハンガリー舞踏などのフォークロアショーも盛んに行われている。 日本からのアクセス 日本からの直行便は運航していないので、ヨーロッパ内都市で乗り継ぐ。 また、近隣諸国からの国際列車も多く発着する。 時差 日本との時差は-8時間。 ハンガリーの方が遅れている。 市内電話料金 公衆電話はHUF10,20,50,100のコイン、またはテレホンカード要。

次の

【結末ネタバレ】グランド・ブダペスト・ホテル 完全ストーリーまとめ!【映画】

ブダペストのホテル

ブダペストの中心地からは少し離れますが、大通りから一本入った所にあるカジュアルなホテルです。 ホテル前の路地は暗く、浮浪者風の人が歩いていたり、余り雰囲気は良くなかったです。 大通りに出るとマルギット橋までは徒歩数分で、国会議事堂、王宮や鎖橋の夜景を見に行けました。 近くにはスーパーもあります。 ホテル入口を入ってすぐ階段があり、大きな荷物は運びにくいと感じました。 中央部は吹き抜けになっていて、ロビーやレストランが一階にあります。 夜遅くまでロビーで騒ぐ人が居て、2階のアトリウムに面した部屋だったので、うるさくて11時頃まで眠れませんでした。 防音は良くありませんが、外は静かでした。 夕食と朝食をレストランでいただきました。 生野菜もありますが、料理は全て塩気がきつく一寸食べにくい感じがしました。 wifiはありますが、部屋に入るとGPSが繋がらず、ロビーに出てネットを見ていました。 皆さま、お知恵をお貸しください。 来年7月に10日間の予定で、ウィーンインのミュンヘンアウトの特典航空券を抑えました。 最初はこの二か国だけのつもりでしたが、折角なのでハンガリーのブタペストで夜景と温泉を楽しみたい思っています。 東駅からスーツケースを持って移動します、アクセスも良く1~2泊で観光にも便利なホテルでお勧めはありますか? 予算は1泊1万~2万のツインルーム、出来ればバスタブ有り禁煙希望です。 今のところゲレールト温泉に隣接するダヌビアス ホテル ゲレールドを考えています。 ゲレールドの丘にも隣接していますが、夜女性だけで登るのは危険ですか? 後日、ブタペストからミュンヘンへ移動予定です。 列車も考えましたが時間が掛かり疲労度も大きいので、飛行機にしたいと思っています。 日本からの国際線は何度か取ったことはありますが、海外から海外への飛行機のチケット情報に疎いため、お勧めのサイトや取り方をご伝授いただけるとありがたいです。 ドイツ語、ハンガリー語は話せないため、出来ればLCCは避けたいです。 色々と面倒な質問ですが、ホテルだけでもチケットだけでも教えていただけると嬉しく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 12月ヨーロッパ周遊で、ブダペストに6泊します。 その内、2泊は色々なサイトでオススメと評判のインターコンチネンタルに泊まる事に決定したのですが、(かなり奮発しました^^) 残り4泊を王宮の丘のホテルにするか、ヴァーツィー通り辺りにするか、オペラハウス近辺(アンドラーシ通り辺り)にするかで迷っています。 オペラハウス近辺に安いアパートホテルが多くあるみたいなので、その辺りがいいかなと思って探してるのですが、実際ブダペストの観光に便利なのはどのあたりのホテルが良いでしょうか? 夜景も見たいし、美味しいレストランにも行きたいと思っています。 冬なので陽が落ちるのも早いと思います、夜景を見るにはやはりドナウ川沿いのホテルを撮ってる方が安心でしょうか? アドバイスよろしくお願い致します。 館内設備• レストラン 162• スパ 49• サウナ 101• カジノ 5• バー・ラウンジ 196• ディスコ/ナイトクラブ 13• 売店 57• ツアーデスク 252• コインランドリー 206• 駐車場 180• 宴会場 151• 屋外プール 12• 屋内プール 39• プール 44• ジム/フィットネス 88• ゴルフコース 1• テニスコート 10• お子様用プール 7• キッズクラブ 3• ビジネスセンター 126• 会議室 172• ペット同伴可 167 ホテルサービス• 空港送迎 211• 日本語スタッフ 0• ルームサービス 124• コンシェルジュ 169• 両替サービス 82• ランドリーサービス 184• 託児施設/ベビーシッター 64• レンタカー/ツアー手配 152 客室• 海側 0• インターネット 91• 山側 0• 無料Wi-Fi 291• 庭側 0• 禁煙 0• 喫煙 0• エアコン 205• テレビ 199• 電話 17• 新聞 78• 室内金庫 187• シャワー 196• バスタブ 162• ヘアドライヤー 183• キッチン 10• 冷蔵庫 91• 電子レンジ 54• コーヒーメーカー 12• 洗濯機 25• アイロン 87• 衛星放送/ケーブルテレビ 192• ミニバー 132• バスローブ 41• キチネット 46• コーヒーショップ・カフェ 82• 障害者用施設 92• エレベーター 230• ヘアサロン 31.

次の