空 イラスト。 【イラスト背景素材】空

【空・雲の描き方】ブラシの種類、塗り方、遠近感で簡単に上達する

空 イラスト

スポンサーリンク 雲の描き方は【手順】をおぼえるだけ!誰でも「夏の背景イラスト」が描ける! 今回ここで教える【雲の描き方手順】をマネして描くだけで大丈夫! 絵の初心者でも「綺麗な空のイラスト」が描けるようになります。 練習することはたった1つ! 【雲の描き方の手順】を覚えるだけです。 なので、この【雲の描き方ブログ】を読み終わってる頃には、きれいな「空と雲の描き方のコツ」を理解しているはずです! 「雲の写真」を使いながら、1つ1つ丁寧に雲の描き方を解説していきます。 もし【絵を描く道具】がある人は一緒に描きながら雲の練習をしてみましょう! 「雲の描き方」はデジタルでもアナログでも【雲を描く手順】は同じ! 今回の「雲の描き方解説」はデジタルイラストで解説していきますが、 【雲を描いていく手順】自体は「アナログの手塗り」でもできる描き方です! アナログの方もデジタルの方も一緒に• 雲の塗り方• 雲のシルエットの描き方• 1つ目の雲はこの【入道雲の書き方】を解説してきます。 こちらは入道雲とは違い、「春夏秋冬」いつの季節でも使えるような「普通の流れていく空の雲」を解説していきます! この• 入道雲タイプと• またイラストや漫画のでも「雲を描く」と言ったらこの「入道雲」のイラストをイメージする方も多いのではないでしょうか この入道雲をめちゃ簡単に書けるコツを解説していきます! 入道雲はパッとみると、とても複雑で初心者の人は簡単に書けない、、と思いがちですが。 「空の青色」を紙全体に塗れたら、 最初におおまかな雲のアウトラインになる「雲の輪郭」を描いていきます。 なので、• 雲の決まった形• 雲を描くのに決まったマニュアル というのはありません! ただ「コツにする雲の描き方ポイント」があります。 雲の形とは基本「ランダム」で正解はありません。 風に吹かれたり、流されたりして刻々と形を変えるような「雲の形」には規則性や正解の形はないのです。 なので、「雲の形は常にランダムである」を意識して描くことが「コツ」です。 いかに自然に• リアルに描けるか ということが「入道雲の描き方」で一番最初のコツです。 このボコボコ感で一番意識してほしいのは、先ほど説明した「ランダムさ」です。 ランダムというのは「一定の規則性を使わず」に大きさを無作為に変えて描いていく。 というもの。 なので、 この「雲のボコボコ感」を書くときは、 必ず決まった形で連続して描かないように!• 小さいのボコボコを描いたら• 次は大きいボコボコを描く。 とにかく「雲の輪郭」が規則正しくならないように!ということだけ意識してください。 まずはこれが「1つ目のコツ」です。 規則正しく描いた雲の輪郭と• ボコボコが同じすぎてランダムさが無く、作り物感がハンパないです。 ただ、この雲はこの雲で「デフォルメしたイメージ」という意味の「シンプルタッチの絵柄のアニメの雲」であれば「アリ」かもしれません。 しかし「リアルな雲」「写実タッチな雲」という視点で見てみると「だめな雲」のような気がします。 夏の雲の背景を「リアル」にしたいなら「雲の輪郭」をサボってはいけない! このように「雲の輪郭だけ」でも、ランダムさを意識することで• 雲のリアルな雰囲気• 雲の全体の質感、立体感のレベル みたいなものに「違い」が出てきます。 「雲の輪郭」というのは、 いわばその雲の完成度につながってきます。 「雲の輪郭が上手く描けない!」って人は【描き方テンプレ】で背景を練習しよう 「雲を描くのが苦手」な方の中には、• 「雲の輪郭」がそもそも描けないよ!• 雲の輪郭がうまく作ることができない! という方もいるはずです。 これで「雲のベース」ができました! 後は、この雲のベースの中に「雲の影」をつけ、「雲の立体感」を描いていきます。 「雲の影」を塗っていく「手順」がグチャグチャになると、雲の描き方が「より複雑」に感じ、失敗しやすくなってしまいます。 雲の描き方では「雲の影の色」をまず決めよう! 基本的に「入道雲の影色」というのは皆さんのお好みでいいです。 ここはお好みで使い分けてみてください。 雲というのは必ずどちらかの方向に「太陽」があります。 雲の影の位置や• 雲の影のつき方• 雲の雰囲気 というのは変わります。 なので、 必ず雲の影を塗る前に、「太陽の位置」を意識して「影」をつけていきましょう。 「光源の位置」を決めないまま塗ってしまうと、下の絵のように「光源の統一感」がなくなり、おかしな立体感の雲になってしまいます。 太陽の位置で「雲の影の描き方」を考えると、雲の立体感は自然になる。 今回は太陽を「左右の雲の真ん中」にある。 ぼかすところと• クッキリ残す部分 をバランスよく配分して影を塗ることです。 このように「クッキリ残す部分とぼかす部分」を混ぜてあげるとより「雲の立体感」が際立ちます。 この点を注意して影を塗ることが「雲の書き方」のコツです。 では、あと3回ほどこの白色と灰色の塗り重ね送り返してみましょう。 なのでこの白色のモコモコの輪郭はくっきり残しましょう! それか少し部分的にぼかすのもありです。 ですが「雲とはランダム」です。 このように綺麗に左側だけに「影ができる」ことは不自然です。 なので「影」をバランスを見ながら入道雲の全体的に増やしてあげましょう。 ただし、あくまで「太陽は右側」にあるので左側が基本的に影が多くなるように意識した上で「雲の影をプラス」していきます。 小さい影を足したり• 同じような大きさの影ばかりではなく、小さい影、大きい影を交ぜながらいろんな大きさの「灰色の影」が所々にありますよね。 このように• 影の塗り方• 影の位置• 影の配置バランス が分からなくなったときは、 必ず想像で書くのではなく、「本物の雲の写真」をよく見ながら「自然のバランス」をイメージして塗りましょう! 雲の描き方が苦手な人は【少し描いて、少し確認】を「自分のイラストルール」にしよう! 「雲の影のバランス」で失敗すると、今までの【全ての工程が無駄】になってしまいます。 雲を描き慣れてない人は、必ずちょっとずつちょっとずつ「影を足していく」ように塗っていきましょう。 何なら• 影を少しプラスしたら• 絵を一旦自分の目から遠く離して見る これの繰り返しで「雲の描き方」をやってみて下さい。 「空の全体的なバランス」を確認しながら書くことで「雲のバランス」を崩さずに塗っていくことができます。 この時にずっと「絵の近く」だけを見ながら塗っていくと、全体的な「雲のバランス」を把握できないまま塗ってしまい【失敗の原因】になります。 「雲のランダムさ」• 「雲の影の位置」• 「雲の膨らみ」 がしっかり「雲の塗り方」に出ていますよね。 アクリル絵の具や• デジタルイラスト 向きの「雲の描き方と塗り方」です。 夏の入道雲タイプ• ここは「入道雲の書き方」と同じです。 最初に背景を「青色」に塗りつぶすことで「雲のシルエット」を捉えながら描くことができます! 背景全体を「青色」に塗ったら、• どんな雲を描きたいか• どんな空を描きたいか を必ずイメージしてください! イメージしないまま描き始めると、絶対に「雲の構図や背景バランス」がバラバラになります。 なので、 雲を描くまえに「自分が描きたい雲」の写真などを背景資料にしながら描くと、よりリアルな雲が描きやすいです。 ということです。 【雲の方向性がナナメ】とはどういうことか? 下の雲の画像を見てください。 「上空」に行くほどナナメ角度が強くなり• 自分から見て「上空にある雲ほど」ナナメに浮かんでいるように見え• 「地平線近くに見える雲」ほど「平行に近い雲」として見えます。 なので【雲を描くとき】に注意するのは、 この「雲の見え方の角度」です。 自分から近い雲ほど大きく見えて• 自分から遠くにある雲は小さく見えます。 「自分の手前にある雲」ほど大きく見え• 「自分から遠い雲」ほど小さく見える ということを意識して描きましょう。 しかし、 これだけだといたって「当たり前の遠近感の話」です。 ここで重要なのが【地球が球体】であるということです。 Aの近くにある雲ほど「自分の上空に」「大きく見える」• Aから遠くにある雲ほど「小さく見える」地平線の近くに見える」 【理由】です。 このように空間の断面図で考えることで、• なぜ「近くの雲」が上空に大きく見え• なぜ「遠くの雲」が地平線の近くに小さく見えるのか? ということがより解りやすくなると思います。 これを理解しているか、していないか。 で【空や雲の描き方】に断然、ちがいが生まれます。 【空や雲の見え方】を知ることで「不自然な背景イラストになる失敗」を防ぐ描き方ができる! 【空や雲の描き方を理解していない】場合、 こんな空になったりします。 1つ目は雲は「平行に浮かんでいない」雲の「ナナメの角度」に気をつけよう!• 2つ目は地球が「球体」だからこそ、近くの雲は上空に大きく見え、遠くの雲は地平線の近くに小さく見える。 この2つが雲の描き方の【注意点】です! この2つのことを注意するだけで、 【空や雲のイラスト】は格段に上手くなり、自然な空や雲の背景を描くことができます!• 「空の絵が下手、、」• ということをせず、 一旦「白色だけの雲」を空全体に作っていきます! 空全体に白色の雲を全部作ったあとに、最後に「雲の影」を塗り重ねていく。 という感じで作っていきます。 この時「球体パースの角度」を注意しながら「影」を置いていきましょう。 近くの雲ほど大きく、遠くの雲ほど小さく• 球体の構造線パースの角度に沿うように「雲の傾き」を決めること• 近くの雲ほど「上空」に、遠くの雲ほど「地平線の近く」に描く 【この3つのこと】に注意して「雲を配置」していきましょう! まずは「真っ白の雲だけ」作っていきましょう! 「雲の形」はなるべく「ランダムに」コピーしたような雲を量産しないように注意! コツはひとつひとつの「雲の形と大きさ」を揃わせすぎないように描くこと! 【雲のランダムさ】を第1に意識していきます。 「雲の左右」がしぼむように描き• なので、• 「雲の中央」が膨らみ• 「雲の左右のはしっこ」がしぼむ という【雲のシルエットの描き方】を意識してください。 はい!雲の形が描けたら、まだ「雲の影」は塗らずに置いておいてください。 「雲の影の色」はあとでまとめて塗るので、 まずは「雲の白色だけ」を空全体に描いていきます。 近くと遠くの「雲の大きさの変化」• 雲の「ナナメの角度」の変化• 雲の「大きさ」の変化 が、 空全体の構図バランスから「ズレている雲」が無いかチェックする。 ということです! どこか1つだけでも「ズレた雲」があると、そこの部分の「バランスの悪さ」が目立ってしまいます。 なので、空全体の雲の構図バランスを取るために、 一旦イラストを遠くから見て、• 構造線パースからズレた雲がないか?• 大きさの変化がおかしい雲がないか? ということだけ確認してください! 【雲の背景の描き方】は結局「影の塗り方」で全て決まる! 「雲の全体絵」が描けたら、最後に「雲の影」を描いて完成です! 影を入れるポイントは「入道雲の描き方」と基本的に同じです。 「太陽の位置」を決めたら、あとは太陽の位置を常に考えながら「白い雲」に影を塗っていきます! この雲一つ一つに「太陽の位置」をイメージしながら「灰色の影」を書いていきます。 まず簡単に「雲」に灰色の影を塗ります。 入道雲の影の描き方と• 普通の雲の影の描き方の 【影の塗り方の違い】です。 なので「影の塗り重ね」をかなり「少なく」します。 【普通タイプの雲の完成】です! ここで重要なポイントは• 全ての雲を細かく塗りすぎないこと!• 「巨大な入道雲の影」と「普通の雲の影」の塗り方は違う! ということです。 大きな雲は細かく塗り重ねてもいいが、• 小さい雲は簡単な影をつけるだけで充分! ということ。 雲それぞれは「不規則にランダムに描け!」と言いつつ• 空全体の中の「雲の統一性」は保て! という説明は一見「矛盾」のように聞こえます。 雲の形はランダムに! でも、雲の見え方 構図 までもランダムにしてしまっては、「空全体の統一性」が崩れてしまいます。 個々の雲の大きさやモコモコ感はランダムにしつつ、 空全体で見た時の「雲の配置」は必ず空全体のバランスを保って描く! それが【雲の描き方】です。

次の

シンプルな雲から複雑な積乱雲まで描ける! 夏空の描き方講座

空 イラスト

簡単な雲の描き方 空を描くときに力を入れるのは、やはり雲ですよね。 はっきりとした形がないものなので、描くのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。 最もカンタンな雲の描き方は、球を組み合わせで描く方法です。 フワフワしたイメージで、描線が固くならないように描きます。 雲にはいろいろな形があるので一概にはいえないのですが、下の方をやや平らにするように意識すると、立体的な雲に描くことができます。 また、リアルな雲を描くなら、普段から空を見上げてよく観察するくせをつけたり、写真などを参考にしたりするとよいと思います。 青空のグラデーション 画風にもよりますが、空をグラデーションにすると、大気の様子をリアルに描けます。 普通の青空なら水色~うすい水色(または白)でよいでしょう。 イラストの設定が真夏であれば、濃い青でグラデーションを作ると、暑い日中の青空を作れます。 上はグラデーションの見本です。 a がよくある青空で、水色(R:105、G:179、B:265)から白へのグラデーション。 b は夏の空用に作った濃い青色(R:5、G:29、B:191)から水色(R:105、G:179、B:255)へのグラデーション。 c はかなり濃い青色(R:0、G:31、B:114)から少し緑に寄った水色(R:183、G:255、B:251)による、少し緑も混じった深い色のグラデーションです。 キャラクターイラストの背景に合いそうです。 イラストの設定、雰囲気に合わせて色を作りましょう。 雲の塗り方 青空が出来たら、その上に雲を塗っていきます。 レイヤーは分けておいたほうが安心です。 ブラシは雲のあいまいな輪郭を表現できるようなものがよいでしょう。 ・CLIP STUDIO PAINTの例 CLIP STUDIO PAINTでは、エッジににじみがあり、モコモコしたストロークを持つ[にじみ縁水彩]サブツールを使ってみます。 水彩風のニュアンスは、雲の感じをだすのにぴったりです。 モクモクした雲の感じを出すために、図のように筆を動かしています。 雲の薄い部分は、青空がすけて見えます。 筆圧で濃い部分、薄い部分をうまく作って、雲の透明感を表現できるとよいと思います。 ブラシは下図のように動かしています。 少し青を混ぜたグレーを使って底の方に影を入れてみました。 まるで彩度のない影だと曇り空のようになってしまうため、空の色を混ぜて、晴れの日の透明感のある影にしたいところです。 立体感を意識しながら、塗りすぎずさらっと入れるのがコツです。 CLIP STUDIO PAINTの[指先]ツールを使うと、雲がちぎれたりかすれたりする部分のような表現ができます。 リアルな雲を描くのによく使われるツールです。 適当なブラシでざっくりとした雲を描き、[指先]ツールで雲のエッジを描写していくように描く人もいます。 上の作例のように[にじみ縁水彩]で雲のエッジを表現している場合は、あまり[指先]ツールを使い過ぎるとわざとらしくなるので、ほどほどにしておくとよいと思います。 ・Photoshopの例 Photoshopにも、たくさんブラシが備わっています。 [ブラシプリセット]で[ドライメディアブラシ]を表示したときに出る[粗い刷毛]で描いてみました。 ブラシのエッジがぼそぼそしているため、雲のはっきりしないりんかくを表現できます。 このブラシの場合、雲を形作るように筆を動かすと、思うような雲のエッジが出ないので、ポンポンポンと点をうつように描き、ブラシの筆先の形がそのまま雲のエッジになるようにしています。 このように筆の動きは、ブラシの特性によって変えるとよいです。 また、雲の真ん中あたりを[指先]ツール(さっきのとは違い、Photoshopの[指先]ツールです)でなじませています。 影を入れたら完成です。 影は不透明度を下げて[粗い刷毛]と[指先]ツールで描きました 水彩画風の空 透明水彩絵の具で描かれる空は、雲の部分を用紙の白で表現したりします。 水彩風のブラシで、水色を描画色にし、雲の部分を残すように塗っていくと水彩画風の空になります。 下の作例はCLIP STUDIO PAINTの[にじみ縁水彩]サブツールで描いたものです。 ブラシはランダムな動きで、軽く色を置くような感じで塗るのがコツです。 パースを意識する たくさん雲を描くときは、遠近感に注意します。 下図のようなパースを意識しながら、近い雲は上の方に大きく、遠い雲は下の方に小さく描くと、広大な空の奥行きを表現できます。 空の広さを表現するのに魚眼レンズのような歪みを取り入れるのも良いと思います。 おわりに 空の描き方、いかがでしたでしょうか。 特にに決まりがあるわけではないため、今回紹介したブラシや[指先]ツールを絶対に使わなければいけないということはありません。 イラストレーターによっては、写真から素材を作りそれをブラシにする方もいれば、[鉛筆]ツールのような特徴のないブラシで雲を描く方もいるでしょう。 イメージ通りの空になるように試行錯誤して、ベストな描き方を体得していただけるとうれしいです。 〈イラスト・執筆:横田まき〉 〈制作:株式会社サイドランチ〉.

次の

【空・雲の描き方】ブラシの種類、塗り方、遠近感で簡単に上達する

空 イラスト

スポンサーリンク 雲の描き方は【手順】をおぼえるだけ!誰でも「夏の背景イラスト」が描ける! 今回ここで教える【雲の描き方手順】をマネして描くだけで大丈夫! 絵の初心者でも「綺麗な空のイラスト」が描けるようになります。 練習することはたった1つ! 【雲の描き方の手順】を覚えるだけです。 なので、この【雲の描き方ブログ】を読み終わってる頃には、きれいな「空と雲の描き方のコツ」を理解しているはずです! 「雲の写真」を使いながら、1つ1つ丁寧に雲の描き方を解説していきます。 もし【絵を描く道具】がある人は一緒に描きながら雲の練習をしてみましょう! 「雲の描き方」はデジタルでもアナログでも【雲を描く手順】は同じ! 今回の「雲の描き方解説」はデジタルイラストで解説していきますが、 【雲を描いていく手順】自体は「アナログの手塗り」でもできる描き方です! アナログの方もデジタルの方も一緒に• 雲の塗り方• 雲のシルエットの描き方• 1つ目の雲はこの【入道雲の書き方】を解説してきます。 こちらは入道雲とは違い、「春夏秋冬」いつの季節でも使えるような「普通の流れていく空の雲」を解説していきます! この• 入道雲タイプと• またイラストや漫画のでも「雲を描く」と言ったらこの「入道雲」のイラストをイメージする方も多いのではないでしょうか この入道雲をめちゃ簡単に書けるコツを解説していきます! 入道雲はパッとみると、とても複雑で初心者の人は簡単に書けない、、と思いがちですが。 「空の青色」を紙全体に塗れたら、 最初におおまかな雲のアウトラインになる「雲の輪郭」を描いていきます。 なので、• 雲の決まった形• 雲を描くのに決まったマニュアル というのはありません! ただ「コツにする雲の描き方ポイント」があります。 雲の形とは基本「ランダム」で正解はありません。 風に吹かれたり、流されたりして刻々と形を変えるような「雲の形」には規則性や正解の形はないのです。 なので、「雲の形は常にランダムである」を意識して描くことが「コツ」です。 いかに自然に• リアルに描けるか ということが「入道雲の描き方」で一番最初のコツです。 このボコボコ感で一番意識してほしいのは、先ほど説明した「ランダムさ」です。 ランダムというのは「一定の規則性を使わず」に大きさを無作為に変えて描いていく。 というもの。 なので、 この「雲のボコボコ感」を書くときは、 必ず決まった形で連続して描かないように!• 小さいのボコボコを描いたら• 次は大きいボコボコを描く。 とにかく「雲の輪郭」が規則正しくならないように!ということだけ意識してください。 まずはこれが「1つ目のコツ」です。 規則正しく描いた雲の輪郭と• ボコボコが同じすぎてランダムさが無く、作り物感がハンパないです。 ただ、この雲はこの雲で「デフォルメしたイメージ」という意味の「シンプルタッチの絵柄のアニメの雲」であれば「アリ」かもしれません。 しかし「リアルな雲」「写実タッチな雲」という視点で見てみると「だめな雲」のような気がします。 夏の雲の背景を「リアル」にしたいなら「雲の輪郭」をサボってはいけない! このように「雲の輪郭だけ」でも、ランダムさを意識することで• 雲のリアルな雰囲気• 雲の全体の質感、立体感のレベル みたいなものに「違い」が出てきます。 「雲の輪郭」というのは、 いわばその雲の完成度につながってきます。 「雲の輪郭が上手く描けない!」って人は【描き方テンプレ】で背景を練習しよう 「雲を描くのが苦手」な方の中には、• 「雲の輪郭」がそもそも描けないよ!• 雲の輪郭がうまく作ることができない! という方もいるはずです。 これで「雲のベース」ができました! 後は、この雲のベースの中に「雲の影」をつけ、「雲の立体感」を描いていきます。 「雲の影」を塗っていく「手順」がグチャグチャになると、雲の描き方が「より複雑」に感じ、失敗しやすくなってしまいます。 雲の描き方では「雲の影の色」をまず決めよう! 基本的に「入道雲の影色」というのは皆さんのお好みでいいです。 ここはお好みで使い分けてみてください。 雲というのは必ずどちらかの方向に「太陽」があります。 雲の影の位置や• 雲の影のつき方• 雲の雰囲気 というのは変わります。 なので、 必ず雲の影を塗る前に、「太陽の位置」を意識して「影」をつけていきましょう。 「光源の位置」を決めないまま塗ってしまうと、下の絵のように「光源の統一感」がなくなり、おかしな立体感の雲になってしまいます。 太陽の位置で「雲の影の描き方」を考えると、雲の立体感は自然になる。 今回は太陽を「左右の雲の真ん中」にある。 ぼかすところと• クッキリ残す部分 をバランスよく配分して影を塗ることです。 このように「クッキリ残す部分とぼかす部分」を混ぜてあげるとより「雲の立体感」が際立ちます。 この点を注意して影を塗ることが「雲の書き方」のコツです。 では、あと3回ほどこの白色と灰色の塗り重ね送り返してみましょう。 なのでこの白色のモコモコの輪郭はくっきり残しましょう! それか少し部分的にぼかすのもありです。 ですが「雲とはランダム」です。 このように綺麗に左側だけに「影ができる」ことは不自然です。 なので「影」をバランスを見ながら入道雲の全体的に増やしてあげましょう。 ただし、あくまで「太陽は右側」にあるので左側が基本的に影が多くなるように意識した上で「雲の影をプラス」していきます。 小さい影を足したり• 同じような大きさの影ばかりではなく、小さい影、大きい影を交ぜながらいろんな大きさの「灰色の影」が所々にありますよね。 このように• 影の塗り方• 影の位置• 影の配置バランス が分からなくなったときは、 必ず想像で書くのではなく、「本物の雲の写真」をよく見ながら「自然のバランス」をイメージして塗りましょう! 雲の描き方が苦手な人は【少し描いて、少し確認】を「自分のイラストルール」にしよう! 「雲の影のバランス」で失敗すると、今までの【全ての工程が無駄】になってしまいます。 雲を描き慣れてない人は、必ずちょっとずつちょっとずつ「影を足していく」ように塗っていきましょう。 何なら• 影を少しプラスしたら• 絵を一旦自分の目から遠く離して見る これの繰り返しで「雲の描き方」をやってみて下さい。 「空の全体的なバランス」を確認しながら書くことで「雲のバランス」を崩さずに塗っていくことができます。 この時にずっと「絵の近く」だけを見ながら塗っていくと、全体的な「雲のバランス」を把握できないまま塗ってしまい【失敗の原因】になります。 「雲のランダムさ」• 「雲の影の位置」• 「雲の膨らみ」 がしっかり「雲の塗り方」に出ていますよね。 アクリル絵の具や• デジタルイラスト 向きの「雲の描き方と塗り方」です。 夏の入道雲タイプ• ここは「入道雲の書き方」と同じです。 最初に背景を「青色」に塗りつぶすことで「雲のシルエット」を捉えながら描くことができます! 背景全体を「青色」に塗ったら、• どんな雲を描きたいか• どんな空を描きたいか を必ずイメージしてください! イメージしないまま描き始めると、絶対に「雲の構図や背景バランス」がバラバラになります。 なので、 雲を描くまえに「自分が描きたい雲」の写真などを背景資料にしながら描くと、よりリアルな雲が描きやすいです。 ということです。 【雲の方向性がナナメ】とはどういうことか? 下の雲の画像を見てください。 「上空」に行くほどナナメ角度が強くなり• 自分から見て「上空にある雲ほど」ナナメに浮かんでいるように見え• 「地平線近くに見える雲」ほど「平行に近い雲」として見えます。 なので【雲を描くとき】に注意するのは、 この「雲の見え方の角度」です。 自分から近い雲ほど大きく見えて• 自分から遠くにある雲は小さく見えます。 「自分の手前にある雲」ほど大きく見え• 「自分から遠い雲」ほど小さく見える ということを意識して描きましょう。 しかし、 これだけだといたって「当たり前の遠近感の話」です。 ここで重要なのが【地球が球体】であるということです。 Aの近くにある雲ほど「自分の上空に」「大きく見える」• Aから遠くにある雲ほど「小さく見える」地平線の近くに見える」 【理由】です。 このように空間の断面図で考えることで、• なぜ「近くの雲」が上空に大きく見え• なぜ「遠くの雲」が地平線の近くに小さく見えるのか? ということがより解りやすくなると思います。 これを理解しているか、していないか。 で【空や雲の描き方】に断然、ちがいが生まれます。 【空や雲の見え方】を知ることで「不自然な背景イラストになる失敗」を防ぐ描き方ができる! 【空や雲の描き方を理解していない】場合、 こんな空になったりします。 1つ目は雲は「平行に浮かんでいない」雲の「ナナメの角度」に気をつけよう!• 2つ目は地球が「球体」だからこそ、近くの雲は上空に大きく見え、遠くの雲は地平線の近くに小さく見える。 この2つが雲の描き方の【注意点】です! この2つのことを注意するだけで、 【空や雲のイラスト】は格段に上手くなり、自然な空や雲の背景を描くことができます!• 「空の絵が下手、、」• ということをせず、 一旦「白色だけの雲」を空全体に作っていきます! 空全体に白色の雲を全部作ったあとに、最後に「雲の影」を塗り重ねていく。 という感じで作っていきます。 この時「球体パースの角度」を注意しながら「影」を置いていきましょう。 近くの雲ほど大きく、遠くの雲ほど小さく• 球体の構造線パースの角度に沿うように「雲の傾き」を決めること• 近くの雲ほど「上空」に、遠くの雲ほど「地平線の近く」に描く 【この3つのこと】に注意して「雲を配置」していきましょう! まずは「真っ白の雲だけ」作っていきましょう! 「雲の形」はなるべく「ランダムに」コピーしたような雲を量産しないように注意! コツはひとつひとつの「雲の形と大きさ」を揃わせすぎないように描くこと! 【雲のランダムさ】を第1に意識していきます。 「雲の左右」がしぼむように描き• なので、• 「雲の中央」が膨らみ• 「雲の左右のはしっこ」がしぼむ という【雲のシルエットの描き方】を意識してください。 はい!雲の形が描けたら、まだ「雲の影」は塗らずに置いておいてください。 「雲の影の色」はあとでまとめて塗るので、 まずは「雲の白色だけ」を空全体に描いていきます。 近くと遠くの「雲の大きさの変化」• 雲の「ナナメの角度」の変化• 雲の「大きさ」の変化 が、 空全体の構図バランスから「ズレている雲」が無いかチェックする。 ということです! どこか1つだけでも「ズレた雲」があると、そこの部分の「バランスの悪さ」が目立ってしまいます。 なので、空全体の雲の構図バランスを取るために、 一旦イラストを遠くから見て、• 構造線パースからズレた雲がないか?• 大きさの変化がおかしい雲がないか? ということだけ確認してください! 【雲の背景の描き方】は結局「影の塗り方」で全て決まる! 「雲の全体絵」が描けたら、最後に「雲の影」を描いて完成です! 影を入れるポイントは「入道雲の描き方」と基本的に同じです。 「太陽の位置」を決めたら、あとは太陽の位置を常に考えながら「白い雲」に影を塗っていきます! この雲一つ一つに「太陽の位置」をイメージしながら「灰色の影」を書いていきます。 まず簡単に「雲」に灰色の影を塗ります。 入道雲の影の描き方と• 普通の雲の影の描き方の 【影の塗り方の違い】です。 なので「影の塗り重ね」をかなり「少なく」します。 【普通タイプの雲の完成】です! ここで重要なポイントは• 全ての雲を細かく塗りすぎないこと!• 「巨大な入道雲の影」と「普通の雲の影」の塗り方は違う! ということです。 大きな雲は細かく塗り重ねてもいいが、• 小さい雲は簡単な影をつけるだけで充分! ということ。 雲それぞれは「不規則にランダムに描け!」と言いつつ• 空全体の中の「雲の統一性」は保て! という説明は一見「矛盾」のように聞こえます。 雲の形はランダムに! でも、雲の見え方 構図 までもランダムにしてしまっては、「空全体の統一性」が崩れてしまいます。 個々の雲の大きさやモコモコ感はランダムにしつつ、 空全体で見た時の「雲の配置」は必ず空全体のバランスを保って描く! それが【雲の描き方】です。

次の