ツナ シーチキン 違い。 ツナとシーチキンの違い

「ツナ」と「シーチキン」の違いとは?詳しく解釈

ツナ シーチキン 違い

ツナ缶の意味 ツナというのは、魚の種類のことをあらわしています。 ツナ:hunniniという言葉には「マグロ属」という意味があり、スズキ目サバ科マグロ属という種類の魚の種類をさしています。 このスズキ目サバ科マグロ属には、本まぐろと呼ばれるクロマグロや、キハダマグロやビンナガマグロという魚が属しています。 ところが、ツナ缶によく使われているカツオはマグロ属ではありません。 カツオはスズキ目サバ科カツオ属という種類に属している、いわばマグロとは親戚関係なのです。 これらの魚を加工して缶詰にしたものを「ツナ缶」と呼んでいるので、誰が作っても「ツナ缶」と呼ばれます。 シーチキンの意味 シーチキンというのは、日本の静岡県にある「はごろもフーズ」という会社が作るツナ缶のことです。 「シーチキン」というのはこの会社の登録商標、つまり商品名なのです。 ツナ缶といえばいなば食品もトップメーカーですが、いなば食品の製造したものはシーチキンではないということです。 もともとはごろもフーズはビンナガマグロの油漬けの缶詰を作っていたのですが、「油漬け」という言葉が当時の若い世代には「車を連想させる」こと、原料として使っているビンナガマグロの身が鶏肉のように白かったので別名「海の鶏」と呼ばれていたことから、「シーチキン」と名前を変えて売り出すことになったそうです。 ツナ缶とシーチキンの用例 厳密にいうとお料理のレシピに「シーチキン60g」と書いてあって場合は、はごろもフーズが製造しているシーチキンという缶詰を使わなければなりません。 他の会社が出しているツナ缶は使用しないということになります。 これが「ツナ60g」と書いてあれば、どこの会社であろうと、自分の好みの会社が作ったものを使うということになります。 ツナでもシーチキンでも美味しいものは美味しい サバ缶がもてはやされる前はツナ缶ブームがありました。 お魚が苦手という人も、ツナ缶は大好きという人が多いはず。 一時期シーチキンは、ツナ缶市場の5割近くを占めていましたので、その美味しさがそのツナ缶ブームを引っ張っていたともいえるでしょう。 価格も安定していてさまざまな料理に使えるツナ缶は、もはやブームに左右されないスタンダードな食品といえるのではないかと思います。

次の

「ツナ」と「シーチキン」の違い

ツナ シーチキン 違い

つまり、 「ツナ」はそのままマグロのことを表す言葉です。 しかし、日本ではこの 「ツナ」と聞くと、いわゆる 「シーチキン」を想像してしまうことが多いでしょう。 また、カタカナ語を英語の解釈そのままで使うこともないので、一般に 「ツナ」と言えば、そのシーチキンのようなマグロが原料となっているフレーク状でオイルに浸した食品のことだと考えていいでしょう。 「シーチキン」の概要 「シーチキン」は、はごろもフーズから発売されている先のような食品のブランド名です。 商標登録もされていますが、違う名称の類似製品も多く発売されており、それらもまとめてそう呼んでいる人も多いでしょう。 ですが、正しく 「シーチキン」と呼べるのは、はごろもフーズからこの名称で発売されている製品のシリーズだけです。 「ツナ」と「シーチキン」の違い よって、 「ツナ」は、本来の意味での 「シーチキン」と、それと類似する製品を一緒くたにした呼び方だと考えていいでしょう。 「シーチキン」は、その 「ツナ」の中ではごろもフーズが発売しているものだけになります。 尚、その 「シーチキン」や 「ツナ」と呼んでいるもの全ての原料がマグロだという訳でもありません。 例えば、はごろもフーズから 「シーチキンマイルド」という製品名で発売されているものの原料はカツオです。 他社から発売されているものにもカツオが原料のものがあり、具体的にはビンナガマグロやキハダマグロ 他のマグロの場合もあります 、カツオが原料となっています。 まとめ 「シーチキン」と呼べるのはそのような製品名で発売されているものだけで、他の類似製品も含めて 「ツナ 缶 」と呼ばれていると解釈していいでしょう。

次の

「ツナ」と「シーチキン」

ツナ シーチキン 違い

ツナとシーチキンの違いはなに? ツナとシーチキンは、いったい何が違うんでしょうか? 結論から言うと、 シーチキンははごろもフーズから販売されているツナ缶の商品名です! たくさんのツナ缶の商品の中に、シーチキンという商品名があるんですね。 数あるツナ缶の商品中でも 大半をシーチキンが占めているので、ツナ=シーチキンと認識する人が増えたようです。 なお、シーチキンに使われる魚はマグロだけだと思いがちですが、カツオを使ったものもたくさん販売されています! ツナとは? ツナは、 マグロやカツオなどの魚を原料として作られた加工食品全般のこと! ツナの語源は マグロを意味する英単語の「tuna」から来ています。 カツオはツナではないと思われがちですが、tunaはマグロ族全般を指すため カツオも含まれます。 マヨネーズと和えたいわゆる「ツナマヨ」は、おにぎりやサンドイッチの定番かつ人気の具材ですよね! シーチキンとは? シーチキンは、 はごろもフーズが商品登録地しているツナ缶の商品名! ツナ缶の大半をシーチキンが占めているため「ツナ=シーチキン」と思いがちですが、 はごろもフーズ以外のメーカーのツナ缶をシーチキンと呼ぶのは間違いです。 「海の鶏肉」を意味する「シーチキン Sea chicken 」という名前の由来は、ささみのようにタンパク質が豊富で、食感も鶏肉のささみに似ているからなんだそう。 ちなみにカツオを使用したものは、「シーチキンマイルド」として販売されています。 マグロとカツオならどっちがおすすめ? ツナやシーチキンには主にマグロやカツオなどの魚が使用されていますが、 どっちを買ったほうが良いんでしょうか? マグロとカツオ、それぞれの違いを簡単に表にまとめてみました! マグロ カツオ カロリー 高い 低い 脂質 高い 低い 値段 高い 安い マグロを使用したもののほうが全体的に値段もカロリーも高め! カロリーや脂質などは高くなってしまいますが、そのぶん マグロのほうがカツオよりも美味しいと言われています。 カツオは生臭さやクセが少しあるようで、人によってはそれが気になってしまうかもしれませんが、加熱調理をすればカツオ独特の風味もそれほど気にはなりません。 味にこだわる方であればマグロ、カロリーを気にしている方やコスパにこだわる方であればカツオを選ぶのがおすすめです! まとめ 以上、ツナとシーチキンの違いや、マグロとカツオのどっちがおすすめかを紹介しました! ツナはマグロやカツオを原料とした加工食品全般のことで、シーチキンははごろもフーズが販売しているツナ缶の商品名! シーチキンははごろもフーズの商品登録なので、はごろもフーズ以外のメーカーのものをシーチキンと呼ぶのは間違い。 またマグロとカツオ、 どっちを買うか迷ったらマグロを買うのがおすすめ! 値段もカロリーも高くなるのですが、 カツオに比べると独特のクセなどはなく美味しいです。 できるだけ低価格で買いたい方や、カロリーを気にしている方はカツオのほうを選ぶと良さそうです!.

次の