マンウィズ 正体。 MAN WITH A MISSIONの正体

MAN WITH A MISSIONの素顔や正体!マンウィズを徹底網羅【画像付き】

マンウィズ 正体

狼の被り物で有名な日本屈指の人気バンド「MAN WITH A MISSION」。 音楽ファンの間では「マンウィズ」の略で知られ、かっこいい音楽はフェスやワンマンを満員に埋めるほど需要があります。 結成当初は「どうせコミックバンドだろ」などイロモノ扱いでしたが、今となってはフェスにいれば絶対に見なきゃいけない大物バンドにまでなりました。 マンウィズに関して、最初誰もが思うのは「中の人は誰?」ということです。 あれだけ良い曲を量産して、ライブでの演奏がうまくて、MCも面白くて、今まで素人だった人が急にやりだしたとは考えにくいです。 実はマンウィズの元々の正体は、ほとんどの音楽ファンの間でなんとなく割れてます。 MAN WITH A MISSIONの正体はグランツ説の証拠 マンウィズの登場した時期と設定 一時期、国内ではビークルなど覆面バンドが売れてた時期があります。 マンウィズが狼をかぶって登場した時期は2010年なので、ビークルの全盛期よりも後ろです。 一応、マンウィズの設定では「頭はオオカミ、体は人間という外見」。 「ジミー・ヘンドリックス博士が作り上げた究極の生命体5人で構成される日本のロックバンドです。 」 という、これまでの覆面バンドよりも世界観が深い感じです。。 笑 ちなみに グランツの活動期間は2002年から2010年なので、MAN WITH A MISSIONと入れ替わりの時期ということがわかります。 MAN WITH A MISSIONのメンバー構成と同じ バンド名の意味では「MAN WITH A MISSION」は日本語で「使命を持った男」ということです。 メンバーはDJを含めた5人です。 Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ):ボーカル担当兼リーダー Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー):ボーカル兼ギター担当 Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ):ベース担当 DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ):DJ担当 Spear Rib(スペア・リブ):ドラム担当 ちなみにグランツのメンバー構成は、 Tsuyoshi:ボーカル担当 Nishida:ベース担当 Hiroshi:ボーカル兼ギター担当 Nakajima:DJ担当 Yumiza:ドラム担当 と マンウィズとメンバー構成が全く一緒ということがわかりますね! 10FEETと仲良し グランツはバンド活動をしてた当時から10FEETと仲良しで、ライブで共演も果たしてました。 そして現在のマンウィズも10FETTと仲良しで共演もされてます。 メンバーのやり取りを見てる限り、同年代のようなので、その点怪しいです。 仮にマンウィズが2010年からの純粋な新人バンドだったとしたら、もっと10FEETとはへこへこしてないとおかしいですから! ということで、業界の仲良しな友達を受け継いでる意味でも、マンウィズのグランツ説は強いです。 Grantzのカバー曲をMAN WITH A MISSIONも演奏 かつてグランツは、ニルバーナの名曲をカバーしていました。 そしてマンウィズも、同じくニルバーナの楽曲をカバーしてます。 しかも、同じ 「Smells Like Teen Spirit」で、アレンジもほとんど同じ・・・笑。 全く同じ曲を同じ風にカバーしてる点でも、マンウィズとグランツは被ってます。 さらに MAN WITH A MISSIONと所属事務所eggman Co. ,Ltdとeggman社長と、グランツの当時の形とかぶってる点がモロにあります。 このような点からも、マンウィズがグランツであったことは丸わかりですね! マンウィズの素顔はグランツでバレバレ? 元グランツだった証拠がいくつも上がっているということで、気になるマンウィズメンバーの素顔もそのままと考えても良さげです。 しかし、グランツというのは、活動してたときからメディアで目立っていたわけではなく、 今になってグランツのメンバーの画像を探しても多くは出てきません。 今後、マンウィズが覆面を外すことは無さげなので、リアルタイムの素顔はわからないままになりそうです。 年齢的に GRANTZ時代よりも20歳は年を食ってると考えると、今の顔というのは想像が難しいです。 マンウィズメンバーの Twitterなどを見てると、 普通にライブ観戦してたり、そこらへんで食事してたりしてるので、ほかのアーティストからしたら相当羨ましいでしょうね・・・。 いくらおじさんになっても人気に影響が出ないのは強みです。。 笑 ただ、彼らが覆面にしたから売れたというわけではないことは確かです。 GRANTZ時代からコツコツと活動の幅を広げて人脈も付けていたのですから。 曲も良くてパフォーマンスも良い。 誰でも真似できるバンドではないのは確かです。

次の

MAN WITH A MISSIONは年齢的に結婚し子供いる?黒塗り・本名(画像)

マンウィズ 正体

今やオオカミといえば通じる覆面バンドの「MAN WITH A MISSION」。 出だし当初から楽曲のセンスが凄まじく、多くの音楽ファンに愛されていましたが、ここ近年はメディアへの露出も増え、一般的にも名前と顔(着ぐるみ?)が浸透してきました。 多くの方がMAN WITH A MISSIONに関して 「中身はどんな人たちなのだろう?」と疑問に感じてると思います。 彼らがどういう経歴で辿ってきたのか、過去にはどのような活動をしていたのかな。 MAN WITH A MISSIONの前身バンドに関してはネットで調べれば情報はすぐに出てきます。 彼らのは前身は「 GRANTZ」という2001年から2009年(マンウィズが結成される前年)まで活動されたバンドで間違いないです。 MAN WITH A MISSIONの正体がGantzという証拠 マンウィズの正体がグランズである根拠はたくさんあります。 まずはグランズの解散時期と、マンウィズの結成した時期が流れとして綺麗すぎるということ。 またはマンウィズが登場して以来、元グランツメンバーの情報が出てこないということ。 メンバーの楽器構成、所属事務所や社長との関係、仲の良いバンドまでもがグランツと同じです。 そもそもボーカルの声が似過ぎ・・・というよりほぼ一緒!ということです。 メンバーの構成・ポジションが一緒 グランツもマンウィズもメンバーは5人です。 楽器のポジション的に誰が誰になったか憶測するのは簡単です。 グランツメンバーはTsuyoshi Kataoka Vo 、Hiroshi Yoshisue Gt,Cho 、Shinichi Ishikawa Gt,Cho 、Akito Nishida Ba 、Hiroaki Nakajima Dj。 マンウィズメンバーはTokyo Tanaka Vo 、Jean-Ken Johnny Gt,Cho 、Kamikaze Boy Ba 、DJ Santa Monica DJ 、Spear Rib Dr。 据え置きするだけでメンバーが誰なのかわかります。 カバーする曲や音楽性・ボーカルの声 グランツはニルバーナの 「Smells Like Teen Spirit」のカバーをしていましたが、MAN WITH A MISSIONも同じくカバーしてます。 アレンジも似てます。 当時のグランツは80年代、90年代の洋楽ロックに影響されていましたが、マンウィズメンバーの言及などを見てるとグランツのかつての音楽性と被る部分が多いです。 さらにはグランツ時代に使用していたリフがそっくりに使用された曲がマンウィズにあったりもします。 そもそもマンウィズの 「ROCK IN THE HOUSE」という曲が、グランツが解散する前の2009年に発表してたりもします・・・。 曲のタイトルは違っても、グランツ時代に使ってた曲を多く受け継いでます。 事務所や社長との関係。 eggmenの西田代表 現在のマンウィズが所属してる事務所及びレコード会社がグランツ時代の関わりと同じです。 マンウィズの所属レコードレーベルはソニー・ミュージックレコーズで、所属事務所はeggman Co. ,Ltdです。 さらにはマンウィズと関わりの深い 渋谷のライブハウスの「エッグマン」。 このeggmenの代表の 「西田旭人」さんという人物が、実は元グランツのベースなのです。 マンウィズが頻繁にライブをする場所であったり、初ライブもこのエッグマンでした。 マンウィズのカミカゼさんが西田さんだと考えると、色々と辻褄が合います。 ちなみに過去に西田さんがジョニーさんに質問してる面白いインタビューがあります。 仲良しの同期バンド 10feetなど グランツは2003年に「SHOW FIELD」というライブイベントを企画し「10-FEET」と共演されています。 現在のマンウィズも10FEETとは仲良しです。 その他、同じ世代のバンドマンとの交流が深く、グランツ時代のコネをそのまま引き継いでいます。 この友人関係の面を見ても、マンウィズが元グランツの可能性は極めて高いと思います。 仮に2010年に純粋に活動を始めた新人バンドであれば、今の友人関係は先輩たちに失礼な感じになって、相手のファンからも怒られてしまいますから。 mixiのGRANZのコミニュティ グランツが解散してしまった2009年は「ミクシィ」が流行ってた時代でした。 当時のミクシィにはグランツのコミニュティがあったのですが、そこで後にオオカミバンドに化ける布石のような書き込みがあるのです。 この頃のことを知ってる人からすると、マンウィズメンバーが元グランツであることを隠そうともしてない印象を持っていると思います。 GRANTZ(マンウィズ)の素顔 ちなみに現在のマンウィズメンバーの素顔について知りたい方は多くいると思います。 一応はネットなどでも自分らの顔が出ないように注意されてるようで、簡単には出てきません。 それでもグランツ時代の画像を探せば、なんとくどんな顔の人たちなのかわかるはずです。 20年近く昔の画像なので、この頃よりもどれだけ変わっているのかは分かりませんが・・・。 ちなみにドラムのリブさんは現在ので2代目なので。 元グランツのメンバーからでは検討もつきません。

次の

マンウィズの正体「GRANTZ」がオオカミバンドになった理由は?マンウィズの「使命」の本当の意味とは?

マンウィズ 正体

on Aug 6, 2017 at 9:42am PDT 狼バンド・マンウィズのメンバー構成は、• Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)• Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)• Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)• DJ Santa Monica(ディージェイ・サンタ・モニカ)• (他のメンバーは話すことができません。 マンウィズ=Grantzってマジ? その素顔や経歴に注目されるのは、素顔を隠したバンドの宿命。 本人たちは Grantzの楽曲をマンウィズがカバーしてる? マンウィズのデビューミニアルバム「WELCOME TO THE NEWWORLD」の収録曲 「ROCK IN THE HOUSE」は、 Grantzが2008年にリリースした曲であり、すでにこの時点で隠す気がないような気もします。 ちなみに、マンウィズの『ROCK IN THE HOUSE』の作詞は Kamikaze Boy ベース と Jean-Ken Johnny ギター・ボーカル・ラップ Grantzの『ROCK IN THE HOUSE』は、 Akito Nishida ベース と Hiroshi Yoshisue ギター・ボーカル・ラップ 担当パートが見事に一致していますしね。 この他、Grantzの• 「7月の雨(RAIN OF JULY)」• 「Nothing's Gonna Change My Way」 もマンウィズがカバーしています。 MWAM(マンウィズ)の人気が高まるに連れ、最近ではiTunesでもGrantzの当時の曲のラインナップが増えてきました。 Grantzの名曲『SUPER MAN』のイントロは、マンウィズの『 Tales of Purefly』のVitamin64にソックリですが、この曲に改めて心打たれるMWAMファンが増えているようです。 Kamikaze Boyと所属事務所の社長との関係 株式会社エッグマン(shibuya eggman)の代表はGrantzのNishidaこと西田旭人氏ですが、この方がマンウィズのベーシストKamikaze Boyである!と読み取れる証言がネット上でも多く見受けられました。 一つは、某ブログにマンウィズメンバーの過去について触れられている記事があり、その中でKamikaze Boyの経歴にも言及されています。 Kamikaze Boy=N君• 過去にドライビングフォースというバンドに所属していた(ブログに記載されているバンド名は間違みたいです)• 株式会社エッグマンの社長になった ドライビングフォースというバンドについては、GrantzメンバーのYumizaがブログでその存在に触れており、某ブログの記事と辻褄が合います。 また、SKULL MANIAという音楽イベントに件の西田社長が駆けつけたそうですが、そこでは狼の被り物で会場を盛り上げたとか。 該当のイベントは マンウィズ結成前のようですが、、、 この頃からすでに構想があったんでしょうか?.

次の