バクマン 最終 回。 鬼滅の刃完結!ジャンプ人気絶頂での終わり方が凄い!感謝の声や最終回を惜しむ声も|鬼滅の刃ワンピースネタバレトレンドまとめ!超ラジオ局

鬼滅の刃完結!ジャンプ人気絶頂での終わり方が凄い!感謝の声や最終回を惜しむ声も|鬼滅の刃ワンピースネタバレトレンドまとめ!超ラジオ局

バクマン 最終 回

(少年ジャンプ42号 空知英秋/集英社) でもこのたび少年ジャンプ2018年42号で、 『銀魂』の14年に渡る長期連載が遂に完結してしまいました。 ただ、そこは『銀魂』。 やはり「普通の最終回」では終わらせてくれませんでした。 『アイアムアヒーロー』や、の比ではないほど、今回の銀魂の結末は軽く炎上気味。 逆に、こんなヒドい最終回を掲載してしまった少年ジャンプの勇気を讃えなければいけないほど。 そこで今回ドル漫では 「銀魂の最終回・最終話」のネタバレ感想をレビューしていこうと思います。 果たして、銀魂の結末はいかに!?坂田銀時の運命は!?一体どんな最終回を迎えたのか? 【銀魂】最終回・最終話までのあらすじ解説 まず『銀魂』が最終回を迎えるまでのあらすじを解説。 主人公・坂田銀時たちは「虚(うつろ)」と壮絶な戦いを繰り広げていた。 虚はかつて「吉田松陽」と呼ばれて、主人公・坂田銀時の師匠だった人間。 既に死亡していたと見られていたものの、しかし吉田松陽は「龍脈(アルタナ)」の力で復活し、今まさに 虚は江戸を…そして地球を破壊しようと目論む。 この虚の前に立ちはだかったのが、かつての弟子だった坂田銀時。 そして、万事屋で働く志村新八や神楽。 真選組。 かつて敵だった者たちでさえ、今まさに地球と江戸を守るために虚に一致団結で立ち上がる。 だから、『銀魂』の最終盤はギャグ展開などどこへやら、まさに「少年バトル漫画的な王道ストーリー」をひた走ってた。 そして、人間の中には本来存在しないと思い込んでいた「希望の光」を垣間見た。 定春がオルタナの暴走を食い止めため、虚はもう復活できない体質になってしまう。 そこで虚が最後に選んだ道は自死。 「 君は吉田松陽を救えなかった。 君の死を救える私はもういない」と坂田銀時に最後の言葉を残して虚は自ら消滅。 それから2年後。 江戸は徐々に復興の道を辿るが、万事屋のメンバーたちはバラバラになっていた。 …みたいな場面から『銀魂』最終回のストーリーが始まります。 【最終話】2年後の江戸に再び虚が復活! 2年後の江戸は同じようで何かが変わっていた。 (銀魂74巻 空知英秋/集英社) そして、江戸の 新しい総理大臣には桂小太郎が就任していた。 ドナルド・ヅランプと紹介されると、間髪入れずの「桂だァァァ!」の鋭いツッコミは健在。 近藤勲はゴリラと結婚し、それぞれの人生を歩み、それぞれが成長を遂げていた。 しかし、そんな江戸にも不穏な空気が流れていた。 天導衆には不死身の虚の血が流れており、どうやら虚復活の兆し。 まさに「絶望」が江戸を再び襲おうとする中、かつての「万事屋」が立ち上がる。 二年前に取り戻せなかったものを今度こそ取り戻す戦いが始まる。 あの日常を取り戻すため、みんなと再び一緒に前へ踏み出そう。 かつてのキャラクターたちが集結し、今度は「万事屋の願いを叶える万事屋」になる。 (銀魂最終話 空知英秋/集英社) そう! 最終回なんぞに俺たちは止められない!ゆこう!最終回の向こう側へ!戦いはまだまだ終わらない!俺たちの戦いはジャンプGIGAからだ!…という打ち切り漫画の結末臭満載で表面的に完結。 つまり、 『銀魂』の最終話は実は最終話ではなかったから炎上したというオチwwwいわば仮最終回。 ただし、本当に打ち切りになったわけではなく、『銀魂』のガチの最終話はジャンプGIGAに今後掲載される予定。 「これからもまだまだ俺たちの冒険は続くぜぇ」という終わり方で、マジでまだまだ続くパターンは『銀魂』の最終話がマンガ業界初。 ジャンプ作家も少年ジャンプ終わりの巻末コメントで、何を喋ろうか迷ったに違いない。 今回の仮最終話の編集者コメントも「 空知先生の次回作には期待しないでください」とフザけ倒してるのが草。 少年ジャンプGIGAで結局「完結」したのか? じゃあ、少年ジャンプGIGAで『銀魂』は果たして最終回を迎えたのか? そこで少年ジャンプGIGAで最終的に掲載された「最後の701話」の中身をチェックしようと思います。 この701話が本当に銀魂の最終話だったのかネタバレの内容はざっくり気味にレビューしようと思います。 (銀魂701話 空知英秋/集英社) ただ、ついに「虚(うつろ)」は復活してしまう。 しかしながら、「 私の願いは一つだけだよ。 虚(わたし)を消し去ることだ」と語るものの、虚の表情はどこか悲しげ。 何故なら、虚は吉田松陽としての人格が支配していたからから。 そこに現れた高杉晋助が「 そりゃねぇだろ。 俺達ゃアンタを救うためだけに必死にここまで来たんだぜ。 なのに自分を消す?先生…なんだろ?俺達と一緒に松下村塾に帰ろうぜ…」と説得を試みようとする。 果たして、虚こと吉田松陽を救うことはできるのか?万事屋と江戸の運命は?…というのが最終回までの大雑把な流れになります。 銀魂の最終回は「スマホ公式アプリ」で完結するってよ ということで、実は少年ジャンプGIGA最後の話を読んでも分かるように、やっぱり『銀魂』は完結してません。 実は少年ジャンプ本誌を含めて、その後も完全に終わる終わる詐欺は続行されてました。 (銀魂スマホ公式アプリ) じゃあ、『銀魂』はどこでいつ完結するのかというと、「銀魂公式アプリ」。 でも、「予定」の表現の連続。 当初は「銀魂が完結するのは数年後の可能性も?」「最終回を迎えるまで不透明感も漂う」などとドル漫では予想しましたが、実は銀魂76巻の巻末に「77巻完結巻」とばっちり表記されてた。 ここまで完結を先延ばしにされてたので個人的に完全に読み流してましたが、予定してた残りのストーリーもボリューム感は実際そこまでなかった裏返しなのでしょう。 そのため銀魂の完結が先延ばしされる可能性も実は低かった。 とはいえ、少年ジャンプで完結を迎えてから既に一年以上経過してるわけですが(笑)、続いては銀魂最終77巻のネタバレ感想をレビューしたいと思います。 銀魂は一体どんな結末を迎えたのか? 【ネタバレ感想】銀魂はどんな風に結末を迎えたのか? 既に少年ジャンプ and 少年ジャンプGIGAの話はある程度レビュー済みなので、最終77巻の後半分の内容はサクッと考察したいと思います。 (銀魂最終77巻 空知英秋/集英社) 何故なら、 高杉晋助の「魂」は死んでいなかったから。 虚に支配されたと思っていた高杉晋助は虚に操作されておらず、吉田松陽を殺したと思っていた場面も、実は高杉晋助が自ら切腹しただけ。 ここらへんの描写は少し分かりづらいんですが、坂田銀時の後ろにいる高杉晋助はあくまで影。 本当に背後に立ってるわけではない。 画像は「 坂田銀時を今まさに攻撃しようとする虚を体内から高杉晋助の意志が食い止めてる」という状況を表現してる。 そして、坂田銀時はこれまでの悲しい記憶も楽しかった記憶もつぶさに思い返しながら、最後の一振りを虚にぶつける。 高杉晋助に食い止められ為す術もない虚ろは、「 人は虚ろだ…だがそれを知るがゆえ、人を容れ、人の中に生き、死別をもってさえ滅ぶことなく魂にあり続けられるのか」とすべてを悟ったかのように死亡する。 虚には勝利したものの、坂田銀時はすぐに振り返ることはできなかった。 そこには高杉晋助の息も絶え絶えの肉体があったから。 坂田銀時は高杉晋助の体を支えながら、最後のひとときを過ごす。 吉田松陽との思い出や幼い頃から共に過ごしたこと。 (銀魂最終77巻 空知英秋/集英社) そして、坂田銀時が白夜叉時代だったときのこと。 確実に死が迫ってる状況に思わず表情が歪む坂田銀時に対して、「 俺の潰れた左目はあの日、最後に見た光景を焼き付けたまんま閉じられた…右目が閉じる時までふぬけたツラ見せてんじゃねぇよ」と高杉晋助。 最後は涙をこらえながら、坂田銀時は「 地獄で首洗って待ってな高杉。 勝ち逃げはさせねぇ」と高杉晋助をあの世へ送り出す。 決壊すればさらなるアルタナの暴走は必至。 そこで吉田松陽は自らのアルタナを逆流させ、ターミナルが吸い上げるアルタナと相殺しようと試みる。 坂田銀時たちが紡いだ未来を守ろうと試みる しかし、一人だけ犠牲になろうとする吉田松陽に対して、志村新八と神楽は坂田銀時が来るまで支える。 銀時に吉田松陽と会わせるためだけに仲間たちが奮闘。 その姿を見て「悲しい瞳をしていた小さな鬼も、たくさんの人々と出会い、坂田銀時(ひと)になれたのだな」と吉田松陽はどこか嬉しげ。 しかし、アルタナの暴走は想像以上に凄まじく倒れ込む吉田松陽を支えたのが坂田銀時。 (銀魂最終77巻 空知英秋/集英社) 「 松陽、お前にずっと見せたかったんだ。 あれから色々あったけどよぉ。 俺、コイツらと万事屋やってんだ」と誇らしげに語る坂田銀時。 「 ああ…しかと見たよ…立派になったな」と嬉しげに語る吉田松陽の手を支える志村新八と神楽。 二人が別れの一言を掛け合った直後、無事アルタナの暴走は止まる。 最終回のストーリーはそこからまだまだ続くものの、それぞれのキャラクターがそれぞれの道を歩む…という典型的なオチ。 マダオを筆頭にギャグ展開も描写されるものの、「これからも俺たちの物語は続くぜ」という良い意味でベタな終わり方でした。 【カバー】作者・空知英秋は完結後に何を語ったか?【最終回】 今回の最終77巻でも作者・空知英秋はなかがきで色んなことを語ってくれてます。 何故少年ジャンプ or 少年ジャンプGIGAで完結できなかったのかなど、しかし笑いを込めて赤裸々に語ってくれてます。 敢えて詳細なネタバレはしませんが、最後の一言はまさかの「ありがとうきびウンコォォォ」。 別れの言葉にウンコと声をかけられた人間が、その後どういう顔で返答すればいいのか綾波レイ並に分からないのは内緒。 ただ単行本コミックにはカバー裏の作者コメントも残されてる。 最後に作者・空知英秋は一体何を語ったのか? (銀魂最終77巻 空知英秋/集英社) それが「 最終原稿も漫画家生命も終わったァァァァァ」という慟哭。 やはり『NARUTO』や『BLEACH』などを筆頭に、いくら大人気漫画の大御所漫画家であっても次回作を作るのは容易ではない。 そこらへんの現実を踏まえた上での最後の一言でもあるんでしょうが、やはり銀魂ファンならずとも次回作には期待も高まります。 かつて「二位じゃダメなんですか?」と発言した蓮舫議員も銀魂内でディスったりしてましたが、空知先生の次回作は当然にして「少年ジャンプでを超える一番人気」を狙ってくるものと思われます。 【完結】銀魂・最終回ネタバレ総括まとめ【口コミ評価評判】 以上、『銀魂』最終回・最終話のネタバレ感想でした。 ようやくドル漫でも銀魂のラストの結末を総括できます。 そこで個人的な感想をまとめると、 『銀魂』はトンデモギャグ漫画として始まったものの、最後は王道チックな最終回として無難に完結してると思います。 坂田銀時と高杉晋助の最後の別れも友情物語よろしく、余韻が残る感動的な終わり方だったのではないか。 少し無難すぎるラストに面白味がないという感想もありそうですが、最終77巻でもギャグ要素もしっかり散りばめられており、下手に奇をてらった終わり方だけではそれこそ賛否両論だったはず。 「【銀魂という物語の集結をきっちりと描いていただくことを最優先する】という編集部の発言を聞く限り、最後はきっちりと丁寧に描いてくると考えられ、銀魂読者的には最終回のクオリティを期待して良さそう」と予想していたドル漫の期待通りのオチでした。 だから、完結するまで何度も先延ばしにしたこと以外、『銀魂』の最終回については特にネガティブに評価する要素も少ない。 こういう少し奇をてらった漫画だからこそ「普通の定番の終わり方」で良かったんだろうなと。 『銀魂』は特に終盤にかけてストーリー要素が強まりましたが、そういった非ギャグ展開が嫌いではない読者じゃない限り、誰もが満足の行く終わり方だったと思います。

次の

鬼滅の刃完結!ジャンプ人気絶頂での終わり方が凄い!感謝の声や最終回を惜しむ声も|鬼滅の刃ワンピースネタバレトレンドまとめ!超ラジオ局

バクマン 最終 回

86 ID:3YQwbwxQM. 36 ID:wT81WOog0. 17 ID:XMd3j3fj0. 34 ID:lKfvKUDHp. 74 ID:onn88pi60. 32 ID:ylKZPlPc0. 56 ID:gt073Srl0. 19 ID:As1v4MkPM. 24 ID:PpLHmM2S0. 76 ID:EYoCQYYx0. 50 ID:As1v4MkPM. 90 ID:MMajmbIE0. 49 ID:K6NfYf8aM. 24 ID:jGwzXMqU0. 53 ID:HsQuNSJe0. 84 ID:As1v4MkPM. 2ch. 22 ID:jump.

次の

【完結】バクマン 最終回 ネタバレ感想まとめ【最終話レビュー】

バクマン 最終 回

バクマン。 ジャンル アニメ 原作 、 監督 、秋田谷典昭 シリーズ構成 脚本 吉田玲子、、 、大知慶一郎、 キャラクターデザイン 下谷智之 音楽 アニメーション制作 製作 、 放送局 放送期間 第1期: - 第2期:2011年 - 第3期:2012年 - 話数 第1期:全25話 第2期:全25話 第3期:全25話 インターネットラジオ:〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 配信期間 2010年 - 2013年 配信サイト 配信日 毎週月曜日 パーソナリティ 、 ゲーム:バクマン。 マンガ家への道 ゲームジャンル 漫画サクセスアドベンチャー 対応機種 発売元 メディア DSカード プレイ人数 1人 発売日 2011年 レイティング : A - プロジェクト ポータル 『 バクマン。 』は、とによる作品『』を原作とした作品。 解説 において、第3シリーズに及ぶ全75話を放送した。 2008年に集英社が資本参加して小学館プロダクションから改称したが初めて製作した、集英社の雑誌掲載作品が原作のテレビアニメとなった。 また、の漫画作品がNHK教育テレビジョンでアニメ化をされた最初の作品でもある。 担当声優は先行するラジオドラマ(VOMIC)からは変更されている。 第1シリーズ 2010年10月2日から2011年4月2日まで。 全25話。 第2シリーズ 2011年10月1日から2012年3月24日まで。 全25話。 公式サイトのロゴやNHKの番組表では『 バクマン。 2』とされている。 第3シリーズ 2012年10月6日から2013年3月30日まで。 全25話。 シリーズ最終章にあたる。 公式サイトのロゴやNHKの番組表では『 バクマン。 3』とされている。 固有名詞の変更 実在する漫画・アニメの作品名、作者名の多くはそのまま使用されているが、であるNHKの放送により 「特定の企業名や商品名(商標)を放送するのは宣伝行為となる」とみなされるため、極力避けられており 、以下のように名称が変更されている。 (『少年ジャンプNEXT! また、架空の雑誌であるが、『必勝ジャンプ』も『必勝ジャック』に変更されている。 タントくん 内容の変更 原作に登場した静河流はアニメでは一切登場しない。 また、七峰透の事件が原作では2度起こるのに対し、アニメでは1度しか起きない。 サイコーと亜豆の交際発覚経緯の一部省略等、放送話数の都合上、内容のカットや変更も所々存在する。 スタッフ• 原作 - 大場つぐみ、小畑健• 監督 - 、秋田谷典昭• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 下谷智之• 美術監督 - 柴田千佳子• 色彩設計 - 店橋真弓• 編集 - 後藤正浩• 音楽 -• 音響監督 -• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• プロデューサー - 高﨑健太(第3期)• 制作 -• 制作・著作 - 、 劇中作の漫画については「超ヒーロー伝説」は大場つぐみが、それ以外の漫画は小畑健が作画を担当している。 登場人物・声の出演 主人公とヒロイン• 真城最高 -• 高木秋人 -• 亜豆美保 -• 高木(旧姓:見吉)香耶 - 漫画家• 新妻エイジ -• 福田真太 -• 蒼樹紅 -• 中井巧朗 -• 平丸一也 -• 岩瀬愛子 -• 石沢秀光 -• KOOGY -• 高浜昇陽 -• 白鳥シュン -• 七峰透 - 編集者• 服部哲 -• 服部雄二郎 -• 相田聡一 -• 吉田幸司 -• キム ソンギュ -• 港浦吾郎 -• 小杉達朗 -• 瓶子副編集長 -• 佐々木編集長 - その他• 川口たろう(真城信弘) -• 真城昌弘 -• 真城二三男 -• 真城加代子 -• 亜豆美雪 -• 亜豆美奈 -• 折原一力 - 興津和幸• 加藤奈津実 -• 森屋秀一 - 使用歌 主題歌• 使用話は、「期-使用話」の形で記載。 聖ビジュアル女学院合唱部 (starring と聖美女隊) 1-16,18 夜明け寸前のシンフォニー 森谷敏紀 1-20,22(振付:SHU110) FAKER TRICK! yashikin・ eba 3-25 OR Noria Ryo REI 各話リスト 第2・3シリーズの()は通し話数 第1シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1話 夢と現実 秋田谷典昭 下谷智之 - 2010年 10月2日 第2話 馬鹿と利口 秋田谷典昭 丸山由太 10月9日 第3話 親と子 吉村文宏 10月16日 第4話 時と鍵 城所聖明 小谷杏子 10月23日 第5話 夏とネーム 三浦辰夫 10月30日 第6話 アメとムチ 秋田谷典昭 高橋健司 下谷智之 11月6日 第7話 涙と涙 吉田玲子 高田耕一 小谷杏子 11月13日 第8話 不安と期待 高田耕一 丸山由太 下谷智之 11月20日 第9話 後悔と納得 吉田玲子 吉村文宏 佐藤光 小谷杏子 11月27日 第10話 10と2 水上清資 高田耕一 則座誠 下谷智之 12月4日 第11話 チョコとNEXT! 綾奈ゆにこ 島津裕行 廣川集一 小谷杏子 12月11日 第12話 御馳走と卒業 吉田玲子 秋田谷典昭 高橋健司 下谷智之 12月18日 第13話 速報と本ちゃん 上代務 秋田谷典昭 小谷杏子 12月25日 第14話 バトルと模写 水上清資 橋本裕之 小森篤 2011年 1月8日 第15話 デビューと焦り 綾奈ゆにこ 高田耕一 サトウ光敏 小谷杏子 1月15日 第16話 壁とキス 上代務 佐藤光 小森篤 1月22日 第17話 天狗と親切 吉田玲子 島津裕行 小谷杏子 1月29日 第18話 嫉妬と愛 綾奈ゆにこ 丸山由太 下谷智之 2月5日 第19話 2人と1人 上代務 佐藤雅子 高橋健司 小森篤 2月12日 第20話 協力と条件 吉田玲子 山口祐司 則座誠 小谷杏子 2月19日 第21話 文学と音楽 綾奈ゆにこ 久城りおん サトウ光敏 羽田浩二 2月26日 第22話 団結と決裂 吉田玲子 秋田谷典昭 橋本裕之 下谷智之 3月5日 第23話 火曜と金曜 上代務 福本潔 小森篤 3月19日 第24話 電話と前夜 水上清資 高田耕一 丸山由太 小谷杏子 3月26日 第25話 ありとなし 吉田玲子 カサヰケンイチ 秋田谷典昭 下谷智之 4月2日 第2シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1(26)話 沈黙と宴 吉田玲子 カサヰケンイチ 丸山由太 松浦麻衣、小森篤 下谷智之 2011年 10月1日 第2(27)話 文集と写真集 秋田谷典昭 則座誠 羽田浩二 10月8日 第3(28)話 窓と雪 サトウ光敏 長谷川亭雄、高乗陽子 小森篤 10月15日 第4(29)話 テコと我慢 大知慶一郎 橋本裕之 松浦麻衣、村司晃英 下谷智之 10月22日 第5(30)話 ボケとニュース 秋田谷典昭 徳本善信 岩本貴玲 小森篤 10月29日 第6(31)話 病気とやる気 吉田玲子 カサヰケンイチ 佐藤光 谷川亮介、松岡謙治 小谷杏子、笠野充志 下谷智之 11月5日 第7(32)話 生死と制止 高田耕一 則座誠 中山由美 小森篤 11月12日 第8(33)話 リコールとコール 大知慶一郎 丸山由太 松浦麻衣、佐藤敏明、中山由美 村司晃英、市原圭子、平野勇一 羽田浩二 11月19日 第9(34)話 再開と下位 吉田玲子 秋田谷典昭 サトウ光敏 長谷川亭雄、高乗陽子 小森篤 11月26日 第10(35)話 ギャグとシリアス 大知慶一郎 佐藤光 松浦麻衣、谷川亮介 羽田浩二、杉本研太郎 下谷智之 12月3日 第11(36)話 マンガと青春 吉田玲子 高田耕一 徳本善信 岩本貴玲 小森篤 12月10日 第12(37)話 経験とデータ 高橋健司 小谷杏子、市原圭子 羽田浩二、高澤美佳 下谷智之 12月17日 第13(38)話 同盟と同級 大知慶一郎 カサヰケンイチ 橋本裕之 中山由美、村司晃英 松浦麻衣 12月24日 第14(39)話 不信と信用 吉田玲子 神保昌登 赤尾良太郎、遠藤大輔、佐藤雅子 羽田浩二 2012年 1月7日 第15(40)話 猿と結婚 土屋理敬 秋田谷典昭 松浦麻衣、松岡謙治、遠藤大輔 小川浩司、佐野恵理 小森篤 1月14日 第16(41)話 王子と救世主 大知慶一郎 高田耕一 サトウ光敏 門智昭、河野眞也 下谷智之 1月21日 第17(42)話 特別な仲と田舎 土屋理敬 則座誠 中山由美 羽田浩二 1月28日 第18(43)話 文句と一喝 吉田玲子 高田耕一 徳本善信 田中紀衣 小森篤 2月4日 第19(44)話 縁と星 大知慶一郎 佐藤光 松浦麻衣、高澤美佳 - 2月11日 第20(45)話 大好きと否定 土屋理敬 高橋健司 羽田浩二、赤尾良太郎 遠藤大輔、小谷杏子 小森篤 2月18日 第21(46)話 わがままとアドバイス 吉田玲子 丸山由太 中山由美 羽田浩二 2月25日 第22(47)話 ヒントとベスト 大知慶一郎 秋田谷典昭 サトウ光敏 河野眞也、秋元香、川島明子 下谷智之 松浦麻衣 3月3日 第23(48)話 勝ちと負け 土屋理敬 高田耕一 橋本裕之 遠藤大輔、高澤美佳 松岡謙治、中山由美 小森篤 3月10日 第24(49)話 表現力と想像力 大知慶一郎 神保昌登 谷川亮介、赤尾良太郎 村司晃英、谷口繁則 羽田浩二 3月17日 第25(50)話 票と表 吉田玲子 カサヰケンイチ 佐藤光 秋田谷典昭 中山由美、高澤美佳、松岡謙治 谷川亮介、松浦麻衣 下谷智之 小森篤 3月24日 第3シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1(51)話 意地と決断 吉田玲子 秋田谷典昭 丸山由太 松岡謙司、谷川亮介 下谷智之 2012年 10月6日 第2(52)話 毎晩と融合 大知慶一郎 佐藤光 長谷川亨雄、山崎正和、加藤万由子 小森篤 10月13日 第3(53)話 ラストと暗号 土屋理敬 高田耕一 橋本裕之 小川浩司、森前和也、火星 羽田浩二 10月20日 第4(54)話 余裕と落とし穴 サトウ光敏 河野眞也、都竹隆治 小森篤 10月27日 第5(55)話 ステップとウォッチ 大知慶一郎 則座誠 中島美子、加藤万由子 羽田浩二 11月3日 第6(56)話 パンチと1人立ち 吉田玲子 高田耕一 阿宮正和 南伸一郎、重松晋一 中山由美、伊東葉子 小森篤 下谷智之 11月10日 第7(57)話 記念撮影と教室 大知慶一郎 秋田谷典昭 丸山由太 山崎正和、長谷川亨雄 村司晃英、加藤万由子 羽田浩二 11月17日 第8(58)話 狙いと評価 吉田玲子 福島利規 佐藤光 伊東葉子、市原圭子、福永智子 小森篤 11月24日 第9(59)話 自信と覚悟 高田耕一 松村政輝 松岡謙治、小川浩司 佐藤敏明、谷川亮介 下谷智之 12月1日 第10(60)話 考察と挑発 大知慶一郎 サトウ光敏 河野眞也、都竹隆治 羽田浩二 12月8日 第11(61)話 焦慮と逆転 土屋理敬 太田知章 中山由美 小森篤 12月15日 第12(62)話 熱血と完敗 秋田谷典昭 丸山由太 伊東葉子、福永智子 市原圭子、高澤美佳 下谷智之 12月22日 第13(63)話 模倣と無意識 大知慶一郎 高田耕一 阿宮正和 加藤万由子、重松晋一、河野眞也 羽田浩二 下谷智之 12月29日 第14(64)話 連続と阻止 吉田玲子 福島利規 佐藤光 小川浩司、中山由美 長谷川亨雄、村司晃英 小森篤 2013年 1月5日 第15(65)話 巻頭とセンター 大知慶一郎 則座誠 伊東葉子、長谷川亨雄 福永智子、市原圭子 松浦麻衣 1月12日 第16(66)話 最終話とコメント 土屋理敬 サトウ光敏 河野眞也 羽田浩二 1月19日 第17(67)話 ゾンビと悪魔 吉田玲子 太田知章 中山由美 小森篤 1月26日 第18(68)話 週刊と月刊 土屋理敬 高田耕一 松村政輝 伊東葉子、高澤美佳 長谷川亨雄、小川浩司 下谷智之 2月2日 第19(69)話 間延びと一気 大知慶一郎 秋田谷典昭 阿宮正和 重松晋一、飯飼一幸、藤田正幸 松浦麻衣 2月9日 第20(70)話 息継ぎとパーティー 篁蒼氓 丸山由太 中山由美、佐藤敏明 市原圭子、福永智子 羽田浩二 2月16日 第21(71)話 温泉と意思確認 土屋理敬 福島利規 山崎正和、伊東葉子 長谷川亨雄、小川浩司 小森篤 2月23日 第22(72)話 訂正と宣言 吉田玲子 高田耕一 サトウ光敏 本間修 河野眞也、重松晋一、川島明子 下谷智之 3月2日 第23(73)話 マイクと台本 大知慶一郎 秋田谷典昭 則座誠 中山由美 羽田浩二 3月9日 第24(74)話 あり方と終わり方 土屋理敬 佐藤光 高田耕一 佐藤光 福永智子、小川浩司 松岡謙司、伊東葉子 小森篤 3月16日 第25(75)話 夢と現実 吉田玲子 カサヰケンイチ 高田耕一 丸山由太 秋田谷典昭 中山由美、平野勇一、市原圭子 松岡謙司、高澤美佳、伊東葉子 下谷智之、小森篤 羽田浩二、松浦麻衣 3月30日 放送局 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考 第1シリーズ - 土曜 18:00 - 18:25 第2シリーズ 日本全域 2011年 - 土曜 17:30 - 17:55 第3シリーズ 日本全域 NHK Eテレ 2012年 - 土曜 17:30 - 17:55 2012年 - 2013年 土曜 24:00 更新 第1話は無料配信 第2話以降は有料配信 2012年 金曜 26:54 - 27:43 第1話 - 第3話 2012年 土曜 26:35 - 27:24 第4話 - 第6話• Eテレでは各シリーズ終了後に同時間帯で再放送を実施。 では各シリーズ各話の本放送終了後(土曜 17:55頃)にネット配信を実施。 2012年4月からはで第1シリーズの放送が開始。 ワンセグ独自編成上で25分尺のアニメを放送する初の事例となった。 [ ]• 2012年10月からはで第1シリーズの放送が開始。 これがでの初放送事例。 [ ]• ニコニコチャンネルでは第3シリーズのほか、第1シリーズおよび第2シリーズのネット配信も同時に開始(第1話は無料、第2話以降は有料)。 キャラクターソングコレクションアルバム ウタマン。 」 聖ビジュアル女学院合唱部(starring と聖美女隊) の 夜明け寸前のシンフォニー 夜明け寸前のシンフォニー(亜豆美保 solo ver. (2011年) - 2011年にから発売されたシングル。 『バクマン。 』のキャラクターソングとしては、KOOGY名義ののシングル「」から14日間隔でのリリース。 」はオープニングテーマ、「夜明け寸前のシンフォニー」はエンディングテーマとして使用されているとのこと。 また、劇中では出演声優が歌って踊っているという。 歌は、劇中で亜豆美保役を演じると聖美女隊が歌っている。 アニメ本編では、第16話、第18話のとして使用されている。 には、同劇中アニメ作品に登場するキャラクターが描かれている。 収録曲• [3:55]• 作詞:こだまさおり、作曲・編曲:佐々倉有吾• 夜明け寸前のシンフォニー [4:23]• 作詞・作曲:矢吹香那、編曲:森谷敏紀• 夜明け寸前のシンフォニー(inst. 夜明け寸前のシンフォニー(亜豆美保 solo ver. ) インターネットラジオ にて、からまで、毎週月曜日に『 〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 』というタイトルでTVアニメと連動したが配信された。 また、プレ番組として、2010年9月27日に『 「〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 」IN "アニメ「バクマン。 」記者発表会"』が配信された。 パーソナリティ• (真城最高役)• (高木秋人役) ゲスト• 11,33,34 (見吉香耶役)• 20,51,52 (亜豆美保役)• 27,28 (新妻エイジ役)• 29,30 (岩瀬愛子役)• 31,32,75 (服部哲役)• 35,36 (亜豆美雪役)• 37,38 (服部雄二郎役)• 39,40 (蒼樹紅役)• 41,42 (中井巧朗役)• 45,46 (佐々木編集長役)• 50,58,68 伊藤祥平(オープニングテーマ・アーティスト)• 108,109 (オープニングテーマ・アーティスト)• 110,111 (七峰透役) ラジオCD 巻数 発売日 収録回 規格品番 vol. 1 2011年4月6日 第1回 - 第13回 LHCA-5126 Vol. 2 2011年6月22日 第14回 - 第26回 LHCA-5132 金未来杯編 vol. 1 2011年10月26日 第27回 - 第34回 LACA-15159 金未来杯編 vol. 2 2011年12月21日 第35回 - 第42回 LACA-15178 金未来杯編 vol. 3 2012年4月25日 第43回 - 第75回 LACA-15205 ゲーム 『 バクマン。 マンガ家への道』は、よりに発売された漫画サクセス。 当初は2011年秋に発売する予定だったが延期され2011年冬に発売された。 システム アドベンチャーパート 第1期を再現したストーリーでバクマンワールドを体験できる。 ただし一部のストーリーが原作と違うところが見られる。 プロット作成 町で集めたネタを組み合わせていく。 ネタカード、マンガマトリスクの確認、情報収集ができる。 情報収集はストーリー上のみ。 情報収集 限られた回数の中でネタカードを集める。 ネーム作成 パネルで出る文字をタッチペンでなぞる。 時間が長いほどパネルが多く出現する。 消すボタン、ヒントボタンがある。 ネームを最後までなぞると評価がでる。 なぞる順が間違っていた場合、間違ったところのみ線が赤くなり、そのネームのやり直しになる)。 原稿作成 オレンジ色の線を名なぞりながらペン入れをしていく。 ミスすると時間が減る。 ベタぬり 小・大のアイコンがあり使い分けると便利。 ペン入れと同様ミスすると時間が減る。 トーン貼り トーンを動かし形に合うように貼る。 ミスすると時間が減る。 チュートリアルのトーンの模様は少し異なる。 時間が少なくなるとシュラバに突入し自分がなぞっているところに集中線がはいる。 評価 編集長に5段階の評価がもらえる。 ストーリー、構成、画力など。 ただし画力の評価は全てを終わらせないと0になってしまうので注意が必要。 ちなみにエクストラモードのマンガ作成のときに少しでも多くやった作品はチュートリアルの原稿製作のときにでやすくなる。 マンガチカラポイント 編集長評価の5段階評価で評価が全部5だと最大で20ポイントもらえる。 ただしアドベンチャーパートの全ての評価を5にするのは高難度でありポイントが100に達成することは極めて難関。 開発段階 2011年7月にゲーム化が発表されたときのシステム画面、背景は製品版と大きく異なった。 プロット作成はマンガマトリクスがなく上から5段階評価システム、制限時間、おもしろグラフ形式でセリフも異なっており、頭を使って相性が合うか、グラフ、5段階評価システムをチェックしながらの仕組みだった。 後にグラフの代わりにマンガマトリスクが導入されたが、舞台、主人公もマトリスクのポイントに入った(後に廃止)。 戻る、すすむボタンは、L,Rボタンだった。 舞台、主人公を決めなくても、そのまま動機に進める形式で方向性は5段階評価で決める形式だった。 情報収集は残り回数ではなく制限時間形式だった。 ネーム作成はタイムゲージがなく画面上にプロット作成同様のシステムがあり右上にメニューボタンがありネームを最後までなぞり、「決定」のボタンを押したら評価され、次に進める形式だった。 制限時間は、1個ずつの時間ではなく全体の時間だった。 原稿作成のペン入れは灰色の線をなぞっていきベタ塗りは大・小のアイコンが無く、細い線で塗る形式でマンガアシスタントが無く、制限時間のタイムの数字が並んでいた。 左上 製品版では左下 のアイコンはそれぞれ異った。 また、原稿作成の描く場所は発売前に一部変更されている。 また、開発途中は時間が少なくなるとサイコーのテンションが上がり描いているところに集中線が入る仕組みだった。 サイコーのミニキャラのデザインは目が少し大きく可愛いデザインだったが試行錯誤するうちにねんどろいどの顔のデザインになった。 バグ 一部の原稿作成のときのベタ塗りでオレンジ以外を塗るとミスしないバグが見かけられる(オレンジライン以外一部のすきまがあり大アイコンでやるとミスし小アイコンでやるとミスしないバグもある)。 また、開発から製品版に至るまで、システムは4回作り直されている。 攻略本 攻略本は発売されていない。 理由は不明である。 脚注 [] 注釈.

次の